12・23(土)T-1トークライブは過去最高の緊張感、厳戒態勢 虚像に満ちた格闘技界 木村響子がミスター雁之助氏を訴える 榊原信行はPRIDEから変わっていない、笹原圭一は浮かれポンチ、風前の灯火

文春は載せない?東北楽天・安楽智大のパワハラ問題、安楽だけなのか? 12・23(土)T-1トークライブでどこも明かすことのない真実を公開 何故報知だけ田中将大の名前を載せたのか?

安楽智大はユーチューバーに転身しない?その理由と、阪神・岡田彰布監督の次の監督訂正版について、12・23(土)T-1トークライブで話す 東北楽天の調査は不十分 体調が良くなったのは

2006年2月23日T-1グランプリ100K(C)T-1

冒頭の画像は、2006年2月23日「女子プロリベンジ T-1グランプリ~魂~大志~帝王~」新宿FACE
第2回「T-1グランプリ」
既に悪球打ち野球ブログで公開した写真だが、同じ10枚を当ブログにもアップする。

画像10枚、全て二見と木村響子が写っている場面を選んだ。

堀田祐美子がいる控室を襲撃する二見。
止めている木村響子と中島安里紗の表情が、全てを物語っている。

(C)T-1は画像の無断転載禁止。

2006年2月23日T-1グランプリ007(C)T-1

グラサンを掛けている木村響子。
二見と木村の対談で、木村が「サングラスを掛ける」と予告。

自分のグラサンを木村に貸した。
木村の前に優菜、栗原あゆみ、米山香織。

前半は、2023年12月23日(土)「シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~」水道橋秘密基地での格闘技のテーマと試合順。

後半はRIZIN、榊原信行CEO、格闘家、御用ライター、格闘技界を総まとめで断罪。


2006年2月23日T-1グランプリ704内外(C)T-1

怒る二見、止める木村。

悪球打ち野球ブログで発表した通り、プロレスのテーマは、「木村響子がミスター雁之助氏を訴えた前代未聞の事態について考察」となった。
この話題がメインイベントとなる。


現在は閲覧できない見応えのある二見社長×木村響子の超貴重な対談記事を公開 木村響子が捏造画像を信じて罪のない家族4人を提訴し、反訴された問題を解説、代理人弁護士は清水陽平

12・23(土)T-1トークライブは厳戒態勢を敷いて開催 メインは木村響子の大先輩に当たる元プロレスラーのミスター雁之助氏を訴えるという前代未聞の事態について考察 何故情報が漏れた?

2006年2月23日T-1グランプリ017P(C)T-1

控室に蹴りを入れる二見。
唖然とする木村と中島。
この蹴りで控室の扉を破壊した伝説のシーン。
この後修理、鉄の扉になった。
その模様はDVDに収録されている。

この二見の怒りは、堀田にグッチのグラサンを壊されたのもあるが、一番は米山香織の裏切りに対してだ。
DVDを見れば分かる。


2006年2月23日T-1グランプリ068K(C)T-1

堀田との大乱闘の際、グラサンを奪われた二見。
木村、水沼美加、竹迫望美、優菜が二見を止めている。

2006年2月23日T-1グランプリ072K(C)T-1

堀田のマイク。
木村は二見を止めている。
中央に中島安里紗。

2006年2月23日T-1グランプリ646内外(C)T-1

二見と堀田祐美子の大乱闘。
堀田を押さえているのが木村。
二見側に倉垣翼の後ろ姿。

今回のトークライブから口外禁止と強く主張するようになったのは、メインイベントの話が理由。

木村響子の話題をするので、内通者や密告者が来る可能性がゼロではない。
よって、厳戒態勢を敷いて開催する。


雁之助氏のトークライブよりもT-1トークライブの方が断然に敷居が高いので、内通者や密告者が来るのは至難の業。
それでも警戒するに越したことはない。


2006年2月23日T-1グランプリ705内外(C)T-1

控室前に木村と二見。

最後の一つとなった、格闘技のテーマ。

「RIZIN」榊原信行CEOを断罪するのは分かりきっているので、タイトルに榊原断罪と入れても仕方がない。

榊原氏個人というよりも、格闘技界全体を斬らないといけない。


従って格闘技のテーマは以下のようになる。

虚像に満ちた格闘技界。

格闘技はセミファイナル。

12月23日(土)「T-1トークライブ 二見イヤー最後の二見祭り」は、以下の順で行う。

第1試合 岡田彰布監督の次の監督訂正版

第2試合 文春でも報じない安楽智大によるパワハラ問題

セミファイナル 虚像に満ちた格闘技界

メインイベント 木村響子がミスター雁之助氏を訴えた前代未聞の事態について考察


12・23(土)T-1トークライブは、過去最高の緊張感のあるイベントとなった。

2006年2月23日T-1グランプリ002内外(C)T-1

本部席にいる二見を挑発する堀田。
左にいるのは尾崎魔弓、後ろに木村。

トークライブ前に当ブログを更新するのは今回が最後。

12月21日に悪球打ち野球ブログを更新予定なので、その際に当日券情報をお知らせする。

二見社長 ツイキャス

二見社長 インスタグラム futami19950823

2006年2月23日T-1グランプリ599内外(C)T-1

シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~

2023年12月23日(土)開場 17時45分 開始 18時 終了予定 21時
会場:水道橋秘密基地(チケット&トラベルT-1のすぐ近く)
会場は予約完了時にお伝えします。
アクセス
JR水道橋駅西口&東口下車徒歩2分、都営三田線水道橋駅A2出口下車徒歩4分
入場料 3000円


12・23(土)18時 シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~ 水道橋秘密基地

二見×桜木かなこさん2023年12月23日1

ゲストへのプレゼント、差し入れは大歓迎です(生ものを除く)。

■桜木かなこ直筆サイン入りチェキの販売
桜木かなこさんとのツーショット撮影を希望の方。
直筆サイン入りチェキを1000円で販売します。


■注意事項
トークの内容は口外禁止です。
他言無用ですが、SNS等に感想を書いたり、述べたり、写真をアップするのは問題ありません。
動画撮影と録音は禁止です。
写真撮影は可能です。
アルコール類を除き、飲食物の持ち込みは可能です。
ごみは必ず全てお持ち帰りください。


チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋)

二見×桜木かなこさん2023年12月23日2

恒例の雑談コーナー。

格闘技界は社会秩序が保てた世界とは言い難い。
運営や格闘家個人の満足を優先させた結果、無法地帯となっている。


再三書いていることだが、追及するマスコミが皆無。
だから、運営と格闘家はやりたい放題となった。


10月31日、12月31日「RIZIN.45」さいたまスーパーアリーナのチケット価格が発表された。

VVIP席は昨年と比べて17万円下がり33万円。
VIP席は1万円値上げの11万円。
SRS席は5000円値上げの55000円、S席は3000円値上げの33000円、A席は1500円値上げの16500円。

昨年の55万円が無茶苦茶な価格だった話で、他は全席種値上げだ。

ところが、「RIZIN」の御用記事で有名なENCOUNT(エンカウント)が、「【RIZIN】大晦日の料金一番高い席が33万、昨年と比べて17万大幅減」と提灯記事を配信。

しかも、他の席種は全部値上げたのに一切触れなかった。
大本営発表以外の何物でもない。


ENCOUNTは以前から大本営発表やコタツ記事を載せており、信用性がゼロ。

法外な価格は「RIZIN」だけじゃない。
11月19日、RISEに所属するYA-MANプロデュース「FIGHT CLUB」で、YA-MAN対朝倉未来戦が行われたが、同大会のチケット料金は、VVIP1列目 100万円、VVIP2列目 50万円、VIP(3列目以降) 20万円。

格闘技界全体の感覚が麻痺しており、異常とか言う次元ではなくなっている。

大本営発表はENCOUNTだけじゃない。
イーファイトも同じ。

10月18日、イーファイトは「パッキャオとメイウェザーが大晦日に再戦か!比メディアが伝える」と配信。

結果実現しなかったが、パッキャオとメイウェザーに数十億のギャラを払うなんて馬鹿げているのに、ただ載せるだけの御用のイーファイトに呆れ返る。

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

画像は、昨年12月19日のアクセスランキング。
載せるタイミングが遅くなってしまった。

ブログアクセスランキング2022年12月19日

11月11日、榊原信行CEOは大晦日の「RIZIN.45」で、安保瑠輝也対木村ミノル戦を発表。

会見で榊原CEOは木村ミノルについて、「陽性か陰性かも含めて楽しんでほしい」と暴言。

最初の陽性発表の会見、出場停止中なのに「RIZIN」を観戦してカメラに抜かれたことなど、全て茶番だ。

こうやって既成事実を作ってしまったので、榊原CEOはドーピングを認めたと同然となった。

榊原CEOはPRIDE時代から何も変わっていないし、何も学んでいない。
それは、一連のドーピングの容認に現れている。


こんな酷い人でも信者がわんさかいることに恐怖を感じる。

さらに問題なのは、木村ミノル参戦に関して、腰巾着記者達は誰一人として「RIZIN」や榊原CEOを批判しなかった点だ。
狂っているとしか言いようがない。


今の「RIZIN」は正直者がバカをみて、ルールを守らなくても出場できる。

盲目的な信者は、やれ興行、やれ知名度と擁護するが、プロ野球、サッカーだって興行だ。
実力で勝ち取らない時点で、格闘家とは言えない。

3流の格闘家の大半は虚勢を張っている。

「RIZIN」がエンターテインメント路線を重視した結果、キャラクターを優先。
これは実力勝負できない苦肉の策と言える。

なお、11月24日、木村は2度目のドーピング検査は陽性で安保戦は消滅となった。

画像、極上の二見激情ブログは格闘技部門で3位。
まあ1位じゃないと駄目だが。

ブログアクセスランキング2022年12月19日2

この数年、「RIZIN」周辺は問題ばかり起こしている。

RIZINトリガー共催者の吉羽美華逮捕に始まり、きらぼし銀行元役員によるRIZINへの不適切な融資。
吉羽逮捕について、榊原CEOは未だ説明責任を果たしていない。

吉羽詐欺事件は、十数億円のうち約6億円が吉羽容疑者に渡っており、このうち約4億円をRIZINへ出資。
吉羽の懐に約2億円、RIZINに約4億円も搾取。

吉羽詐欺事件はコロナ禍での公的融資制度を悪用したもの。
知らぬ存ぜぬは通用しない。

ところが、格闘マスコミ村は榊原CEOを追及せず、見て見ぬふりをした。

今一度、吉羽事件について考察するべき。

吉羽は「RIZIN」にいいように利用されたし、鈴木千裕に相当入れ込んでいた印象だ。

租税回避地にしても、抜け穴を巧みに使っているので、榊原CEOの右腕に指示する人がいるのであろう。

格闘技界とは話が逸れるが、頂き女子がホストやホストクラブに貢ぎ、連鎖的に逮捕されたのと、吉羽マネーがRIZINに流れたのは似ている。

頂き女子とホストクラブ摘発には、ホスト狂いの立ちんぼ返済問題が影響している。
ホスト狂いがいることで、犯罪にまつわるお金で贅沢な暮らしをするホストの鴨になっている。

話しを格闘技に戻して、選手ファーストでない榊原CEOは、都合が悪くなると「格闘家は命懸けだ」と論点をすり替える。
卑怯者がやる常套手段だと言える。

最近ではオンラインカジノ摘発、マネロンによる特殊詐欺グループ50人逮捕。
おそらく繋がっており、どんどん外堀が埋まっている印象だ。

オンラインカジノとRIZINやブレイキングダウンの関係が、野放し状態になっていたのが異常。

警察も慎重に捜査をして、いよいよ本星に入るのではないか。

1日も早くこの騒動が終わり、正常化した格闘技界に戻ってもらいたい。

榊原CEOはこれだけ問題を起こして責任を取らないのは、見て見ぬふりしてきた周りのせいだ。

榊原CEOの暴走を止めることができない、御用ライター・ジャン斉藤と、イエスマン・笹原圭一氏。

ジャンと笹原氏は世界に通用しない格闘技界にした張本人と言える。
その両名が揃いも揃って、勘違い女子格闘家・万智を逸材だと猛プッシュ。

特に笹原氏は中立的な立ち位置にいないといけないのに、ゴリ押し感丸出し。

笹原氏の立ち振る舞いを見ると、まさに「浮かれポンチ」。

業界に長くいれば、「良い時もあるが、悪い時もある」と身に沁みて感じるはずだが、ジャンとのやり取りや、特定の選手への推しを見ると、笹原氏は全く分かっていないように見える。
ジャンも同じ。

榊原、笹原、輝美のトリオは、上辺だけ見ている。
万智の強引な売り出し方を見ても、ただ客寄せパンダを増員するだけだ。
世界とは益々差が広がる。

運営サイドで酷いと言えば「巌流島」の谷川貞治。
未払い問題がまだ解決していないのに、同じ業界に居座るのが信じられない話だ。

谷川は榊原CEOと一緒になって、アントニオ猪木が死去後、擦り寄っている。
榊原CEOは、猪木さんと「RIZIN」を結びつけようとするからタチが悪い。

元々谷川は極真空手の大山倍達に憧れていたので、あまり猪木さんには思い入れがなかったと聞いている。
猪木さんで商売にしたんだろうが。

地上波撤退の影響は出ている。

2、3年前まで初参戦後、ツイッター(現在はX)では、「1日で3000~5000フォロワーが増えた」と浮かれた格闘家がいたが、最近は100~200程度しか増えず、初参戦してもフォロワーが急激に増えることがなくなった。

風前の灯火。

朝倉未来が「地上波がなければ大晦日に出ても」と発言。
未来が賢いというよりも、側近に賢いのがいる。

画像は、1月4日「新日本プロレス」東京ドームのポスター。

新日本プロレス2024年1月4日ポスター2

前回取り上げた、太田忍と瀧澤謙太の稚拙な煽り合いには開いた口が塞がらないが、あれは「RIZIN」と所属ジムが止めないと駄目だ。
太田は五輪メダリストなのに、幼稚過ぎて救いようがない。
瀧澤を贔屓する佐伯輝美もどうかしている。

同じく前回取り上げた、10月27日に予定された角川主催の榊原イベントが直前で中止になった件。
10月26日に会見があったが、例によって御用記者どもは誰もそのことについて質問しなかった。

繰り返しになるが、風前の灯火と言える格闘技界。
来年も変わらず「RIZIN」が大晦日に開催された場合には、焼け野原状態になっているだろう。

いや、もう既になっているか。


画像は、1月2日、3日「全日本プロレス」後楽園ホールのポスター。

全日本プロレス2024年1月2日、3日

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する