コンテントヘッダー

こんなことが許されていいのか?貴乃花親方に報告義務違反を指摘するなら、暴行現場にいた白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦は?横野レイコ、池坊保子、高野利雄を追放してほしい

まずお知らせ、やっぱり“T-1”は悪球打ちby23は、はてなブログに引っ越しした。  http://t-1.hatenablog.jp/

やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(はてなブログ)

クライマックスシリーズは3位にチャンスを与える必要はない 優勝チームが不公平の日程問題 ファーストステージを廃止して優勝チーム対2位チームの戦いに

極上の二見激情ブログ(当ブログ)の引っ越しは、投稿終了(1/15)ギリギリになると思う。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

2017年最後の更新。

毎年最後はプロレスについて取り上げてきたが、今年は日馬富士暴行事件に端を発した相撲協会の対応に酷さについて更新する。
日馬富士は弁解の余地などないし、過去の実績とか関係ない。
傷害事件なら懲戒解雇が妥当だ。
大体、引退会見で、貴ノ岩に謝る気は一切なかったのに、起訴猶予をねらった詫び状はセコ過ぎる。

極度の緊張ため謝罪するのを忘れていた?
もうそういう嘘は通用しない。
どこが緊張していたんだ?
「礼儀礼節を教えてやった、酒が原因ではない」と緊張どころか、開き直っていたじゃないか。

見苦しい。
自分の都合だけ考えるな。

九州場所前に、相撲協会が事件を公表しそれなりの処分を下していれば、もしかしたら貴乃花親方は示談を考えていたかもしれない。
それなのに相撲協会は事件を公表しないわ、しれっと日馬富士は出場。
それで貴乃花親方はキレた話だろ。
今さら貴ノ岩と示談したいとは虫がよすぎる。

モンゴル互助会に大相撲が舐められている 白鵬に厳重注意しかできない相撲協会 未だに謝罪会見をしない日馬富士 被害者側を批判するマスコミ 協会、マスコミは腐っている

日馬富士よりも許せないのは白鵬だ。
日馬富士暴行事件からの白鵬の問題行動&発言を箇条書きで挙げると。

暴行現場にいながら止めなかった。
暴行後、日馬富士とナンパ疑惑(一部のテレビで女性が証言)。
九州場所嘉風敗戦後、立ち会い不成立をアピール。
優勝インタビューでの「日馬富士と貴ノ岩を土俵に上げたい」という発言と万歳三唱。
八角理事長の講和後に「貴乃花親方いる巡業には参加できない」と要望。
冬巡業中、モンゴリアン・チームのジャージを着用。

これだけ問題を起こしたのであれば、解雇でいいだろ。
そもそも暴行現場にいて、しかも日馬富士を止めなかった白鵬が何で力士を代表しないといけないんだ?

優勝すれば何を言ってもいいのか?
第三者のふりをして、薄っぺらいマイクパフォーマンスの白鵬に、それを見て喜ぶ観客。

この人たちは事の重大さを理解してない。
加害者と被害者を同列に扱うな。

横綱審議委員会(以下、横審)の北村正任委員長は、横審宛てに「横綱相撲にはありえない」、「美しくない」、「白鵬を見たくない」という内容の投書が多くあったことで、白鵬のかち上げ、張り差しなどと取り口を非難したが、こんなこと前から言われている話だ。

世論で話題沸騰になるまで、白鵬の土俵態度に何も言わず、今まで放置していたのは相撲協会と横審じゃないか。
しかも、白鵬や鶴竜の暴行報告義務違反には何も言わず、管轄外の現役ではない貴乃花親方に対しては批判。
今いる横審の現任9名全員、解任したほうが良い。

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

そして、貴乃花親方の処分が、伊勢ケ濱親方(自ら理事辞任なので処分されていない)や白鵬、鶴竜よりも重いのは納得できない。

白鵬、鶴竜、照ノ富士、石浦は、暴行現場にいながら警察、相撲協会に報告していないじゃないか。
そういう意味では、白鵬達は貴乃花親方より責任が重いはずだ。
なのに、白鵬は1ヶ月半の減俸、鶴竜は1ヶ月分の減俸で、照ノ富士、石浦は処分されていない。

報告義務違反を指摘するなら、暴行現場にいた関係者全員にあるはずだ。
やれ本人達は手打ちしたから、解決済みと思っていたとか、それは加害者側の勝手な解釈だ。

貴ノ岩は、鳥取城北高校の石浦外喜義校長に謝りに行けと言われたから行っただけ。
そもそも鳥取城北高校OB会の会合に、何故OBではない白鵬、日馬富士、鶴竜までが参加したのか?
貴乃花親方にどうこう言うより、こっちから問い正すことが先だろ。

圧力か?日馬富士暴行現場にいた石浦外喜義に取材しないメディア、マスコミ ツイッターでブロックしまくる石浦将勝 信用できないコメンテーター横野レイコ、大至、維新力

日馬富士の暴行事件を把握しながら、加害者の日馬富士、白鵬、照ノ富士、石浦(鶴竜は休場)を九州場所に出場させた日本相撲協会並びに八角理事長の責任は重大だ。
これは隠蔽もみ消しをたくらんでいた証拠と言っていいだろう。

貴乃花親方が降格処分なら、白鵬と鶴竜は減給程度の処分じゃ済まないし、八角理事長、一番責任を取るのは貴方だ。
白鵬は解雇、鶴竜は1年以上の出場停止、照ノ富士、石浦は1場所の出場停止だ。

相撲協会から見れば、貴乃花親方の一連の対応は怠った部分が多いかもしれないが、協会に先に言えば、世間に隠そうと必死になることは分かっていた。
だからこそ、閉鎖された協会のルールを壊しても、貴乃花親方が考える世間に対してのけじめをつけようとした。

今回の暴行事件で納得いかないのは、注射&互助相撲三昧のモンゴル互助会が、注射&互助相撲を拒否したガチンコ側に暴行を加えたのに、注射相撲を擁護するメディア、マスコミがたくさんいることだ。

ここを突かれたら八角理事長を始め、現体制が総辞職になるから擁護するのか?
だとすれば、相撲界は腐りきっている。

もう見るに堪えない 相撲協会は何時までモンゴル互助会による星の回し合いを黙認するつもりなのか?

貴ノ岩は被害者なのに、殴られて当たり前みたいな報道には(世論誘導か?)、何度も怒りを覚えた。
隠蔽体質に沿わないからって、これはない。

特にフジテレビのグッディは、連日加害者側の言い分だけ伝え、被害者側が悪いという内容で放送し続けた。
「日馬富士の日本の父が語った 引退の真実」というテーマの放送も酷かった。

いつものようにお涙頂戴のオンパレード。
さらに、日馬富士は被害者、手打ちしたのに勝手に被害届を出された、とまるで悪いのは貴ノ岩と貴乃花親方だという印象操作。

被害者の貴ノ岩は悪いことをしていないにも関わらず、メディア、マスコミに一方的に叩かれ、さらにはモンゴルで悪いように言われ、現在入院中だ。

こうなった要因は、貴ノ岩を悪者にしたグッディ、とくダネ!、ミヤネ屋を始めとするTV局に、横野レイコ、小倉智昭、宮根誠司、サバンナ高橋、池坊保子、高野利雄、大至、維新力、杉山邦博、銅谷志朗、大見信昭など、この人たちのせいだ。

横野レイコは、憶測ばかりの誤報と主観を垂れ流した責任をどう考えているのか。
横野と言えば、「貴ノ岩がアイスピックを持って反撃した」というデマ発言で一躍有名となったが、白鵬バス置き去り事件の発言も酷かった。

この件について調べたら、白鵬が集合時間に遅れバスは出発しかけたが、白鵬が戻ってきたのが見えたので、バスを止めて乗せて、事なきを得た。
置き去りにしたわけではない。

横野の仕事はレポーターだ。
レポーターとして、ここまで伝えないといけないのに、一部を切り取って伝えるため視聴者は混乱する。
悪意を感じる。

散々デマを流した横野レイコ、評議委員会の池坊保子、危機管理委員長の高野利雄、この人たちをテレビは勿論のこと、相撲に携わる仕事から追放してほしい。

この3人が貴乃花親方を批判すればするほど、世間一般とはかけ離れた異常な体質が明らかになっていく。
世間の目を騙すことはできない。

自分もプロレス界にいたので、ムラ社会独特のしきたりは理解していたが、ある意味プロレス界よりも相撲協会の方が閉鎖的なムラ社会だ。
被害者側が叩かれ、被害者側の方が重い処分、こんなことが許されていいのか?
異常だ。

最後に雑談コーナー。

今年の4月18日よりJR水道橋駅前に移転し、前年と比べて大幅に売上をアップすることができた。

チケット&トラベルT-1地図 JR水道橋駅西口&東口下車

ただ9月までは順調も、10月~12月までは失速気味だったのは反省しないといけない。
やはりプロ野球チケット部門は良いが、プロレス、格闘技チケット部門が低迷しているので、この時期の失速は予想できた。

そういえば、12・27(水)K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 後楽園ホール大会のS席が大量に売れ残った。
利益は出たとはいえ、半額に近い値段で販売して大量に残るようでは終わっている。
この辺を解消しない限り、次へのステップに展開できないので何とかしないといけない。

話は変わるが、総合格闘家の矢地祐介と福岡ソフトバンクの柳田悠岐は似ている。
前からずっと思っていたが、誰も指摘している様子はない。
というか、格闘技ファンは柳田のこと知らないか?
もっとも、野球ファンからすれば矢地って誰という感じか?

これにて2017年の二見激情は終了。
新年は1/2(火)13時より営業。
画像は、ゴッホ展(東京都美術館)のちらし(入館券は売切れ)。
medium_____.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR