FC2ブログ
コンテントヘッダー

新日本パンフ 97・1・4橋本対長州、99・1・4健介対大仁田、橋本対小川、98・9・23永田対ノートン、00・1・4天龍対健介、日本武道館名勝負100、90年新日本対全日本、週プロ猪木引退試合

本題の前にオフィシャルブログで、プロ野球ファンは新規客を獲得できて、プロレスファンは新規客を獲得できていない件について更新した。

横浜DeNA、広島、巨人を始めとするプロ野球ファンの新規客を獲得、さらに常連さんとして定着で売上大幅アップ プロレスファンの新規客を獲得できず売上ダウン

また悪球打ちの野球ブログでは、千葉ロッテ内野指定席引換券と巨人ピンズセットについて更新した。

弱すぎると平日限定内野指定席引換券と内野自由席引換券の買取が多い 千葉ロッテはプレミアム・ゴールド特典の内野指定席引換券に対しても使えない試合だらけ

原、由伸、上原、二岡、尚成、小笠原、清水、阿部、内海、尚広、矢野、亀井、ラミレス 2007年ピンバッジ、08年、09年ピンズ セット

新日本プロレス パンフレット 1997年1月4日 東京ドーム、99年1月4日 東京ドーム、98年9月23日 横浜アリーナ、00年1月4日 東京ドーム、週刊ゴング増刊 日本武道館名勝負100、90スーパーファイトin闘強導夢、週刊プロレスNo.849を紹介。

新日本プロレス 1997年1月4日 東京ドーム パンフレット  300円

medium_97__99_1_4_______.jpg

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター
二見社長ツイッター

新日本プロレス 1997年1月4日 東京ドーム 主な対戦カード
アントニオ猪木 vs ウィリー・ウィリアムス、IWGPタッグ選手権 蝶野正洋、天山広吉 vs 藤波辰爾、木村健悟
グレート・ムタ vs パワー・ウォリアー、IWGPヘビー級選手権 橋本真也 vs 長州力

同大会では、新日本対大日本プロレスの4対4の対抗戦が行われている。

新日本プロレス 1999年1月4日 東京ドーム パンフレット  300円

medium_97__99_1_4____________.jpg

新日本プロレス 1999年1月4日 東京ドーム 主な対戦カード
佐々木健介 vs 大仁田厚、橋本真也 vs 小川直也
IWGPタッグ選手権 天龍源一郎、越中詩郎 vs 天山広吉、小島聡、IWGPヘビー級選手権 スコット・ノートン vs 武藤敬司

大仁田が新日本初参戦、伝説の橋本対小川戦。

新日本プロレス 1998年9月23日 横浜アリーナ パンフレット  売切れ

medium_98_________00_1_4_____1.jpg

蝶野正洋対スコット・ノートンのIWGP戦の予定だったが、大会直前に蝶野は古傷の首を負傷、緊急入院したため、永田を抜擢して王座決定戦として行われた。

新日本プロレス 1998年9月23日 横浜アリーナ 主な対戦カード
IWGPヘビー級王座決定戦 永田 裕志 vs スコット・ノートン、橋本真也 vs 武藤敬司

新日本プロレス 2000年1月4日 東京ドーム パンフレット  売切れ

medium_98________00_1_4______2.jpg

新日本プロレス 2000年1月4日 東京ドーム 主な対戦カード
IWGPヘビー級選手権 天龍源一郎 vs 佐々木健介
武藤 敬司 vs 蝶野 正洋、橋本真也、飯塚高史 vs 小川直也、村上一成

週刊ゴング増刊 日本武道館名勝負100  売切れ

medium____________.jpg

日本武道館名勝負100は1999年に発売、画像の仁義なき25年も売切れ(以前に紹介済み)。

週刊ゴング増刊 90スーパーファイトin闘強導夢  売切れ

medium_90_____________.jpg

1990年2月10日 新日本プロレス 東京ドーム大会の増刊号。

同大会では、新日本対全日本プロレスの3対3対抗戦が行われた(木村、木戸対鶴田、谷津、長州、高野対天龍、タイガー、ベイダー対ハンセン)。
北尾光司デビュー戦やアントニオ猪木復帰戦も話題となった。

週刊プロレスNo.849 アントニオ猪木引退試合  売切れ

1998年4月4日 アントニオ猪木引退試合特集号の週刊プロレス。
表紙は何故か藤波辰爾。

medium_90_____________2.jpg

最後に雑談コーナー。

11年ぶりのBクラスが決まった巨人だが、3本柱の菅野17-5、マイコラス14-8、田口13-4、と貯金が27で、71-68貯金3って何それ? というレベル。
完全に監督の責任。
潔く辞めた方がいい。
もっとも阪神ファンの立場からすれば、高橋由伸が来年も監督なら笑いは止まらないが。

9/30、10/1巨人対阪神戦が思ったよりも売れて、対阪神戦まさかの巨人戦年間売上ランキング入り(対阪神戦のランキング入りは初)。
何位に入ったか、シーズンオフに野球ブログで発表の予定。
因みに阪神ファンが買いに来たわけではなく、巨人ファンが買いに来た。

二見社長 フェイスブック  http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

T-1激情&チケット  http://www.mag2.com/m/M0040916.html
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR