「グラサン代、ギャラから天引きするからな、これマジ」とブチキレた伝説のT-1GPから7年!サイモン、棚橋、中邑に続き、今度は高橋裕二郎がT-1二見のパクリか?

2月10日(日)「カリスマへの道 T-1クライマックス~二見社長vsミスター・ポーゴ~」竹芝コロシアム大会。
早いもので決戦まであと9日となり、ファンブログの方でも今大会だけでなく過去のT-1興行についても取り上げてもらい、やっと盛り上がってきた感じもする。
その過去の大会を取り上げた中で、見逃すことができない既述があった。

過去の大会とは、2006年2月23日新宿FACEで行われた、第2回「T-1グランプリ」について。

第2回大会と言えば、グッチのグラサン(5万円)を堀田祐美子に破壊され、「女子プロレスなんかいらねーだろ」と客前で公言した、狂乱の二見激情と言われた伝説の大会。

二見フリーク、関係者の間では、この大会こそT-1興行史上ナンバーワンと絶賛する人が多い。
あの伝説の大会から、今年の2月23日で丸7年経つ。
堀田に破壊されたグッチのグラサン

2006年2月23日T-1グランプリ内外タイムス 661(C)T-1

この第2回大会のメインの6人タッグマッチ終了後、二見と堀田が大乱闘になり、その際堀田にグッチのサングラスを破壊された。
その時に自分がマイクで言った台詞がこれ。

「グラサン代、ギャラから天引きするからな、これマジ」

とブチキレたわけだが、どうやらこの台詞が「新日本プロレス」の高橋裕二郎にパクられた可能性が出てきた。

ファンブログと、第2回大会を取り上げたスポーツナビの記事を紹介する。

第2回「T-1グランプリ」 ~二見イズムを確立した記念すべき大会 (DAIARY OF A MADMAN)
一部引用

伝説の「サングラス破壊」が行われ、「ギャラから請求するぞ、これマジ」という発言が飛び出す。
新日本プロレスの高橋裕二郎より早く飛び出すとは!
まさに、これマジ!なのだ。



二見社長マジギレ「女子プロレスいらねえ!」東城えみは来場せず=第2回T-1GP(スポーツナビ)
一部引用

堀田は、迷わず二見社長につっかかり、トレードマークであるサングラスを目の前で真っ二つに破壊してリングを降りた。「サングラス代5万円、試合のギャラから天引きするからな」と二見社長もマイクで応戦し、「時間と場所を決めていつでもやってやる」と堀田が挑発すると「今ここでどうだ」と二見社長。


以上。

グラサンを破壊されブチキレた二見

2006年2月23日T-1グランプリkamipro 004(C)T-1

高橋裕二郎って人のことをファンブログの記事で初めて知ったが、試合前にマイクパフォーマンスを行う際の決め台詞が「これマジ」とのこと。
また「これマジ」はテレビ朝日で特集されているようで、他の選手も真似をし、少し流行っている話も聞いた。

「グラサン代、ギャラから天引きするからな、これマジ」
高橋裕二郎の「これマジ」
言い方がまったく同じで、しかも高橋裕二郎はサングラスをかけている。

この程度なら、ただの偶然だろうと思う方もいると思うが、実は新日本が二見のことをパクッたり、真似をするのは最低でも3回ある。

まず一回目は、2006年に入ってから頻繁に水道橋のT-1店舗で、黒いグラサンを掛けて記者会見を行うようになったら(会見での二見激情)、当時新日本の社長だったサイモンが、06年の10月に急にグラサンを掛けて会見をするようになった。
しかも、フタミポーズに引っ掛け、サイモンポーズまで出すようになった。

二回目は、2007年10月8日の「T-1グランプリ」新宿FACE大会で、電撃離婚を発表。

その際、「二人の子供がいた」とカミングアウトしたら、翌日の10月9日に棚橋弘至が記者会見を開き、電撃結婚を発表。
しかも棚橋は、「二人の子供がいます」とカミングアウト。

三回目は、2010年3月19日に、「紫雷イオと“しょうがないから組んでやろうか”」、と発言したら、
4月5日に中邑真輔が記者会見を開き、真壁の挑戦を「しょうがなく受けてやります」と発言。

なので、サイモン、棚橋、中邑に続き、高橋裕二郎は4回目のT-1二見のパクリとなるわけで。


そんなにオレのことが気になるなら、「T-1興行」に招待してやるので観にくれば、と思っても2月10日は広島で大会がある。

このT-1興行があると、必ず新日本も試合があることは(ぶつける)、前にもオフィシャルブログに書いた。

“天下の(皮肉)”新日本プロレスが“T-1二見激情”を真似する件について



真似したり、パクるのは構わないが、その際は「二見の真似をしました」と言え。
そうしないと、宣伝にもならん!

そんなわけで、これをネタだと思うのか、マジだと思うのか、読者の自由。
でも、これマジ!


最後にミルホンネットを紹介するが、記事を出すタイミングが遅い。
ただ、色々と事情があると思うのでいいとして、改行するとか句読点を打ったほうがいいと思うが。

2月10日T-1竹芝大会へミスターポーゴより声明文が届く!(ミルホンネット)
一部引用

- この声明文に対するコメントを二見社長に求めると
 「ポーゴを標的にしたのは昭和のレジェンドに的を絞ったから戸井VSポーゴでポーゴの圧勝に噛み付いた事に腹を立ててるらしいが知った事じゃない(冷笑)デスマッチをやたら要求してくるがデスマッチはやらない、ポーゴはデスマッチに頼り過ぎ、本来プロレスは5カウント以内な反則は許されるルールがあるのだから、あくまでプロレスルールで勝負通常ルールで試合が出来ないならリングに上がるな。」


以上。

         【2・10 T-1竹芝大会概要】
開催名:カリスマへの道 T-1クライマックス~二見社長vsミスター・ポーゴ~
日時:2013年2月10日(日)
開場/18:00  開始/18:39※イッパイ・サンキュー
会場/竹芝コロシアム(東京都港区海岸1-14-24 SUZUE第三倉庫2F)
主催:チケット&トラベルT-1

          ≪全対戦カード≫
第1試合 シングルマッチ 佐野直 vs 戸井克成
メインイベント シングルマッチ 二見社長 vs ミスター・ポーゴ
※出場選手は、負傷、その他の理由により一部変更になる場合があります

◇前売りチケット料金表 ※当日券は500円UP 
最前列   ¥4500→売切れ
指定席   ¥3500

■前売り券発売所
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778
ヨコハマチケット(東京・上野) 03-5817-3860
書泉グランデ(東京・神保町) 03-3295-0011
レッスル池袋(東京・池袋) 03-3989-0056

◇注意事項:動画撮影は禁止です。土足は厳禁となります。

再入場の際には、チケットの半券が必要ですので、外出する際は必ずチケットの半券をお持ちください。なお、入場時に、チケット半券チェックを厳重に行います。万が一不正入場が見つかった場合は警察に通報しますので、予めご了承ください。

リングアナ:ミスター雁之助   レフェリー:磯英弥

2013年2月10日T-1クライマックス 二見対ポーゴポスター縮小(C)T-1
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)