FC2ブログ
コンテントヘッダー

主催者を告発→刺客を用意→黙殺→トークイベント開催と2001年発売の「格闘伝説」の誌面上で二見激情の原型が出来上がっていた

本題の前にオフィシャルブログで、06・5・3「T-1興行第3弾」のDVDについて更新した。

女子プロレスではなく二見目当てで観に来たT-1カリスマ伝説の出発!「T-1興行第3弾」DVD

2001年1月~5月に発売された「格闘伝説」No.1~No.5を紹介。

格闘伝説1 小川直也が表紙 T-1二見対ヤマケン勃発

格闘伝説1表紙小川、二見、ヤマケン

格闘伝説 No.1  2001年1月27日発売  630円→100円※数に余裕あり

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

今では信じられない話になるが、何と弊社が(チケット&トラベルT-1のこと)ヤマケンこと山本喧一がプロデュース「第1回 タイタンファイト」のスポンサードしていたのだ。
2000年9月29日「T-1カップ タイタンファイト」をフジタヴァンテホール(東京・代々木)で開催。

ところが、大会前と当日の大会で主催者側に信じられない不手際などがあった(内容は格闘伝説で確認を)。

ヤマケンと当時のヤマケンのマネージャーの日上巨之氏とこの件で揉めた。
特に日上氏の態度に問題があったため、「格闘伝説」を通じて告発した次第。
なお、日上氏は趙顯夫(ちょうあきお)が本名。

「格闘伝説 No.1」の格闘技界ウワサの真相!!に二見が登場。
1ページ掲載。

見出し
ヤマケンにチケットT-1の二見氏が宣戦布告!
ヤマケンに放った刺客とは!?



当時はかなりの反響があった。
二見対ヤマケン関連の連載は5回まで続き、「紙のプロレス」でもこの件について取り上げた。

この時、対ヤマケンの刺客に用意したのが、今では名前も出したくないヤツになるが、ここだけ名前を伏せるのも変なので明かすと「キングダム・エルガイツ」の入江秀忠。

二見対ヤマケンの続報記事ということで、入江のインタビューと二見のコメントが「格闘伝説 No.2」に掲載。

見出し
無敗の謙虚ファイター入江秀忠  ヤマケン挑戦の真意を語る
今月のT-1二見氏のコメント



格闘伝説 No.2  2001年2月27日発売  630円→100円※追記 売切れ

格闘伝説2桜庭和志、3藤田和之が表紙

格闘伝説2、3表紙 桜庭、藤田

ヤマケンサイドが入江との対戦拒絶を発表し、「格闘伝説 No.3」で掲載。

それに対して二見は、01年4月23日にT-1主催のトークライブを渋谷・ロックウエストで開催することを発表。
ゲストは二見と入江、司会は「バトラーツ」の島田裕二レフェリーと野口大輔レフェリー。

格闘伝説 No.3  2001年3月27日発売  630円→100円※追記 売切れ

01年4月6日「チケット&トラベルT-1」で、「キングダム・エルガイツ」の記者会見が行われ、その会見の模様を「格闘伝説 No.4」で掲載。
二見は、ヤマケン挑戦継続を表明。

格闘伝説4高田延彦、5小川直也が表紙

格闘伝説4、5表紙 高田、小川

格闘伝説 No.4  2001年4月27日発売  630円→100円※追記 売切れ

「格闘伝説 No.5」では、01年5月2日「キングダム・エルガイツ」北沢タウンホール大会で、トラブル続出したことを掲載(内容は格闘伝説を読め)。
入江に呆れたのか、この連載は終了となった。

一方の二見は、01年5月10日「バトラーツ」駒沢大会で、念願のT-1カップを実現。
対ヤマケンの挑戦は、一応の終結をみた・・・。

格闘伝説 No.5  2001年5月26日発売  630円→100円※追記 売切れ

画像は格闘伝説No.5でのT-1二見のコメント

格闘伝説5 二見のコメント

一連の流れをまとめると、タイタンファイトのスポンサーになったが、主催者側に不手際があり、反省の態度が見られなかったので告発。
入江を対ヤマケンの刺客として用意。
ヤマケンは入江との対戦を拒絶し、その後は黙殺。
二見と入江はトークイベントを開催。

この流れ、「T-1興行」での二見激情と同じではないか?

「T-1興行」を開催、不義理な女子プロレスラーを糾弾。
その後は記者会見などで該当の女子プロレスラーを挑発し、リング上での決着を主張。
しかし、堀田祐美子以外のほとんどの女子プロレスラーは黙殺。
「ガチトークフタミ塾」を開催し、真相を語る。

つまり、2001年発売した「格闘伝説」の誌面上で、二見激情の原型が出来上がっていたということになる。
画像は格闘伝説No.4でのT-1二見のコメント

格闘伝説4 二見コメント

あと面白いのは、その後の二見とヤマケン、二見と入江の関係だ。

まずヤマケンは、当時のマネージャーだった日上氏とトラブルを起こし、この2人は決別。
日上氏と縁が切れたヤマケンは、2004年に「T-1」に来店。
謝罪があったので和解。
ヤマケンは、2008年「ガチトークフタミ塾」のゲストに2回参戦した。

ヤマケンと縁が切れた日上氏こと趙は、何と入江と一緒に興行を行った。
そのことで、今度は自分と入江の関係がおかしくなり、一時疎遠となった。
その後もチケット販売で多少付き合いはあったが、あまりにも不義理なことばかり繰り返すので、今では絶縁。
今後入江とは二度と関わることはない。

因みに日上氏こと趙は、その後「パンクラス」などトラブルを起こし、この業界から姿を消した。

あれだけ誌面上で挑発したヤマケンとは和解。
で、入江とは絶縁。
この先が読めないところが、二見激情の真骨頂と言っていいだろう。
というわけで、この機会に「格闘伝説」を購入しろでモニカ!

画像は格闘伝説No.2でのT-1二見対ヤマケン続報記事

格闘伝説2 二見、入江

前人未到な挑戦、前代未聞のAVとのコラボ、スポンサー獲得、浦井百合覚醒、非常に重要な意味合いを持つ二見プロレスデビュー戦「T-1グランプリ」

2007年6月5日 伝説のT-1興行第7弾 T-1スペシャル~折原偽夫vs篠原光~ 新木場1st RING

最後にお約束の雑談コーナー。

7/2(木)約2ヶ月ぶりに「第10回T-1興行」のDVDが1本売れた。
これで5月7日から続いていた不名誉な売れない記録がやっとストップした。
だが、依然として知らん振りしているなんちゃってフリークが沢山いる。
この件については過激になるので、オフィシャルブログの方で書く。

画像は覆面マニアのちらしと差し入れ

覆面マニアのちらしと差し入れ

差し入れはバンクーバー・キャット選手から頂いた。
覆面マニアのポスターも発売中!
なお、最近売切れたプロレス、格闘技関連のグッズは以下の通り。

サブロクコンバット DVD、PRIDE機密ファイル、超プロレス主義。
あとプロレス、格闘技関連ではないが、李麗珍(ロレッタ・リー)写真集も売切れた。

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

堀田対前川、日向対西尾、木村対華名、前村対文子、アメコン対山縣など女子プロオールスター戦のDVD 前川対二見社長のガチ口論も収録!05・8・23 T-1GP 後楽園ホール
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR