7・17(日)約5年ぶりに二見が爆弾発言!誰も書けない、配信できない、総合格闘技界の衝撃的なヤバいニュースをいち早く公開!鈴宮かなこさんを抜擢した2つの理由!問題のRIZINガールオーディション中編

いよいよ7月17日(日)は約5年3ヶ月ぶりにトークライブを開催!

髙津臣吾監督「絶対大丈夫」音声付き3Dボブルヘッド、サンケイスポーツ特別版 丸ごとスワローズ第62号 表紙・巻頭 村上宗隆 巻末 内山壮真 7・17のT-1トークはプロ野球の裏話も

使い回し、スターシートA特典のオレンジタオルは2年連続同じデザイン 読売ジャイアンツ2022卓上カレンダー、お~いお茶クリアファイル 7/17のT-1トークで球団広報と番記者のなあなあな関係を糾弾

二見&鈴宮かなこさんトークライブ2022年7月17日2(C)T-1

というわけで、7・17(日)18時30分から「シン・T-1トークライブvol.1 二見社長×鈴宮かなこ~5年の時を経て復活の狼煙を上げる~」を水道橋秘密基地で開催する。

見所の前に当日券情報。
残り僅かだが、チケット&トラベルT-1で大人のみ(3000円)発売。
営業時間内の18時まで来店ください。
当日会場では販売しません。


二見社長 インスタグラム futami19950823

鈴宮かなこ インスタグラム kanako.sakuralovelyway

さて、見出しにも出ているようにSNSやブログでは誰も書けない、例え有料でも誰も配信できない、総合格闘技界の衝撃的なヤバいニュースをいち早く公開する。

要するに、約5年3ヶ月ぶりに二見が爆弾発言をするのが最大の見所。
心配だったのが7月17日までに公になった場合だ。
いまのところ公になっていないので、7月17日のトークライブで一番早く公開できそうだ。
最低でも2つ、公にしたい。


総合格闘技界でヤバいニュースだから。
かなりの大きい話になるが、そのくらいのネタを掴まないと有料のトークはできないので。

あと配信はやらないので、来た人にしか教えない。
当たり前になるが他言禁止。
これは有料の配信だった場合は、言うことができなかった。
それくらいヤバい話。
ヤバいというくらいだから、良いニュースではない。


二見&鈴宮かなこさんトークライブ2022年7月17日3(C)T-1

そういえば、ツイッター界隈で総合格闘技界のヤバい話が度々話題になっていたが、当然その話じゃない。
全く触れられていない話。

トークライブの翌日には、大ニュースとなって明らかになるかもしれない。
でも、1ヶ月後かもしれないし、半年後にニュースになるかもしれない。

もっと言うと、圧力により潰されるのかもしれない。
ニュースにならない可能性もある。
そういうヤバい話を7・17(日)にする。

次にゲストの鈴宮かなこさんを抜擢した理由。
今まで76回トークライブを開催してきて、プロレスラー、格闘家、関係者以外を呼んだことが一度もなかった。
77回目にしてプロレス、格闘技関係者以外の初めてのゲストが、鈴宮さんというわけだ。

何故鈴宮さんを呼んだのか?
大きく二つある。

一つ目は、こんなヤバいニュースを公にする場に格闘家や格闘技関係者を呼べないからだ。
格闘家や格闘技関係者を呼んで爆弾発言をすると、絶対に情報が洩れる。
だからこそ、業界関係者以外の人が必要で、誰が一番適任かと言えば鈴宮さんだった。

二つ目は、鈴宮さんがDEEP&DEEP JEWELSラウンドガール募集にエントリーするからだ。


当初より大分遅れたが昨日、DEEP&DEEP JEWELSラウンドガールの募集が正式に発表された。
『DEEP』は『RIZIN』と違って、きちんと説明があった。

LINE LIVEで集まったお金は、必要経費を除いて全てラウンドガールのために使う。
バックは一律20%。
上位4人を当選。
別枠で2名ほど推薦枠あり。
投票結果が反映され、バックも一律なので公平だ。

4月23日鈴宮さんと一緒にDEEP事務局に行ったが、あれはオーディションの面接。
その時に説明を受けた。
鈴宮さんを7月17日のトークライブの呼ぶのもそのため。

因みに鈴宮かなこさんとのツーショット撮影を希望の方。
直筆サイン入りチェキを1000円で販売。
鈴宮さん曰く、サインするのは初めてとのこと。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

二見&鈴宮かなこさんトークライブ2022年7月17日(C)T-1

よってトークライブの展開はこんな感じとなる。

格闘技界のSNSで書けない&ネット配信で言えない爆弾発言(衝撃的な話が二つあり)。
プロ野球界のSNSで書けない&ネット配信で言えない裏話。
プロレスの話。
二見が主催した『T-1興行』について。
2023年(フタミイヤー)に向けて。
DEEPラウンドガールオーディション。
最後にお知らせ(発表することがある)。



そういえば、名前もヒントも出せないが、あれは身辺整理というか、これから起こるかもしれない大きなヤバいニュースに備えて、キレイにしたってことか?
具体的な話は7月17日にするので、明日お会いしましょう。





恒例の雑談コーナー。
前々回(7月4日更新分)、批判殺到のRIZINガールオーディションについて書いた。
7/4更新分が前編、今回は中編として取り上げる。

まず先に言っておかないといけないのは、『RIZIN』がオーディションという名の集金イベントを行うのはアリなのでそれについては問題視していない。
ビジネスだし、興行だから。
カネが集まらなければ何もできないので。

ただ問題なのは、儲けたお金を何に使うのか『RIZIN』が明らかにしなかった点だ。
トータルで299人もエントリーさせて、ファイナリスト15人選んでおきながら(これも説明なしで21人に変更)、最終的には4人しか当選させない時点で(こちらも説明なしに10人に変更)、ガールのために使うわけじゃないってことが分かる。


また最終審査で11人も落とす意味が分からない。
何のためにお金を集めたのか?
そのお金はどこに流れるのか?
エントリーした女性たちには、おカネは入るのか?

『RIZIN』には説明責任があるはずだが、それをしなかった。
自分の中ではここが一番重要。


とにかく今年のRIZINガールオーディションは、色んな意味で酷すぎたため度々Twitter上で炎上した。
オーディションが始まった当初の主な批判の声をまとめてみた。
なおあくまでも批判の声なので、自分の考えと一致していない箇所がいくつかある。

露骨な拝金主義で、本当にRIZINガールになりたい一般女性に失礼。
汚い大人の世界に女性を巻き込んでいる。
汚い世界だから地上波も無くなった。
パパ活女子の晒し上げ&新手なパパ活選手権。
エントリーした女性の中で、票の伸び方がおかしい者がいた。
強力な支援者が名前を変えて投票しまくり、同一人物と思われる支援者のスクショがツイッターにアップされていた(ルール上、違反ではない)。
Hブロックに、かつてパパ活詐欺をしていたと思われる女性がエントリーしていた。
Dブロックに、2016年に彼氏と淫猥行為を配信して引退した石原佑里子が名前を変えてエントリーしていた。
ツイッターで「RIZINガール」と検索すると、パパ活と表示された。



ざっとこんなところ。

画像は、『新日本プロレス BEST OF THE SUPER Jr.29』のビジュアル。

BEST OF THE SUPER Jr29ビジュアル

パパ活に関しては、流石に皆が皆そんなことをやるとは思わないし、仮にやっていたとしてもごく少数だろう。
ランキング上位=パトロンがいるは短絡的な発想だ。
ただ、そういうイメージを作ったのは、『RIZIN』の運営サイドが怠慢だからではないか。
課金で集めたお金がどのように使われるのか、説明しないから叩かれ、エントリーした女性たちがとばっちりを受けた。

実際、オーディションにエントリーしたあきぴさんがある格闘技ファンに、「システムのせいで見苦しい乞食の言い分に見える」と批判された。
するとあきぴさんは、「私には1円も入りません。次回から改善されるように私からRIZINに伝えます。申し訳ありません」と謝罪。

エントリーした女性に謝らせて、『RIZIN』は何も感じないのか?と思ったりしたが、ここで注目すべきなのは、「私には一円も入りません」と公言したことだ。


バックなしは複数の女性から証言があったので間違いないと思うが、細かく言うと事務所所属の女性にはバックあり、事務所所属ではない一般女性にはバックなし、という話だ。
あきぴさんは、事務所所属ではなかったということか。

事実ならあまりにも酷い話で、差別にならないのか?


画像は、2021年4月22日『ストロングスタイルプロレス10』後楽園ホール大会。

ストロングスタイルプロレス10 2021年4月22日11

今回炎上した要因として、平本蓮のタニマチ的な存在のZ李氏が煽ったのが大きかった。
パパ活詐欺をしていたと思われる女性について、その存在を周知させたのもZ李氏。

証明写真で応募したアムガイをZ李氏が猛プッシュ。
Z李氏や平本蓮が課金した影響もあり、アムガイは一時総合ランキング1位の独走状態だった。

その後Z李氏は「アムガイはダブルスコアだから大丈夫だろ」と言っておきながら、ひなのさんに抜かれた途端、舌の根も乾かない内に「焦って投票しても無駄」と方向転換。
その際、「ひなのは大阪エースグループのランスのキャバ嬢。太客を抱えている」とちくり。
Z李氏は、承認欲求を満たしたいために、やたらと仕切りたがる傾向があったが、この人の存在があったから今年のオーディションは注目度が増した。

投票券販売終了日の6月26日にまたまた炎上した。
福江ななかさんが、最後捲って1位になったからだ。
これにはからくりがあって、課金した金額によって特典を付けたのだ。
ツーショット撮影会だったり、オフ会だったり。

その特典を付けたことで福江さんて叩かれまくっていたが、あれで批判されるのは流石に可哀想だった。
福江さんはルールに則ってやっただけだからな。
批判すべき相手は、太客を持つ子が有利な集金システムを採用したRIZIN運営だと思うが。

とは言え、福江さんが謝ったのは蛇足だった。
なりふり構わず1位になりたかったのに、何で「1位でごめんなさい」と謝る必要があったのか?

それとLIVE中に福江ななかさんが泣いている場面で、「まじかわいい」「ふくちゃん」と書き込んだ盲目的なファンは、ちょっとやばいな。
でも、こういうヤバいファンに支えられているこそ、1位になれたわけだし。

とにかく課金したところで、エントリーした女性にはバックがほとんどない上に、『RIZIN』とサイトの運営会社がぼろ儲けするだけ。
しかもそのお金がどこに使われるのか不明だ。
仮にメイウェザーのギャラに充てられるとなれば、ホントバカらしくなる。

『RIZIN』の場合、オーディションだけじゃない。
あちこちで問題ばかり起こし、説明責任を果たさず有耶無耶にするからタチが悪い。
また、それを許す関係者、ファンにも問題がある。

繰り返しになるがビジネスなので、カネ儲けをするのは問題ない。
なんというか、阿漕な商売ばかりやっているように見えるからな。
運営がカネ儲けのためにRIZINガールを利用している、と批判されても仕方がない。


『RIZIN』には心底呆れた。
『DEEP』を応援するのみ。

最終審査でさらに大炎上に発展した。
その件は後編で。

画像は、7・30『CPEキャットファイト』のポスター。

CPEキャットファイト2022年7月31日ポスター

最後に鈴宮かなこさんのTikTokを4つ紹介して締める。

sakuralovelywaykanako 鈴宮かなこ3 TikTok

7・17(日)トークライブ開催!

吉川晃司 せつなさを殺せない。
15秒バージョン。
片手による23ポーズ。

@sakuralovelywaykanako #鈴宮かなこ #吉川晃司 #二見社長 ♬ オリジナル楽曲 - Taka - オスシ(「🍣・ω・)「🍣


吉川晃司 エロス。
15秒バージョン。
片手による23ポーズ

@sakuralovelywaykanako #鈴宮かなこ #二見社長 #吉川晃司 ♬ EROS - Koji Kikkawa


7・17(日)トークライブで初めてチェキを販売。

吉川晃司 せつなさを殺せない。
15秒バージョン。

@sakuralovelywaykanako #スタンプメイク #美顔効果の実力 #鈴宮かなこ #吉川晃司 #二見社長 ♬ オリジナル楽曲 - Taka - オスシ(「🍣・ω・)「🍣


7・17(日)トークライブで初めてサインを。

吉川晃司 エロス。
15秒バージョン。

@sakuralovelywaykanako #放置しないで少女 #tiktokバレンタイン #ハロウィンスタンプ #美顔効果の実力 #鈴宮かなこ #吉川晃司 #二見社長 ♬ EROS - Koji Kikkawa


画像は、『全日本プロレス』チャンピオンカーニバル優勝トロフィー。

全日本プロレスチャンピオンカーニバルトロフィー2

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する