FC2ブログ
コンテントヘッダー

青木真也選手の真っ当な「DEEP JEWELS」批判 馴れ合い、傷の舐め合いが横行したプロレス界を断罪してきた二見が、仲良しこよしの女子格闘技を評価できるわけねーだろ

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

広島東洋カープ 2018年宮崎春季キャンプ 関係者限定キャップ、ロゴ入り練習球 実使用 セ・リーグの日程問題 NPBの怠慢に怒りが

東京ヤクルト対阪神戦(神宮球場)スターシート 選手との距離が近い 臨場感がある バックネット裏 傾斜がなだらか

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

最近格闘技ファンのお客さんから「女子格闘技のイベントはやらないんですか?」、「ブログでDEEP JEWELSのことを取り上げないんですか?」と言われることが多い。
イベントについては再三ブログ等で書いてきたように、節目の開業23周年にも関わらず一部の常連メンバーの態度に頭に来たのでイベントをやらないだけの話。
本当はやらないといけなかった。

「DEEP JEWELS」については会場で観ていないが、後日映像などチェックしている。
映像を見ても取り上げなかった理由を箇条書きで挙げると。

ツイッターなどで女子格闘家とファン、または女子格闘家同士の馴れ合いが酷くなったこと。
ツイッターで愚痴ばかり呟く女子格闘家がいること。
競技人口が増えた割には試合のレベルが上がらない。
試合はショッパイのに空気の読めないマイクアピールが増えた。
秋葉系のオタクばかりのファンが増えた。
しゃしゃり出てくる親がいること(これはごく一部の話)
試合よりもグッズ販売やイベントに精を出す女子格闘家がいること(これは一人しかいない)。

そして一番の理由は、そんな女子格闘家を批判する格闘家、関係者、ファンがいないことだ(呆)。
でも一人だけ自分と同じ考えの格闘家がいた。
その格闘家とは、総合格闘技界の異端児・青木真也選手だ。

3月下旬に放送されたAbemaTVの青木選手の冠番組「AOKI AWARD」で、3・10(土)に行われた「DEEP JEWELS 19」新宿FACE大会について、大批判を展開。
自分の意見を代弁していた。
その時の内容を一部抜粋する。

ジュエルスは全然面白くなかった、可能性はあるけど商品が弱い。
耐えられない、人の目に。
第1試合から全試合、勝利者がマイクアピールで、主催者もマイクを渡す。
マイクを渡しちゃいけない。
第1試合から休憩前までは前菜だし漬物でしょ。
漬物がステーキになろうとしてはいけない。
自分たちの仕事は何なのか?
当たり前のことを当たり前にやるってことが大切という発想がない。



以上。
画像は、10・27(土)「DEEP86」大田区体育館大会のポスター。

DEEP86ポスター

流石は「自身が商品であることを常に意識している」、青木選手ならではの切り口だ。
極めて真っ当な批判であり、青木選手以外の格闘家が何故批判しないのか不思議でならない。
因みに、乱発するマイクアピールのくだらなさについては、昨年当ブログで取り上げている。

学芸会の延長 勝っても負けてもマイク プロレスラー、格闘家のダラダラと長いマイクアピールを聞いてしまうと、試合内容が良くても一気に興ざめ

今の女子格闘技は批評、批判を抑制しているようにみえる。
これっておかしくないか?
何故なら、本来プロスポーツはあらゆる人から批評されて、成長、改善していくものだからだ。
関係者、ファンと馴れ合いが横行すると、試合が良くても悪くても、お客さんが満足しさえすれば格闘家自身がそれでよしとなってしまう。
つまりこの温い環境だと成長を阻害していることになる。
だから、試合のレベルは上がらないし、空気の読めないマイクが増える。
批判できない空気を作っているとしたら、この人気は長く続かない。

そもそも、馴れ合い、傷の舐め合いが横行したプロレス界を断罪してきた二見が、仲良しこよしの女子格闘技を評価できるわけねーだろ。
やっぱり、青木選手だけは違う。
青木選手とは過去に色々とあったが、自分の中での評価は変わらない。
勿論、青木選手のことを高く評価している。

最後に雑談コーナー。

ちょっと前の話になるが、高山善廣の募金活動について違和感を覚えたので問題提起したことがあるが、元々高山の件に限らず、芸能人、著名人、プロスポーツ選手などが行う募金活動は信用していない。
「募金はこちらに振り込んで下さい」と宣伝したり、募金箱を持って募金を呼びかける前に、「ところで、あなたはいくら募金したのか?」という話じゃないか。

まず他人に募金を呼びかけるなら、自身の募金金額を明示するべきだ。
それを行った上で、「賛同して下さる方は募金をお願いします」と訴えるなら話は分かる。
自分は募金しない、でも募金はお願いします、では筋が通らない。
一般人と比べてそれなりの収入がありながら、人のお金を集めて慈善活動を行うヤツなんか信用できるわけがない。

画像はイグ・ノーベル賞の世界展(ギャラリー アーモ)の広告(入館券は売切れ)。
追記 追加入荷
オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

イグノーベル世界展
二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR