新日本プロレスのオーナーがツイッターで「らしい」と適当なことを書かれちゃ困る

正月早々腹が立つことがあった。

元旦に「新日本プロレス」の木谷高明オーナーが、「RIZIN」について
『年末のさいたまスーパーアリーナをキープし続けた(昨年は使用料だけ払ったらしい)関係者の執念に敬意を表します。(一度手放したらLIVE等が開催され二度と格闘技には帰らなかった)』とツイッターに書いて拡散されていた。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

一見良いことを書いているようにみえるが、事実じゃないことを書いている。
使用料だけを払ってキープした話なら2013年だ。
昨年の大晦日は佐伯代表の「DEEP」が「DEEP DREAM」を開催しているので、こんな失礼な話もない。

書くなら調べてから書いてくれ。
というか、新日本のオーナーで影響力があり、立場ある人間が「らしい」と書くか(呆)。
噂レベルの話を書くようでは、木谷オーナーが嫌っている「宝島社」と同じってことになるんじゃないのか。

さらに腹が立ったのは、周りから「昨年はDEEPが開催している」と指摘を受けたにも関わらず、結局木谷オーナーは訂正しなかった点。
新日本のトップがロクに調べもせずに「らしい」と事実と違うことを書くなら、これから新日本について「らしい」と事実と違うことを書いても文句を言わないよな?

人によってはこのくらいの間違いはいいのでは?と感じる方もいるだろう。
自分には憤慨する理由がある。

これは09年の話になるが、「NEO女子プロレス」前代表の甲田氏が03年以来約6年ぶりの金網デスマッチ開催と事実と違うことを強調して宣伝したことがあった。
実際は、05年8月23日「T-1グランプリ」で前川久美子対堀田祐美子の金網デスマッチを開催しているので、約4年ぶりだ。
この時、甲田氏にクレームをして訂正させた。

昨年の大晦日に「DEEP」が開催したにも関わらず、それをなかったことにして会場費だけ払ったらしいと書いた木谷氏と、09年の甲田氏の一件が似ていると思ったので、許せないと感じた次第。

興行を打つということは、そういうプライドや誇りがないとできない。
今回の木谷オーナーのツイートは、300件以上リツイートされた。
自分が木谷オーナーは事実と違うと書いたツイートのリツイートの件数は35なので、自分と木谷オーナーでは影響力が全然違う。
だからこそ、いくらツイッターでも「らしい」と適当なことを書かれちゃ困る。
もう少し新日本のオーナーであることを自覚してほしい。

闘魂ザワールド3号、4号

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

2007年6月5日 伝説のT-1興行第7弾 T-1スペシャル~折原偽夫vs篠原光~ 新木場1st RING

オフィシャルブログで、ふるさと祭り東京について更新した。

今年で8年目 ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味(東京ドーム) 水道橋のチケット&トラベルT-1情報

ふるさと祭り東京2016 日本のまつり故郷の味

また悪球打ちの野球ブログでは、4位広島、5位オリックスの順位予想を的中した件とWBCは里崎ジャパンについて取り上げた。

4位 広島、5位 オリックスの順位予想を的中!オリックスの5位を当てた解説者、評論家はゼロ!T-1だけ

里崎智也氏の侍ジャパンへの提言を読んで、WBCは小久保ジャパンよりも里崎ジャパンを見てみたい

最後に恒例の雑談コーナー。

昨日の1・4「新日本プロレス」東京ドーム大会が昨年よりも約1万1千人減った2万5千人だったので、平日開催を言い訳にしているファンが多いが、平日だろうが関係ないだろ。
土日含む連戦で開催してその中で平日がある時は、土日よりも平日の方が落ちるが、1年に1回のドーム大会なんだから客が減った理由にはならない。

ただ見た感じ1万1千人も減ったようには見えなかった報告があった。
ということは、15年の3万6千人と14年の3万5千人という数字はかなり水増しをしていたことになる。
確かに新日本は、昨年の5月から実数発表するようになった。

今年の2万5千人が実数なら、15年は3万人、14年は2万8千人くらいじゃないか?
それなら納得するが。

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」DVD
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)