ゲラチェックの意味が全くなかったリアルバトルトークの掲載分…いよいよ「T-1新年会」開催!

モッツ出版から発売された『リアルバトルトークno.3/500円』の「業界…縁の下の力持ち特集 裏方の雄叫び!!」に二見のインタビューが2ページ掲載された。

タイトルとキャッチは以下の通り。

【タイトル】
13年のキャリア!!老舗のチケット・金券ショップT-1二見社長

【キャッチ】
チケットの席の種類を増やすことを提案!!あらゆる客層を見越して!!

【キャッチ②】
ネットでの入手経路で購入者が増加。金券ショップが生き残るためには!?

いつもなら画像を公開し、T-1で絶賛発売中だから必ず買えよ! と書くんだが(といってもT-1で絶賛発売中!)大きな問題が起こった。

この件に関して既に、一昨日の「EAST-END」のコラムで書いた。

まもなく「T-1新年会」開催!リアルバトルトーク、修正したのに訂正前の文章で発売されてしまった!(EAST-END)




詳細はコラムに書いてある通り。

「リアルバトルトーク」は、編集長である高須基一朗氏一人でやっているそうだ。
なので、一人でやっているから大変だというのは分かる。

だが、ウチの商売的に説明すると。
(例)1お客:メール申し込み、2店:お客様に確認メール、3お客:店に来店、4店:用意しているはずのチケットは用意されていなかった。

仮にこんなことをやったら、店側の信用は完全に失う。
一人でやっているからなどの言い訳は通用しない。

ゲラチェックで訂正し、メールを送って、さらには確認の電話まで入れている。
ところが、何ひとつ修正されずに訂正前の文章がそのまま載ってしまった。

あと付け加えると、今回のミスは二見だけじゃないとのこと。
喰らった方が他にもいるようで…。

オレはこうやって、ブログやコラムなどで発表する場があるからいいけど、発表する場のない方は大変だ。

それに、謝罪の見解文をブログに書いてくれと言ったが、未だに書いていないし。
ちょっといい加減すぎる。

さらに問題なのは、誤植が多すぎる点。
あれだけ沢山誤植がある状態で、よく発売できたな(呆)。
編集長失格。

どっちにしろ、もう発売されたんでしょうがない。
ここで「この部分が違った」と書くとかえって見苦しい。

もし、インタビューを読んでクレームをしたい格闘技関係者の方はすべて二見宛で!

発言者は私だから、その方がすっきりする。

作り手からすれば、当然辛口の部分だけ抜粋したいのはある意味当然なのかもしれない。

ただ、こっちからすれば、切り取ってそこだけを強調されてもきつい。
実際、捉え方が違うから、自分が伝えたいこととは違う形で活字として出てしまったのは紛れもない事実。

あともうひとつ言うなら、プロレス界の二見と格闘技界の二見とでは立場が違う。
プロレスの場合、興行を打っているし、選手としても出場してこともあるから、よりリアルティーのあるものを発信することができる。

実体験として苦言を呈するということか。
でも、格闘技界の二見は、あくまでもいちプレイガイドとしての意見だから、プロレスと同じような形では掲載できない。

どっちにしろ、これをプラスに考えるしかない。
逆にこのことが宣伝となって売れるかもしれない。

ただし、自分が主張したい改善案が全く載っていないので、それはまた別の形で掲載されれば。

次号の「リアルバトルトーク」でもいいし、他の媒体でもいい。

そうだ、「Kamipro」のチョロ記者!
池田大輔や井上京子なんか載せるスペースがあるなら、オレを載せろ!

そろそろ話があるから電話するぞ!

いよいよ20時から「T-1新年会」を水道橋で開催!

1月29日(木)2009年T-1新年会!~縦横無尽の夜~ゲストは川田由美子&竹下なな

まだ申し込みされていない方、最後のチャンス!

あと2名くらいまでなら可能なので、特別に当日でも予約を受付する。
16時で締め切る。

今日の新年会では、佐野直に憤慨したことや先週激昂した某女子選手について答えるつもり。
聞きたい方は質問してください。

この件に関しては、今日の新年会でしか言わないつもりなので、貴重な夜となるだろう。

スポンサーサイト



コメント

ゲラチェックの意味が全くなかったリアルバトルトークの掲載分…いよいよ「T-1新年会」開催!

某巨大掲示板によると、過去に長南選手も二見氏と同じように、高須氏の被害に遭われたようです。
格闘ファンの間では、二見氏に対しての同情がほとんどでした。
言い訳をしなかった点が評価されたようです。
反対に高須氏の評判は悪いみたいです、、、

ゲラチェックの意味が全くなかったリアルバトルトークの掲載分…いよいよ「T-1新年会」開催!

よく言ったさん
その話、関係者から教えてもらいました。
あと他にも同じ事があったとの話も聞きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)