二見社長がどこも報じない朝倉未来対YA-MANの舞台裏を激白 木村響子とミスター雁之助氏で懸念したこと 強さを追及する者が評価されず、虚勢を張る連中がのさばる 「プロレス芸」に木谷氏の大人気なさ

現在は閲覧できない見応えのある二見社長×木村響子の超貴重な対談記事を公開 木村響子が捏造画像を信じて罪のない家族4人を提訴し、反訴された問題を解説、代理人弁護士は清水陽平

12・23(土)T-1トークライブは厳戒態勢を敷いて開催 メインは木村響子の大先輩に当たる元プロレスラーのミスター雁之助氏を訴えるという前代未聞の事態について考察 何故情報が漏れた?

二見×桜木かなこさん2023年12月23日5

2023年12月23日(土)「シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~」に多数のご来場、ありがとうございました。

「シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~」について更新するが、関連の画像を14枚アップ。

桜木かなこさん2023年12月23日スタバと楽屋お見舞い2

14枚とも悪球打ち野球ブログで更新したのと同じ写真。

14枚のうち、水道橋秘密基地で撮影は6枚、チケット&トラベルT-1で撮影は8枚。

二見×桜木かなこさん2023年12月23日4

当初は第2試合を安楽智大、セミファイナルに格闘技の話題を行う予定だったが、安楽の話がかなりボリューム感のある内容になったので、安楽をセミに、格闘技を第2試合に変更した。

よって、以下の試合順で行われた。

桜木かなこさん2023年12月23日スタバ1


第1試合 岡田彰布監督の次の監督訂正版

第2試合 虚像に満ちた格闘技界

セミファイナル 文春でも報じない安楽智大によるパワハラ問題

メインイベント 木村響子がミスター雁之助氏を訴えた前代未聞の事態について考察



桜木かなこさん2023年12月23日2

第1試合、岡田彰布監督の次の監督訂正版と、セミファイナル、文春でも報じない安楽智大によるパワハラ問題は、悪球打ち野球ブログで更新。

二見社長「安楽智大を責任取らせて終わりでいいのか」桜木かなこさん「お金と道徳を両立させないと」 阪神初の連覇とタニマチ問題 侍ジャパン新監督発表が遅れた理由 厳戒態勢を敷いて開催何事もなく終了

桜木かなこさん2023年12月23日4

口外禁止のトークライブなので、内容は書けないので、書ける範囲で触れていく。

第2試合と、メインイベントについて取り上げる。

桜木かなこさん2023年12月23日5

第2試合、虚像に満ちた格闘技界。

どこも報じない、11月19日、「FIGHT CLUB」での朝倉未来対YA-MAN戦の舞台裏について激白。
裸の王様と言っても過言ではない朝倉未来。


今の未来は、知名度だけでマウントを取る他の連中と変わらない。

そんな未来の驚愕のギャラの話。
AmebaTVの問題点。


そして、現在の格闘技界が抱えている最大の問題とは?

何故「RIZIN」に出たがる格闘家が多いのか?
出ることによって、○○○が得られる。


伏字は3文字とは限らない。

二見×桜木かなこさん2023年12月23日3

メインイベント、木村響子がミスター雁之助氏を訴えた前代未聞の事態について考察。

これこそ何も書けない。
ただ一つだけ書くと、木村響子がミスター雁之助氏を訴えたことにより、懸念したことが起こってしまった。


これ以上はノーコメント。

二見×桜木かなこさん2023年12月23日1

12月23日のトークライブは、内通者や密告者が来る可能性があったので、厳戒態勢を敷いて開催となったが、何事もなく終わってホッとしたところ。

桜木かなこさんは、「T-1トークライブ」4度目の参戦。

桜木かなこさん2023年12月23日3

2023年はお客さんを入れてのトークライブは3回開催したが、3回ともゲストは桜木かなこさん。

かなこさんも常連さんの顔を覚えて大分リラックスできたのもあってか、今までの中で一番話すことができて良かった。

二見×桜木かなこさん2023年12月23日2

二見社長 ツイキャス

二見社長 インスタグラム futami19950823

画像は、長谷川さんからスターバックスカード、かなこさんファンには楽屋お見舞いを頂き、大喜びの桜木かなこさん。

桜木かなこさん2023年12月23日スタバと楽屋お見舞い1

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋)

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

桜木かなこさん2023年12月23日1

2023年最後の雑談コーナー、いやプロレス界と格闘技界の断罪コーナー。

前回、「RIZIN」の榊原信行CEOはPRIDE時代から全く変わっていないと一刀両断したが、変わっていないどころか、さらに酷くなった印象だ。

格闘技界が無法地帯化となったのは、「RIZIN」が日本の市場を寡占した弊害。
エンターテインメント路線に走ったことで、「ブレイキングダウン(以下・BD)」と大差がなくなった。

「BD」と格闘技は別物だが、思考や読解力の低下により、同一と思い込んでいる人が多い。

格闘家モドキほど知名度のことばかり主張する。

虚勢を張る連中がのさばるようになってしまったのは、客さえ入れば何でもありとそういう選手を使い続けた「RIZIN」と「BD」に問題がある。

強さを追及する者が評価されず、虚勢を張る連中がのさばる格闘技界。
これは絶対におかしい。


まさに正直者がバカを見る。
もううんざりだ。

それと特定の選手個人が、力を持ち過ぎてしまった。
その要因の1つにAmebaTVが挙げられる。
既述した通り、トークライブで話したので、具体的には書けない。


格闘技界とアベマは、ガラパゴス化したメカニズムが一緒。
これも目先のカネ欲しさにアベマと手を組んだ榊原CEOが悪い。

朝倉未来の引退騒動は茶番にしか見えなかったが、ファンは手のひらで踊らされ、未来におんぶにだっこの格闘家という図式。
「BD」のような見世物興行が、メインストリームになりつつある。
これは恐ろしいこと。

「BD」のスポンサーに今度は仮想通貨。
コンプライアンスなどないし、無法地帯化した格闘技界にはノーモラルだ。

その結果、世界では通用しない井の中の蛙だらけとなった。
世界に通用する選手が育つ土壌がなくなったのは、繰り返しになるが運営サイドに問題があるからだ。

特殊詐欺、私人逮捕系、頂き女子と立て続けに逮捕され、この後も摘発されるだろう。
大元の名前は伏せるが、ビーベットが絡んでいる。

平本蓮や私人逮捕系のバックにいるヤツ。
格闘技界がマイナーであるために、今までメスを入れられないままの状態が続いていた。
プロ野球、サッカーでは考えられないケースだ。

平本蓮、安保瑠輝也にしても、トラッシュトークでしかアピールができない。

前田日明氏、魔裟斗氏、鈴木千裕が無法地帯化について苦言や提言すると、必ず平本蓮が噛みつくパターンだ。

平本だけでなく、青木真也まで魔裟斗の何十年前の話を蒸し返したりするが、器が小さ過ぎる。
魔裟斗を批判している連中は、現役時代はこう言っていたじゃないか、とあら捜ししているだけ。
問題の本質を分かっていない。

一斉にマウントを取って、ホント情けない業界だ。

鈴木千裕は吉羽美香の問題で男らしくなかったので好きではなかったが、苦言に関しては同感だ。
鈴木千裕は大分前に「パンクラス」で、計量オーバーにより試合が中止になった過去があった。
だが、その後はミスなし。
あの失敗から意識が変わり、今の結果に繋がったとも言える。

11月24日、木村ミノルが再検査でまたしてもドーピング陽性により、「RIZIN.45」の対安保瑠輝也戦は中止となった。
これも再三言っていることだが、何故検査の結果が出てからカード発表しなかったのか?
リスク管理が低すぎる。

そもそも最初の陽性発表の会見から半年経っていないのに、薬が抜けると判断した榊原信行CEOと渡辺一久は同罪。
同罪は榊原と渡辺だけではない。

面白ければ、楽しければ何でもよいと榊原CEOを持ち上げてきた馬耳東風のRIZIN信者と榊原信者。
榊原に何も言えないイエスマンの笹原圭一氏。

「RIZIN」と榊原CEOを追及しないどころか、見て見ぬふりをしているメディア、マスコミ。


この忠犬どもは木村ミノルと変わらないし、格闘技界から消えてもらいたい。
この人達に格闘愛など皆無だ。


榊原CEOが謝罪をしない上に、ヘラヘラできるのは追及しない腰巾着記者とイエスマンしかいないから。

「RIZIN」「BD」、ユーチューバー、私人系を支持するヤツに共通するのは、楽しければいいという思考。

11月23日「DEEP JEWELS43」で、客寄せパンダとしてアマチュアデビューした元RIZINガールのあきぴが、横瀬友愛にほぼ何もできずに1ラウンドで敗戦。

敗戦したからとやかく言うつもりはない。
ただ笹原圭一氏が、「格闘技は勝つ姿を見せるものではなく、立ち上がる姿を見せるものです」とあきぴ宛に投稿したのは問題じゃないか。

何故、勝者の横瀬友愛を称えないのか?
勝った格闘家のことは全く触れず、敗者のあきぴには慰めみたいな投稿。
元RIZINガールだから贔屓しているということであれば、運営をやる資格などない。

運営側が敗者の言い訳がましい姿を美化、誤魔化しているに過ぎない。
そんなに美化したいなら、運営を辞めて盲目的なファンとして、敗者を美化しろって話だ。


今の格闘技界は美学を捨てカネ儲けに走り、小銭欲しさに媚を売る格闘家。
まさに腐敗の構図である。


画像は、1・13(土)「プロレスリング・ノア」後楽園ホールのポスター。

プロレスリングノア2024年1月13日

11月23日、塩村あやか参議院議員が「酷いデマ。逆にどういう認知や流れでこんなデマやデマともいえない不思議な話を信じてツイートするようになるのか知りたい いつものことではありますが。最早、アンチのプロレス芸」と投稿。

「アンチのプロレス芸」という、プロレスを揶揄するようにも取れる表現を、ブシロード社長兼CEOの木谷高明氏が問題視。
投稿の削除もしくは訂正を求め、11月24日、「新日本プロレス」と「スターダム」は意見書を立憲民主党に送付したことを報告。

正直言って、そこまで怒る話しではないし、大ごとにし過ぎだ。
しかも、塩村議員が謝罪した後に、「求めているのは謝罪でなく、訂正か削除」と木谷氏が絡んだのは大人気なかった。


はっきり言って、木谷氏は3流以下のプロレスラーの対応だ。

ブシロード系と言えば、「スターダム」が会場予約の間違いの不手際により社長が交代。
自社ではないが、新日本ワールドのリニューアル失敗と、ゴタゴタが続いていた。

なので、これらのゴタゴタの話題剃らしで塩谷議員を批判したんじゃないかと、邪推してしまう。

まあ一番ダサいのは、木谷氏に便乗して、塩村議員に抗議や批判的な投稿をしたプロレスラーや関係者。
こいつらはただ目立ちだけ。


あの徒党の組み方を見ても、コンプレックスの塊だということが分かる。

特にTAKAみちのくなんか、オマエが言うなって話だ。
「プロレスと出会い人生が変わった、天職のプロレスを馬鹿にするな」と主張していたが、散々女性のプロレスファンを食いものにして、さらに女性ファンの人生を変えるようなことをやっておきながら、今更善人面するな。

TAKAみちのくの女性問題や女癖の悪さは、何度かブログに取り上げているので割愛。

そんな中、唯一大人の対応をした「DDTプロレスリング」の秋山準の株が急上昇したというオチ。

画像は、1・14(日)「全日本プロレス」後楽園ホール大会のポスター。

全日本プロレス2024年1月14日

という訳で、本日で2023年最後の二見激情ブログ更新となった。

2023年は最後の二見イヤーということで、阪神タイガースが38年ぶりに日本一を達成したし、「チケット&トラベルT-1」は繁盛したので、良い年だったのではないか。

トークライブなどのイベントはもう少し多く開催したかったが、自分の力不足によりできなかったのは反省点。

当ブログに関して、2023年は今日で42回目の更新。
昨年2022年も42回、2021年は41回、と大体このくらいの数字。

悪球打ち野球ブログを2回、極上の二見激情ブログを1回という、3日に1回のペース(たまに2日1回)で更新しているため、中々増やせないが。

2024年はどういう年になるのか?
健康第一で、面白い仕掛けが出来れば。

なお、12月30日に悪球打ち野球ブログを更新予定なので、2023年の締めは野球ブログで。

それでは皆さん、良いお年を。


画像は12月6日のアクセスランキング。

二見激情ブログ2023年12月6日ランキング3位

格闘技部門で1414人中3位。
スポーツ部門では、29321人中64位。

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

桜木かなこさん2023年12月23日スタバ2
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する