選手が一生懸命やっても・・・「DEEP JEWELS」が女子単独での開催を復活するには改善すべき点が

取り上げるのが遅くなったが、5月31日女子格闘技の「DEEP JEWELS8」新宿FACE大会に行ってきた。

今大会も欠場者が出たり、何試合か中止になったり、カードが変更したりと、大会前は不安視されていた。
それでも想像していた以上にお客さんが入り、途中からしか観ていないが試合も盛り上がっていた。

そして、DEEP JEWELSフェザー級GP 決勝戦で、V.V Mei選手がSARAMI選手を破り第3代フェザー級王者に輝いた。

DEEP JEWELS8 新宿FACEパンフ

ところで次回の「DEEP JEWELS9」は、女子単独での大会ではなく、「DEEP CAGE IMPACT2015」と合同興行となった(8・29 ディファ有明)。

今の所「DEEP JEWELS」単独では、開催の目途が立っていない。
もしかしたら、5・31「DEEP JEWELS8」新宿大会が、女子単独としては最後の大会になる可能性もある。
個人的に応援している大会なので、何とか単独での大会を復活してほしい思う半面、女子格闘技の場合選手層が薄すぎるので、そこを改善しないと色んな意味で厳しい。

あと改善と言えば、ツイッターの「DEEP JEWELS」公式アカウントを何とかした方がいい。
やる気のなさと言うか、あの公式アカウントを見る限りお客さんを増やしたいという意欲や意識が感じられない。
これってかなりの問題ではないか。

選手が一生懸命やっても、肝心の運営側がやる気がないのはどうなのか、と。
そもそもこの話、いまになって始まったことじゃない。
実際、2月15日の富松恵美選手とのトークイベントでも話題になった。

5月31日の大会が終わったあと、自分の言葉で「ご来場ありがとうございました」と書けないようでは話にならない。

あまりこんなことを書きたくないが、茂木さん(DEEP JEWELS前プロデューサー)は、「ヴァルキリー」の時は長尾メモ8氏のことを散々批判しまくって、いざ「DEEP JEWELS」をプロデュース(今は辞任しているが)する立場になって、何をやっているんだって話だ。
がっかりした。

最近は多少良くなったので、もしかしたら茂木さんから他の人に代わったのかもしれない。
それでも今までが酷すぎたので、多少良くなった程度。

私見だが、ブログを開設して、ツイッターよりもブログに力を入れた方がいいと感じる。
選手の紹介などブログの更新回数を増やして、ツイッターはあくまでもブログのアクセス数を増やすためのツールとして活用するべき。

結局、女子格闘家は周りが思っている以上に知名度が低い。
メディアでの露出が少ない現状、運営側が積極的にPRしていかないと。

つまり「DEEP JEWELS」になってから、そう言った基本的なことができていない。
今後は「DEEP」が管理して、色々と見直しをした方がいいと思う。

厳しいことを書いたが、もっと人気が出て発展してほしいからで、興味がなかったらこんなことは書かない。

あと自分もプロレスの大会を主催して開催したことがあるので、ジャンルは違うとは言え「DEEP」佐伯繁代表の苦悩も分かる。
まずは8・29の合同興行を成功して、年内には女子単独開催復活と行きたいところだが。

というわけで、8・29(土)「DEEP CAGE IMPACT2015 & DEEP JEWELS9」ディファ有明大会のチケット、T-1で絶賛発売中!
今大会は、1枚のチケットで2大会観戦可能。

DEEP CAGE IMPACT2015 & DEEP JEWELS9
8・29(土)ディファ有明
14:00  DEEP CAGE IMPACT 2015
18:30  DEEP JEWELS 9
指定A  南F列  8000円
指定B  南N列  6500円
自由席・南R列以降(定員に達した場合は立見)  5500円

店頭販売特典:ポスタープレゼント
当日券500円UP

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

画像はV.V Mei選手と二見。

二見とVV Mei選手2015年ジュエルスの会場(C)T-1

オフィシャルブログで、5月6日に行われた「ガチトークフタミ塾54 二見×ターザン山本!~7年ぶりに映像解禁であの時の真相を告白~」について更新した。

相手を本気で怒らす「T-1興行」こそ全女イズムを継承!ターザン山本!氏まさかの爆弾発言も実現の可能性は?

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

2007年6月5日 伝説のT-1興行第7弾 T-1スペシャル~折原偽夫vs篠原光~ 新木場1st RING

最後に恒例の雑談コーナー。

2011年~12年プロフェッショナル修斗公式戦7大会分と、SHOOT the SHOOTOのパンフが売切れたが、2003年1月24日 「修斗」後楽園ホール大会のパンフが1冊出てきた。

2003年1月24日修斗 後楽園ホール パンフ

そろそろ、あの有名な男子プロレスラーを糾弾しないといけない。
この話は相当過激になるので、得意のオフィシャルブログで。
画像は、プロ野球ファンのお客さんから頂いた日刊スポーツ。

プロ野球ファンのお客さんから頂いた日刊スポーツ

「吉川晃司のファンですよね?」と、わざわざ店に届けてくれた。
勿論、プロ野球関係のチケットを買いに来て、差し入れもしてくれて、非常に有り難いお客さんだ。

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」DVD

堀田対前川、日向対西尾、木村対華名、前村対文子、アメコン対山縣など女子プロオールスター戦のDVD 前川対二見社長のガチ口論も収録!05・8・23 T-1GP 後楽園ホール
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)