FC2ブログ
コンテントヘッダー

こんなヤバい組織みたことがない 貴乃花親方を追い詰めて退職に追いやったのは、相撲協会と横野レイコ、大至を始めとするマスコミ、メディア?弟子たちの将来を考えているなら全部言うべき

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

今年最後の東京ドームでの北海道日本ハム主催試合 8/22(水)23(木)ソフトバンク戦 内野自由席3塁、外野自由席レフト アップグレード、指定席、2階自由席引換券について

千葉ロッテ戦(ZOZOマリン)新聞社発行内野自由席招待券は2階席のみ バリュー・ブロンズは内野指定席OA&Oマリンシートにアップグレード可能 火水木は3連戦有効

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

9月25日貴乃花親方が記者会見を開き、日本相撲協会に引退届を提出した。

引退届を出した主な理由として、協会のある幹部から「告発状の内容が事実無根であることを認めなければ、親方を廃業せざるを得ないと有形無形の要請を受け続けた」。
また、相撲協会は7月の理事会で親方全員が5つある一門(出羽海、二所ノ関、時津風、高砂、伊勢ヶ浜)のいずれかに所属する方針を決定したことで、無所属の貴乃花親方は、9月27日の理事会までに所属先を決めることを求められ、これらが圧力を受けたと主張。

そして貴乃花親方は、「告発状は事実無根な理由に基づくものではございません。真実を曲げて事実無根だと認めることは、私にはできません」と強く訴えたわけだが、この会見をみて、貴乃花親方を追い詰めて退職に追いやったのは、相撲協会と横野レイコ、大至を始めとするマスコミ、メディアだと改めて感じた。

マスコミ、メディアは、レスリング協会、日大のアメフト、ボクシング協会、日本体操協会に問題があった時はこれでもかと言わんばかりに糾弾しまくったのに、相撲協会には追及しない。
特に相撲協会を擁護ばかりしまくる横野レイコと大至、この二人はホント許せない。

貴乃花親方の会見が終わったあと、芝田山広報部長(元大乃国)が、「協会が圧力をかけた事実は一切ない。告発状の内容が事実無根を認めなければ廃業させる、一門に入れないといったことはない」と完全否定。

双方の言い分は完全に食い違っているが、昨年の日馬富士暴行事件からの相撲協会の対応を見ていたら、芝田山の言い分なんか信用できない。
実際、どこが違うのか何一つ示していない。
今までの隠蔽体質を考えると、この組織に自浄作用が全くないことが証明されている。

貴乃花親方には会見で、日馬富士暴行事件や八百長、注射相撲を洗いざらいぶちまけてもらいたかったが、弟子たちの将来を考えてか肝心な部分については何も語らなかった。
でも弟子たちの将来を考えているなら、なおさら全部言わないとダメだ。
何故なら、この先弟子たちがどんな仕打ちを受けるかどうか分からないからだ。
中途半端な発言している間は、相撲協会は増長するだけ。

全部ぶちまけないと世論を動かすことはできない。
ただ嫌がらせを受けまくったせいか、貴乃花親方自身に戦う気力がないのが気になったが。

とはいえ、貴乃花親方に問題がないわけではない。
弟子たちの所属は、千賀ノ浦親方(元隆三杉)が引き取ることになりそうだが、貴景勝を始めとする弟子たちの親御さんは、あの偉大な横綱の貴乃花だから息子を預けた。
だから、もう少し考えてから行動してほしかった。

いずれにしても相撲協会は腐っているし、衰退の一途をたどるのは間違いない。
というか、こんなヤバい組織みたことがない。

最後に雑談コーナー。

大相撲秋場所千秋楽結びの一番、白鵬と鶴竜は酷いモンゴルダンスだった。
鶴竜なんて、負けていながら苦笑いしているんだから話にならない(呆)。
モンゴルダンスは、毎回白熱に見せようとがっぷり四つになり、土俵際まで寄ってグルグル周るのが特徴だ。

この数年こんなふざけた相撲ばかりで、観客を舐め切っている。
問題なのは、その舐め切った相撲に観客が拍手しているんだから救いようがない。
またいくら注射があるとは言え、全部が注射じゃないわけだし、その中で白鵬が全勝優勝してしまう日本人力士の不甲斐なさというか。
はっきり言って白鵬がやりたい放題なのは、他の力士が勝てないからだ。

画像は、ルーヴル美術館展(国立新美術館)のちらし(前売券売切れ&終了)。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介
ルーブル美術館展
二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR