FC2ブログ
コンテントヘッダー

土俵の上では星の回し合い、理事選では票の回し合い、理事会こそ互助会 警察に被害届けを出して弟子を守った貴乃花親方が落選 傷害事件を起こした春日野や責任を取らない八角が当選

本題の前に、悪球打ち野球ブログの記事を紹介。

10年前に考えられなかったスポナビブログが終了するなら、10年後、読売ジャイアンツが本拠地東京ドームから離れることだってあるかもしれない

スポーツナビブログ終了に伴い、やっぱり“T-1”は悪球打ちby23ははてなブログに引っ越し、極上のT-1二見激情はFC2ブログに引っ越しとなった。

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

オフィシャルブログは、いずれ極上の二見激情ブログと統合。
統合が完了次第お知らせする。

大相撲を支えてくれた第一人者なら脅していいのか? 自業自得の白鵬 相変わらずの注射相撲横行でモンゴル互助会の鶴竜優勝の茶番!? テレビから消えた横野レイコ

取り上げるのが遅くなったが、2月2日に大相撲の理事選挙が行われた。
定数10の理事候補選には11人の親方が立候補、5期連続の投票に持ち込まれた。
全親方101人による投票が行われ、苦戦が予想された貴乃花親方は落選。

貴乃花一門からは阿武松親方(元関脇益荒雄)と貴乃花親方が立候補し、2人の当選は難しいと見込まれていたが、改めて相撲協会は腐り切っていることが証明された。

確かに、貴乃花親方の落選はやむを得ない状況だったかもしれない。
しかし、何の責任を取らない八角理事長や、理事選前に暴行傷害事件が公となった春日野親方が理事に再選されたのは理解できない。

警察に被害届けを出して悪者になっても弟子(貴ノ岩)を守った貴乃花親方が落選。
片や怪我して病院行ったら「勝手なことしやがって」と暴言を吐いたり、他にもゴルフクラブで弟子(栃ノ心のこと)を殴った春日野親方が当選。
こんなバカな話もない。

相撲協会に自浄作用が微塵も無く、また変わろうという意思もないことがよくわかった。
ファンが三行半を突き付けない限り、何も変わらない。

つまり、理事会こそ互助会なんじゃないのか。
土俵の上では、星の回し合いでガチンコ力士が優勝できない。
理事選では、票の回し合いでガチンコ出身力士が排除される。

相撲協会は旧態依然のままだ。
もう公益財団法人認定を取り消しにするべきだ。

それにしても、いくら世間が相撲協会を批判しても何の影響もない、民意が反映されない、無力さを痛感した。
ただ貴乃花親方に良いブレーンがいなかった。

無投票にしてはいけないという考えは正しい。
でも選挙は勝たないと意味がない。
腐った相撲協会の体質が露呈されたから意味があったという声を聞くが、では露呈された結果、改革できるのか?
貴乃花親方が理事にいなければできない。

だからこの敗戦は痛い。
2年後のことなんか誰も分からない。

貴乃花親方の理事選惨敗について、TBSのニュースキャスターに出演した会友の山崎正氏は
「こんなに票が取れないとは思いませんでした。今回は一門の結束力が強かったので、包囲網を敷かれて高い壁があった。あと沈黙が長すぎた。沈黙は悪くないが、その中で自分の力を協会にアピールしないと勝てない」とのこと。

この山崎氏の分析については、自分も同感だ。
もっと上手いやり方があった。
貴乃花親方は戦術家ではないので、良いブレーンがいたら結果も変わっていたと思う。
今回、副理事に出馬した錣山親方も落選と、貴乃花一門として敗戦のダメージは大きい。
とにかく勝たなければ、発言権だって失う。

貴乃花親方落選で、八角、尾車、春日野などの執行部と、評議委員会の池坊保子、危機管理委員会の高野利雄、横野レイコ、大至、協会とグルだった連中は高笑いしているだろう。

貴乃花シンパの中には、横野レイコと会友のメンバーを同列扱いして同じように批判する方がいるが、会友のメンバーは協会批判するので、横野と同列扱いしてはいけない。

実際会友の山崎氏がフジテレビのバイキングに出演した際に、「以前の評議委員会はここまで力はなかった。今までの理事長は求心力があり、理事同士で意見を出し合ったが、八角理事長は独裁で理事も口出しをしない。白鵬は40回も優勝して驕りがある。誰も注意できない」と協会&白鵬を批判できるのでまだマシ。
横野が協会や白鵬を批判したことなど、一度もない。

横野と言えば、フジテレビのグッディに出演した時にこんなことがあった。

貴乃花文書の一部が公になった時、危機管理委員の報告では貴ノ岩が殴られてから照ノ富士が殴られたと報告されていたが、照ノ富士が殴られとばっちりで貴ノ岩が殴られたことが新たに判明した。
ところが横野は「照ノ富士が先か順番は関係ない」と暴言。
これには安藤優子が「貴乃花親方は、貴乃岩がとばっちりを受けて悪くないということを言いたいんじゃないですか」と指摘しても横野は「事実が報告書と多少違ってもかなわない」と開き直り。

危機管理委員の報告書と貴乃花文書の内容が違う=貴乃花文書が正しいのであれば加害者側が口裏合わせた証拠として大問題だ。
でも横野は協会を擁護して、貴乃花親方を悪者扱いする。
こういうヤツがいるから、相撲協会は変わらないんだ(怒)。

いずれにしても、根本的に相撲協会の仕組みを変えない限り、この先も同じような茶番は繰り返される。

貴乃花親方は理事選の前日(2/1)にホームページを更新。
協会改革を訴える声明文を発表したので一部引用する。

「国民の皆様の期待を大きく裏切り、社会的な信用を損なった結果、組織としての公益性や透明性が大きく問われております。大相撲とは誰のものか? その公益性の意味を我々は考え直し、正す時期に来ているのではないかと思います」。

相撲協会は全て解体して、新しい組織を造り直さなければ角界の発展はない。

最後にターザン山本!氏、1/27付のコラムを紹介。

ついにモンゴル互助会帝国、崩壊だあああああ。まさか鶴竜がここで3連敗するとは………(ターザン山本!今日のコラム)
一部引用

初日から10連勝した鶴竜があっさり優勝するもんだと誰もがそう思った。白鵬や日馬富士がいなくても鶴竜がいる。

 そのことでモンゴル互助会がその存在感をキープする。そんな展開が見え見えだったのに「Tー1」の二見社長によると後半戦というか終盤戦、鶴竜はガチンコ力士に3連敗。

 白鵬なら相手の多くはモンゴル互助会のメンバーなので安泰だった。もはやモンゴル互助会帝国が一気に崩壊したということだ。

 それにしても白鵬などに星を売っていた栃ノ心が優勝したらこれはもうお笑い種だ。皮肉というしかない。



画像は古代アンデス文明展(国立科学博物館)のちらし(前売券は売切れ)。
古代アンデス

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR