FC2ブログ
コンテントヘッダー

新店舗はプロレスグッズが売れる!? チケット&トラベルT-1はJR水道橋駅近くに移転

本題の前に悪球打ちの野球ブログで、千葉ロッテ(ZOZOマリン)内野自由席引換券とパ・リーグ順位予想について更新した。

これがファンサービスと言えるのか? 利用不可の試合が増えて使いづらくなった千葉ロッテ(ZOZOマリン)TEAM26内野自由席引換券

T-1の2017年パ・リーグ順位予想→1ソフトバンク、2オリックス、3ロッテ、4西武、5日本ハム、6楽天 前評判が低い時のオリックスは・・・

4/18(火)よりJR水道橋駅近くに移転した。
新住所 千代田区三崎町2-11-11 福田ビル2階

チケット&トラベルT-1移転のお知らせ 新店舗はJR水道橋駅西口&東口下車 表記上は徒歩2分も慣れれば1分30秒

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

移転してから1週間経った。
まだ1週間なので何とも言えないが、変わった点を挙げるとしたら、今まで中々売れなかったプロレスグッズが売れるようになったことか。
移転後、これだけのプロレスグッズが売切れた。

新日本プロレス 天山、吉江、邪道、外道、飯塚、14選手 直筆サイン入りTシャツ、燃闘30年史 ジャイアント馬場 アントニオ猪木は売切れ。

05年G1 CLIMAX Tシャツ

「論証アントニオ猪木 歴史が語る猪木の真実」

リアルジャパン 初代タイガー35周年パンフ、INOKI BOM-BA-YE 11年12月2日 両国パンフは売切れ。

初代佐山、2代目三沢、3代目金本、4代目15年の系譜 タイガーマスク名勝負 甦る黄金の虎伝説

全日本プロレス 2011年世界最強タッグパンフ

リアルジャパン 16・6・23 パンフ、闘魂スペシャル168は売切れ。

リアルジャパンプロレス パンフ(16・6・23 関本対船木 再戦)

新日本プロレス 02・1・4 秋山準対永田裕志 パンフ、闘魂スペシャル165、167、170(G1クライマックス)

闘魂スペシャル164、LLPW 94年パンフは売切れ。

新日本プロレス 闘魂戦士マガジン 2002年 武藤敬司MVP、蝶野正洋、メモリアルNJPW、中邑真輔 00年、01年 闘魂スペシャル153

LLPW対全女全面対抗戦 敗者髪切り 風間ルミ対北斗晶、93年~97年まで 残4種類、L-1 98年 神取忍対グンダレンコ パンフ

高田対橋本 オフィシャルマガジン、週刊ゴング増刊 全日本 92年10月日本武道館、98年5月東京ドームは売切れ。

天山、小島、ヤングライオンCD、IWGP10周年記念 猪木対橋本SUPER BOOK

週刊ゴング&プロレス増刊 THE王道20、猪木対天龍

ブログではまだ紹介していないが、ターザン山本責任編集 新日本プロレス30周年「非公式ガイド」が売切れ。

ターザン山本新日本30年史

他にも、コロシアム2000パンフが3冊、FMW 01年パンフ、初代タイガーマスク ポートレート3種類が売れた。

プロレスグッズではないが、黒澤明 監督全30作品 絵入りはがき30枚、カルビー仮面ライダーチップス カードアルバム(サイクロン・ライダーキック)、ディープインパクト 馬券ホルダー、(勝負服タイプ)が売切れた。

新日本の直筆サイン入りTシャツ、高田対橋本オフィシャルマガジン、ゴング増刊号、LLPW94年パンフなど中々売れなかったグッズが、新店舗に移転した途端売切れた。

黒澤明 絵入りはがき、仮面ライダーカードアルバムも同様。

また、コロシアム2000のパンフは、昨年1年間で5冊くらいしか売れなかったはず。
それが移転後1週間で3冊売れたということは、店の場所が良くなったのと、レイアウトが変わったのが大きいのか?

グリーンビル時代は、入って左手にプロ野球、プロレス、格闘技のチケットが置いているショーケースがあり、グッズコーナーはお客さんから見れば反対側で死角になっていた。

新店舗はまずグッズのショーケースがあり、店の奥にプロ野球、プロレス、格闘技のチケットという形なので、グッズコーナーが目に留まりやすくなった。

レイアウトも重要だが、やはり一見さんが増えたことが一番だろう。
この辺は狙い通りの展開。

前にも書いたように、この場所に移転した最大の理由は、不義理したプロレスラー、プロレス団体にリベンジをするため。
但し、結果を出すまでは何も言わない。
結果を出す意味は、プロレス部門の売上げを伸ばすこと。
売上げを伸ばすことが影響力を高めることに繋がるので、今は足元を固めることが先決。

因みに、プロ野球グッズもいい感じで売れている。

ただ野球グッズはグリーンビル時代でも売れていたので、さらにプロレスグッズが同じように売れてくれると効率が良くなるので、このペースで突っ走りたい。

最後に雑談コーナー。

グッズと言えば、グリーンビル時代最後の営業日の4/15(土)に、田原俊彦のレコード11種類を全て購入した方がいたのには驚いた。
良い形で締め括ることができたわけだが、こういう地道な作業が良い方向に展開していく。
実際そうなった。

画像は、特別展 茶の湯と大エルミタージュ美術館展のちらし(入館券は売切れ)。

茶の湯、エルミタージュ美術館
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR