久保田武蔵vs松本晃市郎戦が実現できるなら、12月に急遽T-1興行を開催してもいい!このカードをプロデュースできるのは二見しかいない

本題の前にオフィシャルブログはいつものように過激

注目の次回T-1興行は2月開催か!?T-1の隣の飲食店、早川満、巨人、ジーニアス、男芸者TAJIRI、片岡亮、タカリの橋本をまとめて断罪祭り!



オフィシャルに書いたように次回T-1興行は来年の2月開催を目指していたが、11月8日に更新後、まさかの展開になってきた。

というのも、格闘技関係のツイッターを見ていたら、久保田武蔵が叩かれまくっているではないか。
これには正直驚いた。

久保田選手とは、09年7月6日に行われた「タイタンファイト」の記者会見で同席し知り合った。

【タイタンファイト】8・23過激ルールの大会が9年ぶりに復活!山本喧一は「オレの死に場所」(GBR)



画像はタイタンファイト会見。
左から久保田武蔵、二見、ヤマケン。

09・7・6タイタンファイト5会見 029(C)T-1

その後も何度か格闘技会場でばったり会ったりもしたが、今年の3月19日の「T-1スペシャル」新木場大会にも観戦してくれて、自分の中では印象は悪くない。

ただ深く付き合っていないので、細かいことは知らないが。

何故、久保田武蔵選手が叩かれているのか?

まだ話がつかめないが(一応とぼける)、ファン、関係者が久保田選手を叩いていることについては、あまり興味ないのでここでは割愛する。

ただその中で一番興味を持ったのが、松本晃市郎氏(氏とするのは、一応いまは現役の選手ではないので)の久保田批判だった。

そもそも久保田選手は、12月27日ディファ有明でサム・グレコと引退試合が決まっており、何故松本氏と大晦日でやらないといけないのか?(松本氏はDERAMの笹原圭一氏に大晦日での試合を要求した)と最初は思った。

しかし、「久保田選手にシュートを仕掛ける」という内容のツイートを見た時、自分のアンテナに引っ掛かったというか、火がついた。
これは面白いな、と。

何故なら、ご存知のように松本氏はDEEPの元フェザー級王者。

昨年の8月26日で格闘家を引退し、総合格闘技の戦績は13勝3敗。
大塚隆史、昇侍、中尾受太郎に勝っており、かなりの強豪だった。

その元DEEPフェザー級王者が、シュートを仕掛けるって…。

いくら現役選手ではないとはいえ、格闘家が格闘家にシュートを仕掛けるだからな(笑)。

素直に試合をやりたいって書けばいいじゃんと、わざと松本氏に対して挑発してみた。

さらに、松本晃市郎って誰だとか、DEEPは後楽園ホール大会ならかなりの確率で観戦しているが、知らんってことは印象にないと書いたり、ダメ押しが、芸人格闘家といえばKICK☆選手なら知っているがそれより下って認識すればいい? と悪ノリツイートを連発(笑)。

自分の中で、松本氏の一連の久保田武蔵批判はプロレス的な煽りと捉え、久保田武蔵vs松本晃市郎戦を、T-1興行でやりたいとツイートした。

このカードは、自分しかプロデュースできないと思うし。

そうしたら、何と松本氏から返信があった。
関連ツイート含め引用する。
以下、Ticket_T1より引用。

チケット&トラベルT-1ツイッター

11月9日付
こんな面白いカードは他にない! RT @NikiHideyuki: 久保田松本戦プロデュースにまさかの二見社長が興味を!

すみません、何故久保田武蔵選手に怒っているのか教えてください。ツイを見る限り理解できなかったので @dojyo_matsumoto: 宜しくお願いしますm(__)m @Ticket_T1: 久保田武蔵vs松本晃市郎戦は、T-1興行でやりたい。オレしかプロデュースできない

先ほど、パンクラスの川村亮選手が来店したので、一連の久保田武蔵選手と松本晃市郎って人が何で揉めているのか聞いたら、久保田武蔵選手の名前を初めて聞いた、と言われた。あれ?久保田さんって時の人じゃないの?

芸人魂で盛り上げようしているから、こっちも爆発しないと面白くないでしょ?(笑) RT @hyoe_denpa: 二見シャッチョが理不尽に爆発してると思ったらこうなるのか(笑)

流石芸人だ。それなら話が早い。マジで久保田選手と交渉してみます! @dojyo_matsumoto: 全然怒ってないですよ!エンターテイナーとして楽しんでるだけです!@Ticket_T1: 何故久保田武蔵選手に怒っているのか教えてください

RT @citrusbar: 清い事しか許されない風潮の昨今、清濁併せ呑む決断を表立ってできる二見さんは凄い。

えらい謙虚な方ですな。こちらからご報告します(つられて真面目に) RT @dojyo_matsumoto: 何卒宜しくお願いします!@Ticket_T1: 流石芸人。マジで久保田選手と交渉してみます! RT エンターテイナーとして楽しんでるだけです!RT 何故久保田武蔵


以上。

ツイッターにも書いたが、流石芸人だし、エンターテイナーだと思う。

相当頭がキレる方なんだな、と。

言っておくけど、自分は松本氏と面識がないから。
自分は会ったこともない人に対して、ボロクソ書いた。

でも、これだけ切り返しができるんだから、たいしたもんだ。
これなら総合で結果を出したのも納得できるし、プロレスにスカウトしたいくらいだ。

というわけで、久保田武蔵vs松本晃市郎戦が実現できるなら、2月開催を前倒しして12月に急遽T-1興行を開催してもいい!

何故12月にやらないといけないというと、久保田選手は12月27日で引退すると発表されているので、その後に試合をするのは難しいと考えるのが普通でしょ。

当然2月に構想していたのとは別になるので、仮に12月に開催したとしても2月も「T-1興行」をやるつもりだ。

ファンブログを紹介する。

“幻の強豪”久保田武蔵、まさかのT-1参戦か!? (DAIARY OF A MADMAN)
一部引用

ここ数日、ネットを中心に格闘技ファンを騒がせているのが、ほぼ無名ながら、世界で4つのタイトルを取ったという総合格闘家「久保田武蔵」という選手だ。

松本晃市郎氏が対戦に名乗りを上げたことがすべての発端だ。

Twitter上での青木真也とのやりとりをみていたらシャレで言っているとしか思えなかったのだが、そこに、あのマット界随一のお騒がせ男、業界にナイフを突き立てる男こと、二見理氏(プロモーターとしては、「二見社長」より、こっちの方がしっくり来る)が、参戦してきたことで、話は急展開。
何と、T-1興行での実現をぶち上げたのだ。

これは、二見氏一流のはったりではない。
どうやら久保田選手とは面識があり、既にメールでオファーをかけたとの情報も入ってきた。

一方の松本氏はTwitter上で「よろしくお願いします」とツイートしており、偶然にも、このさなかにパンクラスの川村亮前社長が来店したことも明らかにされていることから、久保田武蔵VS松本晃市郎という仰天カード実現に、何の障害もないことが明らかになっているのだ。

あとは久保田選手の決断次第だと思われるが、もし決まれば年末年始の楽しみがまた一つ増えることになる。

松本氏は「もし実現したら、仕掛ける」と公言し、「3分以内に決着が着かなかったら負けでいい」とまで言っている。

まさに、何が起きるか分からないT-1興行にふさわしいカードだ。
プロモーター・二見氏の手腕に期待したい。
もし、無理ならガチ相撲でもいいけど…


以上。

こちらの管理人さんが指摘した通り、あとは久保田選手が受けるか、受けないかになってきた。

さすがにガチ相撲では意味ないので、出来れば総合ルールやキックルールでやれればベスト。

でも、総合やキックルールだと受けるとは思えない。
理由は簡単。

12月27日の前に怪我をしたくないと、絶対に言うはずなので。
これは当たり前だろう。

自分の主催する興行前に怪我をしたら、シャレにならない。
しかも引退試合の前だし。

ならば、あのルールでやるしかない。
あのルールとは?
次回ルールのことを更新する。

伝説のT-1興行第5弾DVD絶賛発売中!

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)