コンテントヘッダー

ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長

“フタ・ミ塾”第4弾の開催が、正式に決まった☆
以下、マスコミリリース原文。

前回開催した“フタ・ミ塾”では、ゲストの篠原光選手自ら、お客さん全員にお酒を振舞いました。
お客さんも私も、篠原選手の“キップの良さ”に陶酔境にひたり、前代未聞の深夜0時までの激闘を繰り広げましたが、お客さんも大満足していだだき、従来のトークライブの枠を超えた素晴らしいイベントでした。
また篠原選手に、昭和のスター的なオーラを感じたのは私だけではないかと感じております。
さてお陰さまで“フタ・ミ塾”も、第3回まで無事盛況で終わりましたが、“T-1の集大成”的なイベントとして位置付けしている、“対鈴木みのる”とのガチトークへ近づくためには、超えなければいけない選手を、第4回“フタ・ミ塾”のゲストに招聘します。
その選手とは、あの二見が、全女子プロレスラーの中で唯一頭が上がらない、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号選手です。
T-1マスク2号誕生の秘話を公開しますので、どうぞご期待下さい。

            【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.4 “T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号×T-1二見社長
日時:5月23日(水)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

    【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

主催:チケット&トラベルT-1 03-5275-2778

内容:あの二見が、全女子プロレスラーの中で唯一頭が上がらない、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!
2006年3月19日「ONLY ONE」後楽園大会で、突如謎のマスクウーマンとして登場したT-1マスク2号。
正体は知る人ぞ知るYM選手。
そのY選手の実力には、“女子プロ最強”の称号を与えてもいいくらい、プロレス&格闘技両ジャンルで超一流の選手であることに異論はないでしょう。
崩壊寸前の女子プロ業界で、“最後の砦”と言っていい、T-1マスク2号ですが、そのT-1マスク2号のデビュー戦「ONLY ONE」後楽園大会の上映会を行ないます。
T-1マスク2号誕生の秘話、二見vs前川禁断の接近遭遇実現、二見vs堀田前代未聞のT-1店舗での大乱闘劇、そして二見ブログ公募の“2006年二見ベストマイクアピール賞”に選ばれた「オレはWBCがあるのにわざわざ来てやたんだよ!やっぱり野球の方が大事だよ!」について再び二見が吠えます!
なお、“フタ・ミ塾”恒例となったお酒の差し入れですが、T-1マスク2号も篠原選手や原氏と同様に酒が入ると“冗舌”となります。
一体あのマスクでどうやってお酒を飲むのか?――
いずれにしても、リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号
主役&司会:二見社長

T-1マスク2号はどうやってお酒を飲むのか(笑)?

意外と言っていいのか、実はまだ2号とは一緒に飲みにいった事がない!
事前にリサーチをしたいと思っていますが、2号曰く、相当強いらしい(笑)。
6・27「T-1GP」の件でも、連日話はするんだけど。

それで2号も、お客さんが2号に聞きたいことを事前に公募しておいて下さい、と頼まれた。
一応、Y選手のブログはありますが、表向き正体不明となっていますので、二見ブログに質問を書き込んで下さい(笑)。
(直接T-1の店頭でも、質問は可能)

今回も新たな伝説を作るのかどうか?――
自分自身も楽しみだ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

久々宣伝タイム!5.3は「バチバチ」を観戦しよう☆

久々に他団体チケット情報のシンプル編を告知といきたいだが、ぶっちゃけ毎回この方が楽。
一番本業であるチケットの宣伝に繋がるし、それでひとりでも多くの人がチケットを買いに来るようになればいいわけですから。

ところがそれでは読者の方がつまらないから、話題を提供しているんだけど。

そうそう、この話題が侮れないわけで、この二見ブログを読んで色んな方から新たな仕事の話しが来ているし。
そういったことも含めて、ブログをかなり活用している!

その活用をどう業界に還元するかが腕の見せ所なんで、6.27「T-1GP」は楽しみにしてほしい。

でもその前に、“二見式の爆弾投下”があると思う。
二見フリークは、何があってもついて来れる体制を取っておいてくれ。

一体これが何を意味をするのか?――
行間の空気から感じてくれ。

さて、二見ブログではすっかり常連となった池田大輔選手率いる「バチバチ」大会。

池田選手も「いまのプロレスはつまらない」とはっきり口に出すタイプなので、色々と誤解を受けているが。
何か面白いことができないか、情報交換をしている最中。
そういえば池田選手のブログですが、時々過激なことを書いている!
ブログもリング同様バチバチってことで。
20070429-00.jpg

バチバチの穴 その7
日時/2007年5月3日(木・祝) 開場16時30分/試合開始17時
会場/神奈川・ラゾーナ川崎プラザソル(ラゾーナ川崎プラザ5F)
前売りチケット料金表&T-1の在庫状況(当日券500円UP)
S席            4,900円→売切れ
指定席  南A列(2列目)  4,500円→残2枚

バチバチは、人気興行で残り僅かとなっていますので、ご希望の方はお早めに。

チケット情報:チケット&トラベルT-1ホームページ
TEL:03-5275-2778

<対戦カード>
※全試合バチバチルール、30分一本勝負
●第一試合
吉川 祐太(バトラーツ) vs 小坂井 寛(TEAM VEDER)
●第二試合
土方 隆司(全日本プロレス) vs 栗原 強(Team ROKEN)
●第三試合
臼田 勝美(ビッグ マウス ラウド) vs フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)
●第四試合
原 学(ビッグ マウス ラウド) vs 佐々木 恭介(フリー)
●第五試合
石川 雄規(バトラーツ)、石川 修司(ユニオン) vs 大場 貴弘(フリー)、橋本 友彦(TEAM VEDER)
●最終試合
池田 大輔(風天) vs 澤 宗紀(バトラーツ)

【お知らせ】
次回は、5月23日(水)に開催する“フタ・ミ塾”の告知。
ゲストは、T-1マスク2号、 2号も楽しみ。

で、GAMI告発タイム。
おそらくその後に、遅くなったけど4月16日に行われた「高原デビュー戦」の記者会見再録と行く予定だが、予定調和じゃないのがT-1なので、予定通りに行かなかったからってコメントを荒らさないように。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

エンセン、篠原、二見対折原、大向、GAMI戦!やるのか?やらないのか?決めようやぁ!

只今、折原&大向&GAMI、断罪キャンペーンを実施中!
この3名は、断罪されて当然のことをやってきた。

折原は、自分より力が弱い女性に対して暴力を繰り返し行なった。
いわゆるドメスティック・バイオレンス的な行為で、女性をモノ扱いした最低な男。
被害は篠原さんだけではない。
証拠も含めて、ここまでとぼけているなら出るところに出るか?――
しかも篠原さんから、100万以上の大金を借りといて、未だに一円も返さない。
これを非道と呼ばずに何と表現すればいいのか?――
問題をクリアしないくせして、陰では人の悪口か?――
コイツの神経はおかしい。

大向は、木刀殴打事件を捏造して、篠原さんを「ゴング」の○●とグルになって悪者に仕立てて、善人ぶって“プロレス愛”を強調し、言ったもん勝ちした!
いざやられたら騒ぎ出したが、先に仕掛けたのは大向だろうが。
05年11月23日「ガールズドア」新宿大会で、無防御の篠原さんに対して後頭部にガンガンヒザを入れれば、普通借りを返したいと思うのは当然。
大向の問題はこれだけじゃない。
もっと酷いことを篠原さんにやっているが、ここで公はしない。
だが、これ以上とぼけているなら、大向の弱みはいくらでもある。

ここまでは、篠原さんにオレは恩があるので代わり告発をしている。
しかし、GAMIはオレとの問題。
07年4月7日「ガッツワールド」新木場大会で、チケットショップに対しての侮辱発言を繰り返したGAMI!
同大会のVTRを全国のチケットショップ配布して、すべてのチケットショップオーナーの敵に回したGAMI。
集団提訴も含めて検討中。
しかもこのGAMIは、オレが退場した後に、二見に対して名誉毀損当たる行為を浦井とともに行い、それに関しては浦井も同罪なので、然るべき処置を取るかもしれない。

この下衆共に言いたいのは、まず事実を認めろ!
そして、謝罪をしろ!
それをやらないで、自分の主張だけ言っても通用しない!
折原に関しては、金の問題もあるので謝罪だけではすまないが、1万円ずつでも返すとか誠意はないのか?――
大向もGAMIも悪くない人を悪く仕向けて、罪悪感はないのか?――
人としての心はないのか?――

でもコイツらはクズだから、絶対に謝らないだろう。
だから、あっちこっちでトラブルを起こしまくっているのがすべて。
実体を知らないのは、一部の狂信的なファンだけ。

皆大人だから、折原&大向&GAMIと関わらないだけだが、オレは違う。
篠原さんも覚悟を決めている。

そこで、清算マッチとして
第3者リングでも、T-1興行でもどっちでもいい!
6人タッグマッチ
エンセン井上、篠原光、T-1二見 vs 折原昌夫、大向美智子、GAMI戦
を要求している!

もしくは3大シングルマッチ
エンセン vs 折原
篠原 vs 大向
二見 vs GAMI
でも可能だ!

ウチらは腹を決めている!
折原、大向、GAMI!
法廷で決着つけるか?――
リングで決着つけるか?――
どっちなのか決めようやぁ!

        【お知らせ】
明日以降のブログの更新は、まずバチバチの大会告知。
次に、“フタ・ミ塾”第4弾の概要。ゲストはT-1マスク2号。
GAMIへの告発。
こんな予定。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

篠原光に“惚れたぜ完敗!?”そして何度でも書いてやるよ!大向と折原は最低コンビ!

4月23日の“フタ・ミ塾”から3日経ったが、凄まじいイベントであれを超えるトークバトルは不可能。
自分も篠原さんも、モチベーションが普段と違かったのもあるけど、あのハイテンションで毎回繰り広げたら体が持たない。
20070426-00.jpg(C)T-1

しかも篠原さんのキップの良さには、皆感動したんじゃないか。
尾崎はドリンク代を徴収するが、篠原さんはドリンク代を提供!
ヘタレ女子レスラーと器が違う。
まさに往年の昭和のスター並みの振る舞いに、オレもクラクラ状態(笑)。
アレで惚れない男は男じゃない。
彼女がいようが、いまいが、関係ない(笑)。

昔、近藤真彦の「ホレたぜ乾杯」という歌があったけど、今回のトークバトルで篠原光さんに「惚れたぜ完敗」だ。

そういえば、チケットを買いながら来なかった方が二名いたけどどうしたのか?
勿体無い!
あの異次元空間は、現場にいた人以外とは分かち合えない。
まぁ、してやったりだけど。
だから毎回書いているけど、細かい詳細は公開しない。
残念でした。
只では教えない。

取材に来てくれた「格闘ジャンキー」さんも割愛してくれた。
まぁ雰囲気は分かると思うので、コチラで“サヨナラは八月のララバイ”

4.23「フタ☆ミ塾」で二見社長、酔っ払う!?(T-1/トークイベント)(格闘★ジャンキー)

箇条書きでざっくと説明すると、

大向木刀殴打事件の真相!
先に仕掛けたのは大向。
大会責任者の鶴賀氏の往生際の悪い対応。
●○に泣きついた裏話。
あの大御所レスラーまで、この一件に関して大向を断罪!!

第5回「T-1興行」の篠原選手参戦に至る経緯。
第4回大会に参戦する予定が、GAMIが浦井などに圧力。

第5回「T-1興行」の上映会。
“涙の二見激情”、T-1興行終結の真相にはやはり大向が…!!

意味のなかった入江選手の乱入劇。

驚愕のボーナス映像。

4.7新木場事件、石島、GAMI、浦井を断罪。
筋書きが壊れた一番の確信犯はGAMI!
歴史の生き証人であった、佐野選手と竹迫の対応の違い。

何故、6.27(水)「T-1GP」篠原選手の参戦を発表しなかったか?

