コンテントヘッダー

1試合も総合の試合をしないで総合格闘技の4冠王者と名乗り、大会の8日前に開催の中止を発表した久保田武蔵は、一体何をしたかったのか?

2・10(日)「カリスマへの道 T-1クライマックス~二見社長vsミスター・ポーゴ~」竹芝コロシアム大会決定!

前売り券は12・23から発売だが、発売前に最前列は完売しそうな勢い。

いつまでもレジェンドレスラーが中心じゃおしまい!2・10(日)T-1竹芝大会で二見社長がミスター・ポーゴと一騎打ち!「ポーゴを踏み台にして大仁田厚とやる!」

二見社長「ミスター・ポーゴを踏み台にして、大仁田厚とやる!」極悪大王・ポーゴと2・10(日)T-1竹芝大会で一騎打ち!レジェンドレスラーに宣戦布告!

さて、12月9日に行われた「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.37 二見×松本晃市郎~2時間30分間久保田武蔵~」については、明日か明後日までにオフィシャルブログの方で更新する。
内容的にこっちでは、規制の関係で更新するのは厳しい(過激になるという意味)。

その久保田武蔵氏は、このままフェードアウトして消えていくだろう。
何故なら、下手に総合格闘技業界に関わっていくと間違いなく潰されるので。
それくらい激怒している格闘家は多い。

自分は再三書いてきたように、久保田氏が詐称していようが、嘘を付いていようが、全然怒っていない。
逆に、こんな面白いヤツは中々いないと思っていたくらい。

でも、一連の騒動後の久保田氏の対応には憤慨しているし呆れている。

まず11月初旬に騒動が発生してから、再三ブログを更新しろと指摘したが(自分だけでなく側近の人達も忠告をしたとのこと)、約1ヶ月間ブログを更新しなかった。
唯一更新したブログの内容も、中身の薄い他人事みたいな感じだったし。

さらに久保田氏に付いていけないと確信したのは、今頃になって12・27「ICHIBAN」ディファ有明大会の中止を自身のブログとフェイスブックで発表した。
この中止を発表したのが12月19日。大会の8日前(呆)。

12月9日の自分と松本晃市郎氏のトークの時には中止にすることが分かっておきながら(久保田氏からのメールで中止を明記)、何でここまで遅くなるのか?

しかも、中止の理由を明記しない、払戻しのことをどうするのか書かない、オフィシャルサイトでは中止のことを触れていない、久保田氏の対応を見てあきれ返っている人達が多いと思う。

こんなの前代未聞だし、はっきり言って久保田氏は総合格闘技だけでなく、世の中を舐めていると思う。

だいたい久保田氏は、本来はプロの格闘家ではないのに、ずっと総合の世界チャンピオンであることを詐称して商売してきた。
人を騙すくらいなんだから、根性が据わっているのかと思いきや、総合格闘家達が激怒していることにマジでビビッて逃げている始末。
これでは話にならない。

問題なのは、怖がっているくせにプライドが高いところ。
実際、謝罪をしていない(あのブログの内容は謝罪のうちに入らない)。

自分とすれば、カネにもならないことで間に入ってやろうと思ったが、最悪の結末となってしまった。

久保田氏が「T-1興行」に出るということは、激怒している格闘家たちの防波堤にもなった。
ところが、それを久保田氏は分かっていなかった。
というより、理解できる能力がなかったと書いたほうが適切か。

こんな直前に大会をキャンセルにすれば、会場費は全額取られるはず。
出場予定選手など、大会に携わっていた方達にも多大な迷惑をかけたし、お金以上に信頼もかなり失っただろう。
これも、久保田氏が不義理な事をした天罰かと。

ある意味というか、久保田サイドからすれば「ICHIBAN」は中止で良かったかもしれない。
開催したら間違いなく無数の格闘家たちが殴り込みに行っていたし。

自分と松本氏も乱入を視野に入れていたが、こっちはビジネスにしようと思っていたけど、他の人達は久保田氏を●るつもりだから。
ここが決定的に違う。

自分は基本的に来るものは拒まないので、今後久保田氏が「T-1興行」に出たいと言ってきたら前向きに考える。
でもそれはないだろう。

最初はブレーンが悪いかと思ったが、想像以上に久保田氏はプライドの高い人間だったし。
一連の騒動は自業自得だ。

仮に、格闘家たちが久保田氏に対して何かあっても止めに入らない。
やられたくないなら消えることだな。

それ以上に久保田氏が一番情けないのは、ネットなどで騒いでいた一般人にまで毅然とした態度でいられなかったこと。
ネットで主張するアンチを怖がる必要なんてない。

実際、自分と松本氏のトークにアンチの参加者はゼロ。
そんなに怖いなら、早いとこ格闘技界から消えたほうがいい。

ここでファンブログを紹介するが、こちらの管理人さんの考えとほぼ同感。
結局、試合をさせなければ面白くもなんともない。

逃げた久保田武蔵 ~T-1興行での松本晃市郎戦は幻になってしまうのか? (DAIARY OF A MADMAN)

一部引用

考えられる中で一番、つまらない結末になってしまった。

「格闘技をなめんな」と憤る方々も分からないでもないが、世間から注目される材料を放棄してしまっては本末転倒。
「経歴詐称」は確かに問題だが、プロレスでも格闘技でも、「世界王者」と言いつつ、「その団体認定の王者」に過ぎないケースも多く、決着はリングで付けるべきではなかったかなぁ、と思う。

現在の、「元K-1ファイター」としての「サム・グレコ」の価値が一般層にどれくらいあるかは、よく分からないが、ゴールデンタイムで放映されていた「著名選手」なのは確か。
民放から撤退(追放?)して久しい格闘技としては、もう少し柔軟に捉えても良かったのではないか。

せっかくT-1の二見社長が公の場に引っ張り出そうとしていたのに、寄ってたかって「抹殺」しちゃうようでは、どんどん世界が狭くなるだけ。
格闘技を世間に届かせる努力をした方がいいのにと思うのは、どうやら「悪」らしい。

二見氏がブログやTwitterなどで書いているように、本人が「釈明」も「謝罪」も「反論」もせず、雲隠れしちゃうようでは話にならない。
格闘技の王者を“自称”する前に、まず精神を鍛えるべきでは。

面白い奴が出てきたなぁと思ったのに、こんなに早く終了しちゃうとは・・・
何年かして、笑い話になればいいが、後味の悪いものになることだけは間違いない。

以上。

確かに、男子、女子問わずに格闘家が久保田氏に激怒するのは理解できる。
チャンピオンになるために、日々辛い練習をして、それでも王者になれるのはほんの一握り。

それが久保田氏は1試合も総合格闘技の試合をしないで、総合格闘技の4冠王者と名乗っていたんだから。
怒って当然だろう。
ただ格闘家が怒るのと、アンチが嫌がらせをするのは別問題。

警察や館山市に問合せをしたり、問合せの内容を録音しそれを「You Tube」で公開したり、問合せのメールの内容をフェイスブックに公開したり、塩崎啓二(総合格闘技の元レフェリー)やアンディ胡桃沢などのアンチがやってきたことは、明らかにやり過ぎ。
当然アンチも悪い。
でも、それに屈してしまう小心者の久保田氏が一番悪い。

1試合も総合の試合をしないで総合格闘技の4冠王者と名乗り、大会の8日前に開催の中止を発表とか、こんなことを真似しようと思っても誰もできない。

結局、久保田武蔵は何をしたかったのか?
自分の考えとか何もない人だから、何もしたくなかったんだろうね(笑)。

最後に、1月6日(日)19時から水道橋・UGP4階会議室で開催の「ガチトーク“フタ・ミ塾”vol.38 二見社長×ターザン山本!」の入場料金が決まった。

2・10(日)T-1竹芝大会購入者  1500円
一般  2000円

トークの概要は近日中に発表する。

画像は、松本氏から頂いた「ハニートラップ」のTシャツ。

ハニトラのTシャツ

強くなりたい人はハニトラに入門せよ!



Ticket_T1(チケット&トラベルT-1 ツイッター)

         【2・10 T-1竹芝大会概要】

開催名:カリスマへの道 T-1クライマックス~二見社長vsミスター・ポーゴ~
日時:2013年2月10日(日)
開場/18:00  開始/18:39※イッパイ・サンキュー
会場/竹芝コロシアム(東京都港区海岸1-14-24 SUZUE第三倉庫2F)
主催:チケット&トラベルT-1

         ≪決定分対戦カード≫
シングルマッチ 二見社長 vs ミスター・ポーゴ
※出場選手は、負傷、その他の理由により一部変更になる場合があります

◇前売りチケット料金表 ※当日券は500円UP 
最前列   ¥4500
指定席   ¥3500

■チケット発売日※12月23日から
前売り券発売所

チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778

ヨコハマチケット(東京・上野) 03-5817-3860
書泉グランデ(東京・神保町) 03-3295-0011
レッスル池袋(東京・池袋) 03-3989-0056

◇注意事項:動画撮影は禁止です。

再入場の際には、チケットの半券が必要ですので、外出する際は必ずチケットの半券をお持ちください。なお、入場時に、チケット半券チェックを厳重に行います。万が一不正入場が見つかった場合は警察に通報しますので、予めご了承ください。

以上。

伝説のT-1興行第5弾DVD絶賛発売中!

二見社長の魂の叫び⇒決まったことしかできないプロレスなんかいらねーよ!「伝説のT-1興行第5弾~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD発売!T-1三羽烏プラス珍獣のコメントも必読!

涙の二見激情を6年ぶりに解禁!「伝説のT-1興行第5弾 T-1スペシャル~トラブルシューター二見×篠原~」のDVD本日から発売開始!堀田は二見を血祭りに

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR