大相撲中止と言っている人達は、正義を振りかざして八角や芝田山など相撲協会を叩きたいだけ 7・12(日)大日本プロレス再開 後楽園ホールで限定494人 T-1興行を振り返る

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

新型コロナウイルス影響により今までの価値観が崩壊 音楽業界や芸能界が窮地に追い込まれたのは因果応報 TV局は一度潰れたほうがいい 岡村隆史を執拗に叩きまくっている藤田、望月、石川

6/19プロ野球開幕決定 7/9まで無観客 プロ野球、プロレス、格闘技の客入れは7/10から5000人まで50%以下 東京ドームシティ関連有効期限延長のお知らせ 水道橋のチケットT-1情報

大相撲平成31年1月場所9 白鵬1

弟の死去があって取り上げるのが遅くなったが、大相撲夏場所が中止になった件について更新する。

日本相撲協会は5月4日に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長を受け、5月24日から予定されていた大相撲令和2年5月場所(両国国技館)を中止すると発表した。
本場所の中止は、旧両国国技館の修理が遅れた1946年夏場所と、八百長問題が原因の2011年春場所に続き3度目。

3月の大阪場所を無観客で開催。
夏場所の日程を当初より2週間延期して事態の推移を見守っていたが、角界で計7人が新型コロナウイルスに感染し、力士同士が接触する稽古は自粛していた。

また、7月19日初日の大相撲令和2年7月場所は、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)ではなく、両国国技館に変更。
無観客での開催を目指すことになった。
名古屋場所が東京で開催されれば、年6場所制となった1958年以降で初めてとなる。

当ブログやツイッターで再三書いてきたが、大相撲は神事なので絶対に中止にしてはいけなかったので、無観客でやるべきであった。
理由はこれも再三取り上げてきたが、過去2回大相撲が中止になった年に大震災が起こっているからだ。
1946年夏場所中止⇒ 同年12月21日昭和南海地震
2011年春場所⇒ 同年3月11日東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)

大相撲が中止になったことにより、大震災が発生した場合、自粛警察や自粛厨とか言う連中は責任を取れんのか?(怒)
大相撲夏場所の中止に追い込んだのは、自粛警察やコロナに洗脳されたアンチのせいだと思っている。
大相撲に限らず、大会・興行開催=悪と決めつける群集心理は危険だ。
それらを問題提起する意味で、過去の本場所中止と大震災の例を出した。

理事長の八角や芝田山のことは嫌いだが、大相撲春場所を無観客で15日間やりきって、開催期間中は勿論のこと、開催前後に1人も感染者を出さなかったことについては高く評価している。
何かと言えば、大相撲の夏場所を中止にしろと言っている人達は、相撲ファンではなく、正義を振りかざして八角や芝田山など相撲協会を叩きたいだけじゃないのか?

確かに3月と5月では状況が違う。
しかし、JRA(競馬)は緊急事態宣言中でも無観客で開催していた。
なら大相撲だってできたはずだ。
競馬と大相撲は違うとか、大相撲は濃厚接触だとか、公益財団法人だから、大事な力士を預かっているから、中止は当然という意見は、一見正論に見えるが、無責任に批判する戯言に過ぎない。
もっともJRAに関しては、売上げの一部を国庫納付金として国に納めているから、国から反対されないようだが。

そんなことをツイッターに投稿したら、匿名のアカウントでガタガタと文句を言ってきたヤツがいた。
オレは以前から、コロナのために何千万人の犠牲を強いられているが、対して政府の補償は一部の業種のみで、国民全体になると10万円だけ、だったら対策を練ってやれる範囲でやれば、良いと主張している。
実際、大相撲春場所は無観客でやって、一人も感染者を出さなかった。

中止が決まった以上は仕方ない。
繰り返しになるが、相撲は神事だ。
邪気を払うための横綱の奉納土俵入りだけでもやってほしい。
場所は靖国神社か明治神宮。
と書くとまた自粛厨やアンチが騒ぐのか。

とにかくコロナで洗脳されている人達は、全てにおいて簡単に考えている。
大相撲に限らずみんな、生活が掛かっている。
中止にするということはどういうことなのか、分かっていないし、あまりにも自分勝手な人が多過ぎるという印象だ。
自粛しろ、中止にしろ、なんて誰でも言える。
ネットで吠えているヤツは、皆で工夫して助け合う精神が無い。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

大日本プロレス2020年7月12日

ところでプロレス、格闘技は6月中旬より、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ソーシャルディスタンスで間隔を空けたレイアウトで一部の大会が再開となった。
後楽園ホールは、7/11より限定494人興行として再開する。
プロレスでは、7/12(日)大日本プロレスが先陣を切ることになった。

7月の3大会のチケットが当店に入荷したが、限定494人興行のため、最前列の取り扱いはなし。
また限られた販売枚数となるので、割引販売ができない。

7・12(日)昼の部 大日本プロレス 後楽園ホール 興行再開 特別リングサイド 7000円 指定席 5000円
7・12(日)夜の部 大日本プロレス 後楽園ホール 興行再開 特別リングサイド 7000円 指定席 5000円
7・24(祝)大日本プロレス 後楽園ホール 特別リングサイド 5500円 指定A席 4500円

8月からは半分まで入れられるようだが、この状況だと屋内での開催は、当面の間、収容人数の半分までしか入れられないのではないか?
となると、大相撲の升席の販売は4人に入れるのはまず無理。
2人でも、横と前後のマスを空けて何とかという感じ。
お茶屋関係は商売が成り立たないのではないか?

最後に雑談コーナー。

06・6・24T-1 越谷043(C)T-1

紹介する日が遅れたが、14年前の2006年6月24日と言えば「伝説のT-1興行第4弾 T-1スペシャル~ワンマッチ興行~」埼玉・バトルスフィア大会を開催した日。

メインイベント スナック系で働いている女子レスラーなんていらねぇだろ!! 6人タッグマッチ
T-1マスク1号、T-1マスク2号、シャーク土屋 vs 堀田祐美子、阿部幸江、中島安里紗

DVDの見出しを一部引用。

二見激情第4部~二見対堀田ファン大舌戦~
二見社長と阿部がリングに残り、“独演会”開始!
堀田ファン「つまんねーよ!」と野次を飛ばす
二見社長がブチキレ!堀田ファンと大舌戦!
二見激情第5部~主役はオレ&FMW状態!~
二見「結局主役はオレかよ(場内爆笑)」
二見信者がリングサイドに駆け寄りFMW状態に!



06・6・24T-1DVDパッケージ(C)T-1

“リング取り囲み”、“一杯産休”…!?T-1興行の方向性を決めた“あの伝説の大会”解禁!「伝説のT-1興行第4弾」DVD発売!

なお、第4回大会のDVDは売切れ。

そして、13年前の2007年6月27日と言えば、「T-1グランプリ~二見社長プロレスデビュー戦~」新宿FACE大会を開催した日。

07・6・27二見&高原デビュー戦島村版 141(C)T-1

DVDの見出し

二見デビュー戦は衝撃の結末
「チケット&トラベルT-1」閉店宣言
二見「オレとキスができるのかよ」
浦井「キスぐらいしてやるよ」

二見激情第3部~突然の閉店宣言~
二見「12年間やってきて、区切りついたというか…旅に出ようと思っている。店を閉店する。一匹狼が似合う。西の方へ行く」と、突然の閉店宣言にあ然とする観客。
二見「この黒いBOXで終わりたい」と強引に締め括った。
二見社長はどこへいく!?



前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

07・6・27T-1グランプリ二見デビュー戦DVD(C)T-1

これも前の記事になるが、見出しのみ引用。

「俺頭良くて成功してる人好き」LINE入手 NEWS手越祐也がステイホーム中に“ガールズパーティー”開催


手越ってヤツには全く興味ないが、ジャニーズ事務所だからなのかメディア、ワイドショーはこの時は全く取り上げなかった(ジャニーズを退所してから大々的に取り上げた)。
他の事務所だったら大騒ぎするくせに。 

5月14日にフジテレビのバイキングに高田延彦が出演。
これが全く噛み合っていなかった。
司会の坂上忍が、医療従事者が誹謗中傷を受ける風評被害について質問しているのに、高田はPCR検査が足りないと意味不明な回答。
さらに、ダラダラと訳の分からんことを主張していた。
あれは想像以上にヤバい。
色んな意味で。

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

T-1よりお知らせ
7/11まで 火木金土曜日:13時30分~18時30分まで 水日曜日:13時30分~18時まで 月曜日:休み
7/12より 平日:13時30分~19時まで 土日祝:13時~18時30分まで 月曜日:休み
7/18(土)はお休みとさせていただきます
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する