7.26(木)南部氏プロデュース「DEEP グローブ」後楽園ホール大会開催決定!
勿論篠原選手の参戦決定!男子&女子の総合格闘技イベント!

過激で素敵な質問タイム。

6.27(水)「T-1GP」に出したい選手に、出たいと言って来ている意外な選手。
太陽ケア選手、●場○子氏など、その他多数の裏話。

折原のドメスティック・バイオレンス的な被害にあった篠原さんと某選手。
そして、遂にブチキレた篠原光!折原を…!?
しかも、借りた金を返さない折原。

篠原さんが語る父親、南部氏。

選手、女性として、篠原さんから見た二見とは?
篠原式に語る、二見は●…!?

現状の女子プロの問題点。

6.27(水)「T-1GP」篠原選手参戦表明!

篠原さんから見た、二見と高原さんとの関係。

5.23(水)第4弾“フタ・ミ塾”のゲストは、あの二見が全女子レスラーの中で唯一頭が上がらない選手が登場。
その名は、藪…いやいや違う(笑)、“T-1イズム最後の継承者”T-1マスク2号。
20070426-01.jpg(C)T-1

こんな感じだけど、ボリュームが凄すぎる。

それで、ひとつだけ中身を公開というか、心当たりのあるヤツらにもグサリと来る篠原さんの明言を紹介したい。

篠原さんから見た、二見の良いところは?という質問でこう答えた。

「真面目な人に尽きる。私は今まで散々、選手、関係者からセクハラを受けてきた。しかも、自分の仲が良い選手へのセクハラも多数見てきて、平気で持ち帰りとかする輩が多くウンザリしていた。でも二見社長は、今まで一度もセクハラをしてこない。また、そのいう光景も見たことがないし、噂も聞かない。それを真面目と言わずに何と言う?」

だって。
このあと、二見の女子プロに対する思いも代弁してくれて、その言葉に二見が涙したかは内緒(笑)。

こんなセリフを言ってきたら、それは惚れる。
とりあえず、これから23日間は篠原さんに惚れ続ける(笑)。
今のオレは篠原さんの言うことなら何でも聞く状態。
篠原さんの為なら、折原と大向への特攻隊にでもなるから。

その折原の件で、オレは憤慨している。
はっきり言えば、可愛い姉さんが困っているのを助けてあげたいのが人情。
女性に対して、暴力で解決しようとした折原は許せない!
しかも借りた金は返さないで、トンズラ。

大向もしかり。
GAMIもそうだ。
コイツらに共通するのは、自分から仕掛けておいて、都合が悪くなるとそのケツすら拭けない!
しっかり、落とし前をつけてから、ワーワー騒げ!

オレは事実を指摘しているだけだ!
こんな下衆共がいる限り、業界が良くなる訳ないじゃん。
だからこそそれを排除しようと、敢えてイバラの道へ突き進んでいるんだ!
匿名野郎にガタガタ言われる筋合いはない。
その先を見据えて、一緒に闘ってくれる篠原選手には、ホント誇りに思う。

よって、しばらく「T-1GP」関連情報は休む。
それ所じゃないな。
大向、折原、GAMIを断罪キャンペ―ンだ!

法廷で決着つけるか?
リングで決着つけるか?
どっちなのか決めようやぁ!
リングなら、第3者のリングで6人タッグマッチ

エンセン井上、篠原光、T-1二見 vs 折原昌夫、大向美智子、GAMI戦を要求する!

この件について次回も引き続き書く!

最後に、入江選手の乱入の件だが、これも「格闘ジャンキー」さんに出ているので、コチラでモニカ!

4.23、入江秀忠が予告通り乱入!(T-1/トークイベント)(格闘★ジャンキー)

あんまり語りたくないが、入江選手に言いたいのは、あれではあまりにもゲストの篠原さんに失礼。
あと、お金を払っているお客さんに対しても同様。
やれ、慧舟會だとか、PRIDEのリングアナの話とか、一体トークバトルや「T-1GP」と何の関係があるのか?――
しかも、自分が質問した件には答えないで逆ギレでは論争にならない。
これじゃ、プロではないと言われても仕方がない。

今回の件で知り合いの記者など、多数の方から忠告を受けた。
その反省として、以下のように取り決める。

ガチトークの乱入に関しては、ある程度の審査というか自分なりの一定の基準に達していない選手の乱入は一切認めません。

一応入江選手がプロだと思ったからこそ、事前に闘道館さんに「無料で入れてもいい」と話を通したのにも関わらず、お客を無視した行為を取ったのは紛れもない事実。

そのような行為に対しては、これから売名的にやる5流以下のもどきが増えそうなんで、今後は厳格な対応を取る。

もし来るなら、お客としてお金を払って観に来てもらう。
これで入江選手の件は終了。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

篠原光にイッパイ・サンキュ~!!で、大向と折原はイッパイ・サイテー!!

昨日はフタ・ミ塾に多数の参加ありがとうございます…、じゃなくて、イッパイ・サンキュ~!!
深夜24:00までのロングタイムに付き合っていただき感謝。
凄い楽しいイベントだった。
今までで一番面白かった☆
20070424-00.jpg(C)T-1

でも、不覚というか恥ずかしい話だが、実はベロンベロンに酔っ払ってしまって、篠原さんに介抱してもらった。
篠原さんには迷惑かけっぱなしで、頭が上がらない。
正直な話今日は店の定休日で助かったというか、久々休養を取った。

一本大事な取材があったので、外出して今それが終わったのでT-1に来たが、今日は考察する気力がないので、明日トークバトルについて振り返る。

あっ!
そうそう改めて思ったけど、篠原さんって“いい女性”だ。
マジで惚れた(笑)。
20070424-01.jpg(C)T-1

惚れたのもあるけど凄いのは、お客さん全員分のお酒を自腹で用意したところ。
ギャラを差し引いたら普通合わないのに、あのサービス精神旺盛な振る舞いには見習いたいし、大向とは器が違う。

その大向の驚愕の実態というか、やっぱりあの女は最低じゃないか。
折原も同様。

その辺のことは明日書くとして、最後に2つ宣伝。

次回のフタ・ミ塾は5月23日(水)。
ゲストはT-1マスク2号!
これも楽しみ。
もうひとつ、篠原さんの所属事務所・南部さんがプロデュースする、総合格闘技の大会が7月26日(木)に開催。
是非両方ともチケット買ってくれ★

今日はこれで寝る。
また明日!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

新木場事件の真実も語るフタ・ミ塾!明日は二見&篠原が大暴れ!?

“フタ・ミ塾”も早いもので明日開催!
時間も20:23ジャストにスタートするので遅れないように。

チケットの売れ行きも好調だし、もっと嬉しいのは初めてのお客さんが多いところ。
これなら“焼酎の兼八”やワインを飲んで暴れたいけど、兼八の値段が高いみたい(笑)。
お客さんが高くてどうしようか迷っているみたいで、安いお酒で大丈夫だ(笑)。
サワーでいいんで。
酒を飲んで、色々とリップサービスする!

簡単に進行状況を説明しようか。

まず、大向を断罪!
この辺の話は、篠原さんにたっぷりしゃべってもらおう!

その後、第5回「T-1興行」の上映会。
“涙の二見激情”、T-1興行終結の真相を語る感じ。
あとは、篠原さんの参戦に至るまでの経緯。
今まで二見ブログでも書いていない真実を公開!

次にボーナス映像。
何を流すかは秘密。

それで、4・7新木場事件の件もぶちまける!
以前に、この件について書かなければいけない事があると予告して、まだ書いていない。
如何せん時間がなくて、この“フタ・ミ塾”が終わったら書く。
というか、そろそろこの学生同好会や石島にGAMI、あと、プロレスストーカーのブログも含めて、然るべき処置を取らないといけないな。
冗談抜きで訴訟を起こす事も大事ではないかと思ってきた。
知人からは、くだらない事に関わるだけ時間が無駄だとか忠告されるが、どうしても我慢出来ない箇所がオレの中にある。

オレがやらなければ誰がやる!

オレにはそういった使命もあるんで、まずどこから告発するのか?――
その辺も含めて明日話す。

そういえば、4・7新木場事件に佐野選手と竹迫選手が観戦していて、オレは「プロとして感想をブログに書いた方がいい」と、この二人にメーセージを発信した。
だが、佐野選手は受け身を取ってボールを投げ返して来たが、竹迫選手はシカト。
いやシカトよりタチの悪い対応をした。
この二人の対照的な対応についても語る。
竹迫選手は、プロとして失格。

で、篠原さんへの質問タイム。
たぶん後半の時間だと、結構ハイだと思うので、危ない質問も歓迎!

あとはそうだな、6・27「T-1GP」高原デビュー戦の件も話すか。
今度のT-1興行の見所は何か?――

最後に、篠原さんからお知らせが。
篠原さんが出場する格闘技の大会の件で重大発表があるとのこと。
この件は自分も出来るだけ協力したい。

ホント何度も書いているけど、篠原さんとのトークは楽しみ★
何が起こるか分からないし、緊張感あるトークバトルなんでお客さんもドキドキしながら楽しんでもらいたい。

ちなみに5月23日に第4弾の“フタ・ミ塾”を開催するが、そのゲストも明日発表する。
これからかなり忙しいので、今のうち決めないという事で。
本当は浦井さんがベストだったんだけど、計画が狂った。
浦井さんもこのままだと何にも解決しないのに、その自覚すらないからな。
駄目な同好会には駄目な5流しかいないってこと。

そんな訳で、篠原さんと二見のガチトーク…!
何かが起こる予感が…。
絶対に見逃すなよ!

         【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長
日時:4月23日(月)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

        【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:“六本木の喧嘩女王”こと篠原光選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2005年12月31日・“大向美智子木刀殴打事件”を起こし、事実上女子プロレス業界から追放状態である篠原選手。その篠原選手が、昨年唯一女子プロレスのリングに出場した大会が、2006年8月26日・第5回「T-1スペシャル」西調布大会です。「T-1興行」参戦の真実を語ると共に、大向事件に関する秘話を公開します。これは毎度お馴染みですが、予定調和なしのアドリブで2時間3分1本勝負の予定も、お客さんのリアクション次第では延長の可能性が大です!?また、第5回「T-1スペシャル」大会の上映会を行ないます。“二見社長、涙のT-1興行集結宣言”の真相や“大向よプロレス愛はあるのか?”について再び二見が吠えます!二見ブログでも明かしていない女子プロレスの真実とは何か?なお、篠原選手も原氏同様に酒が入ると“冗舌”となります。リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“喧嘩女王”篠原光
主役&司会:二見社長

ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

4.23(月)第3回“フタ・ミ塾”篠原×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

やっぱり話題は大向!4.23(月)二見×篠原ガチトーク開催!(極上の“T-1二見激情”見参)

明後日のフタ・ミ塾で、第5回「T-1SP」の映像初公開!(極上の“T-1二見激情”見参)

【ざっくとニュースコーナー】
昨日少し触れた入江選手の件。
一部のマスコミにも掲載しているので、あの書き込みはどうやら本当のよう。
引用しないのでリンク先でモニカ!

水道橋に血の雨が……!?“格闘技界の問題児”入江秀忠がT-1二見社長に挑戦状!!(kamipro Hand・携帯サイト)

4.23「フタ☆ミ塾」に入江秀忠が(キングダムL)が乱入!?(T-1/トークイベント)(格闘★ジャンキー)

キングダムエルガイツ入江、T-1二見社長を襲撃か?(ミルホンネット)

一体何を考えているのか分からない。
これは“フタ・ミ塾”に乱入すると捉えていいのか?
別に来るのは構わないけど、一応篠原さんの魅力とかを引き出す場なので、あまり場違いな行動されても困る。

かといって、自分から来ないでくれとは書けないし、まぁ困ったもんだ。
これが、会見でも挑発した風香や中島なら問題ない!
ところが入江選手は格闘技の選手だし、これからも接点とか絡むのは難しい。

それから、入江選手とはこの4年くらい会っていないというか疎遠な関係だ。
この件に関しては、長くなるのでやめるが、基本的に筋が通っていないというか、その前の件がクリアしないと次の仕事を一緒にやるのは厳しい。

ぶっちゃけ、ヤマケンはきちんと侘びを入れて来ているからこそ、今でも付き合いはあるんで。

入江選手はそこの部分がクリアされないと、前向きな話は無理だ。
もしこれを読んだら、それを踏まえて来店してもらいたい。

一応、変なトラブルになると困るので闘道館の方や篠原選手には伝えておいた。

気持ちを切り替えて、明日の“フタ・ミ塾”、多数の参加待ってる!
特に女性の参加を★

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

明後日のフタ・ミ塾で、第5回「T-1SP」の映像初公開!

いよいよ明後日の20:23から“フタ・ミ塾”第3弾が開催。
見所を書く前に、入江選手のなんだかよく分からないコメントの件、事実確認が出来ないので、分かり次第何らかの形で取り上げる。
コメントにしても、本当に本人かどうか不明なのでちょっと慎重になる。

話を戻して、前回に大向と第5回「T-1SP」西調布大会の真実がメインテーマだと書きとめた。
それに伴ない、第5回大会の上映会を行なう。
この第5回は、現在DVD化もされていないのでかなり貴重な映像だ。

T-1興行はどれも印象に残っているけど、特に第5回は忘れられない大会。
第5回大会の開催は06年8月26日だが、その前に5月3日の「AtoZ」後楽園大会に篠原選手と自分が一緒にリングジャックを決行して、その流れで第4回「T-1興行」で篠原選手参戦という予定だった
ところがGAMIのアホが妨害したために、浦井さんの参戦がなくなったりと色々とあって第4回大会の篠原選手の参戦は流れた。
そういう意味では、待望の篠原選手の参戦で印象深い。

今振り返っても、実際に篠原選手を参戦へと踏み込んだからこそ、大向とゴングとの癒着が表立って出てきたのは紛れもない事実なんで、篠原選手参戦の裏には、そういった悪業に対しても問題提起できた大会だった。
ホント色々と圧力があったけど、篠原選手を参戦させて良かったと思う。
結局、本当にいい人とは今でも付き合いがあるわけだし。

まあ、第5回大会の内容を深く知りたい方は、コチラでモニカ!

第5回T-1興行(極上の“T-1二見激情”見参)

あと、ボーナス映像を流す!
何かは当日のお楽しみに★
前回同様、人をネタに楽しむか(笑)。

それとお酒の差し入れは、“焼酎の兼八”とワインでよろしく。
ちなみに、会場の闘道館の右隣に酒屋がある(笑)。
今日も篠原さんと話をして、酒さえ入れば「大向の事」はじゃんじゃんしゃべりますよ!とのこと。
ついでに折原の事も話てもいいよだって(笑)。

これは、ハチャメチャで面白いイベントになりそう(笑)。
皆さん、楽しみましょう!

           【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長
日時:4月23日(月)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

         【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:“六本木の喧嘩女王”こと篠原光選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2005年12月31日・“大向美智子木刀殴打事件”を起こし、事実上女子プロレス業界から追放状態である篠原選手。その篠原選手が、昨年唯一女子プロレスのリングに出場した大会が、2006年8月26日・第5回「T-1スペシャル」西調布大会です。「T-1興行」参戦の真実を語ると共に、大向事件に関する秘話を公開します。これは毎度お馴染みですが、予定調和なしのアドリブで2時間3分1本勝負の予定も、お客さんのリアクション次第では延長の可能性が大です!?また、第5回「T-1スペシャル」大会の上映会を行ないます。“二見社長、涙のT-1興行集結宣言”の真相や“大向よプロレス愛はあるのか?”について再び二見が吠えます!二見ブログでも明かしていない女子プロレスの真実とは何か?なお、篠原選手も原氏同様に酒が入ると“冗舌”となります。リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“喧嘩女王”篠原光
主役&司会:二見社長

ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

4.23(月)第3回“フタ・ミ塾”篠原×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

やっぱり話題は大向!4.23(月)二見×篠原ガチトーク開催!(極上の“T-1二見激情”見参)

       【ざっくとニュースコーナー】
本日発売の「劇画マッドマックス」6月号に、T-1GPの告知が掲載。
見出し:T-1二見社長の恋人 高原智美AV&プロレスデビュー!
20070421-00.jpg

こうやって、少しでも露出して一般層に広げないと。
有り難い事に、先行発売でかなりの枚数の予約が入った。
その内半分の方は初めてT-1興行を観戦する人でしたし、高原さんに対しても好印象の方が多くホットしている。

明日から一般発売なので、是非お買い求めを。
実は昨日、高原さんと23時間に渡って秘密の特訓をした。
内容は秘密だ。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

やっぱり話題は大向!4.23(月)二見×篠原ガチトーク開催!

早いもので、来週の月曜日にガチトーク第3弾を開催!
今回は待望の選手をゲストに招き、しかも前回のトークライブで一番リクエストの多かった篠原選手が、“フタ・ミ塾”に見参!

