コンテントヘッダー

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

本題の前に、12月23日(祝)19時から「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.41 二見社長×ターザン山本!~2013年最後の二見激情~」を水道橋のUGP・4階会議室で開催。

ターザン山本!氏とのガチトークを2千円で観れるのは、12・23(祝)で最後になる。

二見社長×ターザン山本!のガチトークを2千円で観れるのは、12・23(祝)が最後となる

さて、総合格闘家でDEEPライト級チャンピオンの北岡悟に腹が立つことがあったのでこの件について書く。

大晦日のIGF両国国技館大会への参戦が決まった際「真剣勝負のプロレスをやる」と発言したが、プロレスをやったことがないプロの格闘家に、「真剣勝負のプロレスをやる」と言われる覚えはない。

そもそも北岡悟は、総合格闘家(総合格闘技を行う選手)だ。
プロレスラーじゃない。
IGFが発表した対戦カードを見ても

▼IGF MMAルールマッチ  北岡悟 vs ラマザン・エセンバエフ

MMAの試合でプロレスではない。
プロレスのリングで、総合格闘技の試合をするだけだ。

総合の試合をやるのに、イチイチ「真剣勝負の総合格闘技やります」と言うか?
その前に、プロレスラーじゃない格闘家から「真剣勝負のプロレス」と言われても意味が分からない。

北岡は、真剣勝負と前置きしないとプロレスを語れないのか?

と、3日前に北岡のことをツイッターで批判していたら、何故か青木真也選手からリプライが着た。
それがこちら。

青木選手と論争する気はないが、よーく読んだらプロレスファンに媚びてあの発言になったんだろう、と。リスペクトを持つ以前の問題。プロとして @a_ok_i: @Ticket_T1 よーく言ってる事をよんだほうが良いです。彼はリスペクトを持っての言葉ですよ。よーくよーく読解しましょう!

そんなことで、よ-く読んほしいということなので、ここでIGF参戦が決定したときの北岡のコメントを抜粋する。

以下、バトルニュースから引用。

「(来場するプロレスファンには)何か見せたいというよりは勝手に見て、好きに解釈してくれればいい。媚びるつもりはないです」と、とくに”プロレス団体”という意識はない様子。
 9月に古巣のパンクラスに参戦した際、「真剣勝負のプロレスがパンクラス」と発言したことを挙げ、「それで言うなら僕は”真剣勝負のプロレスラー”なので、真剣勝負のプロレスをここ(=IGF)でやる。僕だけじゃなく、結果的に青木や石井さんもそういうことだし、そういった戦いが大晦日に出来るのが嬉しいし、やってくれるIGFさんには感謝している。ただ、ありがとうだけじゃなくそれも含めて戦いだと思っています。いろいろなものに緊張感があると思うので、緊張感の勝負ですよね。そういうものを作りたいんだろうなっていう、イベント側の気持ちは分かっているつもりです」と語った。IGF会長のアントニオ猪木は常々「すごい試合を見せろ」と口にしているが、北岡はそれを”緊張感のあるヒリヒリとした試合”と解釈したようだ。

以上。

よーく読んだが、プロレスをリスペクトしているようには見えない。
ツイッターにも書いたが、勝手に見て、好きに解釈して、媚びるつもりはないと言っているのに、北岡は格闘技ファンやプロレスファンに媚びているんじゃないか?

格闘技ファンに対しては、プロレスのリングに上がることに対するアレルギーを柔らかくための発言かね。
プロレスファンに対しては、真剣勝負と謳っておけば万が一面白くない試合になってしまっても「これは真剣勝負だから」と逃げる口実を作った感じか?

要するに北岡という選手は、ファンから拒絶反応がないかどうか知りたいから「真剣勝負」と言ったようにも見える。
自分に自信があるヤツが、あんな発言はしない(呆)。
なので、プロレスをリスペクトしている以前の問題。

北岡の件は別にして、プロレスのことを下に見る総合格闘家が多いようだが、自分から言わせれば、プロレスにコンプレックスがあるとしか思えない。
実際、食えていない格闘家ばかり。

悪いけど、北岡よりも客が呼べるプロレスラーは沢山いるし、稼いでいるプロレスラーもいるだろう。
食えているなら、いくらオファーがあってもプロレスのリングには上がらないよな?

誤解してほしくないが、プロレスのリングに参戦することが悪いと言っていない。
プロの選手は、試合をしてナンボの世界だ。

ここで言いたいのは、折角試合の舞台を用意してもらったんだから、それを素直に感謝の言葉で伝えればいいのに、照れがあるのか、プライドがあるのか知らないが、格好つけて「真剣勝負のプロレス」と言っているところが気に入らない。

因みに、青木選手はちゃんと「プロレスにおんぶ抱っこの状態だ」と、正直に書いていた。
だから青木選手からリプライが着ても、怒ることはしなかったし、非常に頭が切れる選手だな、と思った。

ただ、日頃から格闘家を揶揄するメカムエタイとかいうヤツのツイートをリツイート(RTのこと)したことについては、がっかりした。
自分を優位に立たせたかったのかもしれないが、所詮青木選手もこの程度か、と思った。

話を戻すが、北岡はプロレスラーとして何か背負ったことがあるのか?
背負っていない選手が、軽々しく真剣勝負のプロレスと言うなって話だ。
例えば、桜庭和志とアレクサンダー大塚は、プロレスラーとして背負って勝ってきた。

桜庭とアレクが「真剣勝負のプロレス」というなら説得力もある。
実績とかも含め、全てが北岡とは違う。
だから「プロレスラーは強いんです」と桜庭が言ったわけだろ。

北岡に言われると何様って話になる。

パンクラス出身というのも関係ない。
パンクラス出身で、プロレスのことを何を言っても許されるのは、船木誠勝と鈴木みのるだけ。
何故なら、船木と鈴木はプロレスラーだからだ。

あと鈴木がこの北岡の発言について、怒るどころか心地よく聞こえるとツイッターに書いたようだ。
そのためか、鈴木の弟子だから、鈴木が怒っていないから、とツイッターで突っ込んできた人がいたが、鈴木が怒っていないのと、自分が問題視している話を一緒にされては困る。

まぁ鈴木についてはどうでもいい。
2007年の時点で、自分は鈴木については見切っている(各自調査)。
それよりも、北岡の発言について何故現役のプロレスラーが怒らないのか? と言いたい。

ある意味、今のプロレスを否定していると言ってもいい。
勿論、北岡がそういうつもりで発言していないことは分かるが、プロレスを背負ってこともない総合格闘家にこんなことを言われて黙っている方がおかしい。

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)
こんなことだから、総合格闘家に舐められる。

画像はお客さんからの差し入れ(本文の内容とは関係ありません)。

お客さんからの差し入れ

T-1グランプリオフィシャルサイト

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)



最後に本題とは関係ない話を二つ。

まず先日、久々にばってん多摩川と連絡を取り合ったら、何と生活の拠点を福岡に移していたことが判明。
実は、新年のガチトークのゲストに呼びたいと思いコンタクトを取ったが、福岡に住んでいるなら呼ぶのは無理だ。
ばってんには色々と世話になった。
イッパイ・サンキュー!

もう一つは、先週の「フタミ塾」で「相棒」の話になった時、自分が「相棒を観ている人はいるか?」と問いかけると、初参加の女性一人しか「相棒」を観ていなかった。

佐野直も「相棒」は観たことがないと言っていたし、プロレスファンは「相棒」を観ないのか?
最近の「相棒」はともかく、亀山時代と神戸時代の「相棒」こそプロレスをやっているんだけどな。

           【12・23概要】

■イベント名:ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.41 二見社長×ターザン山本!~2013年最後の二見激情~

■開催日時:2013年12月23日(祝)開始/19:00 終了/21:30(予定)

会場:株式会社UGP・4階会議室

交通:JR水道橋駅東口&西口下車徒歩2分30秒、都営三田線水道橋駅A2出口下車徒歩3分
住所:東京都千代田区三崎町2-7-10帝都三崎町ビル4階(1階がファミリーマート・T-1のすぐ近く)

■入場料  2000円

■発売所  チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778

店頭または電話にて、予約をお願いします。
開催当日でも参加は可能です。
代金は、T-1店舗または当日会場にてお支払いください。

■ゲスト:二見社長、ターザン山本!

<注意事項>
正面出入り口が閉まっていた場合は、正面を向かって左手に回ったところに通用口がありますので、そこから入場してください。
動画撮影と録音は禁止です(写真撮影は可能)。
飲食物の持ち込みは可能ですが、お持込により発生したゴミは必ず各自お持ち帰り下さい。

「伝説のT-1興行第6弾」DVD

第一次T-1終了!ターニングポイントとなった伝説のT-1興行第6弾が7年ぶりに映像(DVD)解禁!46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反

46分23秒の二見独演会と中島まさかの造反が7年ぶりに映像解禁!「伝説のT-1興行第6弾~帰ってきた1号、2号~」浅草大会のDVD発売!

通販希望の方(5000円以上は送料無料)  T-1興行DVDコーナー

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

プロレスのことを下に見る総合格闘家がなぜいるのかと言うと、選手、ファン、一般大衆をそのように誘導して、金もうけを企む格闘技村のマスコミ連中がいるからです
ゴチャゴチャ面倒くさいので、自称プロレスラーの私が二見社長のリングで北岡選手と戦ってプロレスにおける真剣勝負が何であるかをはっきりさせたいのですが、どうですか
階級は無差別で、ルールは頭突きと肘ありのプライドルールなんてどうでしょう

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

2代目スーパータイガーも良いこと言っていますよね
私の実力は、佐山さんが見れば一発でわかると思うので、
私と2代目スーパータイガーと、青木、北岡のタッグマッチなんていかがでしょう
プロレス戦と総合格闘技戦のホームアンドアウェーなんておもしろそうですよね
両方できる2代目スーパータイガーさんの凄さが際立つことになるので、佐山さんものってくれるかもしれません

プロレスをやったことがない総合格闘家に「真剣勝負のプロレス」と言われて、反論しないプロレスラーは何なのか?(呆)

自称プロレスラーさんがどなたなのか分からないので、試合を組む件については言及できませんが、格闘技のマスコミはある意味プロレスマスコミよりも酷い面があると思います。
あと桜木選手ですが、スーパータイガーはプロレスラーでも桜木は格闘家ですからね。
新日本の所属レスラーが怒るべきだと考えています。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR