FC2ブログ
コンテントヘッダー

チケット&トラベルT-1 23周年記念にプロ野球、プロレスファンなどのお客さんから頂いたお土産 13年間続いた「T-1主催トークイベント」が今年で遂に途切れる

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

11・23(祝)ジャイアンツ・ファンフェスタ2018(東京ドーム) 内野1階席、シーズンシート契約者招待状 T-1が選ぶセ・リーグのゴールデングラブとベストナイン

11・24(土)名球会ベースボールフェスティバル(東京ドーム)王、江夏、張本、山本浩、山田、往年の名選手、現役の青木、阿部、内川、鳥谷、福浦、福留、引退した松井稼も出場 先発は黒田と野茂 高校野球総選挙の違和感

2018年8月23日でチケット&トラベルT-1は23周年を迎えることができた。
23周年記念としてお客さんから頂いたお土産の画像を中心に紹介(8枚画像アップ)。

最初の1つ目は、「T-1興行」や「ガチトークフタミ塾」の常連であり、プロレスファンでもある女性のお客さんから頂いた、元阪神のバース ビーフジャッキーヒッコリー。
自分は熱狂的なバースファンなので、ツボを押さえたお土産と言える。

阪神バース ビーフジャーキーヒッコリー

2つ目は、こちらも「フタミ塾」の常連であり、プロレスファンのお客さんから頂いた。
こちらのお客さんは京都に転勤していたが、わざわざT-1まで来てくれた。
因みに、11月から東京に戻ってきたので、これからは頻繁に来店してくるとのこと。

京都に転勤した方からのお土産

3つ目は、巨人ファンのお客さんから頂いた。
こちらの巨人ファンの方は、「T-1興行」の常連で、「フタミ塾」にも何度か参加している。

川村さんからのお土産

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

4つ目は、大日本プロレスファンの女性のお客さんから頂いた。
こちらの女性は、この数年ほぼ毎月大日本のチケットを購入している。

お客さんから23周年お土産

5つ目は、格闘技ファンのお客さんから頂いた浅草のようかん。
こちらの格闘技ファンは、「RIZIN」、「DEEP JEWELS」、「DEEP」、「プロ修斗」を購入しているし、格闘技版の「フタミ塾」には必ず参加している。
この浅草にある芋ようかんの「舟和」は有名な店だ。

お客さんお土産浅草ようかん

再三書いているが、プロ野球、プロレス、格闘技ファンを始めとする売上に貢献してくれたお客さんのおかげで、23年3ヶ月以上営業することができた。
通信販売を利用している方を含めて、売上に貢献してくれるお客さんには深く感謝する次第。
でもブログを見ているだけで店には来ない、売上に貢献しない人たちはどうでもいい。
見るだけの幽霊会員、幽霊登録者、薄情で不義理ななんちゃってフリーク改めバカフリークどもは日本から消えてほしい。
売上げがなければ、23年以上営業することができないことくらい誰でも分かることだが、その誰でも分かることを分からないバカが実在する。

6つ目は、格闘技団体「DEEP」から頂いた。
今年は「DEEP」の佐伯繁代表や輝美さんと何度か交流しており、最近2度目のキラー・カーンさんの店に連れてもらったので、その件は後日更新の予定。

お客さんからのお中元の飲み物

7つ目は、23周年の祝いではないが「覆面マニア」の秋山恵さんから頂いた差し入れ。
秋山さんは毎回来店する度に、飲み物とかを差し入れしてくれる。
秋山さんは、現在バンクーバーキャットとして活躍中。

覆面マニアからの差し入れ

他にも飲み物、お菓子などの差し入れを数えきれないほど頂いた。
お土産、差し入れの金額は関係ない。
こういうのは気持ちの問題だ。
チケットを買ってくれて、しかも差し入れまでと、本当にありがたいことだ。
これは商売冥利尽きる。
お土産、差し入れをしてくれたお客さんには改めて感謝。

参考 22周年記念のお土産と移転祝いの時の記事。

激動の1995年 田村潔司の真剣勝負発言の5日後、8月23日にチケット&トラベルT-1開業 T-1オープン後に原辰徳引退試合、新日本プロレス対UWFインター全面対抗戦

2017年9月までは12年の売上に迫る勢いも、10月・11月の大失速により16年・15年超え達成も13年・14年とほぼ同じ 新店舗に移転してから1年

チケット&トラベルT-1移転祝いでプロ野球、プロレスファンなどのお客さんから頂いたお土産を紹介

最後に雑談コーナー。

2005年8月3日に「T-1グランプリ前夜祭」を渋谷ロックウエストで開催してから、17年3月26日「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.63 二見社長×ターザン山本!~重大発表&○○○最後のフタミ塾~」まで、13年間連続で必ず「T-1主催トークイベント」を開催してきたが(1年に1回以上)、今年で遂に途切れることになってしまった。

06年2月3日には、「T-1グランプリ前夜祭フタ・ミ祭り 尾崎×二見毒舌マシンガントーク」を阿佐ヶ谷ネクストサンデーで開催したが、このイベントが「フタミ塾」の原型となり、翌07年2月23日「ガチトーク“フタ・ミ塾”Vol.1 ターザン山本!×T-1二見」を水道橋・闘道館で開催。
そこからは09年を除いて毎年「フタミ塾」を開催してきた(フタミ塾だけでも63回)。

09年のみ「フタミ塾」を開催しなかったが、代わりに09年10月18日「ロッテファン集結!プロ野球トークライブ!元千葉ロッテマリーンズ・立川隆史×ユウゴー(天野勇剛)×T-1二見社長」と、同年12月26日「T-1トークライブ!二見社長×長野美香トーク&サイン会!」を水道橋・UGP4階会議室で開催。

23周年という節目の年にイベントを開催しないとは、自分でも予想できなかった。
記録のためにイベントを開催していたわけではないが、13年間続けてきたのを止めてしまったのは残念。

これは以前にも書いたが、今まで「フタミ塾」に呼んだことがない、大物プロレスラー、大物格闘家を呼んで、「プロレス版」、「格闘技版」を2回開催する構想はあった。
ところが、1人しか記念イベントを開催してほしい、という要望がなかったので、この構想は白紙となった次第。
当然、該当の選手にオファーは出していない。

これが10人くらいにやってほしいと言われば、その気になって開催した。
もっとも、オファーをして断られたら元も子もないが、おそらく受けてくれると思う。
このイベントは来年に持ち越しとなったが、こういうのはタイミングなので。
来年の3月までにやらなかったら、封印となるだろう。
画像は千葉ロッテファンのお客さんから頂いた非常食。
こちらのロッテファンは富士そば時代からの常連さん。

お客さんからの差し入れ非常食

非常食を初めて食べたが、正直あまり美味くはなかった(笑)。
でも、本当に何も食べる物がない状態で食べたら美味しく感じるんだろう。

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR