第3回T-1 T-1会見再録シリーズ☆番外編其の壱

前回に引き続き、第3回「T-1SP」大会に関する会見再録を更新!
※5回目ではありません
4月8日のT-1GPHP・新着情報にアップした内容と4月17日のAtoZの会見を再録。

その前に、8/22・サムライTV 「Sアリーナ」“二見独占”インタビューはどういう感想だった?
感想等はお店かコメントまで。

8/22発売 レディースゴングVol.87 二見×中島選手の対談が2ページに渡って掲載。
タイトル:この男が帰ってきた!“二見劇場”見参!With中島安里紗(T-1GPの生き証人)
小見出し:珍獣!今度はリングに挙げるぞ!(二見)
二見さんを攻撃したい☆(中島)

8/23発売 週刊ゴングNo.1140 T-1関連掲載
P.81 二見社長が悲痛なる咆哮 大向に対してこんな事を
P.84 T-18.26西調布大会の詳細を発表 堀田は土屋&篠原と1対2変則マッチ
P.97 白昼堂々、二見社長が堀田の店を襲撃!!土屋、篠原vs堀田決定
レディースゴングとオークラ出版発行の『闘論』はT-1で絶賛発売中!

それでは、第3回「T-1SP」に関する実況は、今回は4.17のAtoZの会見を再録。
これは恒例のエピソードシリーズではありません。
T-1の近くで会見を行なっていた堀田と阿部が、T-1へ殴りこみをした“T-1&AtoZ劇場”まさにT-1会見・番外編です!
週刊プロモバイル、モバイルゴング、Kamipro Handを参考に、T-1GPHPの新着情報にUPしていた内容を、こちらのブログで再録という形でアップ。
T-1グランプリホームページ  http://www.t-1.jp/gp/index2.html

まず先に、06/04/08の新着情報再録
リアルプロフェッショナル宣言  
エピソード9で、断罪した米山の件について補足。

JWPに対しては、3/6付で指摘している通り「問題提起編」で、この時点では期待を込めて叱咤激励で書いた。
しかし、ある事実を知っていればその時点で「最低編」で告発している。(最高編・問題提起編・最低編と第2回終了後、3回に分けて総括した。これに関してはまた改めて)
そのある事実とは...。

3月中旬にサムライTVから第2回大会のマスターを提供していただき、それを観て呆れた…。
勝利者インタビューの収録を行い、サムライさんに指示をしていて私はそこの現場には立ち会っていません。
そういった事情で映像を見るまでは、どういったコメントをしているか分からなかった。
記者と米山のやりとりを一部紹介。

記者「第2回目の大会となりましたが」
米山「『小ばかにして笑いながら』2回目開催できたんですか。『しばらく沈黙して、笑いながら』特に何もありません」
対永島戦が終わった直後のコメント。

身体を酷使しながら、永島vs米山戦に奔走したのは何だったのか、と呆然とした。
他の選手にも同様な質問をして、竹迫選手もT-1マスク選手もそれぞれプロレスで切り替えをしている。
もしこれをプロレスと言うなら、見下して笑いながらやるのが、米山のスタイルなのかと問いたい。
例えば、女帝興行で同じ質問して同様の返答をするのか?
少なくても笑う場面ではないはず!

それと、第1回大会も含めて俺がいつ、大会前に侮辱したコメントをしたか?
前川を始め、日向、西尾、そして第2回の永島と米山は出来るだけの賞賛はしたつもり。
かといって、あんまりほめちぎてはかえって嫌味になるし、迎合してはいけないので、多少ハッパはかける。
だか、バカにはしていない。
前川も第1回大会の試合終了後のインタビューで言いたい放題だったが、前川vs堀田戦に関しては自分が決めたカードではないし、思い入れもないからショックではなかった。
でも米山vs永島は違う。

ショックから怒りへ変化して、4/3の会見で一刀両断した形となった次第。
また、会見の時に前置きしたが、米山の熱狂的なファンに申し訳ない気持ちと同時に、こういったファンの気持ちを踏みにじったことには憤慨している。
もうJWPに対して、言い訳は聞きたくない。
ではどうしてほしいか?
まずは、きちんと謝罪しろ!
そこからがスタートだ。
前川、尾崎、大向、永島もまったく同じで、公式の場で謝罪をしていただければ、こちらとしてもこのような事をファンへ発信する事もなかった。
しかし、それすら出来ないのがいまの女子プロレスラーであり、それが一円にもならないプライド。
またファンの方にも分かってほしいが、お金を多く出すからこのカードをやれと言って、提供してくれる団体、選手はひとりもいません。
よく“T-1イズム”と言いますが、交渉でそんな事をやったら参戦する選手はいません。
スイッチをオフとオンの切り替えはしている。
第3者のリングでそれなりのカードをしたいなら、誠心誠意伝えないと。
もちろん、尾崎やボリショイの協力なしではこのカードは実現出来なかった。
そういった根回しを米山は知っているにも関わらず、このカードの意義を理解してなかった。
とにかく、謝罪があってどう対応するかは、自分が判断する事。
やっぱり、心がこもっているかどうか?上辺だけかどうか?はその人の目を見ないと判断できません。
張り倒すとかやる訳ないし、やったところで何にもならない。
もし女子プロを本当に崩壊してほしいなら、永島と米山の舞台裏の真実を書いて加速してもいいが、当日何があったのかも含めて、いまは語る気はない。
例えば軽く触れるとすれば、どうして会場にポリスがいたのかとか?
自分からすれば急にホコ先をJWPに向けたのではない。
そこまで至るには、そこまで行くそれなりの理由があって、当然のアクションをしたと自分は判断しています。
自分が断罪している選手は、俺を甘くみていたんでしょう。
いままでは、甘い汁を吸っていてそれで通用してかもしれませんが、相手を間違いたな。
オレはそう甘くない!
最後に、その断罪している腐った選手!
これからオレを潰そうとするなら、予定調和ではなくリアルで返します。
T-1は、プロレスごっこの女子プロレスとは違う、リアルプロフェッショナルで、貴方達とは違うものをお客さんに発信して、一石を投じます。

以上、4/8の再録。

今度は阿部を引き連れて堀田が“T-1通り”を占拠!またしても二見社長と壮絶な舌戦を展開!
5.3「T-1スペシャル」に
堀田と阿部の参戦が決定!
同日昼開催「ONLY ONE」大会にT-1選抜チームが出陣!
T-1&AtoZ劇場 T-1会見番外編 

4月17日午後3時より、水道橋でAtoZの会見を開き、5・3後楽園大会のカードが発表された。
 第1試合では新人の中島安里紗と水沼美加が名物男・二見社長率いるT-1選抜選手との対戦する。会見に出席した堀田は、このマッチメークについて
「二見の方からカードを組めと要望がありまして。アイツの大会に出た選手は、もう次の大会には出ないし(笑)。A・コング出ないでしょう。どうせ出て来るのは、その辺を歩いてるしょぼいお姉ちゃんを連れてくるだろうから、中島と水沼で十分」
と完全に二見をナメ切っている様子。

さらに堀田は同日夜にバトルスフィアで開催されるT-1興行に二見社長から参戦を要請されているが、その件に関して
「二見興行には阿部と2人で出てほしいと要望がありましたが、出ようと思ってます。そろそろあのバカとピリオド打たなきゃいけない。アイツを引っ張り出して、追い詰めて終止符を打ちます」と二見氏抹殺を宣言。

また、阿部はデビュー10周年を記念して、同期3人との3番勝負に臨むが
「10周年の区切りをつけたかった。この時代では珍しいことではないんですが、同期同士でしかできない熱い闘いを見せたいと思います」と意気込みを語った。
堀田自身の対戦相手に関しては、今回発表されなかったが
「AtoZを立ち上げてからこういう状態で、今は選手4人。最初は10何名いたが、こういう形になって…。AtoZの名前の由来を改めて自分の中で再確認したい。そのためにやらなきゃいけない人間がいるんじゃないかと。カードは後日発表しますが、それに相応しい相手と闘いたい」とコメント。

その後、堀田はあらためて二見興行への参戦を明言すると、もういてもたってもいられなくなったのか、報道陣に向かって
「誰かアイツ(二見社長)の連絡先知りません?」と報道陣に逆質問。
ほとんどの記者が知ってると思われるが、誰もが巻き込まれるのをおそれ、沈黙していると勇気あるサムライTVのカメラマンが
「わかりますけど」と二見社長の経営する『チケット&トラベルT-1』に電話。

記者「堀田さんに代わります」
とカメラマンから携帯電話を受け取った堀田は、
堀田「夜の部出てやるから覚悟しとけよ!しょぼいやつ用意すんじゃねえぞ!オメー、なんでお願いしに来ねえんだよ!」
二見「何で行かなければいけないんだよ!」
堀田「今、会見やってんだよ!オマエ、出て欲しいんだろ。相手いねぇんだろ!なんだと?うるせえ!また、店ブッ壊しに行ってやるぞ!」
「相手にしてられない」と二見は電話を切る。
堀田「勝手に電話切ってんじゃねーよ!」
と怒りのテレホンショッキングと化として、電話口の向こうの二見社長と大ゲンカ。
怒りにまかせて、T-1へ討ち入りへと向かう堀田。
報道陣に「みんなで移動しましょう!」
と前回の会見(3/10)に続き、直ぐ近くの『T-1』へ移動することに。
またしても、店内で二見vs堀田の壮絶バトルの再現となるのか……!?

マスコミをぞろぞろ引き連れ、『チケット&トラベルT-1』へ向かう堀田祐美子とその仲間たち。
アタマに血が昇って、思わずT-1店舗を通り越してしまう堀田だったが、マスコミに誘導されT-1ビルのエレベーター前に到着すると、エレベーターの扉が開いてドンピシャなタイミングで二見社長登場!
     
       以下、二見vs堀田、阿部の主なやりとり
二見「てめえ、ここをどこだと思ってんだ!? T-1通りだぞ!人の縄張りで勝手なことをするな!」
と独自の論理で堀田に噛みつき、堀田も阿部も苦笑いしながら
堀田「エッ、なんだそれ!?」と絶句。
かまわず二見は「今日は休みでこれからデートで忙しいんだよ。女子レスラーにはモテねえけど、女性にはモテるんだよ!」
と男前っぷりをさりげなく告白。
これには笑い転げる堀田と阿部。
全く動じず、二見「 お前らは女じゃねえもんな! 」
と二人を小馬鹿にする。
今回、二見と初の絡みとなる阿部へ毒舌が始まった。
二見「ところで阿部!お前いつも怪我ばかりしてて出れるのか?
(手に巻かれた包帯を見て)あれ、またケガかよ!」と先制攻撃。
阿部「うるせー!余計なお世話なんだよ!」と反撃。
二見「堀田!ちゃんとしつけをしろよ!昼怪我して夜に出れないとシャレにならないぜ!これからデートなんでサングラス触るなよ!」
20060823-00.jpg
【提供/モバイルゴング】
堀田「また壊してやるよ!お前が出してくれって言ってたウチの後楽園。お前が用意する選手って、そこら辺に歩いてる姉ちゃんか、キャバクラの姉ちゃんだろ!?ウチの中島と水沼が相手だから! 十分だろ!」
と後楽園のカードを伝え
二見「ド新人じゃねえか?こっちはまとめて4人でもいいぞ」と応戦。

堀田「夜はお前が出るんだぞ!それで私と一騎討ちだよ! 早く終わらせたいんだよ、こんなくだらねえこと。次はサングラスじゃ済まねえぞ!!」と一喝。

これに対し二見は「俺が絡むことでチケットが売れるんだろ?」
とまったく引かず
堀田「お前なんかブーイングじゃねーか!」
二見「T-1のリングじゃお前がヒールだろうが!」
二見にリング上での対決を迫る堀田は
「出て下さいとお願いくらいしろ!もうお前の味方なんかしょぼいのしかいないから!阿部と一緒にぶっ潰してやるよ!」
二見「前回だって俺は泣きついていないぜ!俺が切れたら困るのはお前だよ!最終的にお願いするのは、そっちだろ!」と罵声を浴びせた。
結局、話し合いはこのまま平行線をたどり物別れに終わり
堀田「とにかく逃げるなよ!」
阿部「怪我するのはお前だよ!」
堀田と阿部は姿を消し、
二見社長の“T-1通り”路上で独演会を開催!

「相手はド新人だから、なんならこっちは1対4でも構わない。もしキャバクラの姉ちゃんが勝ったらどうするんだよ!」 
(堀田はA・コングの出場はないと言っていたが)
「アメコンが怖いんじゃないですか?女子プロでガチで強いのは藪下とアメコンの2人。そこに俺が加わればガチ最強トリオの誕生。誰もかなわないでしょう。」と堂々と宣言。
さらに
「この前のONLY ONEは実数は700人なんですが、実券枚数は300くらい。そのうち72枚、ウチが売ったという事は、有料分の約4分の1を売っているんですよ!大事なお客様じゃないのかと。沢山さばいているチケットショップにケンカを売って困るのは堀田だし、向こうから頭を下げるべき。今度チケットの営業からやれよ!」
金券ショップの経営者ならではのガチトークを披露。
 (堀田が二見社長をリングに上げると言ってるが)
「再三言っているがやるなら第三者のリング。仮にT-1でやっても女子プロ特有の言い訳とかしそうだから、言い訳できない中立なリングで。もちろん必ず勝ちます。学芸会レベルの選手に負けるわけがない。それに俺らがやってることを他の女子プロと一緒にされては困る。」
と毒舌のオンパレード。

「下手したら学芸会より下かもな。何故なら学芸会でもダメだしされて成長しているから。有名な俳優さんもダメだしされて演技がうまくなっているのに、女子レスラーは何か指摘しれば素人が口出しするな、だから。しかも親や兄弟が観戦している感じで、いいよ、良かったよ、ですから。それで満足して、衰退しているのがいまの女子プロ界。マスコミも駄目なものは駄目と書かないからこうなるんだ!阿部は過去2回のT-1グランプリに呼んでない、その程度の選手。藪下・アメコン以外のごっこ女子レスラーには勝てる。しかし、これだけ毎回俺に言いたい放題言われて、闘うのを職業としている選手が黙殺するようじゃ終わっているよ。」
と女子プロ選手へコキ下ろした二見であったが
「こうやって噛みついてくるのは堀田だけじゃん。その勇気は認めるし、女子の看板を背負っているのは堀田だけじゃないの。逆に言えば堀田が負けたら女子プロレス終わりだ。」
血を洗う因縁の中にわずかながらにも相手を認める姿勢を示した二見。

 (T-1興行の選抜選手は)
「夢と希望のある選手を出すので楽しみにしてください。堀田、阿部も対戦したことのない未知の選手。会見で発表する予定です。」と含みを持たせた。

果たして二見社長vs堀田の最終決戦となるのか!?
また、未知の選手とは誰なのか?それとも救世主が現れるのか!?
いずれにせよ、5月3日昼・後楽園『ONLYONE』~夜・バトルスフィア『T-1ワンマッチ興行』は大事件が勃発するのは間違いなさそうだ!

         参考記事
KamiproHand: 所属選手わずか4名での後楽園大会!5/3堀田率いるAtoZ興行に二見社長が助け船!?
二見社長と堀田が電話越し壮絶バトル!そして、またもや・・・・・・!?
水道橋が再び血の海に!?堀田と二見社長が路上で大口論!!【前編・後編】

モバイルゴング: 「今日はこれからデートなんだよ!」/堀田と二見氏が“T-1通り”路上で壮絶バトル

週プロモバイル: 堀田が二見社長と激論/AtoZ&T-1劇場1
二見社長「向こうから頭を下げろ」/AtoZ&T-1劇場2

サンケイスポーツ: 【AtoZ】堀田がT-1事務所を急襲、5・3対抗戦実現へ

内外タイムス: 堀田、GW決戦でT-1潰し

スポーツナビ: 戦いは続く!T-1SPに堀田祐美子、阿部幸江が参戦

サムライTV「ニュース侍」放送

4/19(水)26(水)21:00から22:00 埼玉県入間市発信 コミュニティFMエフエム茶笛「Sound Garage」に二見社長が出演。
MCはケンジュークボックスさん。

◎シン上田さんのランキング大好き!!掲載分
ジゲンVol.23 1・17発売号 3位:T-1GP再び開催 主催者のカリスマ社長
ジゲンVol.25 3.17発売号 4位:T-1二見祭り 二見社長のカリスマは矢沢以上 
ジゲンVol・26 4.17発売号 3位:二見社長はスタン・ハンセンを超えた?

      この日に発表した概要
5・3(祝)T-1SP(開始18:39)越谷・バトルスフィア
出場決定選手:堀田祐美子、阿部幸江
参戦要請選手:T-1マスク1号、T-1マスク2号、X、X
5・3(祝)ONLY ONE(開始12:00)後楽園ホール 
対戦カード
▼ 中島安里紗、水沼美加vsT-1選抜チーム
▼ 阿部幸江デビュー10周年3番勝負 各10分1本勝負
阿部幸江vs 1・サソリ、2・亜利弥’、3・高橋奈苗
▼ 堀田祐美子vs X
スポンサーサイト



コメント

Re:第3回T-1 T-1会見再録シリーズ☆番外編其の壱

昨日のサムライTVの内容を二見さんはどう思いますか

Re:第3回T-1 T-1会見再録シリーズ☆番外編其の壱

この会見は懐かしくもあり、最高に面白いですね。
T-1通りのネーミングは、二見社長が考えたんでしょうか?

Re:第3回T-1 T-1会見再録シリーズ☆番外編其の壱

なんだか懐かしいですね。今思えばこのころから
T-1&二見社長に急激に牽引力がでてきた気がします。

コメント有り難う御座います

お前は男だ!さん
これはモバイルゴングのK氏が考えたネーミングです。
AKさん
実はサムライ加入してないんですよ。
お客さんやサムライさんからビデオをもらったりして、たまに見る程度。
どんな感じでしたか?
不忍のカメさん
牽引力というより、やりたい放題でしたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)