FC2ブログ
コンテントヘッダー

最大の敵は不安を煽るメディア コメンテーター、芸能人こそTV出演を自粛しろ K-1をボロクソに叩く異常さ プロレス、格闘技界にまで波及 青木真也とアベマの北野は古瀬美月に未練タラタラ

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

オープン戦はZOZOマリンスタジアムの千葉ロッテ戦が一番理想的な価格に席の種類 ネット裏、ベンチ上の特別内野自由席 妥当なロッテ、ヤクルト、巨人 殿様商売のDeNA、西武

オープン戦は無観客試合 払戻し可能と不可のチケットについて オープン戦の値段は妥当なヤクルト(神宮球場)とロッテ 妥当でないDeNAと西武 自粛が続くと倒産、自殺者が増える

レッスルワン 2020年4月1日

画像は4・1(水)「WRESTLE-1」後楽園ホール大会のポスター。
今大会を最後に無期限の活動休止だったが、東京都と後楽園ホールの自粛要請により、無観客試合となった。

新型コロナウイルス感染拡大防止によるイベントの自粛は、遂にプロレス、格闘技界にまで波及してしまった。
そのきっかけを作ったのは、政府や埼玉県知事から自粛要請を求められながらも開催に踏み切った3・22「K-1」さいたまスーパーアリーナ大会だ。

これにより大波紋を巻き起こし、「K-1」は叩かれまくった。
テレビ、マスコミ、ワイドショーでは、名指しで批判しまくり、まるで集団リンチのようだった。
でもこれっておかしくないか?
何故なら、安部総理は自粛要請の際、「慎重に開催し、主催者の判断に委ねる」と発言したからだ。
そもそも中止にして損害を食らっても、国は補償してくれない。
「K-1」としては出来る限りの対策をした上で開催したので、ここまでボロクソに叩くのは異常だ。

ただ「K-1」が決行したことについては、全てが正しいとは思わない。
払戻しを応じなかったことは、批判しても良い。
実際、椎名林檎の「東京事変」や武藤敬司の「プロレスリング マスターズ」は、払戻しを応じた上で開催している。

払戻しを応じなかったのは不味かったが、「K-1」が開催したことに対しては支持する。
理由としては、同調圧力があろうが、ブレない姿勢は大事。
逆に皆がこうだから、オマエもそうしろ、という命令に全員従う方が危険だ。

コロナのせいで荒んでいるのではない、元々荒んだ日本人は多い 決行したアーティストを犯罪者かのように批判 トイレットペーパー買い占め 自粛ムードのマット界に一石を投じた武藤敬司とDEEP

RIZIN22 2020年4月19日

4・19(日)「RIZIN.22」横浜アリーナ大会の開催も微妙になった。

何でもかんでも批判するクレーマーは、再三言っているようにあれは正論でも何でもない。
正義を振りかざしておいて、誰かを叩きたいだけ。
クレーマーのせいで政府、東京都に目を付けられたため、3/26に後楽園ホールでのプロレス、格闘技大会が続々と中止または無観客試合になると発表された。
3/26に小池百合子知事は会見で、3・28の「K-1」が無観客試合になったと発言(実際はKrushのこと)。
知事の会見で、格闘技イベント名まで言及するのは極めて異例だ
そして、T-1と付き合いの長い3・31「フリーダムズ」も中止となった。

フリーダムズ 2020年3月31日

3/25までは、ほぼ毎日プロレスか格闘技の大会が行われていた。
一番最初に中止を発表した「スターダム」も、3/24から再開していた。
3/27には3・29「プロ修斗」が中止、冒頭で書いたように4・1「WRESTLE-1」は無観客試合、4・6「全日本プロレス」は後楽園では中止とし、新木場1st RINGで無観客試合を行うと発表。
さらに4・12「DEEP」大阪大会や「パンクラス」スタジオコースト大会まで中止に。

パンクラス314 2020年4月12日

完全に圧力だ。
この国はやばいどころの話じゃない。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

宇宙ミュージアムテンキューちらし

画像は宇宙ミュージアム TeNQ テンキューのちらし。
自粛期間中でも営業していたテンキューだが、3/28・29は臨時休業となった。

あと腹が立つのは、ニュース、ワイドショーなどのTVに出演しているキャスター、なんちゃら専門家、コメンテーター、芸能人だ。
こいつらは何かと言えば自粛と煽りまくり、「K-1」が決行したことを批判していたが、だったら、オマエ達こそテレビ出演を自粛すればいいだろう。

もしテレビで伝えるのが仕事だって反論するなら、こっちだって仕事じゃないのか?
結局こいつらは、年収で何千万円、何億円ともらっているので、人の痛みが分からない。
そんな奴らが、自粛と言っても説得力ゼロ。

これは提案だが、キャスター、専門家、コメンテーター、芸能人の代わりに、新型コロナウイルスの影響で中止となったアーティストなどのイベンター、プロレス、格闘技団体、影響を受けた業種などを出演させて、被害者達にギャラを払えば良い。
偉そうなコメンテーター、芸能人に高額なギャラを払う必要などない。

新型コロナウイルスの最大の敵は、アホなTV局とマスコミに、上から目線のキャスター、芸能人、コメンテーターだ。
トイレットペーパーの次は、スーパーの商品の棚がガラガラなのを撮影し、それを放送して不安を煽る。
しかも、オイルショックならぬ百合子ショックと揶揄。
こいつらこそが最大のガンで、消え失せてほしいと思う。

ハーレイクインの華麗なる覚醒

映画 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒のちらし。
全国共通鑑賞券発売中。

最後に雑談コーナー。

青木真也のツイッターに、女子格闘家の古瀬美月が「K-1」を観戦した画像がアップされていた。
あれは青木が撮影したものではない。
再三当ブログで取り上げている、アベマTVの北野が撮影して青木に送信したもの。

古瀬は公人なので勝手に撮ってもいいかもしれない。
だが、最低でも「この画像は北野が撮影したものです」、と一言あってもいいんじゃないのか?
それが礼儀だ。
結局、青木も北野も古瀬に未練タラタラ。
いい大人が見苦しい。

ジュエルス29 アムザロケット対古瀬美月

5・6の「DEEP JEWELS」後楽園大会では、ミクロ級トーナメント決勝 アム・ザ・ロケット対古瀬美月が行われる予定だが、この状態だと大会そのものが開催されるか分からない。

今や叩かれまくって時の人となった「K-1」の中村拓己プロデューサーが、まだ記者だった時代に、10年くらい前だと思うが、北野と同じことをやっている。
場所も同じさいたまスーパーアリーナ。
「K-1」だったか、「DREAM」だったか忘れたが、某美人女子格闘家が男と一緒に観戦しているのを勝手に撮影して、青木を始めとするほかの格闘家などに送信。
歴史は繰り返す。

ターザン山本!氏が「みんなが自粛に走るので濃厚接触を独占する」、「ハグをするとなぜか体が軽くなる」、「打倒コロナウイルスには濃厚接触しかない」、とまた訳の分からないことを言っている。
こんなもの全て詭弁で、ただ単にターザン氏は女好きだから抱きたいだけの話。
誤解するな、女好きが悪いとは言っていない。
山本さんらしいってことだ。

法隆寺金堂壁画と百済観音

画像は、特別展 法隆寺金堂壁画と百済観音(東京国立博物館)のちらし。
当初は3/13より開幕の予定であったが、3/17に変更。
さらに開幕が延長され、このままだと開幕できずに終わる可能性が濃厚となってきた。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR