榊原信行CEOを斬れるのは二見と片田直久氏だけ 11・27(日)札止めまで後少し 村社会の格闘技界RIZIN反社問題をダンマリ 山本空良対横山武司の好勝負をぶち壊したヤマケンと信者

悪球打ち野球ブログ2つ

RIZIN問題を切り込めるのは二見と片田直久氏しかいない 1968・69年生まれ、プロレスラーはトップクラス、球界は野茂・金本・高津・緒方・矢野・山﨑、史上最強の世代 共依存関係の中井りん&ワイルド

11/30(水)KISS一夜限り、アンコール東京ドーム公演 ショーン・メンデス トートバッグ&クリアボトル 撮影が当たり前の海外アーティスト 東京ドームシティ郵便局に続きデニーズが閉店、家賃の高さが原因?

画像は、『シン・T-1トークライブvol.3』のビジュアル。

二見×片田さん2022年11月27日T-1トーク3(C)T-1

いよいよ11月27日(日)18時から水道橋秘密基地で、『シン・T-1トークライブvol.3 二見社長×片田直久~榊原信行CEOが最も恐れる2人がマット界に直言~』を開催。

シン・T-1トークライブvol.3 二見社長×片田直久~榊原信行CEOが最も恐れる2人がマット界に直言~
2022年11月27日(日)開場 17時45分 開始 18時 終了予定 21時
会場:水道橋秘密基地(チケット&トラベルT-1のすぐ近く)
会場は予約完了時にお伝えします。

アクセス
JR水道橋駅西口&東口下車徒歩2分、都営三田線水道橋駅A2出口下車徒歩4分
入場料 3000円

トークライブ前、当ブログは最後の更新となる(悪球打ちブログはあと1回更新)。

片田さんはゲストに集客がないと謙遜していたが、お蔭様で参加者が増えて、チケットは残り僅か。
札止め(完売)まで後少し。

テーブル付き&背もたれ付きの椅子席は売切れ。
残り数名はテーブルなし&簡易椅子となる。


定員になり次第、予約は終了。
トークライブ当日までに残席がある場合に限り、当日券の販売を行う。
その場合は、下記のサイトやツイッターで告知する。

11・27(日)18時 シン・T-1トークライブvol.3 二見社長×片田直久~榊原信行CEOが最も恐れる2人がマット界に直言~ 水道橋秘密基地

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

イベント当日、ゲストの片田直久さんとのツーショット撮影を希望の方には、片田氏の直筆サイン入りチェキを1000円で販売。

ざっと注意事項などを書くと、いつものように他言禁止、口外禁止。

SNSやブログ等で書くのは勿論のこと、誰かに言ったり、YouTubeなどの動画で配信するのも禁止。
シークレットトークとなる。

但し、感想を投稿または配信等で述べるのは、トークの内容を書かなければ問題ない。
漠然と面白かった、あれは良かった、二見が吠えまくっているとか、そんな感じで。

イベント中に、これは書いていい、という発言があった場合はそれについては書いて良し。

写真撮影はOKなので、写真をSNSやブログに載せるのは問題なし。
動画撮影と録音は禁止。

二見と片田氏への差し入れは、ナマモノ以外であれば歓迎。
アルコールの摂取、持ち込みは禁止で、ソフトドリンク、軽食は可能。

飲食以外ではマスクを着用。
新型コロナウイルス感染防止の観点から、こまめに手洗い、うがい、手指消毒の協力、イベント中でも定期的に換気、窓開けを行う。


ここまでが注意事項。

今年は7月17日に2017年3月26日以来、約5年3ヶ月ぶりに『シン・T-1トークライブvol.1 二見社長×鈴宮かなこ~5年の時を経て復活の狼煙を上げる~』を水道橋秘密基地で開催。

10月3日には『CPEキャットファイト』THOGO代表が管理する秘密基地で、『シン・T-1トークライブvol.2 二見社長が世論を斬る~水道橋の金券ショップ、27年の事件簿~』初のツイキャスプレミア配信(有料)を行った。

画像は、『CPEキャットファイト』BASEMENT MONSTAR王子大会(右がアラレ王)。

CPEキャットファイト2022年5月29日王子アラレ王6

11月27日は10月3日の配信の続編。
配信の際、『RIZIN』関係で言い忘れたことがあったので、それを言ってからトークライブの本題についてスタートする。

今回のトークライブは、プロレスと格闘技の二本立て。
前半はプロレスの話しを中心に展開の予定。

片田さんは、YouTubeの前田日明氏のインタビューアーとして名が知れ渡ったので、前田氏との関係や、『リングス』の話をできたら。
以前に書いた通り自分は『UWFインター』が好きだったので、リングス派の片田氏と議論できれば面白いかもしれない。

後半は、トークライブのサブタイルにもある、『RIZIN』と、榊原信行CEOの反社会的勢力(以下・反社)との問題について斬っていく。

『RIZIN』と榊原信行CEOの反社問題や、詐欺で逮捕された共催者・吉羽美華については、当ブログや片田氏のnoteで取り上げているが、ここだけの話ということで、ブログやnoteで明かしていない問題点を追求する。

再三書いているが、榊原CEOが反社に利益を供与しているのが事実なら、大問題どころの話ではない。
榊原CEOはバカの一つ覚えのように「1点の曇りもない」と言っているが、何一つ潔白を証明できていない。

それどころか、『RIZIN』は平然と大会を開催し続けている。
普通なら大会はできないし、もう解散しないといけない話。

何故開催できるかというと、格闘家、関係者、マスコミ、メディア、信者が完全スルーしているからだ。
都合の悪いことはダンマリ。

これほど情けない話もない。
格闘家は、夢や勇気を与えるとかほざいておいて、反社問題には一切言及しない。

村社会。
格闘技業界全体が『RIZIN』に依存している証拠。

そんな異常な業界ではあるが、それでも格闘技界が良い方向に変わるきっかけとなればと思い、片田氏とタッグを結成。
徹底的に榊原CEOを断罪していく。


画像は、吉羽美華のインスタ。
RIZINオーディション最終選考を辞退した理由について言及。

吉羽美華インスタRIZINオーディション辞退

はっきり言って、榊原CEOを斬れるのは二見と片田氏だけ。
だからこそ、11月27日は水道橋秘密基地に集結する必要がある。


なおトークライブ当日、次回ツイキャスプレミア配信の日時を発表。

これは年内ではなく、2023年1月下旬なので、イベントとしては次々回となる。
秘密基地は人気のスタジオのため、早めに抑えないと直ぐに埋まってしまう。

よって、1月下旬の配信の前に、イベントを行う予定。
それが年末となるのか、年始になるのか未定。

できたらというか理想は年末に開催して、2022年を締めたほうが2023年のフタミイヤーに繋がる。
ただ如何せん、年末まで時間がない。

やるなら12月28日(水)29日(木)30日(金)、この辺りが候補。
平日開催となるが、会社は休みの可能性が高いので。
年始にするなら1月5日以降かな。

二見社長 ツイキャス

二見社長 インスタグラム futami19950823

ネクサス2022年11月7日横断幕

恒例の雑談コーナー。

山本喧一(以下・ヤマケン)とRIZIN信者に呆れ返ったので、振り返っていく。

11月7日の『Fighting NEXUS vol.29』後楽園ホール大会を現地観戦。
同大会の画像を6枚アップ。

6枚の内訳は、フェザー級タイトルマッチ 山本空良 vs 横山武司を3枚。

ネクサス2022年11月7日山本空良対横山1

フライ級王座決定戦 浜本”キャット”雄大 vs 平井総一朗&ラウンドガール、バンタム級次期挑戦者決定戦 咲間”不良先輩”ヒロト vs 森永ユキト、出場選手の横断幕、各1枚ずつ。

『Fighting NEXUS』を観戦するのは初めて。
観に行ったのは、メインイベントの山本空良の試合を見るため。

というのは、表向きの理由。
何かやらかすかもしれないと思ったので観に行った。

やらかすと思ったのは山本空良じゃない。
空良の父親であるヤマケンだ。

これは直観であり長年の感だが、その感が見事に的中した。
ヤマケンを斬る前に試合について触れる。


ネクサス2022年11月7日山本空良対横山4

挑戦者の横山武司が、足関と柔術で攻め続け判定でフェザー級王座を戴冠。

ぶっちゃけ横山という人を全く知らないで観たが、まず動きの早さに驚いた。
神業連発で、こんな個性的な選手がいたのか。

横山が常に上からのポジションだったし、空良の打撃を封じていたので、文句なしの横山の勝ちだと思った。
横山はカット(流血)していたが、寝技で押し切った印象だった。

ところが、判定勝ちにケチを付けたのが山本空良の父親であり、所属ジムの代表でもあるヤマケンだ。
自身のツイッターで判定への不満をぶちまけた。
問題はそれだけじゃなかった。


ネクサス2022年11月7日山本空良入場

批判の矛先を『ネクサス』に向くよう先導。
空良のファンやRIZIN信者が『ネクサス』を批判しまくった。

その批判の内容がお粗末で、山本空良やヤマケンを擁護しているヤツに限って、試合を見ていない。
それで、よく判定がクソだったと言えるよな(呆)。

さらには、「空良を休ませて」「RIZINに専念して」「ネクサスを見限って」「ネクサスに出たことが間違い」「ネクサスなんかに出るな」とヤマケンに上から目線で指摘する始末。


開いた口が塞がらない、とはこのことだ。

プロ野球で例えれば、NPBでの活躍があったからMLBに移籍できる。
格闘技界も同じだ。

『DEEP』『プロ修斗』『パンクラス』、今回の『ネクサス』、これらの戦いが評価され、『RIZIN』に参戦できたわけだ。
こんなことも分からず、思考回路が回らないのか、意味不明な上から目線。
RIZIN信者は救いようがない。


盲目的にならないよう反面教師しないと。

ネクサス2022年11月7日浜本対平井ラウンドガール

ヤマケンはヤマケンで問題だ。

ヤマケンは11月7日の『ネクサス』でタイトルマッチが決まっているのに、「9月25日の超RIZINに出たい」「超RIZINに出場する中で怪我人が出ないか」と、自身のツイッターで投稿していた。
主催者の『ネクサス』をバカにし過ぎではないか。


『Fighting NEXUS vol.29』後楽園ホール大会での山本空良対横山武司戦の判定について、判定負けに納得いかない山本喧一は異議申し立て。

その後もヤマケンはほぼ毎日、判定への不満、文句のツイートを垂れ流し。
文句のツイートを書くのは自由かもしれないが、一番の問題は勝者の横山を一切称えていなかった点だ。
ケチを付け、文句、批判のオンパレードはダサ過ぎる。


11月17日、『Fighting NEXUS』相原雄一コミッショナーの回答書を掲載したので、一部引用。

1.結論
(1)当日のジャッジの採点はルールを逸脱したものではない。
(2)よって試合結果は変更しない。
(3)FightingNEXUS代表山田峻平氏に対しては、両選手の早期の再戦を要望する。


以上。

よって、異議申し立てを却下した。
にも関わらず、まだヤマケンはぐじぐじと不平不満。

見苦しいにも程があるというか、コミッショナーが回答したのに、ここまでゴネるジムの代表は過去にも記憶がない。

まだ終わらず、連日連夜、ヤマケンは判定にイチャモン。

ついに、ジャン斉藤まで便乗。
ジャンは現地で観もせず、ミスリードを誘い、まるで『ネクサス』が悪いと煽った(空良のレコードが汚れるのはやりきれない、と投稿)。

ヤマケンは終いには「ミスジャッジを認め無い事で、本気で世界を目指している若者のレコードが汚れる事をどう思っているのだろうか?」と猛烈に批判。

そこまで言うなら、判定に委ねないようKOか一本で勝てばいい話じゃないか。

そもそも、ヤマケンは団体批判をできる立場か?
過去に何度も未払い問題を起こし、ここでは書けないヤバい話が星の数ほどあるだろうが。
責任転嫁する前に、まず自分を見つめ直せ。


結局、ヤマケンがあまりにもしゃしゃり出るせいで、一番損しているのは山本空良ではないか。
山本空良は親に一任をしているのか、この件についてコメントはない。

繰り返しになるが、横山武司と山本空良の試合を称えず、ひたすら文句を書くヤマケンと、試合を見もせず『ネクサス』を悪者扱いするRIZIN信者。
こいつらは腐っている。

好勝負をぶち壊したのは、ヤマケンとジャンとRIZIN信者。
こんな後味の悪い話もない(怒)。


とは言え、オレは持っている。
『ネクサス』を現地観戦しなかったら、ヤマケンを断罪できなかった。
そういう意味では、観戦して良かったってこと。


ネクサス2022年11月7日不良先輩対森永1

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

画像は、『プロレスリングノア』のポスター。

プロレスリングノアポスター2022年11月10日、11日
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する