正直な話、女性の方がやりがいがある(笑)。
今までと気合が違う!
ホスト役として、篠原さんの魅力を引き出せればと思う。
彼女は誤解されている面が多々あるけどいい人だ。
T-1興行に来ている方なら、篠原さんの人の良さは理解しているはず。

ホント、この業界はおかしな世界だ。
腹黒い大向が、表向きではいい人として報道されて、篠原さんを悪者に仕立て上げる。
いつも思うんだが、世の中間違っている。

で、今話題に出た大向。
やっぱり今回のトークの一番のテーマはこの話題だ。
この辺は避けて通れないし、店頭でもこの話題のリクエストが断トツ!
ただ篠原さん自身も、大向の件はあまりしゃべりたくないのが本音。
でも今回のトークで真実ネタを話して、これにて封印する可能性があるので、これは見逃せません!
今日も篠原さんと話をして、「中々トークとかのイベントに出る機会がないので楽しみ」との事。

あと二番目として、これも連動する事だが、篠原さんが唯一T-1興行に参戦した、第5回「T-1スペシャル」の件も重要なテーマだ。
何だかんだ言って、篠原さんはまだ1回しかT-1に出ていない。
昨年の大晦日での、幻のカード篠原vs中島戦が消滅したり、6.27「T-1GP」に関しても格闘技の試合が同じ時期に入りそうで今回メンバーから外したりと、ちょっと運とかタイミングが悪いんだが。
その1回の参戦にしても、篠原さんを参戦させるまでの経緯が大変、大変。
まぁ、その辺の秘話も公開するので楽しみにしてほしい。

この2つだけで、結構時間が掛かると予想するけど。
あとはどれだけリアルな話に持っていけるかは、酒次第(笑)。
酒は篠原さん曰く、“焼酎の兼八”がいいそう。
ワインも好きみたい。

ビールより、兼八とワインでとリクエストなんで、皆さんよろしく★
なんか酔っ払ったら、凄いイベントになりそう(笑)。
いやあ~恐ろしい。
でも、怖いけど楽しみ!
みんなも楽しんで!
今日はそんなとこで終了!

           【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長
日時:4月23日(月)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

         【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:“六本木の喧嘩女王”こと篠原光選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2005年12月31日・“大向美智子木刀殴打事件”を起こし、事実上女子プロレス業界から追放状態である篠原選手。その篠原選手が、昨年唯一女子プロレスのリングに出場した大会が、2006年8月26日・第5回「T-1スペシャル」西調布大会です。「T-1興行」参戦の真実を語ると共に、大向事件に関する秘話を公開します。これは毎度お馴染みですが、予定調和なしのアドリブで2時間3分1本勝負の予定も、お客さんのリアクション次第では延長の可能性が大です!?また、第5回「T-1スペシャル」大会の上映会を行ないます。“二見社長、涙のT-1興行集結宣言”の真相や“大向よプロレス愛はあるのか?”について再び二見が吠えます!二見ブログでも明かしていない女子プロレスの真実とは何か?なお、篠原選手も原氏同様に酒が入ると“冗舌”となります。リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“喧嘩女王”篠原光
主役&司会:二見社長

ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

4.23(月)第3回“フタ・ミ塾”篠原×二見のポスター完成!(極上の“T-1二見激情”見参)

        【ざっくとニュースコーナー】
“フタ・ミ塾”のポスターを掲載した記事。
引用しないのでリンク先へ。

4.23「フタミ塾」ポスター完成!(T-1/トークショー)(格闘ジャンキー)

開催迫る!4月23日(月)二見塾ガチトーク第3弾ポスター公開中(ミルホンネット)

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

高原智美に、イッパイ・サンキューじゃなくて、イク~!?・サンキュ~!!

ちょっと時間が取れなくて、会見の再録を更新する時間がない。

で、6月27日の高原智美デビュー戦の開始時間だが、今までのT-1興行は18:39のイッパイ・サンンキューで恒例化してきた。
でも、今回はAVとの合体イベント。
会見でも言ったけど、みんな高原で“イって”いいから。
だから19:39の、イク~!?・サンキュー!!で、23回はイカないと(笑)。
20070418-00.jpg(C)T-1

それと高原を応援してくれ☆
いい子だから。
女子プロレス界のしがらみには染めたくない。
だからこそ、しっかりガードしないと。

それでこれから、来週の月曜日に迫った、“フタ・ミ塾”第3弾の宣伝に専念したいので、「T-1GP」情報はしばらくお休み。
ぶっちゃけ、篠原さんとのトークは凄く楽しみ。
あと、篠原さんが質問がつまらないって言ってた!
何か面白い質問考えて。
じゃぁ、明日からは“フタ・ミ塾”特集で、いっちゃうぞ!

【ざっくとニュースコーナー】
昨日に続き、高原デビュー戦のマスコミ記事の紹介。

6.27「新宿」、女子プロレスとAV合体…!?(歌舞伎町―格闘技NEWS-by金本憂司)

オッ●イポロリ会見(高須基仁のウラ稼業)

ゼロサムプレミアシートからT-1モザイクシートまで絶賛発売中(ミルホンネット)

そういえば、スポナビのブログはヌード画像は禁止で(笑)。
どこか他でヌードが可能なブログあるか。
可能なら、もうひとつブログ立ち上げようか。
その前に野球ブログを何時始めるんだ(笑)。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

二見&高原の「T-1GP」会見用のポスター!!

今日は時間の関係上、会見用の大会ポスターをアップ。
これは第一弾。
第二弾は改めて。
20070417-00.gif(C)T-1

それから昨日の会見に、プロレス関係だけでなく一般マスコミの方も多数参集した。
改めてお礼を申し上げます。
雑誌名、掲載日等が分かったら、二見ブログで取り上げる。

ここで昨日の会見を掲載したマスコミ記事を一気に紹介。

二見長の“恋人”でAV女優の高原智美、プロレスデビュー!=T-1 風香、中島に参戦呼びかけ「お前ら出て来いやぁ~(スポーツナビ)

二見社長の“恋人”でAV女優の高原智美、プロレスデビュー!=T-1(スポーツナビ)

【画像付】会見でオッ●イ・ポロリ!?「裸一貫」新人デビュー!T-1GP/女子プロレス(格闘★ジャンキー)

6月27日T-1グランプリ~高原智美デビュー戦~テーマは「裸にした女子プロ」(ミルホンネット)

二見社長が動いた!なんと自らの彼女がAV&プロレスデビュー!女子プロとAVのコラボイベント、6/27「T-1グランプリ」を開催!!(kamipro Hand・携帯サイト)

驚愕!あのT-1二見社長の彼女がAV&プロレスデビュー!!【前編・後編】(kamipro Hand・携帯サイト)

二見社長の“彼女”高原智美がデビュー/T-1会見(週刊プロレスモバイル・携帯サイト)

T-1・二見社長の“彼女”高原智美が女子プロデビュー!/T-1会見(格闘技・プロレス マッチメイク・チケット情報ブログ“押忍”)

AV女優高原智美がプロレスデビュー(ニッカン☆バトル・携帯サイト)

あと、本日21時から「サムライTV」のS-ARENA内で放送。
という事で、大会概要はコチラでモニカ!

女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~(極上の“T-1二見激情”見参)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~

本日、6・27 高原智美デビュー戦の記者会見を行った。
遂にベールを脱いだ高原智美さん☆
ベールだけじゃなくて、本当に脱いだ!

会見には、ゼロサムさんの女優のnao.さん、乙音奈々さん、今野梨乃さんも出席。
20070416-00.jpg(C)T-1

会見再録はまた改めてという事で。

【概要】
開催名:女子プロ×AV「T-1グランプリ」~高原智美デビュー戦~
日時:2007年6月27日(水)
開場/19:00 開始/19:39(イク~!?・サンキュー!)
会場:東京・新宿FACE(新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7階)

参戦決定選手:高原智美(ゼロサム)、T-1マスク2号(Team T-1 )
参戦予定選手:二見社長(T-1代表取締役)
ゲスト:nao.(ゼロサム)、乙音奈々(ゼロサム)、今野梨乃(ゼロサム)、その他多数
※出場選手及びゲストが負傷、その他の理由により、一部変更することがあります。

参考:“4・7新木場事件”により消滅した対戦カード→ 高原智美、二見社長、T-1マスク2号 vs 一宮章一、浦井百合(一宮&浦井の参戦は白紙になりました)

特別協賛:桃太郎映像出版

お問い合わせ:チケット&トラベルT-1 03-5275-2778
極上の“T-1二見激情”見参(二見ブログ)

主催:ゼロサム 03-5469-3257 

注意事項:動画撮影は禁止です。
また、ゼロサムプレミアシート以外のお客様は、カメラ撮影を禁止とします。

◇前売りチケット料金表 ※当日券は500円UP 
(入場時にドリンク代として別途¥500必要)
ゼロサムプレミアシート     ¥10000→最前列
ゼロサムカウンターシート    ¥6000→カウンター席
リアルフタ・ミシート        ¥5000→2、3列
FTサバイバルシート       ¥4000→4~7列
T-1モザイクシート       ¥3000→8~10列

※ゼロサムプレミアシート&ゼロサムカウンターシート&T-1モザイクシートに関しては、T-1独占販売となります。

☆ゼロサムプレミアシートの特典…カメラ撮影が可能(携帯からの撮影は禁止)。
非売品の撮影パス。全試合終了後に行なわれる撮影会の参加券。

△T-1メールマガジン先行発売 ※T-1限定
4月17日~4月21日まで、メルマガ登録者限定で先行発売の予約を受付します。
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778

▲チケット発売所 ※一般発売 4月22日(日)から
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 03-5275-2778※非通知、公衆電話は不可 
e+イープラス(パソコン&携帯)、チケットぴあ、娯楽道(東京・原宿)、ヨコハマチケット(東京・渋谷)、(東京・上野)、(東京・新宿)
20070416-01.jpg(C)T-1

◆イベント情報
◎ガチトーク“フタ・ミ塾”Vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長
4月23日(月)開演/20:23 会場:水道橋・闘道館
◎ガチトーク“フタ・ミ塾”Vol.4 5月23日を予定。ゲストは4/23に発表。
◎高原智美サイン会 inT-1
6月上旬に、前売りチケット購入者を対象とした、高原智美のサイン会をチケット&トラベルT-1で開催。日時等は決まり次第改めてお知らせします。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

4.23(月)第3回“フタ・ミ塾”篠原×二見のポスター完成!

第3弾のポスターが完成した!
“フタ・ミ塾”の告知も沢山したいけど、来週の会見の準備で時間がない。

それから、プロレス同好会の件でちょっと書かなければいけない点が出てきた。
なるべく早く書きたいと思う。
ひとつ言えるのは、石島とGAMIの二人を業界から追放しようかと思ったが、浦井もそのメンバーに入れないといけない。

あと、“フタ・ミ塾”の落第生がワーワー騒いでいる。
あれだけ二見の悪口を書いておきながらノコノコと店に来たんで「何しに来た!」と一喝した!
そうしたら、「今度のフタ・ミ塾のチケットを買いに来ました」と回答したのには笑った。

勿論、他の方に伝染しちゃうので断ったけど、それのどこが“ケジメ”なのか。
ゴマスリじゃん!
防犯カメラにも撮ってあるし、嘘は通用しない。
“フタ・ミ塾”もT-1興行もハードルが高いので、落第しないように。

20070413-00.gif(C)T-1

【概要】
イベント名:ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長
日時:4月23日(月)開場:20:00 開演:20:23
場所:闘道館(JR水道橋駅西口下車徒歩3分)東京都千代田区三崎町2-9-9ナガヤビル5階 
TEL:03-3512-2080 (闘道館)

        【チケット料金表】
会員:前売り券 1839円 当日券 2000円
※随時会員を募集中です。第1回&第2回「T-1GP」DVD購入者の方に、会員証を発行しています。
一般:前売り券 2300円 当日券 2500円

