fc2ブログ
コンテントヘッダー

再発防止に向けた取り組みをしていなかった?RIZIN24で指定された席を用意していなかった問題 笹原氏は被害者に謝罪をせず、格闘家とラウンドガールと馴れ合い 10・8と言えば

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

三嶋一輝直筆サイン入りヘルメット、スターナイト2015ユニフォーム、メガホンBART&CHAPY、山崎康晃・大和・ロペスカード 18年ビジター応援、クリアファイル、ボールパークポンチョマリンくん、デコレーショントートバッグ

広島東洋カープ19年宮崎春季キャンプ関係者限定キャップ、ロゴ入り練習球 福岡ソフトバンク、広島の消しゴム 北海道日本ハムの選手の妻同士によるいじめはよくある話か?

まず最初に13年前の2007年10月8日と言えば、「T-1グランプリ~レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決~」新宿FACE大会を開催した日。
画像は堀田祐美子のミドルキックを受ける二見。

2007年10月8日T-1グランプリ 堀田のミドルキックを受ける二見(C)T-1

T-1ベスト興行 二見社長対堀田祐美子初対決の非売品DVD付きの課外授業について

前から言っているが、実際に大会をやったから、プロモーター、団体サイドがどれだけ大変なのか分かった。
分かったので今までは、どちらかというと背広組(団体、フロント)寄り、選手に対しては厳しい意見を発信してきた。
そのフロント寄りの自分でさえ、RIZINのフロントには呆れ返っている。

9月27日にさいたまスーパーアリーナで、RIZIN.24が開催されたが、いつものようにズンドコ劇場が繰り広げられた。
ざっとまとめると。

大会前日にクラウドファンディング(以下、クラファン)の迷惑メールが大量に届く。
前回のクラファンのリターンが、未だに届かない人が多数いた。
法人クラファンのリターンに関する質問を無視していた。
自由席の入場待機ゾーンが密になっていた。
指定席を買ったのに、指定された席がない人が続出。
場内の係員の対応が最悪であった。
明らかに上限の5000人以上入れていた(さいたま市の要請により、上限5000人までと決めていた)。
一部にマスクをせず応援している人がいたにも関わらず、運営、係員は注意をしなかった。



この中で一番やってはいけないミスは、指定席を買った人の席がなかった点だ。
これは返金しないといけないくらい酷い話になるので、さらに指定席購入者に対して指定された席がなかった問題についてまとめる。
なお、あくまでも被害者側の言い分をまとめたもの。

席がなかった席種は、SRS指定席 ラムダ 3万円。
ダブルブッキングではなく、席そのものがなかった(一部ではダブルブッキングという話も出ていた)。
係員の対応がたらい回し状態で最悪。
係員に関しては、RIZINスタッフではなく外部委託の可能性がある。
座席が決まらない間は、立ち見または空いている席に座っているという状況が長く続いた。
振替された席が、元々指定された列より後ろの列に回された。
榊原信行代表の謝罪は、試合後の取材のインタビューのみ。
腰巾着Show大谷は、「最近の榊原さんは頭下げてばかり」と意味不明な擁護。
RIZIN広報部長(実質ナンバー2)の笹原圭一氏は、被害にあっていないファンからの指摘にはツイッター上で謝罪をするも、実際に被害にあったファンからのリプライや質問には無視していた。
さらに笹原氏は、格闘家の川名雄生やラウンドガールへの馴れ合いのツイートを続けており、反省している様子はなかった。



チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

画像は、2007年10月8日「T-1グランプリ~レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決~」新宿FACEのDVD。

07・10・8 T-1グランプリ(C)T-1

ここからは席がなかった問題について検証。
まとめの中で、情状酌量の余地があると思う点は、外部委託の可能性が高い係員の態度が悪かったくらいだろう。
通常通り外部委託がシミズオクトだとすれば、シミズオクトにも責任は問われるが、これにしたってRIZINがきちんと指示していなかったからであって、管理能力がないからこのような問題が起こる。

何で席がなかったというあり得ないことが起こったのか?
さいたまスーパーアリーナはスタジアムモード、アリーナモードと、収容人数を変えられるので、その辺が関係あるのではないか?
例えば、座席数の少ないBパターンで開催するのに、座席数の多いAパターンでチケットを売ってしまったため、席を用意できないという事態を生んでしまった。
これは確認を取っていないので、憶測の話になる。

確かに人間がやる以上、ミスはある。
問題なのは、RIZINは30回近く大会を開催しておいて、以前からこの手のミスが多かった点だ。
再発防止に向けた取り組みをしていたとは、到底思えない。
取り組みをしていなかったから、同じようなミスを繰り返していたのではないか?
今年2月に行われた浜松大会でも、同じような座席の問題があったと指摘されていたし、会社の体質が問われる。

体質が問われる中、RIZINの笹原氏は、席のトラブルの被害にあった方々へのフォローもせず、川名雄生やラウンドガールのどうでもいいようなツイートには返信したり、リツイートしているのに、席がなかった件について被害にあった人達の質問には無視し続けていた。


ここ最近ずっと言い続けているが、クラファンを始めてから今まで以上に対応がおかしくなってきた。
過去に不手際があってもスタッフの人手が少ないし、大変なのを分かっていたので大目にみていた。
だが、最近は話にならないくらいの酷さだ(呆)。

RIZIN.24でのSRS指定席の席がなかった件の一番の問題は、この期に及んで被害者に謝罪の一つもしないことだ。
形だけの囲み取材で謝罪しても、誠意がない。
実際に、被害者の方々はそれでは納得できないから、榊原代表や笹原氏にツイッター上で質問しているわけで、ずっと無視しているってことは、ファンを舐めている証拠。
本性を現したってことか。


大体、ファンの方々がどれだけ楽しみにしてチケットを買ったと思っているんだ(怒)。
人の気持ちを踏みにじっておいて、謝罪しないわ、無視して川名やラウンドガールと馴れ合い。
ふざけるのもいい加減にしろ!

何が格闘技を通じで夢を与えたいだ(怒)。
一人のファンの悲痛な訴えに対して無視して、まともな対応ができないなら大会なんか辞めてしまえ。

一連の笹原氏の態度を見ても団体としての在り方がよく分かった。
100%主催者サイドに非があるのに、繰り返しになるが被害者に謝らないというのが信じられない。
他のスポーツ、いやあらゆる大会で、RIZINみたいな態度を取るところなんかどこもない。

言ってみれば笹原氏の職務怠慢だ。
被害者からのリプライと引用ツイートに対して無視しないで、ちゃんと対応すればここまで大事にならなかった。
自分が直接謝罪と言っているのは、ツイッター上でリプライを送るという意味だ。
直接会えと言っているわけではない。
百歩譲ってツイッター上でやり取りできないというのであれば、「今事務所にいますので、事務局にご連絡ください」、と返信すればいい話だろ。
それを無視して、あの馴れ合いはあり得ない(怒)。

それと自由席の待機ゾーンで、密を作った点も話にならない。
そもそも、この時期に自由席の設定があること自体がおかしいだろ。
プロ野球の広島や千葉ロッテなどは昨シーズンまでは自由席の設定があった球団は、開場前に並ぶ際、列を作ることで密を作りやすいため、今シーズンは全ての球団が自由席を無くし全席指定化に変更。
RIZINのスタッフは、クラファン以降ただカネくれ、くれ、と頭の中はそればかりで、他の興行のリサーチをやっていない。

違法動画に断固とした姿勢を取るとか言っておきながら、自分達のミスには甘い。
もう大会をやる資格がないと言っていいだろう。

そんなことをツイッターに書き続けていたら、フォロワーの方から、「RIZINは何らかの見解を示すべきだし、返金するべきだ。でも被害者は直接電話すればいい」という指摘があった。
確かに一理あるが、電話に関しては違う考えだ。
何故なら電話したところで、まず榊原氏や笹原氏は電話に出ることはない。
また、電話に出た社員が彼らに繋ぐことはないし、下の社員が上面だけで謝罪して終わりになる。
メールしても同様だ。
それなら形として残る、SNSを使うのは有効と言える。

RIZINという会社はそんな簡単なところではない。
実際、自分は何度もチケット関係の問い合わせで事務局に連絡をしたことがある。
かけても、事務的で融通は利かないし、上にも報告していない。
だから、笹原氏に直接連絡することになり、そこでやっと解決。
最初に笹原氏に連絡しないのは、笹原氏はチケットの担当ではないからだ。

自分は笹原氏とは「PRIDE」からの長い付き合いなので、こうやって直接連絡できたりできるが、一般の人だとそこまで辿りつかないので、電話はお勧めできない。

結局、RIZINという組織はこういうところなので、これからはそう思って接するしかない。
このような仕打ちを受けたくないのであれば、現地で観戦しないという選択もありだし、決めるのはお客さんなので。

それから店頭でお客さんから、「二見さん以外の関係者は、誰もRIZINを批判しないですね」という質問があった。
関係者が批判しないのは当然だ。
何故なら格闘技界は村社会なのと、RIZINを批判することで仕事が無くなった場合困る連中ばかりなので、指定された席がなかった問題について、関係者一同誰一人として批判できない。
自分は仮にRIZINと付き合いが終わっても、困らないので批判できる。

それにしても、格闘家や格闘技関係者は偉そうに言っていても、大きい組織には何も言わない。
つまりいじめを見て見ぬふりをするのと一緒で、同罪だし、偽善者。
困っている人がいても、助けない。
どんだけ腐っているのか。

画像は、2019年10月17日「新日本プロレス」後楽園ホール。

新日本プロレス19年10月17日1

最後に雑談コーナー。

YouTube無料配信中のスカイライダーだが、31話から歴代ライダーが続々登場。
先陣は仮面ライダーXこと神敬介。
31話、32話はXライダーの神敬介客演の前編、後編。

仮面ライダー(新)(スカイライダー) 第31話 「走れXライダー!筑波洋よ死ぬな!!」
仮面ライダー(新)(スカイライダー) 第32話 「ありがとう神敬介!とどめは俺にまかせろ!!」



やはり素顔の先輩ライダーが出ると高揚感が高まる。
因みに速水亮と村上弘明の共演って、スカイライダーが最初で最後か?

画像は、10・31(土)「DEEP JEWELS30」ニューピアホール。
チケットは全て売切れ。

DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ前澤青野

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

T-1よりお知らせ
当面の間 平日:13時30分~19時まで 土日祝:13時~18時30分まで 月曜日:休み
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター戦「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子格闘家、女子プロレスラー断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR