二見「オレとキスができるのかよ」、浦井「キスぐらいしてやるよ」衝撃の結末だった二見プロレスデビュー戦が、6年9ヶ月ぶりに映像解禁も発売はなし

オフィシャルブログで、2月23日(日)「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.45 二見×松澤チョロ~二見激情を間近で観た番記者がフタミ塾初参戦~」について更新した。

プロレスはこんなもんだと思っているヤツとお客さんを舐めているヤツは、相手が誰だろうが絶対に許さない



遂に二見プロレスデビュー戦が、約6年9ヶ月ぶりに映像解禁。

2007年6月27日(水)T-1グランプリ~二見社長プロレスデビュー戦~新宿大会が、6年9ヶ月の時を経てDVD化することなった。
でも、映像解禁はするが発売はなし。

発売しないのにDVDを出す件については、3月30日(日)か4月6日(日)に開催予定の「ガチトークフタ・ミ塾」の概要を発表する時にお知らせするので、それまでお待ちを(3・30の開催で決定)。

当初、07・6・27「T-1グランプリ」は、DVD化する予定はなかった。
この大会は、「T-1興行」の中でも極めて異質な大会。
出す予定はなかったが、第1回から第7回大会までDVDを出して、8回目の大会だけを外すのはおかしいし、記念すべき二見プロレスデビュー戦を封印したままにするのは勿体無い。

それと、ファンがこの大会のDVDを出すことを望んでいる。
そんなことで、予定がなかった大会の映像を解禁することになった(販売はしないが)。

ただ通常の「T-1興行」と違って、大幅にカットがある。
そのため、本編は85分。
ボーナス映像が23分、トータルで108分となっている。

これからしばらく、オフィシャルブログでは第8回開催前の記者会見(二見激情)の模様、当ブログではDVD情報を更新していく。

今日は、パッケージの見出しと表紙画像を2つ紹介する(表紙画像は全部で4つ)。

DVD表紙画像1 二見対浦井
二見のミドルキックでダウンする浦井

2007年6月27日T-1グランプリ二見デビュー戦T3(C)T-1

見出しは以下の4つ。

二見デビュー戦は衝撃の結末

「チケット&トラベルT-1」閉店宣言

二見「オレとキスができるのかよ」

浦井「キスぐらいしてやるよ」

以上。

前代未聞の女子プロレスとAVのコラボ大会だったが、プロレスデビューを果たしたばかりなのに、試合後、突然の「チケット&トラベルT-1」閉店宣言。
会場全体が凍り付いた。

この閉店騒動は移転で決着したが(07年8月3日に現在の店に移転)、衝撃度は「T-1興行」の中でも1位、2位を争う大会だったと思う。
実際、リング取り囲みができず、席から立てないお客さんが続出した(呆然となったため)。

大会が終わったあとの会見で、「T-1興行」の中ではワーストとはき捨てたが、その考えは今でも変わっていない。
最低だし、一番駄目な大会だった。
最低というのは、色んな意味が含まれている。

但し、ファン、関係者と周りの評価は高かった。

その件については、上記の関連記事に取り上げているので割愛するが、富士そば時代の「チケット&トラベルT-1」としては最後の「T-1興行」になったので、印象深い大会ではあったのは間違いない。

それよりも、6・27「T-1グランプリ」終了後、7月に離婚。
そういう視点から観るとこの大会は面白いかもしれない。

あと、画像、見出しをみて分かるように、二見デビュー戦は、二見対浦井百合一色となる。
DVDのパッケージには10枚画像を使っているが、10枚中8枚は二見、6枚は浦井となっている。
二見対浦井抜きにはこの大会は語れない。

DVD表紙画像2 二見対浦井
壮絶な殴り合いで浦井が優勢となる

2007年6月27日T-1グランプリ二見デビュー戦SK198(C)T-1

次回は、二見デビュー戦DVDの解説文を更新予定。

最後に、3月16日に「T-1興行」のリングアナでお馴染みのミスター雁之助氏が来店してきた。

この日に何と、T-1の隣のビルにある「水道橋アカデミア アーザ」で「地下プロレス」が行われたとのこと。
隣の格闘技ジムで、プロレスが行われるとは驚き。

リングは作れないからマットで試合をしたようだが、これから定期的にやるのかね?
因みに雁之助氏は、「地下プロレス」のリングアナだったようで。

持論になるが、リングで試合してこそプロレスなので、マットの状態で興行(大会)を打つ気はない(やる気はないという意味)。
考え方は人それぞれだと思うが、リングがなかったらプロレスとは言えない。

2007年6月5日 伝説のT-1興行第7弾 T-1スペシャル~折原偽夫vs篠原光~ 新木場1st RING

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」DVD

堀田対前川、日向対西尾、木村対華名、前村対文子、アメコン対山縣など女子プロオールスター戦のDVD 前川対二見社長のガチ口論も収録!05・8・23 T-1GP 後楽園ホール
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)