Tシャツ特集!新日本プロレス 天山、中西、吉江、邪道、外道、飯塚、14選手の直筆サイン入り、02年と05年G1 CLIMAX、カールゴッチ、ハッスル

本題の前に遅くなったが、オフィシャルブログで、10・12「ガチトークフタミ塾47 二見×ターザン山本!~重要なお知らせ~」について更新した。

キラー二見!次に繋がる予定だった重要な事案は、参加者全員の反対により白紙に!



また、11月16日(日)水道橋UGP・4階会議室で行われた「ガチトークフタミ塾48 二見×ターザン山本!~T-1ベスト興行DVD付プレミアトーク~」については、後日オフィシャルブログの方で更新する。
次回の「フタミ塾」のゲストは、両国国技館大会開催で渦中のプロレスラー!

ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.49 二見社長×佐野直  入場料 3000円※紙の爆弾2冊付

11・30(日)18時50分~21時50分 水道橋・UGP4階会議室
概要は近日中に発表。

プロレス関連のTシャツ特集ということで、いくつか紹介。
2002年10月14日 新日本プロレス 東京ドーム大会で発売したSPIRAL Tシャツ(サイズL)。
このSPIRAL Tシャツは前にブログで取り上げたが、その時は販売価格を決めていなかった。

新日本プロレス SPIRAL Tシャツ 14選手直筆サイン入り表

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

SPIRAL Tシャツには新日本の14選手の直筆サインが入っており、天山広吉、中西学、吉江豊、邪道、外道、飯塚高史、井上亘、ブルー・ウルフと8選手は判明したが、残り6選手は誰のサインなのか不明。
それで価格を決めていなかったが、調べるのも大変なので2500円で販売することにした。

新日本プロレス SPIRAL Tシャツ 2002・10・14 東京ドーム サイズL  2500円※追記 売切れ
天山広吉、中西学、吉江豊、邪道、外道、飯塚高史、井上亘、ブルー・ウルフ、他、全14選手直筆サイン入り

Tシャツの裏には、中西、邪道、外道、飯塚、井上を始め9選手の直筆サインが入っている(表に天山、吉江、ウルフ、ほか5選手)。
サイン入りTシャツは1着限定。

新日本プロレス SPIRAL Tシャツ直筆サイン入り14選手

2002年(黒)と2005年(白)の新日本プロレス G1 CLIMAX(クライマックス)のTシャツ。

新日本プロレス G1 CLIMAX 2002 Tシャツ 黒 サイズL  2000円※追記 売切れ
新日本プロレス G1 CLIMAX 2005 Tシャツ 白 サイズL  1500円※追記 売切れ

2002年(黒)と2005年(白)の新日本プロレス G1 CLIMAX(クライマックス)のTシャツ

カールゴッチ(白)とハッスル(白)のTシャツ。
カールゴッチの赤Tシャツは売切れ。

カールゴッチ Tシャツ 白 サイズL  2000円※追記 売切れ
ハッスル Tシャツ 白 サイズL  1000円※追記 売切れ

カールゴッチ(白)とハッスル(白)のTシャツ

画像のSOUL HuG at ME Tシャツ(白・藤波辰爾直筆サイン入り)とSOUL Tシャツ(赤)は売切れ。
Tシャツは全て未使用(使用済みと中古はありません)。

SOUL HuG at ME Tシャツ(白・藤波辰爾直筆サイン入り)とSOUL Tシャツ(赤)

以前に紹介した、BATTの02年新日本プロレス×SOUL ジャージ上下セットと売切れた。
ほかにも、僕たちプロレスの味方です、格闘家アウトロー伝説、週刊プロレス増刊 No.698 U城・陥落 新日本プロレス 1995・10・9 東京ドーム速報号、平直行カードが売切れ。

こちらの画像は売切れたが、藤波辰爾直筆サイン入りのSOUL HuG at ME Tシャツ。

SOUL HuG at ME Tシャツ 白・藤波辰爾直筆サイン入り

07年10月8日「T-1グランプリ~レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決~」DVD付きの課外授業については、後日詳細を発表する。

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

2007年6月5日 伝説のT-1興行第7弾 T-1スペシャル~折原偽夫vs篠原光~ 新木場1st RING

最後に恒例の雑談コーナー。

前の話になるが、W杯で3連敗して帰国したサッカー日本代表に、空港でファンが1000人も出迎えをしたことがあった。
結果が全てのプロの世界に、「頑張った」、「よくやった」とわざわざ空港まで出迎えるファンがいるからチームや組織の成長を阻害する。
こういうことをやっていると選手はともかく、サッカー協会は反省しない。
プロレス業界は、馴れ合いの世界で衰退した。

今年は東京ドームで巨人対広島戦があると、ホームページとツイッターで、チケット購入に関する注意喚起をしまくった。
何しろ一部の広島ファンが酷かったからな。
ただ注意喚起の効果はテキメンで、8/2(土)東京ドームで巨人対広島戦があった時は、「今日の券をくれ」という不届き者のニワカ広島ファンが200人ほどいたのに、注意喚起しまくった翌日8/3(日)は、「今日の券」という広島ファンは200人から1人に激減した。

これから広島戦の前は、しつこいくらい書かないと駄目だ。
その方がお互いのためにもなる。

ところで、明日11/20(木)の沖縄セルラースタジアム那覇での日米野球 侍ジャパン対MLBオールスター戦は、何故親善試合で公式戦扱いにならないのか?
日米野球そのものが、親善試合みたいなものじゃないの?
とにかく沖縄だけ違うのは、意味が分からん。

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」DVD

堀田対前川、日向対西尾、木村対華名、前村対文子、アメコン対山縣など女子プロオールスター戦のDVD 前川対二見社長のガチ口論も収録!05・8・23 T-1GP 後楽園ホール
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)