FC2ブログ
コンテントヘッダー

稀勢の里が最後の場所となった大相撲平成31年一月場所(両国国技館)のパンフ 向正面マス席はTVで観るのと反対側で新鮮 満員御礼も2階席は謎の空席 白鵬、鶴竜をブッタ斬り

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

「巨人対横浜DeNA戦」と言えず、「今日の券、今日の野球、今日のある、今日のチケット、今日のヤツ」、自己中心&非常識な言い方をして思考停止しているヤツは来るな(怒) 水道橋のT-1開業24周年

2018年10月2日東京ヤクルト対横浜DeNA戦(神宮球場)の話 スワローズ応援席でベイスターズファンとスワローズファンが大喧嘩も警備体制に問題あり レフト5ブロックは多過ぎ

大相撲平成31年1月場所パンフ1 貴景勝
取り上げるのが遅くなったシリーズ第3弾のパート2。
前回は、2019年1月17日(木)大相撲平成31年1月場所5日目(両国国技館)を常連のお客さんにマス席を招待していただき、大相撲初場所5日目を現地観戦したので、この件について更新した。
3回に分けて更新するので、今回は2回目。

大相撲平成31年1月場所パンフ2 稀勢の里
取り上げるのが遅くなったシリーズ第3弾 約20年ぶりの現地観戦 大相撲平成31年1月場所5日目(両国国技館) 招待してくれた常連さんが結婚

大相撲 平成31年(2019年)一月場所パンフレット  400円
パンフレットの表紙は、平成30年十一月場所で初優勝の貴景勝。

横綱・稀勢の里は初日から3連敗で、引退を決断。
稀勢の里、最後の場所となった。
5日目の時には、稀勢の里を見ることはできなかった。

大相撲平成31年1月場所パンフ3 貴景勝
大相撲 平成31年一月場所は、関脇・玉鷲が13勝2敗で初優勝。
横綱・白鵬は初日から10連勝も、11日目から3連敗で14日目より休場。
横綱・鶴竜は2勝3敗で6日目より休場、大関・栃ノ心は初日から4連敗で5日目より休場。
大関・高安、豪栄道は共に9勝6敗。
横綱、大関陣の不甲斐なさが目立った場所だった。

大相撲平成31年1月場所2 中入り
チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

大相撲平成31年1月場所1 十両
十両の取り組みの途中に会場に入った。
招待して頂いたお客さんは、幕下から見ていたようだ。

大相撲平成31年1月場所3 土俵入り
幕内土俵入りが始まった。
向正面のマス席で観戦したので、TVで観るのと反対側となる。
反対側で観るのは逆に新鮮。

大相撲平成31年1月場所4 土俵入り2
自分の中では、5日目の注目の取り組みは2番あった。
一つ目は、全勝の御嶽海と玉鷲。
もう一つは全勝対決となった結びの一番、白鵬と錦木。
画像は満員御礼の垂れ幕。

大相撲平成31年1月場所13 満員御礼
チケットは完売しているので当然マス席は札止めだったが、2階席は空席が目立った。
これも招待して頂いたお客さん曰く、2階席は大体こんな感じで何故か空席が目立つ、とのこと。
謎の空席ということか。
次回パート3は、幕内の取り組みについて更新の予定。
大相撲平成31年1月場所7 土俵入り5

最後に怒りの雑談コーナー。

前回の雑談コーナーでは大相撲五月場所について振り返ったので、今回は七月場所について振り返るというよりも、白鵬と鶴竜をブッタ斬る。
画像は横綱・白鵬土俵入り。

大相撲平成31年1月場所10 白鵬2
名古屋場所(七月場所のこと)は鶴竜優勝のデキレース、だとツイッターで言い続けていた。
結果はその通りとなった。
名古屋場所の白鵬は、いつもより増して立ち合いと内容が酷かった。
酷いというのは汚い相撲のことを指している。
待ったなしになってから中々手を付かないし、汗を拭かないので、相手が毎回滑っている。
滑るからはたきが有効となり、はたいて勝つと白鵬は必ず相手の上からのし掛かる。
ホント根性が腐っている。
問題はそんな腐った白鵬に勝てない他の力士たちだ。

白鵬の立ち合いが一番酷かったのは、6日目の碧山との一番。
碧山と言えばモンゴル互助会の手下で、本来なら安全パイな相手のはず。
それが明らかにガチンコで荒れた相撲となった。
これは想像だが、手下の碧山と交渉が不成立になったので、碧山への威圧を含めてのあの立ち合いになったと見た。

白鵬は8日前までは鋭い立ち合いの上、荒れた相撲を繰り返して8戦全勝だった。
ところが9日目の逸ノ城との取り組みでは、一転として無気力相撲で初黒星。
どう見てもガチには見えなかった。
注射じゃないか?
白鵬は逸ノ城に負ける時は、ほとんど疑惑の相撲。
照ノ富士に負ける時と一緒。
これで鶴竜優勝させる方向で動くだろうと思ったら、本当にそうなった。
そのための負けで、負けるなら同じモンゴル力士の方が都合が良い。
モンゴルネットワーク恐るべし。

10日目の鶴竜と逸ノ城を見ると(勿論、鶴竜の勝ち)、やはり白鵬と逸ノ城は注射だと確信した。
片ヤオは???が付く。
白鵬の注射は露骨で分かりやすい。
立ち合いの駆け引きがない、待ったなしから直ぐに腰を下ろす、立ち合いの踏み込みが甘い。
ガチの場合は全て逆になる。
画像は横綱・鶴竜土俵入り。

大相撲平成31年1月場所12 鶴竜2
13日目に鶴竜が友風に負けたため1敗で白鵬と鶴竜が並んだ。
並ばれると都合が悪いのか、14日目に白鵬はモンゴル互助会の手下であり、子分の琴奨菊にまさかの敗戦。
でもこれは星を売ったとしか思えない相撲内容だった(呆)。
何しろ、あれだけ立ち合いが鋭い白鵬が、わざと立ち合いを遅れさせたように見えた。

モンゴル力士が優勝する時は、99%星がリードしている力士に優勝させる。
モンゴル出身横綱同士が優勝争いをした場合、一差つけられている力士が千秋楽の直接対決と優勝決定戦で連勝して逆転優勝したことが一度もないというのが全て。
鶴竜13勝1敗、白鵬12勝2敗で迎えた千秋楽、予定通り鶴竜が勝ち、7場所ぶり6度目の優勝を飾った。
鶴竜は白鵬がいなかったら、横綱になれていない。

面白いデータがある。
白鵬と鶴竜は、白鵬の41勝8敗と圧倒しているが、白鵬が負けたのは鶴竜の大関または横綱昇進または優勝がかかっている時と、白鵬以外のモンゴル出身横綱の優勝がかかっている時、この二つの例しかない。
今回は鶴竜の優勝が掛かっていたので、白鵬が負けた。

もう一つ面白いデータを用意すると、白鵬と琴奨菊は、白鵬の56勝7敗(1不戦敗除く)と、こちらも圧倒している。
白鵬が初めて琴奨菊に負けた時を除いて負けたのは、琴奨菊の優勝または大関昇進がかかっている時と、白鵬以外のモンゴル出身横綱力士の優勝がかかっている時、この二つの場合しかない。
今回は鶴竜の優勝が掛かっていたので、白鵬が負けた。

鶴竜と琴奨菊に負ける時は、展開が同じなのだ。
これも白鵬にガチで勝てない他の力士に問題がある。
勝てないから星の調整をされるわけで。
妙義龍への首絞めも酷く、やりたい放題だ(怒)。

画像は、日中文化交流協定締結40周年記念 特別展 三国志(東京国立博物館)のちらし(終了&前売券は完売)。

三国志ちらし
オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR