T-1SPのフタ・ミシートは好調!

イッパイ・サンキュー!(下のタイムを見て)
今回もT-1関連の色んなサイトを取り上げる。

その前にスポーツナビへ。

10/16のニュースでこんなのを発見!※一部抜粋
「山縣優復活!
2年半前に自身がアルシオンを離脱した裏事情を暴露したことで、NEOマットのみならず女子プロ団体から姿を消すこととなった山縣が登場。年内引退を表明した椎名のメモリアル・マッチとして“まさかの”NEOリターンを果たす。」

ちょっと待てくれ!
05年8月23日 第1回「T-1グランプリ」に山縣選手は参戦している!

その時も「1年5ヶ月ぶりの女子のリングに参戦」で専門誌やファンの間では話題になった。
確かにT-1は女子の団体ではないけど、女子プロレスの大会であるわけだから。

しかもこの時は、タイトルに女子プロレスオールスター戦と付いているし。

スポナビさんも記事で残っている。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200508/23/a05.html

アメージング・コングvs山縣優戦は第1回のベストバウト。
あのバルコニーからのダイブは今でも語り草になっている。

参考に山縣が裏事情を暴露した内容は、そんなにガチっていうか、客観的に見て凄い内容ではない。(当事者にとっては凄いかもしれないが…)

T-1興行でのガチマイクの方がすべてにおいて勝っているし、この程度(これは山縣さんに問題があるのではない)で圧力かける女子プロレスに関わっている人達が問題。
実際問題、ウチ以外使わなかったし。

あと、「山縣は使わないの?」とファンから質問さるが、正直な話、いまのK-DOJOに興味がないので、論評や今後の展開などは語れません。
そんな感じで自分の心を察知していただければ。

でもあの時に山縣選手を出して、本当に良かったと思っている。
まぁ第1回の検証の際、沢山山縣選手の話は出てくると思うので、それまでお待ちを。

本題に戻りまして、フタミシートの売上好調には、訳があった!?
それは、最近何度も紹介しているコチラから。

ープロレス専門BLOG:ブラックアイ2-:T-1興行復活~フタ・ミ特別シートの対象者はT-1へ
http://beye2.com/item_6754.html

早くも来てます。
しかもウチ3名の方は、最前列の方がいいとフタミシートを拒否(?)し、4000円払ってトップワンシートを買った!!

他の方は直談判して、順調にフタミシートを買っていきます。

そういえばブラックアイさんが指摘している、「大向側も言いたいことがあるでしょうが…」

言いたいこともなにも、何も言えない。
何故って?
そんなの反論してきたら、23倍にしてやり返されるから。

ヘ〇レ連合軍は、正論や理論には反撃できない方です。はい。

しかしブラックアイの管理人さんには、いつも面白おかしく取り上げていただき、ネタとしては最高。

ちなみにブラックアイとは知り合いではないです。

一度お会いしてみたいのですが。向こうはウチの店には何回か来店しているようで。
ホント、世とプロレスしている!
二見式のキャッチボールに、きちんと返してきて。それがストレートでないから、このサイトは面白いわけで☆

例えばこんなのも、

「アイアム・サイモン!」サングラス姿で肉体改造宣言
http://beye2.com/item_6389.html

一部抜粋

「おもいっきりサングラス・・・。レスラーでもないのにグラサンかけて会見出ていいのは、T-1・二見社長だけですよおぉ! 興行開始時間をイッパイサイモンにしてみろゴラァ!」

いやあ~笑った。
そのネタ使う。

“イッパイサイモン”!

不思議なのが、関連サイトに「藤田和之」がいつもあるのは何故?

それから今回初紹介の、悲しきアイアンマン。

こちらのサイトも、その日のニュースを独自の切り口で解説するサイト。

【その他の気になったニュース】でこう書いています。

二見さんは究極のツンデレだと思う・・・。
http://sadironman.seesaa.net/article/24962962.html

これ、他の人だとあまりいい表現ではないですが、T-1では最高の誉め言葉!

誉め殺しはいけませんが、誉め言葉はアリ?

この微妙な表現がいいわけで、例えば、「グレーゾンプロレス」「地下プロレス」「野次馬プロレス」これらも同様で、T-1には相応しい用語。

この方も当然知り合いでもなんでもないのですが、実に柔軟な発想をしている。

プログ→ブログの管理人さんも含めて、こういったタイプの方がプロレス界に入った方が業界のために良いんじゃないの?
と言っても当の本人達は、いまのポジションでプロレスを楽しみたいスタンスだと感じるので、いい迷惑だと思うけど。
以下、こんなのもある☆※そのまま引用

声明文の内容が凄い。二見社長はマジボケなのか狙ってるのか本当に分からん。そこがまた魅力なんだけど。そういう人って自分の知る限りだとセッド・ジニアスや将軍KYワカマツを筆頭に数人しかいない。あとヤスカクの「ところで今パンクラスが熱い・・・」という文章もヤオなのかガチなのか見当が付かない(笑)。
http://sadironman.seesaa.net/archives/20061004.html

二見社長と篠原光・・・うーん、お似合いだ。今度はバトルスフィアではなく西調布アリーナ。
http://sadironman.seesaa.net/article/21180089.html

二見vs前川実現に向けて、動き出した二見理社長!
あれ、確かパンクラスか全日本キックのリングでやるっていう話じゃなかったけ? 佐伯さんはどう出るよ?
http://sadironman.seesaa.net/article/18716170.html

おいおい、結局ワンマッチ興行かよ! 藤波辰巳vs木村健悟以来19年ぶりか? UNWは2マッチ興行ならしたことあるけどね(笑)。二見社長の毒舌トークショー&第1回と第2回大会の上映会(33分)もあるそうな。まるでフィルムコンサートですな(笑)。
http://sadironman.seesaa.net/article/17326173.html

リンク先にはT-1マスクV3の画像が・・・これタイガーマスクのマスクじゃん!
二見さんと堀田ってホントに仲が良いんだなぁ~(苦笑)。
http://sadironman.seesaa.net/article/17010666.html

スゲー組み合わせ(笑)。これぞ夢のコラボレーション!
http://sadironman.seesaa.net/article/12794721.html

他にも沢山あるが、また別の機会で。

特に第2回関連は、本題で取り上げてくれていたので、いずれその時にたっぷりと検証の予定。

それと堀田とは、当たり前だけど仲良くないですし、全く話もしない。
それでも、こちらの管理人さんの愉快な発想で、笑って許す☆

なんで笑って許せるかと言えば、一貫しているから。
仮に、T-1だけ急にネタとして使うなら話は別ですが、見ていると他も同様でしょう。

選手もフロントも携わる人すべてに対して。
それとこの方々は、プロレスに対してリスペクトをしているし、変に知ったかぶりもしない。

自分が憤慨するサイトは、知ったかぶりはする、それでいて選手には異常に甘く、一貫性もない。
それに該当しないし、あんまり茶化されると困るけど、この内容なら許容範囲。

それと話の途中で出た、プログ プロレスブログ→プログです。

T-1二見氏のブログに取り上げられた
http://blog.jcc.co.jp/user/www/plog/16235.html

いままでのトリオの中では、一番真面目な方だと思われますので、笑って許せない方はコチラのサイトがお勧め。
専門誌がだらしがないのが現状。

そうした中、こういったサイトさんを活用して、一人でも多くの方にT-1興行を観に来ていただきたいと。

それでも昨日発売・週刊ゴングNo.1148 カラーページ進出計画にT-1マスク2号のインタビュー掲載。

ゴングはこネタでもうまく発信していただいています。

※一部抜粋

―― よく客層が違うとの意見が多いです。
2号 このマスクだとお客さんの顔がよく見えないんですよ!でも二見さんは、お客さんをヒートアップさせる能力があるので、見習いたい。
―― ヒートアップさせる話が出ましたが、二見社長が前面に出るのはどうですか。
2号 二見さんの興行なんだから、二見プロデュースでやりたいようにやるのはOK。

―― 何か二見社長に要望はありますか。
2号 実は私が一番働いていますよ。試合に出ている時間も一番長いし。そういうのも査定に入れて下さい(笑)。

確かに2号が一番働いている。
査定? 検討します。

もうひとつP.54に、ユキーデ興行の秘話公開こんなハプニングが…!!が掲載
T-1二見が話の中で登場します!

今大会もゴングさんに協力していただき、少しでも露出していこうかと。
しかし、どうも大向の件も含めて表現に規制されると面白くない。

やっぱり毎回問題提起をしながら、現状を打破していくのがT-1のテーマなんで。

スポンサーサイト



コメント

Re:T-1SPのフタ・ミシートは好調!

第1回大会ですか?姐御のスーパーダイブは、鳥肌が立ちました!近頃のプロレスは、殺伐したのがないから予想できちゃう。

Re:T-1SPのフタ・ミシートは好調!

お前は男だ!さん
あのダイブは伝説もんですよ!あの試合のような殺伐感が希薄しています。
それを蘇らないと。

Re:T-1SPのフタ・ミシートは好調!

プログの書き手です。
ほめていただき、ありがとうございます。
まじめに書いていても面白みがないと思いますが、それほど影響力のあるブログでもなさそうなので、発表されたものを書くというスタンスです。
とりあげていただくたびに当方に来る人が多いかと思います。T-1に協力できていなくて申し訳ない。。。そのうち取り上げます。。。

Re:T-1SPのフタ・ミシートは好調!

haruさん
真面目なブログもあれば、くだけた感じのブログもある。色々あってそれぞれに味があり、プロクさんも面白いですよ。
そんな無理して取り上げなくても大丈夫ですが、話題になるのをもっと提供していきたいと思いますので、その時にはお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)