6年前の8月26日は、二見社長が最初で最後の人前で泣いた日!全容は第5回T-1興行のDVD発売まで待て!

まず挨拶から。

平成24年8月23日で「チケット&トラベルT-1」は、皆様のおかげで17周年を迎える事ができました。
特に、プロ野球・プロレス・格闘技ファン、関係者の方々には感謝しております。
今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

オフィシャルブログはいつものように過激でモニカ!

8・23でT-1は17周年!最高やナンバーワンの称号は要らない!T-1としては“最狂のチケットショップ”、二見個人としては“プロレス界のオンリーワン”は譲れない!



そして、野球ブログでは17周年について更新した。

T-1のTはタイガースと鳥谷のT!“最狂のチケットショップ”T-1は17年経ってもプロ野球ファンと激情を繰り広げたまま突っ走る!



今日は8月26日。
8月26日といえば、6年前に第5回のT-1興行を開催した日。

その時の大会名は

伝説のT-1興行第5弾 T-1スペシャル~トラブルシューター二見×篠原~
2006年8月26日(土)東京・西調布アリーナ 観衆156人(超満員)

最初で最後の西調布で開催。

この時はJDスターと色々とあったため(各自調査)、新木場を借りられなかった。

それで、第3回から第6回まで、越谷2度、西調布、浅草とドサ回りをし、第7回大会で新木場が解禁となった次第。

この第5回大会は、篠原光が初参戦ということで話題になった。

06年8月26日も、ずっと忘れられない伝説の大会になったと言ってもいいだろう。

何故なら、二見が最初で最後の人前で泣いた日だからだ。

2006年8月26日T-1スペシャル 072(C)T-1

第1回のT-1グランプリは、最初で最後の土下座をした大会なら、第5回T-1興行は、最初で最後の泣いた大会になる。

自分はこういうことを安売りする気はない(キッパリ)。

今後も泣くこともないし、土下座をすることもない。

第5回大会は、最後堀田祐美子に血祭りされて、まさかの堀田劇場が展開された。

堀田が帰ったあと、二見&篠原激情に。
二見が号泣し、涙の終結宣言となり、場内は騒然となった。

最後の締めの言葉が、イッパイ・サンキューではなく、サヨナラは八月のララバ~イ!

凄まじい大会だ。

見ていない人たちにとっては、凄い大会だと幻想が膨らんだんじゃないかと。

期待に応えて、ついに第5回T-1興行の全容を解禁する。

要は、DVD発売まで待てってことで。

出す、出すといいながら、中々出さなかったけど(6年間も)、ここから急ピッチに動くので、9月中には発売する。
楽しみにお待ちを!

2006年8月26日T-1スペシャルSK版 091(C)T-1

最後にターザン山本!氏の日記を紹介!

17周年(ターザン山本!氏、煩悩菩薩日記)
一部引用

「Tー1」チケットって、8月23日は開店17周年になるんだ。

ということは1995年。その年の10月8日には巨人の原辰徳の引退試合が東京ドームであり、翌日の9日には同じくドームで新日本プロレスとUインターが激突した興行。
メインは武藤vs高田戦だった。もちろんこのドームの2日間はプラチナチケット。「Tー1」もいい時に開業したんだ。

びっくりしたのは二見社長はまだその時、26歳。若い。そんな若さでチケットを始めたのか?

これは一種の起業家だ。17周年ということはそれより古いプロレス団体で今も残っているのは新日本と全日本を別にすればみちのく、大日本、IWAと女子プロではJWPとかほんのわずか。

しかもその団体の多くはこの17年間で社長が交代している。「Tー1」チケットはその意味でもユニーク。

私が「週刊プロレス」の編集長を辞めたのが1996年の7月。いやあ、ホントに時が経つのは早いよ。あっという間だ。
「Tー1」チケットの客だった人の中にはその後、プロレスラーになったものもいるというから面白い。


以上。

そう考えると、1995年って凄い年だった。

あと、T-1より長いプロレス団体は、ターザン氏が挙げた以外にはパンクラスくらいか?
リングスは休止があるし。

つまりT-1は、老舗団体と同等のレベルってことになる(笑)。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)