06年8月26日の第5回T-1興行に“大向木刀事件”により女子プロ追放となった篠原光が初参戦!二見社長、篠原ともに因縁深い大向美智子を挑発するも黙殺…

あの伝説のT-1興行第5弾が6年の時を経てDVD化
ということで第5回大会のオフィシャルブログの記事!

6年前の二見激情がどれだけ勢いがあるかどうかは衝撃ポスターを見れば分かる!T-1三羽烏+珍獣が今でもマット界に携わっていれば…

まず先にお詫び。
06年8月26日(土)「伝説のT-1興行第5弾 T-1スペシャル~トラブルシューター二見×篠原~」東京・西調布アリーナ大会のDVDを9月29日発売の予定だったが、10月初旬にずれ込む。

一つ待ちの状態があって、それがもらえれば発売日を告知できるんだが。
明日には、発売日を正式発表できると思う。
さて、前回はパッケージの見出しと表紙画像の4つの内2つを紹介した。

画像は、最後には二見と篠原光が握手。

2006年8月26日T-1スペシャルSK版 100(C)T-1

今日は、解説文と残りの表紙画像2つを紹介する。

             【解説】
回を重ねるごとに過激さを増すT-1興行も、『伝説のT-1興行第5弾』で一周年を迎えた。
主催者の二見社長は7月21日の記者会見で、大向美智子への木刀殴打事件により“女子プロ界から追放された”篠原光の初参戦、及び篠原の対戦相手を公募することを同時に発表し、二見、篠原ともに因縁深い大向を挑発。

「プロレスはルールのある喧嘩じゃねえのか?」と二見社長は怒りを露にし、波紋を呼ぶが大向は黙殺。
また、『週刊ゴング』原“珍獣”正英記者を介して堀田祐美子の“二見抹殺宣戦”を伝え聞いた二見社長は怒り心頭。

それに加え、幾度か堀田に『チケット&トラベルT-1』を荒らされた過去もあり、8月14日、武蔵小山の堀田の店『HOTTY(ホッティー)』を襲撃。
「女子プロ界に一石を投じるのが目的。大向からアクションがないようなら興行を乱発してもしょうがない。フェードアウトするしかない」と初めて引き際についても示唆した。

二見社長からのメッセージを黙殺し続ける大向は果たして動くのか!?


価格は3000円。

カラー120分、完全ノーカット版

画像は、中島安里紗もリング上がり、中島、二見、篠原で一度は締めたが…。

2006年8月26日T-1スペシャルSK版 103(C)T-1

これで終わらなかった

結局、大向は現れなかった。

このことが終結宣言にも繋がる。

確かに木刀で殴打した篠原は悪い。

しかし、それには伏線がある。

この事件のあと大向は「レディースゴング」で篠原を猛烈に批判したのに、自分と篠原が大向のことを挑発したら黙殺。
最後は、「週刊ゴング」に圧力までかけてきた。

プロレスとは何なのか?

リング上で決着を付けるのがプロレスではないのか?

それを問題提起した大会だった。

次回は収録内容を更新する。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)