コンテントヘッダー

いよいよ来週!6・5 伝説のT-1興行復活!もちろん、取り囲み厳守!二見“毒”宴会決行!!

早いもので来週の火曜日には、伝説のT-1興行第7弾が開催する!
そういえば、今年初のT-1興行だ。
前回が去年の11月18日。
とういうことは、6ヶ月半ぶりの興行。
今までの中で一番長いブランクは、第1回大会(05年8月23日)から第2回大会(06年2月23日)までの6ヶ月。
ホント久々の興行だ。
その間トークライブを開催していたが、やっぱり緊張感が違う。
この緊張感を、いい意味で6月5日に発揮したい。

その“二見激情”を発揮できるかどうかもお客さん次第。
当然今大会も取り囲み厳守で!二見“毒”宴会を決行するからよぉ!!
取り囲んで、リングをバンバン叩いて、熱いものがあればそれに応える!
だが、ひとりも取り囲みの人がいない場合は、“毒”宴会を中止とさせていただくので、そこんとこはよろしく!

ぶっちゃけ、観客全員参加してもらわないと。
今回は、初めてのお客さんが結構多いので、常連の方が先陣を切って煽ってほしい。
みんなで、盛り上がろう!

さてと次回は、6・5に向けて“二見らしく”ある選手の挑発タイムを更新する!
楽しみに!
20070531-00.jpg(C)T-1

         【大会概要】
開催名:伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~
日時:2007年6月5日(火)
開場/19:00 開始/19:39(イク~!?・サンキュー!)
会場:東京・新木場1st RING(江東区新木場1-6-24)

◎19:39 二見社長入場!

◎全選手入場式

◎6・27「T-1GP」一部対戦カード発表!大物チャンピオン来場!

◎スペシャルマッチ:二見社長の“噂の彼女”高原智美、ファンの前に初のお披露目!23分1本勝負 二見社長&高原智美(ゼロサム)の“オノロケ”トークショー 

◎休憩
※休憩中に、高原智美のサイン会があります。

◎メインイベント:“折原、金返せ!?スペシャル”23分1本勝負
折原偽夫(一宮章一) vs 篠原 光(チーム南部)

◎全試合終了後、リング取り囲み厳守の二見“毒”宴会があります。
nao.(なお、)ひとりも取り囲みの方がいない場合は、“毒”宴会を中止とさせていただきます。

※出場選手及びゲストが負傷、その他の理由により、一部変更することがあります。

主催&お問い合わせ:チケット&トラベルT-1   03-5275-2778

◇チケット料金表 
トップワンシート   前売り 3000円  当日券 3500円→最前列→西は売切れ、南は残り1枚となりました。
フリーシート     前売り 2500円  当日券 3000円→自由席

   【チケット&トラベルT-1店舗限定のサービス】
6月27日「T-1GP」のチケットと一緒にお買い上げの方は、トップワンシート2500円、フリーシート2300円で販売します。(既にお買い上げの方は、該当のチケットを持参して下さい)

注意事項:携帯からの撮影は禁止です。

チケットは只今絶賛発売中!
チケット情報については、コチラでパッション!
チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト

▲他チケット発売所 
e+イープラス(パソコン&携帯)、チケットぴあ、娯楽道(東京・原宿)、ヨコハマチケット(東京・渋谷)(東京・上野)(東京・新宿)、闘道館(東京・水道橋)、チャンピオン(東京・水道橋)

今大会の詳細はまとめて、コチラでモニカ!
第7回T-1興行(極上の“T-1二見激情”見参)

     【高原智美のブログ紹介コーナー】
これから6月27日まで、できるだけ智美のブログを紹介したい。
今回は、5月13日付を紹介する。
これは第1回目の練習日の前日に書きとめたもの。
では、コチラで“イク~!?・サンキュー!!”

5/13 明日はぁ…(;`з´)Ю☆(高原智美オフィシャルブログ)

既述の通り、智美はオレだけでなく練習に参加したメンバーの分まで弁当を作ってきた。
あれだけの莫大な量を作ってきたのを実際に目の当たりにしたら、これをポイント稼ぎとは口が裂けても言えないはず。
ただ本当は、こういった美談も大会が終わってから明かすのがベスト。

でも、状況的に智美に対して誤解をしている人が多々いるので、そうも言ってられない。
これを読んで、智美の女子プロデビューに対する決意を理解してほしい。
利害関係だけでなく、気持ちで動いてくれる智美を、オレは誇りに思う。
今の女子プロレスラーにはない、“ピュア”な子だ。

最後にあの時の肉じゃがはうまかったなぁ~ by二見

続きを読む

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

二見社長&篠原光が折原を挑発!6・5「T-1興行」で“折原、金返せ!?スペシャル”が実現!そして、“女子プロ界の縮図の犠牲者にしてはいけない!”元ガイアガールズ・桜井亜矢の参戦を示唆!!(T-1会見再録パート3/07.5.7)

5月7日に行なわれた、「T-1興行」第7弾の記者会見再録パート3を更新。

記者会見再録パート1&パート2は、コチラでサバンナの夜!
6.5(火)禁断の新木場で、伝説のT-1興行第7弾復活!ガチからの雪解け…。二見社長と一宮和解!!(T-1会見再録パート1/07.5.7)(極上の“T-1二見激情”見参)
女子プロとAVのコラボの次は、元恋人対決実現!?“喧嘩女王”篠原光が乱入!6.5「T-1興行」元カレ・レスラー!?折原偽夫(一宮章一)vs篠原光戦決定!(T-1会見再録パート2/07.5.7)(極上の“T-1二見激情”見参)

チケットは只今絶賛発売中!
チケット情報については、コチラでパッション!
チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト

二見社長&篠原光が折原を挑発!
6・5「T-1興行」で“折原、金返せ!?スペシャル”が実現!
そして、“女子プロ界の縮図の犠牲者にしてはいけない!”元ガイアガールズ・桜井亜矢の参戦を示唆!!(T-1会見再録パート3/07.5.7)

一宮と桜井が去り、二見社長&篠原光の“毒舌”全開の大放談が始まった。
「オレも彼女が出来ちゃうと守りに入っちゃうんで(笑)。らしくないか?」とデレデレする二見社長を
「らしくないよ!」とまたもや一喝する篠原。
これには二見社長も話題を変えて「本当に一宮選手とやる?」と振ると
「余裕でしょう。私、いつも男子と練習してるし」と篠原はアッサリ。
さらに二見社長が「折原の格好でやるって」と投げかけると、以下こんな感じでやり取り。

篠原「(笑)いいんじゃないですか?」
二見「折原対篠原の一騎打ちを発表…。本物が出てもいいぞ!」
篠原「本物とやりたい」
二見「本物ならオレも!タッグマッチで!」
篠原「本物なら警察が来るかも(爆笑)」
二見「T-1伝説興行が、別の意味で伝説になるって(笑)」
篠原「良かったじゃないですか?試合の相手が決まって(笑)一宮も私とね(笑)」
二見「決まってね(笑)。折原と違って男子レスラーだと相当強い。折原はヘタレだけど。体格も違うし」
篠原「それはいつもの練習の通りにやれば。男子レスラーは直ぐに挑発に乗るんで(笑)。挑発すれば“やってやるって”だから」
二見「いや~…」
篠原「らしくないんじゃないの!(ここで二見社長の肩を叩く)ちょと!!」
この一連のやり取りから篠原光対折原偽夫戦と発表しつつも、二見社長は篠原に対して
「あんまり高原さんもいるから、ヤバイ試合を見せてたらカルチャーショックを受けて6月27日キャンセルになるとマズイんで」
のリクエストも、「だから?」と篠原は取り合わない。

「だからって(笑)。落ち着いて試合をやってというか、勘弁してください(笑)」と普段の二見社長とは違うノリで進行していった。
続けて、高原智美との“オノロケ”トークショーを行なうことも発表した二見社長は
「“毒舌”トークではなく“オノロケ”ね。ラブラブ★」と凍りつくセリフに
「殺すぞ!(一同笑)」と篠原は全く取り合わない。
「篠原さんの試合前から、“オノロケ”トークに乱入とかあるかも(笑)」と、高原の話題になるとデレデレしっぱなしの二見社長だった。

ここで質疑応答に移る。
記者「新木場を使うことに関して何かありますか?」
二見「T-1初めての新木場。一年前は断られて、越谷、調布、浅草と開催したが、新木場の落とし前は新木場でつけたいと思って打診したら、あっさりとOKが出た。4・7の落とし前含めて、新木場でどう“二見ワールド”が展開できるか楽しみ。新木場で“二見激情”初見参だね。それと『T-1グランプリ』のカード関しては、高原と2号は参戦決定で自分は微妙。自分がデビューするなら6人タッグで、出ないならタッグマッチ。当初は、6月27日の裏に篠原選手の自主興行があるという事で、篠原選手の参戦を見送ったんですが、日程を外していただいたので篠原選手の参戦もあり得ます」
と篠原参戦を明確にした。
さらに会見に出席した桜井選手に関して
「もうひとり桜井さんが出席してて、何もしゃべれないで退席してしまったんだが、これも篠原さんのせい(笑)。自分と因縁のガイアジャパン・長与千種の秘蔵っ子でデビューし、女子プロ業界の縮図の弊害で女子プロに参戦するのは相当厳しいのが現状。この女子プロの縮図の犠牲者にしてはいけないし、放っておけない。しがらみの多い女子プロ業界ですが、自分が受け皿を用意したい意向です。これからT-1興行参戦に向けて、桜井亜矢と交渉をします」
と、二見社長は桜井参戦を示唆したが、突然場違いな質問が飛ぶ。
記者「今日は(桜井)来なかったんですか?」
二見「一宮選手のとなりにいたじゃないですか?」
記者「あっ!びっくりした(笑)。なるほど」
二見「で、篠原さんが乱入して話せなかったんでしょう(篠原が睨みつける)怖いな~(笑)」
と、いつもと違うテンションかと思いきや、突然表情を引き締め、
「オレらしくいくか。GAMI関しては、この間の落とし前は必ずキッチリつけさせてもらう!新木場の事件というのは、プロレスの範疇を超えたオレの名誉を傷付けた行為。オレが38年間の生きてきたことに対して、すべて根本から否定する行為に対しては、しかるべき処置を取らせてもらう。そのために一宮選手にまで迷惑がかかった。アイツは女子プロレスラーを代表してきたと言った。だが、テメーが原因で女子プロ業界まで巻き込む形となり、その結果潰すので、GAMIは女子プロ業界のクズ。廃棄処分にしないといけない。それは近々、オレのブログで発表します」
と、4・7『ガッツワールド』で二見社長と一騒動あったGAMIを断罪。
さらに「あともうひとつ折原!折原に対してはひと言。金を返せ!(篠原・爆笑)」
これに対して篠原は「警察呼ばれちゃいますよ!(笑)」とノリノリ。
「当日は警察が来ても面白いじゃん。タイトル付けましょうか?“折原、金返せ!?スペシャル”!(篠原・爆笑)」
と二見社長はニヤリ。
記者「貸した額はいくら位?」
篠原「貸したのは150万。本人は100万しか借りていないと言い張るので、じゃ100万でいいよ、と話し合いをした。全く返してくれない。これだと面白くないので、一括であれば、30万から50万でもいいから一括ならという条件だったが、逃げっぱなしです」
篠原によると、数年前の折原と交際時にお金を貸したまま音沙汰なしだという。
すると「折原に聞いてね」と二見社長は報道陣に注文。
続けて
「T-1スペシャルじゃなくて、“折原、金返せ!?スペシャル”!で興行をやるから(篠原・爆笑)伝説になっちゃう(篠原・笑)」
と言い放せば
「私も大嫌いだけど、そこまでイジメなくてもいいんじゃないの(笑)」と篠原も大受け。
「これ、イジメになるの(笑)。オレも必死なんで、150万全額返ってきたら、篠原さんから23万円もらえることになってるんで(笑)」
と何やら企んでいる様子の二見社長。
これに対して篠原も「汚点。折原と付き合ったのは人生の汚点だった」とボロクソ。

記者「折原さんはそのお金を何に使ったんですか?」
篠原「新宿クラブハイツで自主興行を開催したメビウスのお金ですね。その時に出ていったお金と、二次会のお金が全く足りなくて(二見・笑)。クラブハイツの下でパティーをやったんですよ!その時に只で入ってきた人が多く、70万の支払いがあったんで、その時に私が現金を持っていたので立て替えた。あと選手へのギャラも払っていなく、それも私が払った。あとはチマチマと貸したんですが」
記者「それは貸したんですか?貢いだんですか?」
篠原「貸したんですよ(記者・笑)。私はあげるなら、5万までしかあげません。3回までなら我慢するが、それ以上になると返せ!」
二見「それで貸しちゃうんだ?」
篠原「だって、ないって言うだもん」
二見「自分も頼もうか?」
篠原「5万くらいなら貸すよ(爆笑)。プライベートのお金ならともかく、興行のお金だと、全く関係ないわけだから」
記者「その大会には出たんですか?」
篠原「出させられましたよ!ピンクの格好して(笑)」
記者「何時くらいの話ですか?」
篠原「2003年じゃないですか?メビウスの興行です」
とこんな感じでぶちまけた篠原だが、はたして、篠原は大会当日、折原偽夫を下し、無事借金を回収できるのか?

二見「さて、当日は新たな伝説が生まれるのか?折原さん、誰か連れて来てもいいよ」
と挑発すれば
篠原「絶対に来ないよ、キ○ガイだし。鼻水垂らしてさぁ~(篠原、二見・爆笑)」
二見「高原さん、周りは怖いけどオレは優しい。キャラ変えようと思ってネ」
篠原「ホー(呆れて)」
記者「篠原さんは、AV女優がリングに上がることに関しては何かありますか?」
篠原「エンターテイメントとしてなら有り。それもちゃんとした相手次第。対戦相手がしっかりしていて、本当のプロが入らないとグチャグチャになってしまう。変な新人とかでは駄目。先輩のアシストがあれば基本的にはOK。ただ出てくる芽を潰すような感じで、そういった女子レスラーが多いのでそれが心配ですね」
記者「篠原さんが対戦相手としてはどうですか?」
篠原「いやぁ~、格闘技しか出来ないんで。基本が全く違うんで」
二見「篠原選手と当てるのは怖いな(笑)」
篠原「どうですかね」
二見「オレが抵抗ある、篠原さんと対戦するのは。当然高原さんのアシストをオレがするわけだし。セコンドでも試合でも。篠原さんと敵対は嫌。何時折原みたくなるか(二見、篠原・笑)」
篠原「AVの方が出るのは面白いし、いいと思う。違う客層も含めてね。女子プロを観に来ているお客って変な人が多いじゃないですか?『なんとかさま』とか『萌え~』とか。客層も変わらない気もするので全然問題ないですね」
二見「客層を変える?」
篠原「客層は変わらないと思うけど(篠原、二見・笑)。女子プロもAVもオタク系が多いし。でも全然いいじゃないですか。だって面白かったり、楽しかったりすればそれでいいわけだから。高原さんが、どういう痛い顔をするかとかセクシーな表情とか、それが楽しみだね。女子レスラーの方は、高原さんを潰さないでほしい。ねぇ二見さん」
二見「はい!(二見、篠原・笑)」
と最後は、高原をかばいながら会見を締め括った篠原光であった。
20070530-00.jpg(C)T-1

電撃決定した『伝説のT-1興行第7弾』新木場大会。
一宮章一vs篠原光戦、男対女の究極の対決が実現する。
しかも、篠原光の元彼氏であった折原の偽造との一騎打ちとあって、ボルテージは上がる一方。
散々自らをネタに使われ、怒り心頭の折原本人の登場も含めて、一体どうなってしまうのか?

また、二見社長の”噂の彼女“高原智美が、遂にファンの前に初見参する!
“オノロケ”トークという、二見社長の意外な一面も含めて、見逃せないトークライブになりそうだ。
さらに、二見社長と因縁のGAMIへの挑発に、これまた因縁の長与千種の秘蔵っ子であった、桜井亜矢の参戦はいかに…!?
いずれにしても、6・5「T-1スペシャル」は、禁断の会場での開催も含めて、何かが起こるのは間違いない!!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

高原智美と一緒に撮影!それからみんなにお願いがある!

今日は午前中から、智美と一緒に6・27「T-1GP」用のポスターの撮影をして来た。
結構いい感じで撮れていると思うので、ニューポスターを楽しみにしてくれ!
【これは自分のデジカメで撮った画像】
20070529-00.jpg(C)T-1

智美は自分が到着する前から、それこそ早朝から撮影があり、その合間でプロレス用の撮影をしたわけだ。
このあとも智美は、遠方へ移動して撮影があるとの事。
はっきり言って智美は、この1ヶ月以上1日も休みがない状態。
しかもオレと一緒に徹夜をして、プロレスの勉強などのディスカッションを繰り広げるのもザラ。
別にお涙頂戴でこんな事を書いたわけではない。
だが、この2週間くらい色んなことがあった。
ぶっちゃけ、智美に対してのバッシングが目に付くようになった…。
それは、匿名のコメントは全く気にしていない。
例え二見ブログ内でのコメントであっても、見ず知らずの意見に左右されるようでは興行なんて打てないと思うのがオレの特論。

しかし直接智美の事に関して、忠告や指摘を受けると流石に考えるところはあった。
はっきり言って“別れた方がいい”と言われて、迷走していた。
しかも、大事な方からの意見なのでなお更だ。

でも結論を書くと、別れる気はない。
逆にオレは、智美のここ最近の成長、頑張りを間近で見てきて、その成果をみんなに観てもらいたいと強く思った。
オレが最も愛する女性の“生き様”を、6月5日と6月27日で体感してほしい。

ファンの方々が好きになってくれないと、何のためにここまで辛い思いをしてきたか分からなくなる。
だから、オレと智美を信じて観に来てほしい。

観てから判断してほしい。
もし大会を観戦して、ファンの皆さんから駄目だと批判を受けるようなら、それはオレの責任。
しっかり“二見流”で責任は取る。
だが、観もしないのに批判するのは止めてくれ!

オレは智美を信じるし、今までの女子レスラーが出来なかった事を智美はやるよ!!

最後に智美のブログを紹介するが、これは5月10日に更新した時のもの。
ハッスルを観戦後、重要な話し合いをした。
この件に関しては、以前にも二見ブログでざっくと既述したが、大会が終わった後にこれが良い思い出になるのかどうかは、智美次第。
でも間違いなく、智美の人生においてもターニングポイント的な出来事がこの日に起こった。
だからこそ、オレは智美をサポートして一緒に勝利を勝ち取りたいと思っている。
みんな、じっくり読んでくれ。
それと、智美のブログにも応援のメッセージをよろしく!

(´~`;) ゴメンネ・・・(高原智美オフィシャルブログ)

さっきの続きです☆(高原智美オフィシャルブログ)

Ps.次回は5月7日の会見再録パート3

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

“二見オリジナル”が見たければ、6・5「T-1興行」を見よ!折原(偽)vs篠原、二見&高原トーク、そしてサプライズあり!!

会見再録パート3の前に、大まかな大会プログラムが出来た。
概要に記している流れで進行するとは思うが、予定調和で終わらないのがT-1。
当日“必ず”何かがあると思うけど、あっ!こんな事を書くと予定調和になるのか(笑)。

まぁオレは、今大会を“ワンマッチ興行”とはひと言も言っていない。
サプライズも含めて、“歴史の生き証人”になれるチャンスはそんなにない。
チャンスは自らつかまないと、そうそう来ない!
それと、最近オレのコピーみたいな連中が沢山いるが、コピーは所詮コピーだから。
“二見オリジナル”は、T-1興行でしか見せる気もないし、“二見オリジナル”を見たければ、6月5日に新木場に来い!って感じでよろしく!

オレ自身、“爆発寸前!”

【大会概要】
開催名:伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~
日時:2007年6月5日(火)
開場/19:00 開始/19:39(イク~!?・サンキュー!)
会場:東京・新木場1st RING(江東区新木場1-6-24)

◎メインイベント:“折原、金返せ!?スペシャル”23分1本勝負
折原偽夫(一宮章一) vs 篠原 光(チーム南部)

◎スペシャルマッチ:二見社長の“噂の彼女”高原智美、ファンの前に初のお披露目!23分1本勝負 二見社長&高原智美(ゼロサム)の“オノロケ”トークショー 

◎6・27「T-1GP」一部対戦カード発表!大物チャンピオン来場!

◎全選手入場式

※出場選手及びゲストが負傷、その他の理由により、一部変更することがあります。

主催&お問い合わせ:チケット&トラベルT-1
 03-5275-2778

◇チケット料金表 
トップワンシート   前売り 3000円  当日券 3500円→最前列→南は残り1枚となりました。
フリーシート     前売り 2500円  当日券 3000円→自由席

 【チケット&トラベルT-1店舗限定のサービス】
6月27日「T-1GP」のチケットと一緒にお買い上げの方は、トップワンシート2500円、フリーシート2300円で販売します。(既にお買い上げの方は、該当のチケットを持参して下さい)

注意事項:携帯からの撮影は禁止です。

チケットは只今絶賛発売中!
チケット情報については、コチラでパッション!

チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト
▲他チケット発売所 
e+イープラス(パソコン&携帯)、チケットぴあ、娯楽道(東京・原宿)、ヨコハマチケット(東京・渋谷)(東京・上野)(東京・新宿)、闘道館(東京・水道橋)、チャンピオン(東京・水道橋)
20070528-00.jpg(C)T-1

関連記事
記者会見再録パート1&パート2は、コチラでサバンナの夜!
6.5(火)禁断の新木場で、伝説のT-1興行第7弾復活!ガチからの雪解け…。二見社長と一宮和解!!(T-1会見再録パート1/07.5.7)(極上の“T-1二見激情”見参)
女子プロとAVのコラボの次は、元恋人対決実現!?“喧嘩女王”篠原光が乱入!6.5「T-1興行」元カレ・レスラー!?折原偽夫(一宮章一)vs篠原光戦決定!(T-1会見再録パート2/07.5.7)(極上の“T-1二見激情”見参)

6.5(火)T-1スペシャルの大会ポスターは、コチラでモニカ!
6・5「伝説のT-1興行第7弾」のポスター完成!極上の“T-1二見激情”見参)
6.5「新木場」ポスター完成!T-1/プロレス(格闘★ジャンキー)

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

女子プロとAVのコラボの次は、元恋人対決実現!?“喧嘩女王”篠原光が乱入!6.5「T-1興行」元カレ・レスラー!?折原偽夫(一宮章一)vs篠原光戦決定!(T-1会見再録パート2/07.5.7)

5月7日に行なわれた、「T-1興行」第7弾の記者会見再録パート2を更新。

記者会見再録パート1は、コチラでサバンナの夜!
6.5(火)禁断の新木場で、伝説のT-1興行第7弾復活!ガチからの雪解け…。二見社長と一宮和解!!(T-1会見再録パート1/07.5.7)(極上の“T-1二見激情”見参)

6.5(火)T-1スペシャルの大会概要については、コチラでモニカ!
6・5「伝説のT-1興行第7弾」のポスター完成!極上の“T-1二見激情”見参)
チケットは只今絶賛発売中!
チケット情報については、コチラでパッション!
チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト

女子プロとAVのコラボの次は、元恋人対決実現!?“喧嘩女王”篠原光が乱入!6・5「T-1興行」元カレ・レスラー!?折原偽夫(一宮章一)vs篠原光戦決定!(T-1会見再録パート2/07.5.7)

突然会見場に乱入した篠原光は、二見社長に対して
「ちょっと二見さん、どうして(一宮と)手打ちをするんですか?」
と、二見社長に忠告をする。
「一宮選手がケジメをつけてくれたから」と、弱腰な回答の二見社長。

「一回裏切った人はまた裏切りますよ!」と、再度一宮と和解した二見社長に釘を刺す篠原。
「そんなことないと思う」と二見社長が返答すると
「おかしい!」とツッコむ篠原。
20070527-00.jpg(C)T-1

「一宮さん、すみません」と動揺の色を隠せない二見社長。そこで一宮は
「二見さん、会見中なのでまとめていただかないと」とフォローする。
「今回、一宮さんが『T-1興行』に協力していただけることになった」と篠原に事情を説明する二見社長。

しかし、篠原は「意味分からない!」と一喝!
「ガッツワールドと…」と篠原をなだめようとする二見社長を遮り、
「それで裏切られたんでしょう。手打そばみたいに簡単に手打ちしていいの?」と尚もツッコミを入れる篠原。

「ガッツワールドを離れてケジメをつけてくれたので」と篠原に押されっぱなしの二見社長に、篠原は
「1回裏切ったヤツはまた裏切るよ。らしくない!」と、今日23回目の二見社長に対してのツッコミ!
これには一宮も「会見中なので、外で出ていただいてもらった方が」と再びフォローするが、
篠原は「おかしいよ!」と言い放つ。

不快感をあらわにした一宮は「何かあるんですか?和解じゃないんですか?」と二見社長に質問。
「和解の会見です」と、明らかに普段と様子が違う二見社長。

「変な事ないですよね。篠原は二見さんの差し金じゃないでしょう。出て行ってもらって会見をやり直ししましょう」と二見社長に注文。
ところが篠原は「この男は、偽造とかインチキばかりしている。インチキ野郎じゃん!」
これに対して二見社長は「いやいや、インチキじゃない」とフォローするが
「また騙されるよ!」と、篠原は二見社長に忠告。

怒った一宮は
「騙す、騙さない問題じゃねーんだよ!篠原よぉ!協力する話とか和解する話になっているんだから、茶々入れるなよ!オマエよぉ、何がわかって男子レスラーばかりにちょっかい出してんだよ!出て行け!」
と篠原を一喝するが「私がいると都合が悪いわけ?」と篠原も負けずに反論。

一宮は「都合が悪いじゃねーんだよ!間に入るな!と言っているんだよ!」と一宮も負けない。
だが、「私はまた裏切られるかと思って」と篠原が指摘すると
「オマエがちょっかい出すのは女子プロレスラーだけなんだよ!」
と一宮は挑発する。

篠原は「女子レスラーなんか全然興味ない」と言い放つと一宮は
「男子レスラーも相手にしてないから。“折原”だって相手にしてないだよ!出て行け!未練でもあるのか?男子レスラーに。何かやってやるか?オマエはタイに行って、タノムサク鳥羽のパンツでも洗っていればいいだよ!」と暴言。

これに激昂した篠原はペットボトルを一宮に投げつけ、大乱闘になりかけたが、二見社長と桜井が必死に止めに入り事なきを得た。だが、これを合図に両者の舌戦は止まらない。

怒り心頭の一宮は、「これ、差し金か?二見さん、おかしくないか?」
篠原「なに?タノムサク鳥羽って」
一宮「折原みたいのと付き合っていたんなら、オレが折原の格好でやってやるから、試合でもやるか?女子しかやったことがないんだろう?あんまり男を舐めるなよ!」となんと一宮は、篠原の元彼氏であった折原昌夫の偽造での一騎打ちを要求し、
「やってやるよ!」と篠原も対戦を受諾し、急遽、折原偽夫(一宮章一)vs篠原光戦が決定した。

一宮は「二見さん、こういう事か?」今度は矛先を二見社長へと展開する。
「違います、違います。すみません」と二見社長はひたすら謝り続けるが、
「T-1ってこんなもんか?オマエもリングに上げれよ、いい加減に!こういう事をやるなら。話しがおかしいだろ?どうも話しが出来過ぎだと思ったんだよ!」と一宮は捨てゼリフを吐き、折角の和解会見がまたもや二見社長と不仲になって、一宮は桜井を引き連れて会見場を後にした…。

会見場には二見社長と篠原が残り、“毒舌”全開の大放談が始まった!

パート3へ続く!
次回は、二見社長&篠原光が折原を挑発!
6・5「T-1興行」で折原、金返せ!スペシャル!?が実現!
そして、“女子プロ界の縮図の犠牲者にしてはいけない”と元ガイアガールズの参戦を示唆!!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

6.5(火)禁断の新木場で、伝説のT-1興行第7弾復活!ガチからの雪解け…。二見社長と一宮和解!!(T-1会見再録パート1/07.5.7)

今日から、ほぼ毎日6・5「T-1興行」特集をアップ!
まず5月7日に行われた、伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原光~に関する記者会見(エピソード20)の再録を3回に渡って更新。

再三記しているように、高原智美に“二見の生き様”を見せたいという事で、急遽開催となった、6・5新木場大会。
しかし智美だけではなく、今まで観に来てくれたファンにも“生き様”を見せたい大会だ。

昨年の11月18日・浅草大会終了後、「T-1興行」は終結宣言をした。
その浅草大会以来、約7ヶ月ぶりとなる復活興行でもあるので、ここまでたどり着くことができて感無量。
それも含めて、今大会に賭ける思いは半端ではないし、自分自身、6・5で完全燃焼する覚悟を持って挑むので、“二見ウォッチャー”の方はもちろん、そうでない方も必見の大会だと思う。
それでは、会見再録。

6.5(火)T-1スペシャルの大会概要については、コチラでモニカ!
伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~(極上の“T-1二見激情”見参)
6.5「伝説のT-1興行第7弾」折原偽夫vs篠原光のチケットは、5月12日発売!(極上の“T-1二見激情”見参)
6・5「伝説のT-1興行第7弾」のポスター完成!極上の“T-1二見激情”見参)

チケットは只今絶賛発売中!
チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト

6.5(火)禁断の新木場で伝説の「T-1興行」第7弾復活!ガチからの雪解け…。二見社長と一宮和解!!(T-1会見再録パート1/07.5.7)

5月7日午後1時00分から、水道橋・チケット&トラベルT-1にて6月5日「伝説のT-1興行第7弾」新木場大会に関する会見が行なわれた。会見には、T-1名物社長の二見氏の他に、一宮章一と、一宮の付け人として元ガイアガールズにして“次世代クラッシュ”プロジェクトの逸材だった桜井亜矢が出席した。
20070526-00.jpg(C)T-1

まずは二見社長から、今大会を開催する経緯として
「急遽6月5日にT-1興行第7弾『T-1スペシャル』を開催します。6月27日に高原智美デビュー戦の『T-1グランプリ』を開催しますが、敢えてその前に興行を開催することになりました。前回の4月16日の会見で、高原さんから『興行で赤字が続いているので助けてあげたい』と言われて凄く嬉しかった。だが、それに甘えていては二見が二見でなくなる。『T-1グランプリ』はゼロサムさんの主催の興行。しかも高原さんは、本業や色んな仕事を休んでまでして自分に付いてきてくれる。そこまで女性がやっているのに、自分が何も行動しないのが凄く歯痒い。彼女から学ぶ点が多々あり、それならリスクある興行を自ら開催し、高原さんに自分の生き様を見せたいのが、今大会を開催する最大の理由。“二見激情”間近で体感してほしい。それで6月27日に向けていい形で繋げることによって、最高の舞台にしたい」
と、今大会の主旨を発表。

続けて、出場選手として二見社長が呼び込んだのは、4.7「ガッツワールド」新木場大会で二見社長自身とも一悶着あった“偽造王”一宮章一。
「4月7日『ガッツワールド』新木場大会で、プロレス界では“あってはならない事件”がありました。それに対して、一宮選手がベルト返上などのケジメをつけてくれた。“ガチから生まれた雪解け”で、それに対するステージを用意したかった。その一宮選手の裸一貫でやる心意気に応えて、一宮選手の参戦を発表すると共に、これから一宮選手の対戦相手を探そうと思います」
と、出場選手として一宮の名を発表。

さらに
「一宮選手とは『T-1グランプリ』並びに、一宮選手が行なう興行には協力をしたいと思います。今回は和解という事で、一宮選手ひと言お願いします」
と、二見社長の説明が終わると一宮から
「改めて『ガッツワールド』の不祥事に関して、現場監督として二見さんにお詫びをします。(二見に向って)申し訳ありませんでした。今後このような事がないように、指導も含めまして二見さんとの関係が戻せればいいと考えていました。今回、二見さんのご好意に甘えさせていただいて、『T-1興行』に参戦することになり嬉しく思っています。今回の6月5日の興行と共に、6月27日の『T-1グランプリ』の興行にも全面協力をしていきたいと思っております。プロレス界とは、回りでサポートしてくれる人があってプロレス団体・興行と思っています。と同時に、お客さんを大事にしながら友好関係を深めていきたいです。根本的には二見さんと考えは一緒です。どうやったらプロレスが盛り上がるのかとか、それによりプロレス界に必要のないものに対しては排除していくこともあるだろうし、二見さんと組むことによって良いのもが生まれると思っております。色々と考えていきます」
と、一宮は神妙な面持ちで参戦に関する経緯を語っていると、突如、篠原光が会見場に登場した…。

パート2へ続く!
次回は、“喧嘩女王”篠原光乱入!
元カレ・レスラー!?折原偽夫(一宮章一)vs篠原光戦決定!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

フタ・ミ塾でT-1マスク2号が大暴走!!2号も負けずに脱いだ!?

遅くなったが、改めて先日は“フタ・ミ塾”Vol.4に多数のご来場ありがとうございますじゃなくて…、イッパイ・サンキューでもなくて…、イク~!サンキュー!!
20070525-02.jpg(C)T-1

興行もそうだが、この手のイベントは4回目あたりが、色んな意味でポイントだ。
実際に今回は客入りが心配だったが、なんだかんだ満員のお客さんが来てくれた。
これを乗り切ったんで、“フタ・ミ塾”は年内一杯は続けられると思う。
でも前回の篠原さんの時にも感じたけど、やっぱり女性がゲストの方がいい(笑)。
今後のフタ・ミ塾は、毎回女性をゲストにしたい!

今回のT-1マスク2号とのトークバトルだが、結構白熱したというか、JDスターの某選手をブッタ切ったり、他のヌルイ若手選手に対しての提言も含めて、“女版二見”の称号を与えてもいいんじゃないか(笑)?――
みんな、本当の2号を知らない人が多すぎであって、実は冗舌だ。
まぁ2号はシャイだから(笑)。
シャイと言えば、2号は二見の事が好…、オットこれ以上書くと智美に何を言われるか分からない(笑)。
これは、トークイベントに来た人しか分からない秘密って事でよろしく!
20070525-03.jpg(C)T-1

そんな感じなんだけど、自分も2号の事が好…、いやいや違う、リスペクトしている。
信頼しているからこそ6月27日にオファーをしているので。
実際問題ここらで「T-1興行」のメンバーを一度リッセットしないと、既存の仲良しこよしの女子プロと変わらなくなるんじゃないかと思っていた。
だからこそ、堀田、土屋、1号などの常連メンバーをラインアップしていないし、その中で唯一2号のみをオファーしているのがすべて。
真面目に2号が、一番評価が高い。

トーク内容ですが、教えません。
今回、「格闘ジャンキー」も来れなかったから、完全にシークレット。
何度でも書くけど、只では教えない。
その代わりサービスで、画像を多くしたから。

20070525-04.jpg(C)T-1

一応今までの“フタ・ミ塾”は、映像は撮っている。
ゲストの了承さえ取れればDVD化してもいいけど、時間の関係上現時点では出す余裕がない。
大体、第3回大会以降のDVDも出していないし。

そういえば、2号は大暴走して智美に負けずに脱ぎました、マスクを(笑)。
マスクと素顔、ふたつの顔を見れるという貴重な時間を共有できて、やぶ…、いや違う、Yさん、ありがとうございました。
自分も負けずに安い、それこそ230円くらいのサングラスをかけて、はっきり言って舞い上がった(笑)。

これからもよろしくお願いしますと共に、6月27日に向けてお互いに精進しよう。

あと、2号からマスクを変えたいと要望があった。
何方かスポンサーになる方いるか?――
マスクに広告を載せていい!
料金は2万3千円から(笑)。
マスクのデザインの変更から、好きにできる!
興味のある方は、03-5275-2778までお願いします。
この件に関しては、もう一度きちんと書こうと。

20070525-05.jpg(C)T-1

最後に、次回の第5回“フタ・ミ塾”は、6月を1回休憩して、7月23日(月)に開催予定。
ゲストに、智美か浦井にしようかと思ったら、堀田のリクエストが断然多く参った(笑)。
2号までが、「二見と堀田のトークなら客として見たい」と言い放つ始末だし。
いずれにしても、堀田とのトークはない。
大会で頭一杯なので、これからじっくり考える。

では、明日から6・5「T-1興行」特集!
まずは、5月7日に行われた会見再録を更新!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

高原智美と一緒に禁断の会場の偵察!

昨日は高原智美さんと一緒に新木場1st RINGまで、ピンクタイガーが率いる「グレートプロレス」に行って来た!

新木場はなんといっても、因縁のJDスターとの関係で“大人の事情”等で借りれなかったいわば禁断の会場。
そんな禁断の会場に、6・5「T-1興行」のポスターを貼ることができ、何か複雑というかここは“言葉はいらないだろう”(都合の悪い時に使うバージョン)。

この偵察のお陰で、智美に6・5を想定して色々とアドバイスできた!

あとは智美のブログに、この日の出来事を色々と書くと思う。

試合の感想等も含めて、智美に任せる。
唯我選手の対戦相手が女子の選手だったけど、参考になる部分が多かったはずだ。
 
【唯我選手とスリーショット撮った】
20070525-00.jpg(C)T-1

それと、水沼と久々会った(笑)。
最後に会ったのが、「AtoZ」だから約1年ぶりくらいか。
体が大きくなったというか、軽く世間話をしてから高原さんを紹介したら驚いていた。

ちょっと手抜きになったが、“フタ・ミ塾”Vol.4の更新を早くしたいので、これにて終了!
 
【有刺鉄線バットを手にして撮影】
20070525-01.jpg(C)T-1

チケット&トラベルT-1ホームページ

T-1グランプリオフィシャルサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

6・5「伝説のT-1興行第7弾」のポスター完成!

昨日は“フタ・ミ塾Vol.4”に多数のご来場イッパイサンキュー。
“フタ・ミ塾”の詳細は明日までには更新したい。

昨日話したように、6.5「T-1興行」を照準にスイッチが入っている。
ポスターが完成、コチラでモニカ!
20070524-00.jpg(C)T-1
  
    【大会概要】
開催名:伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~
日時:2007年6月5日(火)
開場/19:00 開始/19:39(イク~!?・サンキュー!)
会場:東京・新木場1st RING(江東区新木場1-6-24)

対戦カード:折原偽夫(一宮章一) vs 篠原 光(チーム南部)
スペシャルイベント:二見社長&高原智美(ゼロサム)の“オノロケ”トークショー 
※出場選手及びゲストが負傷、その他の理由により、一部変更することがあります。

主催&お問い合わせ:チケット&トラベルT-1
 03-5275-2778

◇チケット料金表 チケット絶賛発売中! 
トップワンシート   前売り 3000円  当日券 3500円→最前列
フリーシート     前売り 2500円  当日券 3000円→自由席

    【チケット&トラベルT-1店舗限定のサービス】
6月27日「T-1GP」のチケットと一緒にお買い上げの方は、トップワンシート2500円、フリーシート2300円で販売します。(既にお買い上げの方は、該当のチケットを持参して下さい)

注意事項:携帯からの撮影は禁止です。

伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~(極上の“T-1二見激情”見参)

6・5「伝説のT-1興行第7弾」折原偽夫vs篠原光のチケットは、5月12日発売!(極上の“T-1二見激情”見参)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

高原智美サイン会  in T-1

“ファン待望”の高原智美のサイン会が正式に決まった!
詳細はコチラでモニカ!
 【この画像は3月下旬に遊びに来た時の写真!】
20070523-00.jpg(C)T-1

6月10日(日)16時から、“水道橋のブチキレ社長”が経営する「チケット&トラベルT-1」(JR水道橋駅西口下車徒歩23秒)で、6月27日に女子プロレスデビューを果たす、T-1・二見社長の“彼女”こと高原智美(ゼロサム)の初のサイン会&撮影会を開催します。

サイン会参加の条件:T-1で、6月27日(水)女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~新宿FACE大会のチケットをお買い上げの方。(既にチケットをお買い上げの方は開催当日にチケットを持参下さい)
開催当日は、高原智美のサイン会記念ポートレートの販売も行ない、ポートレートを購入の方もサイン会に参加できます。(ポートレート1枚1000円)
カメラ、サインを入れてほしいグッズ等は各自持参下さい。(おひとり様1点まで)

撮影会参加の条件:ゼロサムプレミアシート&ゼロサムカウンターシートをお買い上げの方は、高原単独と高原とのツーショットの撮影が可能です。(チケット1枚につき、撮影1枚まで)
リアルフタ・ミシート&FTサバイバルシート&T-1モザイクシートをお買い上げの方は、高原単独の撮影が可能です。(チケット1枚につき、撮影1枚まで)
ポートレートをお買い上げの方は、高原単独の撮影が可能です。(ポートレート1枚につき、撮影1枚まで)
なお、携帯からの撮影はできません。撮影を希望する方は、必ずカメラをご持参下さい。

お問い合わせは、チケット&トラベルT-1まで
住所:東京都千代田区三崎町2-19-7第110東京ビル7階
TEL:03-5275-2778 

チケット情報は:チケット&トラベルT-1公式ホームページ
T-1興行の情報:T-1グランプリオフィシャルサイト
ゼロサム公式ホームページ
高原智美オフィシャルブログ

てなわけで、智美自身も初のサイン会ということで楽しみにしているみたい。
“大人の事情”のサイン会より(笑)、T-1のサイン会の方が先にできるんだから、ある意味凄いことだ!
真面目な話、このオレが太鼓判を出すくらい一線を越えて頑張っている。
オレは厳しく接しているから、ファンの方は優しい言葉で接していただければありがたい。
本当はブログで書くのは照れるけど、激励の言葉をかけてほしい。
いずれにしても、今日の“フタ・ミ塾”からスタートして、6・5の「T-1興行」、6・10智美のサイン会、6・27「T-1GP」と4連ちゃん。
皆さん皆勤賞を狙ってくれ!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

明日のフタ・ミデー、新たな伝説が始まる…!?いよいよ水道橋・闘道館でゴング!!

明日T-1マスク2号を招いて、“フタ・ミ塾”第4弾を開催!
6月は1回“フタ・ミ塾”を休むわけだから、その分エンジン全開でいくぞ!
ぶっちゃけテンションは高い。
それは昨日も一昨日も徹夜で疲れているけど、これも智美の頑張りを間近で見ているからモチベーションを保っている感じか。

その智美がいなければ「T-1興行」は復活していなかった。
だから、やっぱり6月27日 女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美戦~の展望も2号と共に語りたい。
さらに、智美に“二見の生き様”を見せたいということで急遽、6月5日 伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原光~についても、この大会に対する意気込みを発表する。

オレ自身も今年の冒頭には色々とあって、店自体もどうするか悩んだ時期もあった。
しかし、今踏みとどまっているのも智美やファンのお陰だ。
それに対しての感謝の気持ちというか、“二見流”でメッセージを伝えたいという事で、T-1では初めての月2回興行へと踏み切った。
そういった事で、明日は前夜祭的なイベントとしても考えているので、みんなも遠慮なしに質問があったら聞いてほしい。
いずれにしても、6月の2連戦で完全燃焼するつもりだ。

ニューT-1が始まるってことで、新たな伝説は明日から始まる!
興行だけでなく、トークバトルも見逃せない。

明日は19:30まで営業しているので、前売り券を買いに来いよ!
間に合わなければ、闘道館で当日券を販売する。

あと毎回書いているが、女性の方も沢山来てほしい!
いつも3名が固定になっているから(笑)。

         【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長
日時:5月23日(水)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

        【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:あの二見が、全女子プロレスラーの中で唯一頭が上がらない、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2006年3月19日「ONLY ONE」後楽園大会で、突如謎のマスクウーマンとして登場したT-1マスク2号。正体は知る人ぞ知るYM選手。そのY選手の実力には、“女子プロ最強”の称号を与えてもいいくらい、プロレス&格闘技両ジャンルで超一流の選手であることに異論はないでしょう。崩壊寸前の女子プロ業界で、“最後の砦”と言っていい、T-1マスク2号ですが、そのT-1マスク2号のデビュー戦「ONLY ONE」後楽園大会の上映会を行ないます。T-1マスク2号誕生の秘話、二見vs前川禁断の接近遭遇実現、二見vs堀田前代未聞のT-1店舗での大乱闘劇、そして二見ブログ公募の“2006年二見ベストマイクアピール賞”に選ばれた「オレはWBCがあるのにわざわざ来てやたんだよ!やっぱり野球の方が大事だよ!」について再び二見が吠えます!なお、“フタ・ミ塾”恒例となったお酒の差し入れですが、T-1マスク2号も篠原選手や原氏と同様に酒が入ると“冗舌”となります。一体あのマスクでどうやってお酒を飲むのか?――いずれにしても、リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号
主役&司会:二見社長

関連記事はコチラでモニカ!
ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

5.23(水)第4回“フタ・ミ塾”T-1マスク2号×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

君は“T-1マスク2号”の素顔を知っているか?5.23フタ・ミ塾で明らかに…!?(極上の“T-1二見激情”見参)

5.23フタ・ミ塾で“T-1イズム最後の継承者”降臨!(極上の“T-1二見激情”見参)

明後日“フタ・ミ塾開催!でもT-1マスク2号のデビュー戦って、「T-1興行」ではなく、「ONLY ONE」なんだよな(笑)(極上の“T-1二見激情”見参)

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

5月23日のフタ・ミデーはフタ・ミ塾の他に「浦和FM」に二見社長と高原智美参上!

昨日は練習が終わった後に、浦和FM REDSWAVE「週刊コジ寅」の収録がありまして、智美と一緒に浦和まで行ってきた!
番組のパーソナリティは、コジマール課長と「グレートプロレス」のピンクタイガーで、おふたりの絶妙なトークにプラス愉快な突っ込みに、お陰様で楽しい時間を共有する事ができた!

20070522-00.jpg(C)T-1

自分はラジオ出演は4回目だけど、智美は初めてという事で23%くらい心配したが…!?
心配は無用でした!!
もう230点の高得点を挙げてもいいくらい、堂々と主張するところを間近で見ることができ、非常に頼もしかった。
と同時に、智美には色々と辛い思いも沢山させたけど、この短期間でよくここまで成長した姿を見ることができて良かった。

ここまで成長したんで、ご褒美として智美ブログを二見ブログから紹介!
ここ2、3日(フタ・ミ)の日記を一気に紹介するので、コチラでモニカ!

勉強中です(^^ ゞ(高原智美オフィシャルブログ)

寒いょ~(( ><))ブルブル (高原智美オフィシャルブログ)

ラジオだにょ~(≡∀≡) (高原智美オフィシャルブログ)

ラジオ後(≡∀≡) (高原智美オフィシャルブログ)

智美のブログは、いずれたっぷりと、それこそ230回くらい検証したい(笑)!
その“智美節”炸裂の放送日は、なんとフタ・ミデーの5月23日(水)!
フタ・ミ塾と同日だ。

さらに放送時間が、23時から23時55分までのフタ・ミタイム(笑)。
二見一色になると思いきや、“智美ワールド”になった(笑)。

で、内容は秘密、ラジオを聴いて下さい!
残念ながら、浦和から半径23km…いやいや冗談、5kmくらいの地域しか聞けないようで。
次回は全国放送に出演できるように目指したい!

20070522-01.jpg(C)T-1

最後に、小島さん、ピンクタイガー、イッパイサンキュー。
是非、6月5日と6月27日の「T-1興行」に来てモニカ。
その前に、5月24日の「グレートプロレス」に乱入するか(笑)。

参考
コジマール課長室
浦和FM REDSWAVE
週刊ピンクタイガー

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

明後日“フタ・ミ塾”開催!でもT-1マスク2号のデビュー戦って、「T-1興行」ではなく、「ONLY ONE」なんだよな(笑)

いよいよ明後日の5月23日の20:23(フタ・ミタイム)から、“フタ・ミ塾”第4弾が開催!
今回のゲストは、間違いなく“女子プロ最強”こと、T-1マスク2号。
あの二見も頭が上がらない噂も流れており(流しているのは二見本人だけ・笑)、一体何者なのか?――
まぁ何者と書いても(笑)。
それを“フタ・ミ塾”で確認ってことで。

そこで何故、T-1マスク2号が誕生したのか?――
その辺の秘話を公開したい。
と言って、秘話ってあったけ???――
いやいや(笑)、こんな事を書くとトークが成立しないので、ノリノリで発言する!

あと意外と言っていいのか分からないけど、2号のデビュー戦って「T-1興行」じゃない。
1号も同様なんだけど。
T-1マスクというリングネームで、デビュー戦が他所の団体(笑)。
予定調和じゃない、T-1らしい。

で、注目のデビュー戦と言えば、昨年の3月19日に後楽園ホールで開催した「ONLY ONE」。
まぁ、「AtoZ」の事だけど。
ここで1号、2号 vs 豊田、阿部組が対戦したんだが、その試合を中心とした上映会を行なうので楽しみにしてほしい。
同大会は、DVD化になっていないので貴重な映像だと思う。

それからこの大会は、なんといっても二見vs前川禁断の接近遭遇実現した日。
第1回「T-1GP」大会以来の顔合わせでもあり、さらに言えばこの日以降は、前川とは一切会った事もない。
現時点では事実上最後の絡みなんで、二見vs前川禁断の接近遭遇の真実を語りたい。

まだある。
二見vs堀田前代未聞のT-1店舗での大乱闘劇というのもあった。
これは完全に映像向けなんで、この映像を観るだけでも来る価値はある。

そんな事で、「ONLY ONE」の上映会は面白い!

        【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長
日時:5月23日(水)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

      【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:あの二見が、全女子プロレスラーの中で唯一頭が上がらない、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2006年3月19日「ONLY ONE」後楽園大会で、突如謎のマスクウーマンとして登場したT-1マスク2号。正体は知る人ぞ知るYM選手。そのY選手の実力には、“女子プロ最強”の称号を与えてもいいくらい、プロレス&格闘技両ジャンルで超一流の選手であることに異論はないでしょう。崩壊寸前の女子プロ業界で、“最後の砦”と言っていい、T-1マスク2号ですが、そのT-1マスク2号のデビュー戦「ONLY ONE」後楽園大会の上映会を行ないます。T-1マスク2号誕生の秘話、二見vs前川禁断の接近遭遇実現、二見vs堀田前代未聞のT-1店舗での大乱闘劇、そして二見ブログ公募の“2006年二見ベストマイクアピール賞”に選ばれた「オレはWBCがあるのにわざわざ来てやたんだよ!やっぱり野球の方が大事だよ!」について再び二見が吠えます!なお、“フタ・ミ塾”恒例となったお酒の差し入れですが、T-1マスク2号も篠原選手や原氏と同様に酒が入ると“冗舌”となります。一体あのマスクでどうやってお酒を飲むのか?――いずれにしても、リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号
主役&司会:二見社長

    関連記事はコチラでモニカ!
ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

5.23(水)第4回“フタ・ミ塾”T-1マスク2号×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

君は“T-1マスク2号”の素顔を知っているか?5.23フタ・ミ塾で明らかに…!?(極上の“T-1二見激情”見参)

5.23フタ・ミ塾で“T-1イズム最後の継承者”降臨!(極上の“T-1二見激情”見参)

これから智美と一緒に練習へ行ってくる!
練習が終わった後は、浦和でラジオの収録。
ラジオの事は、早ければ今日、遅くとも明日には報告したい。
画像は、前回の練習後の写真!
20070521-00.jpg(C)T-1

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

5.23フタ・ミ塾で“T-1イズム最後の継承者”降臨!

いよいよ、あと3日で“フタ・ミ塾”第4弾!
毎月23日をフタ・ミデーとして月イチペースで突っ走ってきたけど、興行とは別の意味で違った空間を提供できたと思っている。
これを活字で表現するのは難しい。
そういった空間を作り出す事ができたのも、お客さんとゲストの方々のお陰だ。

で、第4弾のゲストはT-1マスク2号。
前回書きとめたように、2号はもっと正当な評価をされなければいけない選手。
だが、現状は…、ここは言葉がいらない(ソフトバージョン)。

今回の2号のネーミングである、“T-1イズム最後の継承者”。
やっぱり今まで色んな選手がT-1興行に参戦してきたけど、2号が一番T-1イズムを理解しているし、その称号に相応しい。
(中島安里紗も、その可能性があるにはあったが…)

第3回&第4回大会を観戦している方なら分かると思うけど、2号が一番働いている。
自分が自分が、的な選手が多い中で見事に試合を成立させている。
なんといってもマスクで顔は見えないが、“活き活き”やっているのが分かる!
第6回大会にしたって、全然駄目な中島の良さを引き出した上で仕留めている。
技量もそうだし、あそこまで行くと一種の職人だ。
でも一番評価したいのは、黒子に徹してくれるところ。
前述にもあるように、基本的に選手は自分が一番だと思っている。
それ自体悪い事ではないが、それを見極めた上で自分のポジションを理解しないと、興行は成立しない。
これも以前に記したが、何故巨人があれだけ一流のプレイヤーが揃っているにも関わらず優勝できないのか?――
結局、「オレが、オレが」でメンバー全員が4番では繋がらないからである。
プロレスも同様。
メインにはメインに相応しい試合、第1試合、休憩前、休憩後、それぞれ役割がある。
全員が「私が、私が」では、興行全体としては、メリハリもなく淡々と進行しているように見えてつまらなく感じてしまう。

話が逸れたが、今までというか特に第3回以降T-1興行は、はっきり言って主役というか4番バッターは二見だ。
対抗というか準主役は堀田だろう。
それを固めるのが、2号だったり、1号もそう、土屋、篠原、阿部、中島、浦井、その他だったわけだが。
2号はそれを自分なりに解釈して、最後の締めを二見に繋げてからうまく引き下がっている。
これが簡単そうに見えて、中々できないのが現状の女子プロ界を物語っている。

だから“T-1イズム”とはそういう事。
“ブチキレ”とか“激昂”とか、面白おかしく報道されているが実は奥が深い。
ぶっちゃけ、自分の仕事の役割分担を理解した上で、自己表現するのが理想的だ。
ところが、それが実践できる選手がいないから、“ブチキレ”るのであって、それが結果的に女子レスラーを超えちゃっているのが、“二見激情”ってこと。
正直言って、2号のような選手が沢山いれば苦労もしない(笑)。

まぁ、これだけ信頼しているからこそ、6・27「T-1GP」の智美のパートナーに指名しているわけだし。
ここでも、智美をうまくバトンしてくれるのではないかと。
そのためには、智美にも今まで以上の努力が必要だ。

こんな感じで、とにかく“フタ・ミ塾”では2号の意外な一面とかをお見せしたい。
今回は試合ではなくトークだし、舞台には自分と2号しかいないわけだから、たまには4番バッターのように豪快なホームランでもかっ飛ばしてもらいたい。
ホームランをかっ飛ばす事によって、怖い2号が見れるかもしれないし(笑)。
もしかして、酒を飲むと冗舌になるかも!?
いずれにしても、2号とのトークは今後も中々ないので必見だ!
みんな来いよ!

そうそう、6月23日は“フタ・ミ塾”を開催しますか?――の質問があったが、流石に6月5日と27日に2回興行があるので1回休憩する。
しかも6月10日には智美のサイン会もあるし。
これで“フタ・ミ塾”を開催すると、たぶん倒れると思う(笑)。

あと、個人的には6・5がコケたら次はないと思っているので、絶対に観に来てくれ!
禁断の新木場で開催するのもあるし、二見の集大成を見せたい意気込みなんで。
ぶっちゃけ、6.5で完全燃焼するくらいの覚悟はある。
“フタ・ミ塾”が終わったら、完全に6.5のモードに入るから、ホント付いて来いよ!
折原偽夫vs篠原光戦は見逃すな!ってことで。
いや、二見の動向だな、一番の注目は!

            【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長
日時:5月23日(水)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

         【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:あの二見が、全女子プロレスラーの中で唯一頭が上がらない、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2006年3月19日「ONLY ONE」後楽園大会で、突如謎のマスクウーマンとして登場したT-1マスク2号。正体は知る人ぞ知るYM選手。そのY選手の実力には、“女子プロ最強”の称号を与えてもいいくらい、プロレス&格闘技両ジャンルで超一流の選手であることに異論はないでしょう。崩壊寸前の女子プロ業界で、“最後の砦”と言っていい、T-1マスク2号ですが、そのT-1マスク2号のデビュー戦「ONLY ONE」後楽園大会の上映会を行ないます。T-1マスク2号誕生の秘話、二見vs前川禁断の接近遭遇実現、二見vs堀田前代未聞のT-1店舗での大乱闘劇、そして二見ブログ公募の“2006年二見ベストマイクアピール賞”に選ばれた「オレはWBCがあるのにわざわざ来てやたんだよ!やっぱり野球の方が大事だよ!」について再び二見が吠えます!なお、“フタ・ミ塾”恒例となったお酒の差し入れですが、T-1マスク2号も篠原選手や原氏と同様に酒が入ると“冗舌”となります。一体あのマスクでどうやってお酒を飲むのか?――いずれにしても、リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号
主役&司会:二見社長

    関連記事はコチラでモニカ!
ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

5.23(水)第4回“フタ・ミ塾”T-1マスク2号×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

君は“T-1マスク2号”の素顔を知っているか?5.23フタ・ミ塾で明らかに…!?(極上の“T-1二見激情”見参)

最後に、昨日予告した5月23日(水)23:00~浦和FM REDSWAVE「週刊コジ寅」の件。
番組のパーソナリティは、コジマール課長さんと「グレートプロレス」のピンクタイガー選手。
ピンクタイガーのブログで告知していた!
コチラでモニカ!

T1二見代表参戦!!!(週刊ピンクタイガー)

ところで浦和付近に住んでいる方いないか?
録音はどうしようか。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

君は“T-1マスク2号”の素顔を知っているか?5.23フタ・ミ塾で明らかに…!?

早いもので、来週の水曜日はフタ・ミ塾第4弾を開催!
フタ・ミ塾が終わったら、2週間経たない内に6月5日(火)「T-1興行第7弾」を開催だ!
まだ正式に告知はしていなかったけど、智美のサイン会を6月10日(日)に開催!
勿論場所はT-1で、時間は16時から。
近日に概要を発表!
その後は、6月27日(水)「T-1グランプリ」高原智美デビュー戦と、かなりハードだ。

とにかく、ひとつひとつ捗るように、自分自身をもっと磨かないといけません。
で、その自分自身を磨く話しだが、今まで色んな女子レスラーと出会った。
はっきりいって、非常識で我がままな方ばかりで、流石の二見もうんざりするくらい、世の中に“こういう人種がいるのか”と別の意味で己を磨く事ができた。
だが、T-1マスク2号は違う。
ホント話していて、言葉の重みや説得力も含めて勉強になる事が多く、真面目に2号とは知り合えて良かったかと。

そんな2号をゲストに、5月23日(水)トークバトルを開催、前回弾けすぎたから今回は真面目に語るか?――
いやいや、毎回真面目に語っている(笑)。

なんだろう、はっきり言って、2号が現状の女子プロ業界でトップの位置付けに君臨していないのは、どう考えてもおかしいと。
二見ブログの読者は、2号の正体は知っていると思うが…。
知る人ぞ知る“○下○ぐ○”です(笑)。
言っとくけど、“この人”めちゃくちゃ強いから。
しかも強いだけじゃなく、“ウマイ”んだ、これが。
プロレスって難しいのは、強いだけじゃ大成しない。
ウマさが加わらないと。
男子レスラーでも強い選手は沢山いるけど、それがトップとは限らない。
実際に小川直也はシュートで強くても、プロレスでは“ショッパイ”。
だから、プロレスファンからは認知されないわけで、それ位プロレスは大変なわけ。

その強さにウマさが備わっている、2号が評価されない女子プロレスって一体何なの?――
を語りたい。
どうこんな感じで(笑)。
2号はキツイ事言ってます、今の女子レスラーに対して。
特に、やたらメッタらとデビューさせる新人とか。
なので、普段聞けない話を引き出すのが自分の役目なので、その辺は任せてくれ。

それがタイトルでも記しているように、“意外な素顔”を発見となるんじゃないか?――
素顔と言えば、あのマスクでどうやってお酒を飲むのか?――

お酒の差し入れをよろしく☆
前回みたく、高い酒じゃなくて大丈夫(笑)。
ホント、普通ので。
それより、自分は吐かないように気をつけないと。
やっぱり空きっ腹で飲んだから(と言い訳をする)。

こんな感じで、まずテーマは決まった。
現状の女子プロ界を、二見と2号がブッタ斬る!
まずはこれから入る。

また明日以降も、フタ・ミ塾の見所をアップ。

            【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長
日時:5月23日(水)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

         【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:あの二見が、全女子プロレスラーの中で唯一頭が上がらない、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2006年3月19日「ONLY ONE」後楽園大会で、突如謎のマスクウーマンとして登場したT-1マスク2号。正体は知る人ぞ知るYM選手。そのY選手の実力には、“女子プロ最強”の称号を与えてもいいくらい、プロレス&格闘技両ジャンルで超一流の選手であることに異論はないでしょう。崩壊寸前の女子プロ業界で、“最後の砦”と言っていい、T-1マスク2号ですが、そのT-1マスク2号のデビュー戦「ONLY ONE」後楽園大会の上映会を行ないます。T-1マスク2号誕生の秘話、二見vs前川禁断の接近遭遇実現、二見vs堀田前代未聞のT-1店舗での大乱闘劇、そして二見ブログ公募の“2006年二見ベストマイクアピール賞”に選ばれた「オレはWBCがあるのにわざわざ来てやたんだよ!やっぱり野球の方が大事だよ!」について再び二見が吠えます!なお、“フタ・ミ塾”恒例となったお酒の差し入れですが、T-1マスク2号も篠原選手や原氏と同様に酒が入ると“冗舌”となります。一体あのマスクでどうやってお酒を飲むのか?――いずれにしても、リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号
主役&司会:二見社長

     関連記事はコチラでモニカ!
ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

5.23(水)第4回“フタ・ミ塾”T-1マスク2号×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

第4回「フタ☆ミ塾」ポスター完成!(T-1/イベント)(格闘★ジャンキー)

最後に、フタ・ミ塾と同日の5月23日(水)23:00~浦和FM REDSWAVE「週刊コジ寅」が放送、同番組に自分と智美がゲストで出演!
収録は5/21(月)なので、月か火曜日に速報!

でも何方か、浦和付近に住んでいる方いますか?
録音をお願いしたい!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

高原智美、「週刊実話」になんとカラー8P登場!だが、かなりムカついた!?

昨日発売した「週刊実話」に高原智美が8ページに渡って掲載!
しかも“袋とじ”で参上なんで、立ち読みはできない。
ちゃんと買えよ!
まずは、見出しとリードを紹介するか。

週刊実話 5/31号 特価340円

見出し:朋ちゃん激似!!nao.の妹分 高原智美 プロレスデビューDEなぜかヘアヌード!?

リード:“ともちゃん”こと華原朋美に激似のキュートな美女が、なんと女子プロレス界へデビューするという驚愕の事実が判明!
初戦を目前にフルヌードで決意を表明し、レスラーを目指した真相やプライベイトなセックスライフまで赤裸々に語ってくれた!!

20070518-00.jpg

一応小さくだが、自分も写っている!
あとレスラーを目指した真相で、二見の事を語っているから必読!

それとアダルトが好きな方にとっては、“たまらない”写真のオンパレードで、少なくとも“23回”はイケる内容だ!!(人によっては230回も可能・笑)

自分も、特にお気に入りの智美の写真がある。
何ページ目?――
そんなの教えられるわけないだろー!

そういえば、智美のコスチューム姿を初めて見た(笑)。
コスチューム屋さんを紹介はしたんだけど、立ち会う時間がなくそのままにしてた。
感想は、う~ん…、いいんじゃないというか、全身で写っているのを見ないとなんとも言えない。
事前に生で見てみたい。

で、今回の掲載なんだが、これは「ゼロサム」が主導で行なったページ。
ちなみに今までの関連記事は、すべて「T-1」が主導。
一番最初は3月初旬に発売した、「暗黒のマット世界」の漫画内で“6月にT-1興行が復活”と飛ばし記事を掲載。
次に3月30日発売の「東スポ」で智美を紹介。
4月に入り、「オークラ出版」からのムック誌と「格闘ジャンキー」に、“二見の彼女が女子プロデビュー”と驚愕の事実を明らかにして、4月16日の会見でベールが脱いだ形へと繋いだ。
その後は、「マッドマックス」や「夕刊フジ」と大会告知をして、その延長戦で急遽6月5日に「T-1興行」を打って出ることになった。

このあとも自分なりの戦術やプランがあり、多方面に進出する予定。
とにかく少しでも露出しないといけない。
実際問題、プロレス専門誌のパワーがかなり落ちて、ぶっちゃけあまり当てにならないのが現状。
だから、違った角度で攻めていかなければ共倒れになってしまう。
だからと言って、プロレスファンにも認知されるようにしなければならない。
自分が智美に伝授することによって、女子プロレスラーの肩書きや称号を与えないと何のためにリスクある興行を打って出るか分からなくなる。
そのために冠は「T-1」にしているわけだし、だからこそ掲載記事にしても、ひとつ、ひとつ、それこそ細かい配慮も踏まえて、参戦の経緯や大会の意義を順番に説明をしてきたつもりだ。

そういった事を考察すると、今回のような「ゼロサム」の方でも多方面に動いてくれると非常に助かる。
今までの女子プロ団体は自分の都合しか物差しができなく、自らパイを狭くしていた。
他所の興行は、所詮他人事なんで自分の団体しか宣伝をしない。
しかし共同作業を行なう事によって、「週刊実話」に8ページも掲載していただき嬉しく思っている。

しかもまだまだこのあとも、まず従来の女子プロレスでは掲載しない媒体に智美は登場する。
過去の「T-1興行」の露出は、はっきり言って“二見オンリー”だったが、二見&智美が甲乙付けがたい感じで露出するという、今までの女子レスラーには出来ないことを智美は突き進んでいるのだ。
言っとくけど、まだデビュー前の段階で。

それで自分自身も負けられないとなり、切磋琢磨していけばいいと思う。
だけど、これから切磋琢磨していくためには、ここは苦言を呈さないといけない。

ただ旦にここで8ページ出ました、「ヤッター」では進化しない。
自分達が目指しているのは、色んな媒体で出ることではない。
だが、自分が目指している世界観はここで明かせない。
はっきり言えばその必要はないし、智美にも伝えていない。
ただ、「枝を伐って根を枯らす」で進捗に行くことが、大会当日に最高のステージへと繋がる。
そのためには、敢えて問題提起しないと“二見が二見でなくなる”ので、今回の記事について提言をさせていただく。

前述のリードで「プライベイトなセックスライフまで赤裸々に語ってくれた!!」と紹介したが、そこの文面に
「見知らぬ男に弄ばれたい」「自慰だけじゃ物足りない」「一週間空くと○○●●●が欲しくなる」

まぁ妄想オタクにとって喜ぶ内容だ。
しかも赤裸々ってことは、“ありのまま”って事だろう。
だが、ありのままって事はある意味“二見じゃ全然物足りない”と世間に公表しているようなものだ!

それは今大会のテーマでもある「裸一貫」のプロモーションとして、繰り返しになるがこういうパブを打つのはいい事だ。
実際に女子プロとAVの融合でもあるわけだから、色んなファンを取り込まないといけないと割り切ることも必要だろう。
じゃどうして憤慨しているのか?――

今までこの手というか、これに近いイベントは多々あった。
例えばチョコボール向井さんは、桂スタジオで「負けたら○○」とかやっているし。
でも、今回のイベントって全然違うわけで。
その先の目指すものが違うと言っても、それは今明かせないわけだからそれを書いても仕方がない。
では何が違うって、至って簡単なので敢えて書かないが。

とにかく、“リアル”のものを追求したいから、そして自分の彼女をリングに出す事によってどう化学反応が起こるのか?――
確認したいから、勝負に出た!

だけどこのような記事が出ると、結局は“やらせ”か?――
“ギミック”か?――
と思われてしまう。
一体何のために“リアル”なのもを追求して、それこそ寝ずに行動してきたか分からなくなる。

智美のブログを読んでいる方なら、それこそ赤裸々に「二見と朝までいた」と書いているから知っていると思うが、自分も智美のこの一週間で2日間も寝ずに“夜の練習”をしてきた。
“夜の練習”というより、プロレスの勉強だ。
そしてそれが終わったら、お互いに寝ずに仕事をしている。
一週間のうち、5日間しか寝てない。
さらに、色んな選手が集まった合同練習も開始して、自分も智美も練習に参加している。
それも智美のブログでは書いている。
自分も近い内にその事も含めて書きたいが、それも智美なりの決意だから、自分も喜んで付き合っている。

ホントここまで智美の頑張りを間近で見てきたし、だからこそ、その頑張りが振り出しに戻るのはシンドイ。

勿論“遊び心”は必要だし、エロが優先な媒体側の都合もあるのも分かる。
でもせめて、二人が真剣に取り組み、付き合っているのを伝えないと、苦しい思いも水の泡になる!

「二見じゃ物足りない」と暗に示唆する文面があって、違うページでは「最愛の彼のため」とか「私の大切な人」と出ても、“ツジツマ”が合わない!
それこそ説得力なし。
他人から見たら「二見はシャレが通用しない」とか思われるかもしれない。
でも自分はシャレで興行をやっているんじゃないし、それなりの覚悟を持って今大会に対して挑んでいるので、バカと言われようがそこの部分は引けない。

もう少し分かりやすく書けば、プロレスをバカにされたくない!
女子プロと書いてもいいかもしれない。
それを証明するために、智美に対して本気でレクチャーしてきた。

本当は智美のブログだって、早く二見ブログで紹介したい。
だけど、まだしていない。
本音は毎日でも紹介したいし、智美の事なら沢山書きたい。
でもしないのは、それは自分なりに考えがあるからだ。

以前にも記したが、それは旅行にでも連れてってあげたい。
温泉にでもいいし、近場なら遊園地でもいい。
それすら出来ないのはツライが、これも大会を成功のために日々頑張っている。

なんで、もう出たものは仕方がない。
ホント、女子プロとAVの融合は難しい。
特にウチらは前例のないことをやろうとしているし。

もっと上へ進むための試練と受け止めて、今後はたとえ「ゼロサム」が主導の記事であろうとも、自分と智美の今大会に対する決意を伝わるような記事をお願いしたい。
ではないと、智美がかわいそうだ。
本当はかなりムカついたけど、智美の立場もあるし今回は“二見式”の提言として、自分も智美も「ゼロサム」も進化していこうって事で。
うまくまとめたか?――

最後に、5月12日の夕刊フジ掲載したT-1記事、WEBでもアップしてる。
買い逃した方はコチラでモニカ!

女子プロ異色社長、カノジョをAVとリングにデビュー 捨て身の“合わせ技”(ZAKZAK)

これにて終わり。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

風香、中島安里紗を挑発!オマエら裸一貫で出て来いやぁ!!(T-1会見再録パート3/07.4.16)

4月16日に行われた“高原智美デビュー戦”の記者会見再録パート3を更新。

記者会見再録パート1&パート2は、コチラでサバンナの夜!
伝説の「T-1グランプリ」が歌舞伎町に帰ってくる!6.27(水)ゼロサム主催で女子プロとAVの合体興行開催!(T-1会見再録パート1/07.4.16)(極上の“T-1二見激情”見参)
驚愕!なんと二見社長の“彼女”高原智美が女子プロレスデビュー!!(T-1会見再録パート2/07.4.16)(極上の“T-1二見激情”見参)
6.27(水)T-1グランプリの大会概要については、コチラでモニカ!
女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~(極上の“T-1二見激情”見参)

チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト

風香、中島安里紗を挑発!オマエら裸一貫で出て来いやぁ!!(T-1会見再録パート3/07.4.16)

二見社長は、ある2人の女子レスラーに“挑戦状”を叩きつけた!
「おい、風香!奈良に帰ってるんだったら、もうJDなんか辞めちまえ!!オレが舞台を用意してやるからよ!!裸になる気概もないくせにファンに媚を売ってんじゃねーよ!風香ファンも風香オタクも風香の裸が見たいだろ!?コッチは裸になる覚悟があるんだからよ!裸になるのか、ならないのか、どっちなのか決めたらいいんだぁ!!」
と“究極の難題”を要求。さらに
「中島安里紗!オマエは最近ピンクのコスチューム着てるけど、オマエがやりたかったのはそんなことか!?本当はオレのことが好きなんだろ?オレのことが忘れられないから、ピンクのコスチュームで誤魔化しているんじゃねーよ!中島安里紗にピンクのコスチュームなんていらねぇーだろ!」
と、高田総統ばりに吠えた二見社長。
「このふたり、オレの電話番号知っているんだろ!枠を空けてやっているから返事よこせよ!」
と大暴走!

この暴走ぶりには目を白黒させるAV女優達だったが、ここで開催当日にゼロサムの女優陣を大集結したイベントを開催することを発表。
それぞれ抱負を語ると思いきや、先陣を切った超人気女優のnao.は、
「ともちゃんのセコンドにつきたいです!」
と二見社長に直談判したnao.。
「なんで付きたいの?」と二見社長は突っこむと、
「妹分として心配だから」とnao.はアピール!
しかし二見社長は「心配?」と引かず、
nao.「(笑)はい心配です!」
二見「オレより強いレスラーはいないぜ。唯一強いレスラーの2号は味方だし。それでも心配?」
nao.「ハハハ!心配です(笑)」
高原「二見さん、大丈夫?」
二見「そこまで言われればね。それとも実はオレのこと気に入っている?」
と余計なアピール。
これにはnao.も
「ハハハ!超ウケる(笑・高原笑)。女優は顔が命なので、体を張って守ってね☆」
と二見社長にリクエスト。
【提供/格闘ジャンキー】
20070517-00.jpg

「当たり前じゃん(nao.高原笑)。意外とnao.さんの方が風香、中島より強いんじゃないの(一同笑)。もうちょっと女子レスラーは来てもいいよ」
と、二見社長は風香、中島をおちょくった。

続けて今野梨乃は、
「梨乃、実は二見さんの事が結構タイプなんですけど、良かったら今度一緒に共演しませんか?」
と迫る。
二見「共演?どういう共演(今野爆笑)?」
今野「梨乃、AV女優です(笑)」
二見「AV(今野爆笑)?オレがAV男優(今野爆笑)。それじゃチョコボール向井を超えちゃおうかな(今野爆笑)。オレは加藤鷹さんに負けずに、“フタ・ミ指”って知っている?2本と3本のW指技が得意だから(マスコミ爆笑)」
と悪のり。
これに今野も「2と3ですか(笑)?梨乃のそんな入らないから、2本でお願いします!」
と、今野も負けずに暴走!さらに
「今日は、梨乃のDVDを持ってきったのでプレゼントです!」
と今野はDVDを二見社長にプレゼントをすると、
「嬉しい」
と横に彼女がいるにも関わらず二見社長はニヤニヤ。
これにはたまらず高原は、
「駄目ですぅ」
と二見社長の腕を掴む。
 【提供/格闘ジャンキー】
20070517-01.jpg

二見「駄目と言われちゃった(笑)。(DVDを)返します(笑)」
今野「もらって下さい(笑)」
これにはゼロサム広報も困惑しながら、「進行を続けたいと思います(二見、高原、今野爆笑)」
最後に乙音奈々から、
「私も女子プロデビューしてみたいと思っています」
とアピールがあると、二見社長は
「女子プロデビューしたい?」
乙音「したいですね、してみたい!」
二見「わかった。もう、みんなまとめて出ちゃおうか(乙音笑)!オレと2号も含めて6人(乙音笑)。6対6でいいもんな」
と破れかぶれに宣言。
すると高原は二見社長の腕を取って、いきなりオッパイを露出させ“私を見て”アピールを敢行してガチッリガード。
「いやぁ~、二見並みに暴走しちゃったな。これこそ“予定調和じゃないから。笑ってね(一同笑)」
と二見社長は動揺すると、
「皆さん、全然イベントの告知をしてもらえません(一同爆笑)」
と、こちらも完全に二見激情の会見に動揺隠せないゼロサム・広報。
二見社長は
「あ!いいよ続けて(一同爆笑)」
とあっさり回答して、ようやくイベントの告知を女優陣を代表してnao.が、
「試合の後には私たち女の子による色んなイベントも用意しているので、プロレスファンの方もAVファンの方も絶対に楽しめると思いますので、ぜひ参加して下さい」
とPRして、ここで質疑応答へと移った。

記者「高原さん、女子プロレスのイメージを具体的にお願いします」
と聞かれた高原はモジモジしながらも、
「えっと、私は二見さんだけなんでぇ、女子プロ=二見さんですぅ(記者笑)」
と二見社長の顔をのぞき込んでニッコリ。
記者「戦いたい選手はいますか?」についても高原は
「二見さんがパートナーなら誰でもいいですぅ」
と、またしても二見社長の腕にしがみついてニッコリ。
これには強面の二見社長も鼻の下を伸ばしながら、
「なるほどね(高原笑)」
とデレデレ状態。
記者「今まで女子プロは観た事ありますか?」
高原「T-1をDVDで観た事はありますぅ」
と完全にラブラブモード。
記者「高原さん、得意技はなんですか?」
高原「得意技???得意技???」
と、小首をかしげながら今日“23度目の”二見社長の腕をしがみついてニコッリ。
二見社長は
「練習で開発中(記者笑)。当日のお楽しみに!事前に言うと思いますよ。予告フィニッシュ!」
と、うまくまとめた。
記者「プロレスの練習はどうしていますか?」
高原「練習は(笑)、夜の…(笑)。夜の…(高原、nao.爆笑)。夜の練習なら(高原、nao.爆笑)」
とお約束のコメントで照れ笑い。
記者も悪ノリして「騎乗固めとかやっているんですか?」
高原「ハハハ」
と笑ってうまくかわした。

記者「お互いの好きな所はどういう所ですか?」
と高原の魅力を聞かれた二見社長は、
「魅力はやっぱり挑戦するところかな。何ごとにも裸一貫で勝負するところ。オレにはできないことをやること。料理もうまいんだよね」
と満足げ。
記者「どんな料理ですか?」
「料理はいろいろできるんですけどぉ、肉じゃがとかダシ巻き玉子とか得意ですぅ。テレビで見たのを作ったりしてますぅ。私は情熱的なところが好きです。あと男らしいところ」
と高原もラブラブをアピール。
すかさず記者が「それは夜も情熱的ですか(一同爆笑)?」
と突っこむと、二見社長は
「そういう質問はNGですよ(二見、高原笑)。オレのイメージが崩れるから(二見、高原笑)」
とか言いながら、鼻の下は伸び放題だ。

記者「これまでT-1興行全戦参戦している堀田選手の参戦は?」
と、初めて真面目(?)な質問が飛ぶと
「堀田とは縁を切りたくて今回始めたのもある。ずっと堀田だけが全部出てて、今まで出てもらったのは感謝している。何時乱入するか?と今日も思っていたんだけど、いつもスパイから会見の情報を嗅ぎ付けて乱入をするんだよ!スパイと言えば原いる?(当然ノーリアクション)やっぱり原いないか。ゴングがなくなって、原もいないと同時に堀田も仕事はキツイな。まぁ、この中で堀田のスパイがいない事を祈っています」
と、これまたお約束の堀田の参戦は否定した二見社長。

記者「白紙になったカードですが本当に白紙なんですか?一宮選手と浦井選手は、二見さん式で言うと230%参戦はないですか?」
と再度報道陣から、一宮&浦井の参戦に関して質問が上がると
「今までと同じように、同好会のクズ団体に所属をしているようなら参戦は無理だけど、そこを辞めるんだったら参戦も考えます」
と、参戦に含みを持たせながらも最後通告を突きつけた二見社長だが、
「テーマは『裸一貫』ですよ。至って簡単な事。それが、風香、中島もそうだし、一宮、浦井も『裸一貫』になる覚悟があるのか?元々女子プロはストリップの延長戦から始まった。原点回帰ですよ!筋を通してほしい」とまくし立てると、
記者「二見さんは裸にならないですか?」
と質問。
「オレの裸なんか見たくないだろ?」
と二見社長が問いかけると、今野梨乃は
「見たいですぅ~」
とまたもや迫ると、
「だって、観衆はカメラ小僧ばかりでしょう。でもオレも女性ファンがいるからな」
と二見社長の回答に、高原がほっぺたをふくらませて、
「にらまれたよ。その睨みなら大丈夫だな。次の質問をお願いします(記者笑)」
と二見社長もタジタジ。

記者「カードは基本的に敗者裸マッチでしょうか?」
「当然それがいいでしょう。風香を知らない記者もいると思うので説明すると、壊滅状態の女子プロ界で一番客が呼べるアイドルレスラーと覚えてもらえれば。ちなみに、オレはその風香より客が呼べて、オレが出ると100人は動くんですよ!風香は77人くらいで、23人欠けるわけ。あとの他の選手は、2、3人しかファンがいない。これもフタ・ミ(記者笑)。今日は勉強の段階だからね(記者笑)。これを学習して下さい。23という数字がキーワードだから。でもこれはマジネタでホントそんなもん。これでオレと風香がいかに抜けているのか分かると思う。女子プロ業界で1番、2番で客を呼べると初心者でも理解できると思う」
と、もはや暴走が止まらない二見社長だった。

記者「次回のフタ・ミ塾のゲストが篠原光選手なんですが、今回は篠原選手の参戦はどうですか?」
二見「篠原はオファーして、同じ時期に格闘技の試合あるかもしれないので、今回は外しています。彼女は格闘技の選手なんで、格闘技が優先となります。オレと篠原の関係は問題ないんだけど、もしかしたら同日の裏に興行があるかもしれないので、オレは高原と一緒に試合をするので、打ち上げは一緒にやろう」
と、篠原の参戦は見送った。

追記:当初の予定では、篠原プロデュース格闘技の大会は6月27日の予定が、7月26日に変更となったので、「T-1GP」篠原選手の参戦の可能性は大いにある。

記者「nao.さんの簡単なプロフィールを教えて下さい」
nao.「60本くらい作品に出演してまして、4年目です」
二見「一番最初の作品が23万本売れた(記者笑)。これ本当ですよ(nao.笑)」
記者「どういう系統ですか?SMとかアイドルとか」
nao.「当てはまらないんですよ!一通り色々とやりました」
二見「当てはまらないなんてT-1向けですね(nao.笑)。従来の概念を破壊するのがT-1だから」

記者「新木場事件の件で、T-1マスク2号は何か言ってましたか?」
二見「2号ね、『二見に任せまーす!』です」
記者「高原さん、AVデビューは?」
高原「7月にデビューです」

と質問も一通り終わると、再びマスコミ陣に睨みを利かせながら
「オレが締めるか!サムライの美人記者さん、コッチに来なさい。腐った女子プロ業界の連中!選手、フロントのことだよ!コッチからは関わらないが、出たければ来いよ!今まで“誰の挑戦でも受ける”とほざいて、いざオレが挑戦したら受けないヘタレ共。オレは“誰の挑戦でも受ける”なんて言わないぜ!だが、女子レスラーなら“誰の挑戦でも受けてやる”よ!来ないなら来ないで、T-1マスク2号、オレと高原がいるから試合は成立するから。オレはオレのやり方で突き進むから、腐った女子レスラーは気持ち悪いオタクを相手にチマチマとやって下さいよ。これにて、今日は多数お集まりいただきまして誠にありがとうございますじゃなくて…、イッパイ・サンキューでもなくて…、イッパイ・サイモンでもなくて…、“イク・サンキュー!”(一同笑)」
と、最後まで彼女を前にハイテンションの二見社長だったが、
最後に記者から
「交際歴はどのくらいですか?」の質問に、
「付き合って、まだ2ヶ月と3日(一同爆笑)」
と、最後まで“二見節”全開で締め括って見せた二見社長だった。

20070517-02.jpg(C)T-1

さて今大会の最大の注目は、あの二見社長の“彼女”である高原智美の女子プロデビューだ!
最愛の人のためにデビューを決意した高原だが、果たして対戦相手は誰になるのか?――
対戦相手として指名された風香と中島のリアクションは…!?
また、二見社長のプロレスデビュー戦にも注目!
さらに、今回の開催地は新宿FACE。
伝説として深く語り継がれている第2回「T-1グランプリ」大会以来、再びT-1興行が歌舞伎町に帰ってくる。
前代未聞の、女子プロレスとAVの夢のコラボレーションの結末はいかに…!?

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

5.19「WMF」他、他団体チケット情報!

たまには、他団体チケット情報を告知しないと。
その前に“二見ブログ”を始めたのが昨年の6月16日。

という事は今日で丁度11ヶ月。
お蔭様で54万以上のヒット数を記録して、昨日も計算上では7700くらいのアクセス数のはずが、何故か5798のアクセス数となっており、アクセスカウンターも故障するくらいの数字を叩き出して、今やT-1には“二見ブログ”は欠かせない存在となっている。

ぶっちゃけよく考えたら自分の本業は何なのか?――と自分自身でも分からないくらいになっている(笑)。
かといって、本業をおろそかにはしてない。
実際に、一部営業時間を延長したり、色々と試行錯誤を繰り返している。

それから来る8月23日で開業12年!
だが、何年経とうが日々勉強だ!

そんな感じで動いているんだけど、やっぱり“野球シーズン”になると忙しい。
まぁ、忙しいのはありがたいこと。

その野球なんだが、野球ブログが一向に始まる気配がない(笑)。
自分が1回目の原稿を作れば、直ぐにでもアップできる体制なんだけど、マジで参った。

野球ブログもそうだし、「ミルホンネット」の電子書籍も時間の関係上出版できない。
頭が、6・5「T-1興行」&6・27「T-1GP」を目指してスイッチが入っているので、それが終わってからになるか。

さて、本題のチケット情報。
今回は「WMF」。
5月19日に新木場で開催するが、今回も観戦できそうにない。

気になる団体のひとつなのでホント行きたいが。
誰か代わりに行って!
その際には、T-1でチケットゲットでモニカ☆ 

          【概要】
東京・新木場1st RING 試合開始(19:00)
WMFプロレス 「NEXT BATTLE 10th」
■公演日:2007年5月19日(土) ■開演:19:00 ■開場:18:30
■会場: 新木場1st RING
チケット料金表&T-1の在庫状況(当日券4,500円)※小学生以下入場無料
全席自由4000円→T-1価格 3000円

チケット情報:チケット&トラベルT-1ホームページ
TEL:03-5275-2778
 
【写真は、06年の1月20日にデビューした新人・河野健一選手】
20070516-00.jpg

       <対戦カード>
◎メインイベント 6人タッグマッチ 60分一本勝負 ( WMF Effect! )
ソルジャー&藤田峰雄&高井憲吾 vs X&GOEMON&保坂秀樹
《Xは現在雁之助選手と交渉中です。》
◎セミファイナル シングルマッチ 45分1本勝負 (にゃんこが大矢剛功と初対決!)
にゃんこ・キッド vs 大矢剛功
〇第3試合 タッグマッチ 40分1本勝負 (あれ?!またヤギュウだ・・!)
神威&超人勇者Gヴァリオン vs 斗猛矢&ヤギュウMORIMORI
〇第2試合 シングルマッチ 30分1本勝負 (木村響子がリッキー越えに挑戦!)
リッキー・フジ vs 木村響子
〇第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負 (KAIENTAI DOJOからヤス・ウラノ参戦!)
怨霊&河野健一 vs ヤス・ウラノ&星野勘九郎

5/23(水)20:23~ ガチトーク“フタ・ミ塾”Vol.4 
“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長(水道橋・闘道館)
全席自由  前売り 会員  1839円  一般  2300円

5月23日(水)の“フタ・ミ塾”も来週だ!
“フタ・ミ塾”の宣伝もしないといけないし、6月5日のT-1興行だって、あんまり日がない。

とにかく先に更新しなければいけないのは、4月16日に行われた「高原デビュー戦」の記者会見再録のパート3。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

驚愕!なんと二見社長の“彼女”高原智美が女子プロレスデビュー!!(T-1会見再録パート2/07.4.16)

引き続き、4月16日に行われた“高原智美デビュー戦”の記者会見再録を更新。

記者会見再録パート1は、コチラでサバンナの夜!
伝説の「T-1グランプリ」が歌舞伎町に帰ってくる!6.27(水)ゼロサム主催で女子プロとAVの合体興行開催!(T-1会見再録パート1/07.4.16)(極上の“T-1二見激情”見参)

6.27(水)T-1グランプリの大会概要については、コチラでモニカ!
女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~(極上の“T-1二見激情”見参)

チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1グランプリオフィシャルサイト

驚愕!なんと二見社長の“彼女”高原智美が女子プロレスデビュー!!(T-1会見再録パート2/07.4.16)

続けて二見社長から
「高原とT-1マスク2号は参戦決定です。高原参戦に至る経緯ですが、昨年の11月の浅草大会をもってT-1興行は終結宣言をした。だが、相変わらずアホな女子プロレスラーしかいないし、オレがいくら女子プロの復興を掲げても、どうしようもないクズどもしかいない。復興どころから崩壊に向って突き進んでいるんですよ!」
と、二見社長は現状の女子プロ界を断罪。

「それは理由もあって、T-1は団体をやっているわけではなく、第三者によるステージを組んでるので、女性をコントロールするのが難しい。ただでさえワガママな連中だから。で、コントロールを一番できる方法と言えば、自分の女をレスラーにするしかないんじゃないかと。昔の女子プロは“3禁”があって、酒・たばこ・男は禁止だった。それでこの業界はレズばかりなんだが…。そこで少しはリアクションしてくれないと困るけど(記者・笑)。レズレスラーにオレが負けるわけがないじゃん!自分が一番信頼している女性をデビューさせてどうなのか、と確認をしたいということで、今回高原をデビューさせることになった」
と、二見社長がたどり着いた答えがなんと、“自分の彼女”である高原智美を女子プロレスデビューさせるというのだ。

まだまだ二見式の暴走は続く…。
「もうひとりの参戦選手としてT-1マスク2号。正体は知る人ぞ知るあの人なんだが、オレは9割以上の女子レスラーに嫌われている。だが、仮に女子レスラーが100人いて99人嫌われても2号に好かれればいい。極端な事を言えば、99人好かれても2号に嫌われてはいけないくらいの、2号は女子レスラーの中で唯一、オレよりも強いし、オレに対してモノを提言できる女子レスラーなんで、今回高原をサポートしてもらいたい」
と、2号を評価した二見社長。

さらに「参戦予定選手として自分が入っているんだが、4月7日に新木場事件というのが勃発した!簡単に説明すると、ガッツサイドが“ある約束”を破ったことにより、オレが試合終了後にシュートを仕掛けたんだが、それによって消滅になったカードがある。高原智美&二見&T-1マスク2号vs一宮章一&浦井百合。これを今日発表する予定が、例の事件により白紙になった。この辺の白紙になった経緯は個別に聞いて下さい」
と、注目の高原デビュー戦のカードが白紙撤回となった経緯を説明。

「当初は一宮との決着戦で、それに高原を守らなければならないからデビューを決意をしたが、一旦白紙になった以上は、自分が参戦するかどうかは未定となります。オレが出てもいいような選手が参戦するなら、当然高原と同じリングに立ちます」
と、自身のデビュー戦については名言を避けたが、まだ怒りの収まらない二見社長は、
「それにしても折角一宮と浦井は、参戦が決定したにも関わらず白紙になってしまった。その張本人は、ガッツ石島というアホとGAMIという害が原因。だから一宮と浦井は、この二人に損害賠償でも請求した方がいいぜ!それ位のことをやったからな」
と言い放ち、いよいよ高原智美の決意表明と移った。

その高原は、身長155センチの華奢なスレンダーボディ。
今大会で女子プロデビューした後、なんと7月上旬には単体女優としてAVデビューするというのだ。
「えっとぉ、T-1に以前からよくチケットを買いに来てて、来ているうちに自然と弾むようになり一緒に食事とかするようになりました。その時に話をしている時に、いつも女子プロレスの話題が出て、(選手に)うまく伝わらないようで…。興行で赤字が続いているみたいなのでぇ、助けたいと思ったんですよね。私が一生懸命頑張って、二見さんを楽させてあげたいですっ(ニコッ)」
と、二見社長との馴れ初めまでを語り始めた高原。

20070514-00.jpg(C)T-1

二見社長もそんなかわいい彼女に、普段見せたことない表情でデレデレしっぱなしだった。

ここでゼロサム・広報一由氏が、試合以外にゼロサムの女優陣を集めたイベントの告知を行なおうとすると、
「いつも二見独演会、挑発タイムを決行しているんだよ!マスコミもその方がいいだろ?」と遮る。
これには一由氏も「ホント段取りを無視する方ですね。もうお任せします(苦笑)」
と投げやり。
「予定調和じゃないもんな!予定調和じゃ調子くるよ(一同・笑)!サムライ!ちょっとこっち来い!今から言うのは絶対カットするなよ!二人参戦が白紙になったんだよ!チャンスだぜ、女子レスラーは。まずは風香!」
と、カードが白紙になった緊急事態を逆手にとって、風香に“挑戦状”を叩きつけたのだ。

まだまだ、二見社長の進軍ラッパは鳴り止むことを知らない…。

T-1会見再録パート3へ続く。
次回は、「風香、中島を挑発!裸一貫で出て来いやぁ!!」。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

大至急、夕刊フジを買って!買えばわかるさ、二見参上!!

緊急告知。

実は、昨日発売した「夕刊フジ」に二見のインタビューが掲載。
確か以前に、「大事な取材がある」と報告しましたが、そう「夕刊フジ」の事!

自分も先ほど聞いて、慌てて「コンビニ」や駅の売店に買いに行ったら、流石に「コンビニ」は売っていなかったが、水道橋駅の売店は売っていた。
まだ間に合うかもしれない。
急いで買って下さい。

雑誌と違って、いま買わないと何が書いているか分かりません!
買えば分かるさ、コノヤロー…、じゃなくて2、3、フタ・ミ!!
20070513-00.jpg

夕刊フジ週末特別版 07年5月13日(12日発行)<日刊>第11531号

見出し:カノジョをAVとリングにデビュー

小見出し:女子プロ異色社長捨て身の“合わせ技”

キャプション:選手以上に人気のT-1GP・二見氏
「新しいファン呼び込む」

凋落業界「レスラーの大半が夜のバイト」

チケット情報:チケット&トラベルT-1ホームページ

T-1興行情報:T-1グランプリオフィシャルサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

伝説の「T-1グランプリ」が歌舞伎町に帰ってくる!6.27(水)ゼロサム主催で女子プロとAVの合体興行開催!(T-1会見再録パート1/07.4.16)

大変お待たせした、というよりもう忘れている方も多いか?――
4月16日に行われた、“高原智美デビュー戦”に関する記者会見(エピソード19)の再録を3回に渡って更新。
5月9日に、智美(高原さんと今まで記していましたが、高原さん本人から『“智美”と書いて』と、強~い突っ込みがあったので)と一緒に「ハッスル」を観戦したが、終わったあとに智美の人生を左右するくらいのターニングポイント的な出来事があった。

その件についてブログで書くかどうかかなり迷ったが…、“言葉はいらねぇだろ!”(久々この決め台詞)じゃなくて…、二人だけの秘密にする!
それじゃ、会見再録。

6・27(水)T-1グランプリの大会概要については、コチラでモニカ!
女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~(極上の“T-1二見激情”見参)
チケットの情報については、コチラでパッション!
チケット情報:チケット&トラベルT-1ホームページ
T-1興行情報:T-1グランプリオフィシャルサイト
主催のゼロサムのホームページは、コチラでイク・サンキュー!
ゼロサム

伝説の「T-1グランプリ」が歌舞伎町に帰ってくる!
6・27(水)ゼロサム主催で女子プロとAVの合体興行開催!
(T-1会見再録パート1/07.4.16)

4月16日午後2時30分(フタ・ミタイム)から、水道橋・チケット&トラベルT-1にて6月27日に、女子プロとAV業界の合体イベント「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~に関する会見が行なわれた。
会見にはT-1社長・二見の他に、今大会で女子プロレスデビューする二見社長の“彼女”の高原智美、ゼロサムの看板女優のnao.(ナオ・ドット)、乙音奈々、今野梨乃が出席した。
今大会の注目は、なんといっても二見社長の彼女である高原智美だが、7月上旬に単体女優としてAVデビューすること決まっており、最愛のパートナーの二見社長とともにデビュー戦に向けての意気込みを語った。

まずは今大会を主催する高原の所属事務所である、ゼロサム・広報の一由氏から
「今年の1月に高原から、『T-1興行という女子プロレスの大会に出たい』と直訴がありました。事情を聞くと、T-1・二見社長と高原が交際している事が分かりました。弊社としてもプライベートの部分までは関知できないところがありまして、高原と二見社長を交えて話し合いをしました。当然弊社のスタンスとしては反対でした。これから売り出していく期待の新人が、(プロレスをやることによって)傷物になってしまうかもしれません。しかし、高原と二見社長の熱意に根負けしまして、開催する条件として2点提示しました。ひとつは、主催をゼロサムにすること。先ほども申し上げたように高原はウチの大事な女優です。仕事としてやる以上は、肖像権の問題も含めて弊社で管理をしないといけません。もうひとつは、今大会で赤字が出るようなら高原が女子プロに参戦するのは今回限りにしてほしい。以上ふたつの条件とも、二見社長に受諾していただき開催に踏み切った次第です」
と今大会を主催する経緯を説明。

続けて
「私も二見社長の事を色々と調べまして、女子プロ業界ではかなり名が知られている人物のようです。T-1興行も過去に6回開催しているので、カード編成・チケット販売・広報・運営などはその道のプロである二見社長にお任せます。ウチの高原をいい形で、大きな舞台に立たせていただけるよう、プロデューサーとしての手腕を期待しております」
と全権は二見社長に委ねた形となり、
それを受けて今大会のプロデューサーを務める二見社長から改めて今回の経緯が語られると思いきや、
「堅苦しいことを言わずにさぁ~。マスコミはオレの独演会が聞きたいよな?」
と、スタートから“猛毒”を撒き散らし、
さらに
「簡単にいうと女子プロとAVが合体したイベントを開催します。開始時間ですが、過去のT-1興行はすべて18:39開始で、それは“イッパイ・サンキュー”と言う意味なんだけど、今回は、“イクー!・サンキュー!!”」
といきなり二見節を炸裂!

今回の会見には、プロレス関係以外の媒体も数多く参集しており、突然の“二見激情”に戸惑いを隠せない報道陣。
しかしそんな事はお構いなしに
「高原に23回じゃねーな。230回、いや6月27日までに2300回オレはイキたんだけど(高原・笑)。お客さんも当日会場で“イっちゃって”いいからな!」と、“二見式”の暴走は止まらない。

20070512-00.jpg(C)T-1

「チケットの料金ですが、主催のゼロサムさんは、ゼロサムプレミアシートとゼロサムカウンターシートの二つの名称と料金を決めました。オレは残りの三つを決めた。これを所謂、2と3だからフタ・ミ!今日は初めてのマスコミも多いから覚えておいてくれ!5000円の席も2列、3列だから、フタ・ミ!ノーリアクションだな。もう会見を止めようか(一同笑)?――
当日は裸になる可能性があるわけだから、T-1モザイクシートは一番後ろで、3000円だとモザイクがかかって見えないからな!ねぇ(サムライTVの女性記者に向かって)、お姉ちゃん分かる?――
モザイクなしで観たければ一番高い席を買えやぁ!」
と、ちゃっかり商売人をアピールした二見社長。

続けて
「注意点があって、ゼロサムプレミアシート以外の方は、一切写真撮影は不可。(ゼロサム・広報に向って)そうなの?――(はい、という回答に)全くよぉ~、そんな堅い事を言わずによぉ~(二見&高原笑)。(再びゼロサム・広報に向って)プロレスは基本的に写真撮影はOKなの知ってる?――(知っています、という回答に)コンサートみたいじゃん(笑)。オレの歌謡ショーをやるか(笑)。
(またまたゼロサム・広報に向って)オレだけは写真バンバンOKでいいじゃん?――(今回は駄目です、という回答に)今回はしょうがないな(笑)」
と、“二見式”の概要の説明が終わり、いよいよ二見社長の横に寄り添う高原について語り出した…。

T-1会見再録パート2へ続く。
次回は、T-1・二見社長の“彼女”高原智美が女子プロデビュー!!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

5.23(水)第4回“フタ・ミ塾”T-1マスク2号×二見のポスター完成!

第4弾のポスター完成!
“フタ・ミ塾”の見所は、来週には書く予定。
20070509-00.gif(C)T-1

で、“フタ・ミ塾”のマスコミ関連記事を紹介。
リンク先で“モニカ!”

5.23「フタ☆ミ塾Vol.4」の告知(T-1/イベント)(格闘★ジャンキー)

第4回フタ・ミ塾 今度は「謎の覆面女子レスラー」が登場だ!(ミルホンネット)

第4回“フタ・ミ塾”5.23開催、ゲストはT-1マスク2号(スポーツナビ)

T-1二見社長が5/23水道橋にてガチトーク“フタ・ミ塾”第4弾をを開催!今回のゲストは“T-1イズム最後の継承者”!!(kamipro Hand・携帯サイト)

フタ・ミ塾Vol.4開催(週刊プロレスモバイル・携帯サイト)

フタ・ミ塾の概要はコチラで“パッション”!

ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

そういえば、2号から「お酒より、お金の差し入れの方がいい(笑)」と書いておいて!と言われてしまった(笑)。
まぁ2号のキャラが『T-1 Money』だから(笑)。

しかもお金の差し入れって、いくら出せばいいのか?――と一応2号にツッコミをしたら、2万3千円から受け付けするって(笑)。
冗談、冗談、23円からOKみたいなので(ホンマかい?)、なんだか分からないけどよろしく☆
今度のフタ・ミ塾も、2号の良さを引き出しいいイベントになると思う。

話は変わって、今の心境と言えば、メチャクチャ憤慨している。
いわゆる“大人の事情”ってヤツに対してだ!
なんだよ、“大人の事情”って。

くだらない。
何でも金か?――

売れればそれでいいのか?――
それは、世の中“金”だ!
金がなければ生活できない。
でもそれだけじゃないじゃん。

だったら、お金だけを追求して、その道のやり方で突き進めばいい。
人間は物じゃない!
まあいい。
相手にしないから。

オレはオレのやり方で、そしてファンの代弁者として“バカ”をやってきたい。
そんな二見を知りたい人、二見に興味のある人は、6月5日の「伝説のT-1興行第7弾」に来てくれ!

6月5日で完全燃焼してもいい覚悟だし、禁断の新木場で落とし前をつけたい。
見逃したら必ず損するぞ!
これからも二見らしく生きていくから、“歴史の生き証人”となれ!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

6.5「伝説のT-1興行第7弾」折原偽夫vs篠原光のチケットは、5月12日発売!

昨日は、急遽決まった会見にも関わらず多数のマスコミが参集していだだいた。
ここで昨日の会見を掲載したマスコミ記事を一気に紹介。

【改訂】6.5「折原偽夫vs篠原光」決定!T-1/プロレス(格闘★ジャンキー)

禁断の折原偽夫参戦~「T-1スペシャル」6月5日新木場1stRING大会が急遽決定(ミルホンネット)

“折原偽夫”-篠原戦が決定(デイリースポーツ)

折原偽夫vs篠原光が決定、6.5新木場で=T-1(スポーツナビ)

“折原偽夫”-篠原戦が決定(スポーツナビ)

二見社長がまた動いた!6/5新木場にてワンマッチ興行を開催!カードは“喧嘩女王”vs元カレ・プロレスラー!?(kamipro Hand・携帯サイト)

T-1興行6.5新木場で折原偽夫vs篠原光(週刊プロレスモバイル・携帯サイト)

あと、本日の21時から「サムライTV」のS-ARENA内で放送したと思う。
という事で、大会概要はコチラでモニカ!

伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~(極上の“T-1二見激情”見参)

昨日更新した大会概要では、メルマガ先行予約が5/8から5/14まで、一般発売が5/15と発表したが、思った程早くチケットの手配ができた。
したがって、メルマガ先行予約を5/11(金)まで、一般発売を5/12(土)からに変更。

連休中だったので、余裕を持って5/15にしたが、関係者の尽力のお陰で早く発売へとなった。

関係各位のみなさん、イッパイサンキュー。

最後に一宮選手には、ケジメ並びに今大会へ参戦していただき、敬意を表します。
ブログをお読み下さい。

サプライズ(24時間波乱万丈第2章 ~俺の道~)

Ps.明日は、“フタ・ミ塾”第4弾のポスターが完成したのでそれをアップ。

その次に、まず4月16日に行われた「高原智美デビュー戦」の記者会見再録をアップ。
その後に、昨日の会見再録をアップの予定。
GAMIの件はしばらくお待ちを。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~

本日、6.5 伝説のT-1興行第7弾の記者会見を行った。

会見には、一宮章一選手と桜井亜矢選手が出席したが、そこに篠原光選手が乱入して、凄いことになった。
会見再録はまた改めて。
以下、概要。

20070507-00.jpg(C)T-1
         
          【大会概要】
開催名:伝説のT-1興行第7弾「T-1スペシャル」~折原偽夫(一宮章一)vs篠原 光~
日時:2007年6月5日(火)
開場/19:00 開始/19:39(イク~!?・サンキュー!)
会場:東京・新木場1st RING(江東区新木場1-6-24)

対戦カード:折原偽夫(一宮章一) vs 篠原 光(チーム南部)
スペシャルイベント:二見社長&高原智美(ゼロサム)の“オノロケ”トークショー 
※出場選手及びゲストが負傷、その他の理由により、一部変更することがあります。

主催&お問い合わせ:チケット&トラベルT-1
03-5275-2778

◇チケット料金表 
トップワンシート   前売り 3000円  当日券 3500円→最前列
フリーシート     前売り 2500円  当日券 3000円→自由席

 【チケット&トラベルT-1店舗限定のサービス】
6月27日「T-1GP」のチケットと一緒にお買い上げの方は、トップワンシート2500円、フリーシート2300円で販売します。(既にお買い上げの方は、該当のチケットを持参して下さい)

注意事項:携帯からの撮影は禁止です。

△T-1メールマガジン先行発売 ※T-1限定
5月8日~5月11日まで、メルマガ登録者限定で先行発売の予約を受付します。
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778

▲チケット発売所 ※一般発売 5月12日(土)から
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778※非通知、公衆電話は不可 http://www.t-1.jp
e+イープラス(パソコン&携帯)、チケットぴあ 0570-02-9999、娯楽道(東京・原宿)03-5772-1919、ヨコハマチケット(東京・渋谷)03-5459-2039(東京・上野)03-5817-3860(東京・新宿)03―3357―5584 

◆今後の予定
◎ガチトーク“フタ・ミ塾”Vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長
5月23日(水)開演/20:23 会場:水道橋・闘道館

◎高原智美サイン会 inT-1
6月上旬に、「T-1グランプリ」大会の前売りチケット購入者を対象とした、高原智美のサイン会をチケット&トラベルT-1で開催します。日時等は決まり次第改めてお知らせします。

◎「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~
6月27日(水)開始/19:39(イク~!?・サンキュー!)会場:新宿FACE

以上。
20070507-01.jpg(C)T-1

今回、6月27日の「T-1グランプリ」の前に大会を開催する最大の理由は、“高原智美”に二見の生き様を見てほしいから。
間近で“二見激情”を体感してほしいから。

それが、今大会の最大のテーマ。
会見再録は、4月16日の分も含めて明日以降更新。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

高原智美さんと一緒に「マッスル」を観戦しました

昨日は、高原さんと「マッスルハウス」に行ってきた!
これで高原さんとプロレス観戦は二度目。

20070505-00.jpg(C)T-1

実は、先月も某団体に一緒に行っているんだけど、今は現場の雰囲気などに慣れてもらう段階なので、比較的初心者向けの団体をピックアップしている最中。
だから、次は「ハッスル」を観戦する予定。

で、「マッスル」の感想ですが、高原さんは「面白い」と。
でも、高原さん曰く、「T-1の方がもっと面白い」と(笑)。

違うか、自分の感想か?――

何というか…、それは只で観戦して悪口を書けるわけない。
と言っても、1月3日の時は只で観たくせして“ボロクソ”書いたじゃん、とひとり突っこみをしてみる。

立場上具体的な論評を控えたんだけど、間違いなく1月3日よりは良かった!

何が?――と突っこまれそうだけど、良かったのは、坂井選手が鈴木みのると“試合”をしたことに尽きるんじゃないか。
鈴木に関しては、先を越されたのもあるし一本取られた。

あとは(おいおい論評しているじゃないのか?――とまたひとり突っこみ)、人を“おもちゃ”にするシーンもなかったのもあって好感が持てた。

以前から鶴見五郎選手とか、訳も分からずに“やらしている”所とかが凄く嫌だったが、そういうシーンはなかったし、良かったんじゃないか?――(凄い抽象的な表現)

ホント、これ以上は勘弁っていうことで。

まぁ、「マッスル」には「マッスル」の世界観があるように、「T-1」には「T-1」の世界観がある。
目指すものが違うし、けっして交わることはないけど、これからもリサーチはするって事で。
今度は「T-1GP」を観戦する番か、坂井殿。
20070505-01.jpg(C)T-1
このページのトップへ
コンテントヘッダー

GAMI告発の前に、石島をブッタ斬り!!

前回の浦井百合選手へのメッセージとは一転して、今回は“二見らしく”発信する!
最初にガッツ石島から。
“4・7新木場事件”から1ヶ月近くが経つ。
浦井さんが謝罪に来てくれたので、石島とGAMIを断罪する!
まだ、詳細等を知らない方はリンク先をみてほしい。

プロフェッショナルレスラーは二見しかいなかった新木場事件!学生もどき集団はマット界から追放する!(極上の“T-1二見激情”見参)

この事件後「ガッツワールド」が取った対応は、オフィシャルホームページに記載した以下の文面のみだ。
 以下・全文掲載

 お詫び
4月7日のガッツワールドプロレスリング新木場大会においてガッツ石島が試合中、二見理氏に対し反社会的な行動および二見理氏に対しプロレス界においてあってはならない行動をとってしまった事をお詫び致します。
また、二見理氏に対しても深くお詫びを申し上げます。
今後、このような事がないよう選手の指導・管理を徹底していきたいと思います。

平成19年4月10日
ガッツワールドプロレスリング

短い文章だが、突っこみどころ満載のいい加減な見解文だ。
まず、「石島の反社会的な行動およびあってはならない行動」って何だ?――
オレは、リンク先の本文で「約束を反故にされた」と記した。

その結果が、一宮章一選手と浦井選手の「T-1GP」参戦が白紙撤回になった。
もし「あってはならない行動」に該当するとすれば、石島は、一宮選手と浦井選手が「T-1GP」に参戦するのは承諾してたわけだし、これも以前に書いたが、6.2「ガッツワールド」に二見は出場する予定だった。
そこまでの展開が分かっていた上で、あのような行動を取った石島は確信犯であり、この事実関係から、一宮選手と浦井選手は石島に対して損害賠償を請求する権利はある。

しかも、オレは6月2日には高原さんを連れて「ガッツワールド」に行くのも決定事項だったわけだし、それも白紙になったわけだ。
これにより、高原さんにまで迷惑がかかったという事だ。
しかしそれは、オレと「ガッツワールド」の間での“約束”であって、お客さんに関係ない話。
この適当な謝罪文からすると、約束を破ったら=反社会的な行動になるのか?――

こんないい加減な文章で誤魔化すな!
何が反社会的なのか?――
何ひとつ書かないで「お詫びをします」と書かれても説得力がない。

大体石島の方から、「金輪際、T-1と関わらない」と宣言したんだから、吐いた言葉を簡単に覆すな!
だったら、何度も書くようにあんなことを言うな!

しかも「このような事がないよう選手の指導・管理を徹底していきたいと思います」と発表しながら、未だに一宮選手と浦井選手に対して、謝罪や今回の事件についての説明などしていない。
一体どういうことか?――

悪いけど、浦井さんは本当、何にも分からない状態だった。
それを一から説明したのはオレだ!

4月7日の翌日に浦井さんに電話させたり、4月9日にはダイスケに謝罪に行かせたりしているが、肝心の代表である石島はノーリアクション。
それで、たまらず浦井さんが行動してくれた。
女性が来て、男の石島が来れない。

それでいて、各選手に対して説明すらしない。
現に、石島の公式ブログが、2月8日以降全く更新していない。
普通の神経なら、今回の事件について何らかのコメントを出して更新してもよさそうなのに、それすらしない。

まだある。
普通、こうのような謝罪文を書く際には、必ず誰が書いたか、はっきりと明記するのが常識。
「平成19年4月10日 ガッツワールドプロレスリング」と締め括っているが、誰が書いたんだ!
「ガッツワールド」は法人なのかどうかも分からないし、代表取締役は誰なのか?――も分からない。

仮に、社長が不在なら、選手代表は誰なのか?――
これ、誰かに書かせたんだろう?――
お粗末過ぎる。
実体のない、さらに中身がない、いい加減な見解文を露見したって事だ。

ぶっちゃけ、約束を平気で破る連中が集まる同好会なんて、所詮はこんなもんだろ?――
こんなふざけた文面を、よくここまで野放しに出来るもんだ。
もう、あきれ返るしかない。
誰か注意する人間もいないのか?――

この「ガッツワールド」なんだが、どうしてオレは付き合うようになったかと言うと、吉田氏がいたからだ。
吉田氏とはFMWの頃からの付き合いで、新たに新団体を立ち上げたのを知って喜んで協力をした。
二見ブログの読者なら知っているとは思うが、第2回「T-1GP」には優菜さん、第3回&第6回「T-1SP」には浦井さんが参戦したが、これも吉田氏の尽力のお陰だ。
その吉田氏は、事情があって「ガッツワールド」を退陣した。

こんな事を書きたくないが、今回の新木場事件は吉田氏がいたら、こんな事は起こっていなんじゃないか?――
結局、フロントが悪者になって、選手を守る。
それ自体悪いことではない。

選手は大事な商品だし、そのためには泥を被ることもあるだろう。
だが、それは選手とフロントの信頼関係があった上での話であって、少なくとも「ガッツワールド」は違う。
一方的に排除して、都合の悪いものは蓋をする。
まるで、選手都合主義になった女子プロ業界とそっくり。

その結果が、この新木場事件となったわけで、起こるべきして起こったという事。
この「ガッツワールド」は、吉田氏だけじゃない。
過去にも色んな方が離れていった。

その時によく耳にしたのが、「石島に対しての不満」だったわけだが、それはどの社会でもよくあることだし、それを気にしていては何もできなから、さほど気に留めなかった。
だが、石島は過去の事を全然反省していなかった。
そのツケが、今回一気に露になった形で、繰り返し起こりまたしても反省しない。
だから病気みたいなもんで、付き合っても意味がないので、コッチからも関わる気はない。

実際問題、一ヶ月近く経ってもこのザマだし、試合同様ショッパすぎる。
改めての謝罪文はもういい。
心配するな。
GAMIと違って、石島をどうこうする気はないから。

ひとつ注文するなら、4・7「ガッツワールド」新木場大会のDVDは、オレが許可するまでは発売するな!

ちゃんと、5・5もスパイを送り込んでいるから。
3・18新宿大会のDVDを、4.7の会場限定で発売していたが、そういうのも直ぐに情報が入るように手配しているので、万が一発売したら然るべき処置は取る。

ここで、「T-1も前川、尾崎、大向、永島、ボリショイ、米山と絶縁しながらDVDを発売しているじゃないか?」と突っこむ人もいるだろう。
それなら石島に聞いてみな。
T-1が契約書を作っているのを、石島は知っているから。

その辺の事をウチが怠っていたら、そりゃ、いくらなんでも特に大向あたりからクレームが来るだろう。
大向は芸能の事務所が管理しているし。

DVDの発売も絶対駄目とは言っていない。
話し合い次第だろ?
でも、石島から関わらないと宣言しているんだから、仕方がないな。
このDVDはお蔵入りで。
せっかく、そこそこ売れるDVDだったのにな。

石島は経営者としても失格だ。
だから言ったじゃん。
石島に社長は向かない、と。

いずれにしても、石島の件はこれで終わり。
相手にしてもしょうがないので。
但し、浦井さんに脅したり、何か圧力をかけたりしたら、話は別。
だから、これ以上余計な事はやるなよ!

さてと、次はGAMIだ。
GAMIに関しては、石島と違って断罪して終わりというわけにはいかない。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

浦井百合さんへ

昨日浦井百合選手がT-1に来て、謝罪があった。
その心意気を買って、長時間に渡り腹を割って話し合いをした。

正直な話、浦井さん自身があの時の状況を完全に把握していない状態だったので、それについて丁寧に説明をしたら、事の重大さを自覚した形であった。
そういう意味でも、きちんと話し合いができて良かったと思う。

それよりも、ひとりでT-1に来たことを評価してあげたい。
プロといえ、浦井さんは女性だ。

でも、ケジメをつけに訪問してくれて、嬉しかったのが正直なところ。
と同時に、久々に顔を見ましたが、随分疲れている感じだった。

あの時の怒りを自分の中で収めていれば、浦井さんもこんなに悩まなくて済んだのに、と自分自身を憎んだりもした。
だけど、壊滅状態のプロレス界の構造破壊を実施しない限り、新たな創造は生まれないので、二見ブログを通して“愛のムチ”的なメッセージを浦井さんに送り続けた。

浦井さんも辛かったかもしれないが、それを乗り越えて自分のメーセージを受け止める事ができたのは、これからの浦井さんがレスラーとしてステップアップするのに、必ず役に立つはず。

で、浦井さんのブログを読んだ。

二見さんへの謝罪(リリーズ★ブログ)

文章を通しても、浦井さんが成長したのが手に取るように分かる。

自分も、“あの事件”が起こってから浦井さんの事は頭の片隅には入れていた。
だから、これで雪解けといけばといいが、残念ながらそれはできていない。

自分の中で「ガッツワールド」の浦井さんでいる限りは、現時点ではビジネス上のお付き合いはできない。
どうしてそこまで拘っているのか?―と思う方もいるだろう。

一連の事件は、ここで謝って解決するほど簡単なものではない。
その葛藤や誰にも打ち明けられない思いを、しばらく考えていきたいし、その思いは浦井さんも理解してくれた。

でもいつの日か、いや近い内に、浦井選手と一緒に同じステージに立てる日を信じて、自分自身も精進する。

そのためには、石島やGAMIを許す事は出来ない、と改めて今日決意した。

最後に、浦井さん。
まだしばらくは、遠巻きから眺めてこっそりと応援する。
だけど、いつ何時接近遭遇が実現できる体制だけは取っているように!

ホント、昨日まではすみませんでした。
これからもよろしくお願い致します。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR