FC2ブログ
コンテントヘッダー

ターザン山本!氏のプロレスなんて見たいと思わない 女子プロレス界の構造破壊&再生を目論みながら「T-1興行」を継続してきた二見と、ただの出たがりのターザン氏を一緒にするな

本題の前に、悪球打ち野球ブログの記事を紹介。

オリックスビジターチケット 2017年 千葉ロッテ(ZOZOマリンスタジアム)編 内野指定席S 3塁側と引き換え プラチナはマリンシート ビジター外野応援席引換可能

スポーツナビブログ終了に伴い、やっぱり“T-1”は悪球打ちby23ははてなブログに引っ越し、極上のT-1二見激情はFC2ブログに引っ越しとなった。

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

オフィシャルブログは、いずれ極上の二見激情ブログと統合。
統合が完了次第お知らせする。

続々出てくる角界の不祥事 春日野部屋で起きた障害事件が3年以上も公にならなかった異常さ 春日野親方を追及しないメディアは相撲協会とグルじゃないのか?

2月27日、ターザン山本!氏と一緒に「大日本プロレス」後楽園ホール大会観戦の企画を行い、試合後に行う食事会に参加。
参加メンバーは、いつものファン2人と、T-1の常連さんを特別に入れて3人。

第1回「T-1グランプリ」の話からスタートし、モンゴル互助会、相撲協会がテレビ朝日を取材拒否した話題に。
そして、ターザン氏が週刊プロレスの編集長時代、新日本プロレスに取材拒否された話になるとハイスパートな展開となり、ここからはターザン氏の独壇場。
当然、ここでは書けない話のオンパレード。
「ガチトークフタミ塾」と変わらない攻防が繰り広げられた。

次回のターザン氏と一緒にプロレス観戦の企画は、3・22(木)19時 フリーダムズ 後楽園ホール。
但し、直ぐに3名の申し込みがあったので受付終了。

他のターザン氏のイベントに参加しておきながら、この企画に参加してこない人はターザンファンではないと断言できる。
はっきり言って、こういうヤツはバカだ。
プロレスファンでも何でもない。

ところでターザン氏は、昨年の10月にプロレスデビューを果たし、2月20日には2度目の試合を行った。
自分とターザン氏の共通のファンも多いので、この件についてよく聞かれる。
その時にも答えているが、はっきり言ってターザン氏がプロレスの試合をしようが、興味ない。
当然、2回とも観に行っていない。
実際、ターザン氏と一緒にいる時は、この話題にならない。
素っ気ない態度かもしれないが、ターザン氏のプロレスなんて見たいと思わない。

というより、女子プロレス界の構造破壊から化学反応を目指し、さらには女子プロ再生を目論みながら「T-1興行」を継続してきたオレと、ただの出たがりのターザン氏を一緒にするな、という気持ちが強いかもしれない。

ただツイッターで、ターザン氏プロレスデビュー戦の入場シーンの画像を見たが、2007年10月8日に行われた二見対堀田祐美子初対決の入場シーンをモチーフにしたんじゃないかというくらい、雰囲気が同じように見えた。
会場も同じ新宿FACEだし。

オレとは覚悟が違う。
それは「T-1興行」を現地で観に来た人だけ分かればいい。

20071109-00.jpg(C)T-1

そういえば、07年9月15日に内外タイムス掲載された記事がまだ消えていなかった。
10年前の記事がまだ残っていたとは!

T-1 二見社長が高田総統にケンカ状(リアルライブ)

最後に昨年の10月の記事になるが、ファンブログを紹介。

おっこんプロレス : 畳1枚?という狭さでプロレスって・・・ ~「おっこん」といえば、アザゼル的にはT-1の二見さんなんですが (* ´艸`)クスクス~(xlab’s diary あやしい時代)
一部引用

あの当時の二見さん、面白かったんですよねぇ~
噛みつく対象が身近で、喧嘩を売りまくっているときの二見さんのインパクトは半端ありませんもの。

よく考えたら、T-1でも休日に、店内でプロレス興行やっちゃえばイイんですよね。

「おっこん」さんがマット1枚なら、マットを2枚ぐらい敷いちゃって。

ダラダラやるんじゃなくて、思い切って1マッチのみの興行で

『ターザン山本! vs. 日向小陽 新宿の夜の屈辱は、今宵こそ返す! ~乱入上等! 緑に染まった流血の夜、再び~』
とかタイトルを付けて開催。

乱入するのは、もちろん、サバイバル飛田さんとアラケンさんで (* ´艸`)クスクス

ついでに、いろんな意味で因縁の深い二見さんご自身も乱入しちゃって(;^_^A

ターザン・ロス症候群の数奇者がいるうちに、この興行を打っちゃえば、結構、お客は来ると思うんだけどなぁ~

もちろん、ターザンさんは返り討ちにされ、額から大流血しながら
「T-1は不滅ですよぉぉぉおおお!!」
とかシャウトしちゃえば、もう完璧でしょう。

ついでに、ターザンさん、リアルに倒れて救急車でサヨナラしちゃえば、もう伝説の爆誕!
アザゼルは、ガンガン写真と取りまくりながら、呟きしまくるというお楽しみも(ウソ)


以上。

こうして取り上げて頂けるのはありがたいこと。
因みにあやしい時代は、野球ブログと同じはてなブログ。

日向小陽には少し興味ある。
確かターザン氏は、この女子プロレスラーに絞め落とされたんだろ?
だったら、オレがターザン氏の敵討ちをするしかない。
ターザン氏のプロレスは興味ないと書いておきながら、詳しいじゃないか、という突っ込みはなしで。

あとおっこんと言えば、ツイッターで読売巨人の誹謗中傷を書きまくったイメージしかない。
しかも、広島東洋カープファン。
正直、関わりたくないタイプの人間。
もっとも、向こうも同じことを思っているんじゃないか?

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR