佐野が両国でやるのはプロレス業界にとってマイナス!11・30(日)ガチトーク 二見社長×佐野直~カリスマ対スーパースター第2ラウンド~

オフィシャルブログで、07・10・8「T-1グランプリ」最終ポスターと決戦直前の声明文について更新した。

07・10・8「T-1グランプリ」最終ポスター 決戦直前の二見社長、\(^o^)/チエ、T-1マスク2号、シャーク土屋の声明文

2014年11月30日(日)に「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.49 二見社長×佐野直~カリスマ対スーパースター第2ラウンド~」を東京・水道橋「株式会社UGP・4階会議室」で開催することになった。
以下、二見のコメントと概要。

二見社長のコメント
『昨年の12月8日以来、約1年ぶりに佐野直と「ガチトークフタ・ミ塾」を行うことになった。
佐野と言えば、来年の7月17日に両国国技館で「佐野直万博」を開催すると発表し、一躍時の人となった。これでネタではなく、本当の意味で佐野はスーパースターになった。これはイベントをやる必要が出てきたな、と思い今回やることにした。

個人的に佐野をプロレスラーとして認めているので、両国で試合をやるのはいいことだと思う。しかし、佐野の大会にレギュラー参戦している連中は、とてもじゃないがプロレスラーと呼べないヤツばかり。こんなのが両国で試合をしてもいいのか?

佐野は業界全体の底上げのために両国で大会を開催すると言っているが、オレから言わせれば、佐野が両国でやるということは底上げどころかマイナスにしかならない。
その辺のことも含め、11月30日は激しいトークバトルになるんじゃないか。佐野に言いたいことがある人は来た方がいい。

ただ両国の話もいいが、ここでしか話せないトークバトルを展開しないと意味がない。勿論、「スタンリークラブ」でも話せないあんな話やこんな話も。
いずれにしても、前回と同様“来たモノの勝ち”のイベントになることを約束する。』

二見、佐野直2013年12月フタミ塾(C)T-1

     【11・30 フタミ塾概要】
■イベント名:ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.49 二見社長×佐野直~カリスマ対スーパースター第2ラウンド~
■開催日時:2014年11月30日(日)  開場/18:40 開始/18:50
会場:株式会社UGP・4階会議室
交通:JR水道橋駅東口&西口下車徒歩3分、都営三田線水道橋駅A2出口下車徒歩5分
住所:東京都千代田区三崎町2-7-10帝都三崎町ビル4階(1階がファミリーマート・T-1のすぐ近く)
■入場料  3000円※紙の爆弾 2冊付き

特典の「紙の爆弾(T-1二見のマット界断罪日記が連載されていた)」について。
T-1店舗で申し込みの方:25種類残っているので、この中からお好きなのを2冊選べます。
当日会場で申し込みの方:09年3月号の11回目の日記と09年4月号の12回目の日記、この2冊となります。

■発売所 チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

店頭または電話にて、予約をお願いします。
開催当日でも参加は可能です。
代金は、T-1店舗または当日会場にてお支払いください。

■ゲスト:二見社長、佐野直

<注意事項>
正面出入り口が閉まっていた場合は、正面を向かって左手に回ったところに通用口(駐車場付近)がありますので、そこから入場してください。
動画撮影と録音は禁止です(写真撮影は可能)。
飲食物の持ち込みは可能ですが、持ち込みにより発生したゴミは必ず各自お持ち帰り下さい。

「T-1グランプリ~レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決~」DVD付きの課外授業については、後日詳細を発表。

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

2007年6月5日 伝説のT-1興行第7弾 T-1スペシャル~折原偽夫vs篠原光~ 新木場1st RING

最後にお約束の雑談コーナー。

11・16(日)プレミアトークの参加者からツイートと、7年前の記事になるが「らしくもないぜ」のサイトを一部引用する。

@makirasun 日曜日、フタ・ミ塾T-1トークショウ行ってきた。
今回も盛り上がった。内容は例のごとくかけない。
普通のプロレス的にT-1興行をみてこれは演出だと思っていたことがことごとくガチであったこと。自分ですらT-1興行を甘くみていた。フタミさんごめんなさい。



ベストドレッサー

流血を際だたせるために純白のスーツに身を包み、期待通り大流血して真っ赤に染まる二見社長(T-1グランプリ 10/8 新宿FACE)
やっぱ流血って素晴らしいなあ。
流血って言う概念を作ってくれたプロレスの神様と二見社長と堀田さんに感謝。



以上。

この二人は、07・10・8「T-1グランプリ」での二見の流血は演出の一貫だと思っていたみたいだが(悪い意味では書いていないというのは分かるが)、これについて文字で反論するよりもこの画像を見てもらいたい。

T-1グランプリ後、顔面「を腫らした二見、佐野(C)T-1

顔面を腫らした画像は、07年10月17日にも一度公開しているが。

にくまれそうなニューフェイス!?いやオールドフェイスか(笑)。二見社長のキズだらけの顔!UGPの社員&佐野直編

これは「T-1グランプリ」の2日後、T-1に来店した佐野から
「二見さんが命がけで試合をやった証として写真を撮った方がいいですよ。男の勲章です」
とアドバイスをいただいたので、顔面を腫らした画像を撮った次第。

顔面を腫らして、頭部を4針縫って、演出でこんなことをやるのか? と言いたい。

コスチュームが白なのも関係ない。
その理屈だと、毎試合流血しないといけなくなるが(この後もコスチュームは白なので)、自分が流血したのはこの試合が最初で最後(現時点では)。
これ以上、言葉はいらないだろうって話だ。

結局、阪神の和田は2位になったことと、クライマックスシリーズ ファイナルステージで巨人を破ったことが評価されて、監督を続投となってしまった。
首の皮が1枚繋がったというか、悪運が強いというか。

阪神が勝つ=和田続投となってしまうためか、阪神が勝っても嬉しくないと感じていた阪神ファンが多かった。
これだけ勝利を望まれていない監督も珍しい(笑)。
和田監督辞任が、チームとしての夢になるし、それが第一希望なんだが。

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」DVD

堀田対前川、日向対西尾、木村対華名、前村対文子、アメコン対山縣など女子プロオールスター戦のDVD 前川対二見社長のガチ口論も収録!05・8・23 T-1GP 後楽園ホール
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)