FC2ブログ
コンテントヘッダー

特別扱いしていない多数のプロ野球ファンのお客さん達が「23周年おめでとうございます」と言ってきて、取り置き等で特別扱いしている「フタミ塾」などの常連さんが何も言ってこないというバカげた話

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

前売・当日券が完売していても別枠で確保しているので指定席と引換え可能 予定数終了後は立見 東京ヤクルト戦(神宮球場)新聞社発行の外野指定席B引換券

イースタン・リーグ 横浜DeNA戦 横須賀スタジアムで有効自由席券 ヤクルト、ロッテ、西武、楽天、日本ハムファンお勧め

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

画像は、9・16(日)DEEP JEWELS21(新宿FACE)のポスター(チケットは全席完売)。
ジュエルス21 新宿FACE

ありがたいことに、多数のお客さんから(ほとんどはプロ野球ファン)23周年のお祝いの言葉を頂いた。
8月23日は東京ドームで日本ハム対ソフトバンク戦、8月24日~26日まで巨人対阪神、28日~30日まで巨人対広島戦があったこともあり、巨人ファンが一番多かった。
次にロッテファン、ベイスターズファン、阪神ファン、カープファンという順か。
中には、通信販売のチケットの申し込みの際、何人か祝いのコメントを書いた方がいた。

本来なら、23周年の感謝セールを実施して、店側がお客さんへ感謝の気持ちを表さないといけなかったが。
例えば、限定23名に2300円のセールを行うとか。
いずれにしても巨人ファンを始めとする多くのプロ野球ファンから、お礼の言葉を頂いて長く営業してきた甲斐があった。

問題は、「ガチトークフタミ塾」の常連さんを始めとするプロレス、格闘技ファンだ。
まず、「フタミ塾」の常連さんでお礼を言ってきたのは2名だけ。
この2人はお土産まで持参して来店してきた(この件は後日更新)。
2名のうち一人は女性で、もう一人は京都に転勤した方がわざわざ来てくれた。
因みに京都に転勤した方は、9月から東京に戻ってくるとのこと。

次に、昨年と今年開催した「シークレットイベント」参加者からはゼロ。
さらに、ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦者の常連さんからもゼロ。

こういう人達なんだな、と見方が変わった。
お土産を持ってこいとは一言も言っていない。
店に来ないならメールくらいはできたはずだ。
というか、何人かこの時期に(8月23日前後)店に来店してきていながら何も言ってこなかった。
実際、8月28日にターザン氏と一緒にプロレス観戦の企画を行っている。

因みにターザン氏も何も言ってこなかったが、ターザン氏には何も期待していないし、自分のことしか考えていない人なので別にいい。
ただそのターザン氏も、ツイッターに23周年のことを書いていたからな。

話を戻して、オレが問題視しているのは、何も言ってこなかった人達に限って、特別扱いをしていたからだ。
通信販売やチケット取り置き等にはルールがある。
チケットの取り置きなら、申し込みの当日または翌日までの来店または振込み、試合前日、当日は不可。
詳細はホームページに出ているので見てほしいが、「フタミ塾」や「シークレットイベント」、「ターザン氏と一緒にプロレス観戦」の常連さんたちは、そのルールを外して対応してきた。
その常連さんがこのザマだ(怒)。

これが逆だったら分かる。
そもそも普通のお客さんが何も言わなくても、それは人それぞれなので特に問題ない。
冒頭にも書いたように、お礼を言うのは店側じゃないといけないので。
でも、特別扱いしている貴方達は違うでしょうってことだ。

特別扱いしていないお客さん達が「23周年おめでとうございます」と言ってきて、取り置き等で特別扱いしているお客さんが何も言ってこない。
こんなバカげた話があるか。

何も言ってこないなら、店頭で販売する「チケット&トラベルT-1」に来る意味がないし、ぴあやイープラスなどのネットで販売するところで買えば良い。

親しき仲にも礼儀あり。
そういう態度なら今後一切のイベントは開催しない(ターザン氏のイベント含む)。
メルマガにこの件について書いたら、一人23周年の祝いのメールが届いた。
他は知らん振りしているので、今後は特別扱いをしないことにした。

取り置き等はチケットのフォームに従って、必要事項を明記の上、規定通りにやってもらいたい。
それなら挨拶等がなくても怒ることはなくなる。
もうその方がいい。

最後に9/4久々に第2回「T-1グランプリ」のDVDが売れた。
これで今年に入ってから、第2回2本、第3回1本、まだ3本しか売れていない。
この数年、年間に20本くらいは売れていたので、大失速と言っていい。
だが、大会やトークイベントを開催していないので、新規の「T-1興行」ファンを獲得するのも難しいので、この先こんな感じになるかもしれない。

画像は、縄文 1万年の美の鼓動(東京国立博物館)と特別展 昆虫(国立科学博物館)のちらし(入館券は売切れ)。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

縄文、昆虫展
二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR