コンテントヘッダー

スポナビ時代10年以上非公開になっていた二見社長が石島、GAMIをブッタ斬った07年4月7日ガッツ新木場事件の記事がFC2ブログで復活

本題の前に、悪球打ち野球ブログの記事を紹介。

2階席と1階席3塁側の一部にワンコイン料金で観戦できる内野自由席 T-1はさらに安い250円~300円 巨人オープン戦(東京ドーム)

スポーツナビブログ終了に伴い、やっぱり“T-1”は悪球打ちby23ははてなブログに引っ越し、極上のT-1二見激情はFC2ブログに引っ越しとなった。

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

オフィシャルブログは、いずれ極上の二見激情ブログと統合。
統合が完了次第お知らせする。

26年目のテーブルウエア・フェスティバル2018~暮らしを彩る器展~(東京ドーム) 水道橋のチケット&トラベルT-1で発売中

ブログの引っ越し作業に時間が取られたのは余計だった。
これはスポナビのシステムに問題があって、引っ越ししたのはいいが文字のみしか反映されない。
大手同士、例えばライブドアからアメブロの引っ越しだと画像、URLも一緒にインポートされる。

画像、リンクなどは、一つ一つ入れて再度更新し直さないといけない。
リンクまで再度入れると時間がいくら合っても足りないので、画像のみ再投稿している最中だが、まだ243記事しか終わっていない。
あと1000以上ある、気の遠くなる数字。
野球ブログは650記事終了したので、残り250記事。

こういう余分な時間が取られたため、昨年の11月からブログの更新回数が激減。
この件に関してはスポナビが悪い。
実際、憤慨しているブロガーが多かった。

ただ一つ良いことがあった。
スポナビの判断で下書きにされた記事が、FC2ブログに引っ越ししたことにより復活したことだ。

スポナビはブログを更新した内容をチェックしており、スポナビがNOと判断した記事は下書き扱いとなる(非公開)。
極上二見激情は20記事くらい非公開になったが、同じスポナビブログの悪球打ち野球は下書きゼロ。

20くらい下書きされた記事の中で、この記事が復活した。
2007年4月10日に更新した、07年4月7日「ガッツワールド」新木場事件だ。
ガッツ新木場大会に自分はセコンドとして参戦し、石島、GAMIをブッタ斬ったあの大会だ。

10年以上非公開になっていた記事がどれだけ過激なのか?
読めば分かる。

プロフェッショナルレスラーは二見しかいなかった新木場事件!学生プロレス集団はマット界から追放する
一部引用

嫌なら受けなければいい。
受けた以上は、絶対に口にはしてはいけない言葉なんだ!

でもそれに踊らされる観衆に、同好会レベルの選手達。
2流、いや3流、3流でもない、5流以下の同好会プロレスには、5流以下の観客しかいないのが浮き彫りになった大会だった。

その信頼関係が崩れて、何度も近くのセコンドに自分は「殺し合いをやるのか?プロレスをやるのか?聞いて来い!」と伝えたが、何にもできない。

他のセコンドもボッケーっと突っ立っている。
あれなら、女子のセコンドの方がまだ役に立つ。
セコンドとしての役割分担すらここは出来ていない。

それでも修正して、試合を作った。
大体、自分は全然切れていないのに、石島とGAMIが怯えていた。
お二人さんの自滅劇場で、その結果“二見ワールド”一色になった形だ。

こんな下衆連中と関わっていると、自分の評価も下がる。

バックステージで、自分は真っ先に石島に対して恫喝した!
それに対して直ぐに止めに入ったのは、一宮章一選手であった。
しかも、一宮氏は自分に対して土下座までしてきた。
それを見て、慌てて石島も土下座をしたが、GAMIは知らんぷり。
この女の神経は理解できない。
二見を悪者に仕立てるために、あのような裏切り、そして確信犯的なマイクであった。

石島とGAMIの暴言も許せないが、残りの所属選手達の他人事な対応。
一宮氏は何度も謝罪してきた。
所属ではない人が、石島のケツ吹きまでしている。
皆一宮氏のことを誤解している。

普通大の大人があそこまで出来ない。
でも一宮氏はやった。
自分は、一宮氏に関しては信頼できる人だと思った。
一流の人は、事の重大さが分かるってことだ。

石島!
オマエから、一切関わらないって吐いておいて、雑魚を寄越すな!
だったら、あんな事言うな!
このボケ!
自分から仕掛けておいて、泣きついているんじゃねーよ!

石島如きに高木三四郎の悪口を言われたくねーよ!
あれは、オレとか一宮氏だから言えるんだ!
たかだか、キャリア1年そこらが、10年以上の選手の事を言うな、コラ!
女子プロ以下の同好会は、自分達の巣に帰って、チマチマやってろ!

4・7新木場事件は、二見による、二見のため、そして二見の新たな一面を引き出した大会であり、ひとり激情を繰り広げた大会であった。
メインに出場した5名で、プロは二見だけだった。
この大会を観ていない人に、二見論を語ってほしくない!



07・4・7「ガッツ」 039(C)T-1

こちらの写真を撮影したのは、今は亡き格闘ジャンキーの金本さん。
二見の下にいるのは浦井百合。

凄いというか、本当に自分が書いたのか?
というくらい凄まじい。
この内容なら下書きにされても仕方がない。

このガッツ新木場事件のアクセス数は、確か8200くらいだった記憶がある。
当時はパソコンでしか閲覧ができなかったので、携帯、スマホからもカウントされたら3万以上のアクセス数があったと思う。

新木場事件は映像化されていないので、現地観戦した方だけが歴史の証人となった。
まさに来たもの勝ち。

こちらは参考記事ってことで。

T-1第7弾DVD発売!二見社長対因縁のGAMIと禁断の遭遇が実現した「ガッツワールド」で大事件が勃発!ガッツ石島と絶縁

因みに06年3月25日に更新した記事が、何故下書き扱いになっていたのか謎。
今は復活したのでリンク先へ。

第2弾も大盛況のフタ・ミ塾!大爆笑のボーナス映像!そして、重大発表とは!?

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR