新人レスラー事故死の核心部分まで追及!プロレスのアマチュア化に拍車をかけた新木場ファーストリングの存在…!?紙の爆弾最新号情報

「紙の爆弾」最新号情報を更新!
前号に続き、由利大輔さんの死亡事故について取り上げた。

「月刊紙の爆弾」2009年3月号/500円 

第11回:新人レスラー事故死 プロレスのアマチュア化に拍車をかけた、誰も触れない最大要因!   T-1二見の断罪日記が2ページ掲載

紙の爆弾09年3月号

責任を取らない互助会レスラーたちについては、様々な媒体で論じられているので、菅原伊織を始め、佐野直を含む当事者8名達が、どうしようもない人間であることは読者の皆さんも十分に承知していると思う。
なので、今回は選手を標的するよりも、この事故が深夜に起こり、会場側の責任者がいなかったことなど、会場側の功罪に焦点を当てて執筆した。

例えば、今回の事故が二ヶ月近く隠蔽できたのは何故なのか?――
そこで真っ先に思い浮かぶのが、新木場ファーストリングの管理責任だ。
核心部分まで追及すればするほど、プロレスのアマチュア化に拍車をかけた根本的な問題にぶち当たる。

さらには、当ブログ並びに「紙の爆弾」ではすっかりお馴染みとなった須山浩継の、何とも情けない出来事についてもちくりと書いといた。
詳細は「紙の爆弾」を買ってくれ!

あと、新年会の時に佐野に憤慨した2つの理由ついて述べたが、その内のひとつに関しても書いたので、それも合わせて確認をしていただきたい。
とにかく、佐野がこざかしい奴だということは今回の件ではっきりと分かった。
佐野は、宮本和志&橋本友彦&池田大輔と同様、自己満足ブラックリスト軍の仲間入りだ。

以下、「紙の爆弾」の二見寄稿&コラム(一部伏字あり)。

二見の寄稿が6ページ掲載
「月刊紙の爆弾」2008年2月号/500円 「なぜ女子プロレスはダメなのか?」リングから見た崩壊のメカニズム・前編
「月刊紙の爆弾」2008年3月号/500円 「なぜ女子プロレスはダメなのか?」リングから見た崩壊のメカニズム・後編

T-1二見のマット界断罪日記 2ページ掲載
「月刊紙の爆弾」2008年5月号/500円 第1回:自分が業界だと思い込むライター須山浩継
「月刊紙の爆弾」2008年6月号/500円 第2回:逆ギレコンビ・折原昌夫&金村キンタロー
「月刊紙の爆弾」2008年7月号/500円 第3回:メジャー団体から干されても勘違いし続ける池田大輔
「月刊紙の爆弾」2008年8月号/500円 第4回:堺屋太一の完全庇護“ドリンク女王”尾崎魔弓
「月刊紙の爆弾」2008年9月号/500円 第5回:風香よ、年齢詐称はやめて、“新木場レベルのB級アイドル”なんてとっとと脱却しろ!
「月刊紙の爆弾」2008年10月号/500円 第6回:マニアからも見放されたサムライTVの終焉は自業自得!
「月刊紙の爆弾」2008年11月号/500円 第7回:風香の父親であることを利用してリングに上がり続ける柿本政秀氏への“果たし状 ”
「月刊紙の爆弾」2008年12月号/500円 第8回:編集者といいつつ自分で文章を書けないクセに口だけは達者のターザン山本!
「月刊紙の爆弾」2009年1月号/500円 第9回:情けなすぎる女子プロレス界と同じくらい情けないメジャー王者の小島聡
「月刊紙の爆弾」2009年2月号/500円 第10回:起きるべくして起きた新人レスラーの事故死 問題は責任逃れの互助会レスラーたちだ!

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

ゲラチェックをしたのに、全く修正されずに発売されたことで話題沸騰の「リアルバトルトーク」の方も買えよ!
二見のインタビューが2ページ掲載されて1冊500円で発売中!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)