主催&チケット販売所:チケット&トラベルT-1(東京・水道橋) 
お問い合わせ:03-5275-2778
T-1公式ホームページ

内容:“六本木の喧嘩女王”こと篠原光選手をゲストに招き、22時26分までフルスロットル全開のガチトークバトルを決行します!2005年12月31日・“大向美智子木刀殴打事件”を起こし、事実上女子プロレス業界から追放状態である篠原選手。その篠原選手が、昨年唯一女子プロレスのリングに出場した大会が、2006年8月26日・第5回「T-1スペシャル」西調布大会です。「T-1興行」参戦の真実を語ると共に、大向事件に関する秘話を公開します。これは毎度お馴染みですが、予定調和なしのアドリブで2時間3分1本勝負の予定も、お客さんのリアクション次第では延長の可能性が大です!?また、第5回「T-1スペシャル」大会の上映会を行ないます。“二見社長、涙のT-1興行集結宣言”の真相や“大向よプロレス愛はあるのか?”について再び二見が吠えます!二見ブログでも明かしていない女子プロレスの真実とは何か?なお、篠原選手も原氏同様に酒が入ると“冗舌”となります。リアルな話が聞きたければ、お酒を持って来て下さい!という事で、お酒の差し入れをよろしくお願いします。

ゲスト:“喧嘩女王”篠原光
主役&司会:二見社長

以上
ガチトーク “フタ・ミ塾”vol.3 “喧嘩女王”篠原光×T-1二見社長(極上の“T-1二見激情”見参)

     【ざっくとニュースコーナー】
“フタ・ミ塾”のマスコミ関連記事。
引用しないのでリンク先へ。

ゲストは喧嘩女王!T-1二見社長が4月23日、ガチトーク“フタ・ミ塾”を開催!(kamipro Hand)

ガチトーク二見塾、第3回ゲストは“喧嘩女王”篠原光(スポーツナビ)

4.23「フタミ塾」、ゲストは篠原光(T-1/イベント)(格闘ジャンキー)

グラビアでTバック姿を晒した“喧嘩女王”篠原光がT-1を襲撃(ミルホンネット)

T-1・二見社長&篠原光のトークイベント開催(週刊プロレスモバイル)

それで、篠原さんから「もっと面白い質問を書いてくれ」と言われている。
建設的な意見をお持ちでモニカ。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

プロフェッショナルレスラーは二見しかいなかった新木場事件!学生プロレス集団はマット界から追放する

まずは、T-1で4・7ガッツワールド新木場大会を買ったお客さんには、改めてお詫びを申し上げる。
理由がどうであれ、気分を害して帰ってしまった以上、出場選手として責任がある。
T-1で買ったお客さんからは連絡があり、きちんとアフターフォローができてよかった。

そこでT-1で買ったお客さんの意見に、他で買った二見ファンの意見も含めて全員一致した意見として、「二度とガッツワールドには行きたくない」と。
自分自身も、もう団体名すら書きたくない、それ位ひどい団体、団体じゃない、同好会であった。

説明すると4月7日は、学生プロレス以下の連中が主催した大会に自分は出場した。
この時点でオファーがあるということは、自分は素人ではないってこと。
考えれば分かるだろう、普通素人に試合のオファーをするか?

「AtoZ」も同様だ。
きちんとオファーがあったから、自分はその仕事を全うしたまで。
アウェーにはアウェーのやり方があり、それに従ってアクションした結果、二見ワールドになったのは結果論。

二見ワールドになるってことは、自分の技量がその大会に出場した選手より上だからじゃないのか。
そう考えると、自分こそが職人でありプロだろ。
だから、自分が上がることを批判するなら、それはオファーした人を批判することと同じ事なんだ。
自分にオファーをした、ガッツ石島&ダイスケに対して、ブーイングしているのと同じってこと。
この当たり前の構図を分からないようでは、プロレスを観戦する資格はない!

再三既述したように、主催者側の選手から直接オファーがあって、条件が合ったから参戦したまで。
さらにこれも記したが、その条件とはGAMIと絡めるなら。
GAMIはその自分の条件を分かった上で承諾したんだから、しつこいくらい「素人はリングに上がるな」って暴言を吐くこと自体、矛盾していないか?
だったら受けるな!
嫌なら受けなければいい。
受けた以上は、絶対に口にはしてはいけない言葉なんだ!

でもそれに踊らされる観衆に、同好会レベルの選手達。
2流、いや3流、3流でもない、5流以下の同好会プロレスには、5流以下の観客しかいないのが浮き彫りになった大会だった。

それとこれは書かなくても分かると思ったが、頭の悪い輩がいるので説明する。
自分には本業の仕事がある。
しかもこの日は東京ドームで「阪神vs巨人」戦がある忙しい日だ。
そんな日に休めるわけがない。

過去のT-1興行を調べてもらって構わないが、東京ドームで巨人戦がある日には開催していない。
だから、交渉の時点から20時10分にならないと会場には行けないと伝えている。
メインに変更になったのは、当日の演出だろ?
それ位プロレスを楽しめ!

それを理解していただいた上で、了承してもらったからこそ、その心意気に応えて自分なりに盛り上げようと努力したが、全然というか勘違いしたでくの坊しかいなかったのがすべて。

試合だが、大雑把な内容等は「格闘ジャンキー」をみてほしい。

【改定】「T-1」二見に観客ブチ切れる!!!(ガッツワールド)(プロレス★格闘ジャンキー)

舞台裏の話を書けば切りがない。
問題点が山ほどあり、出迎えの時点から酷い。

言っとくけど、自分はゲストで呼ばれて行った!
自分も興行をやっているから、そこの部分は声を大にして言えるが、逆の立場であんな無礼な態度を取っていたら選手は怒る。

それから指示も的確じゃないし、行き当たりばったりで、一体どうすればいいの?って感じ。
一体ここの責任者は誰なのか?
そんなことで、会場に着いた時点で嫌な予感はした。

案の定試合で数々の裏切りがあった。
ここも細かい裏切りをイチイチ書いても仕方がない。
ただ、プロレスは信頼関係、暗黙の了解で言葉はなくても分かりあえるからこそ、闘うスポーツだと思っている。
その信頼関係が崩れて、何度も近くのセコンドに自分は「殺し合いをやるのか?プロレスをやるのか?聞いて来い!」と伝えたが、何にもできない。

他のセコンドもボッケーっと突っ立っている。
あれなら、女子のセコンドの方がまだ役に立つ。
セコンドとしての役割分担すらここは出来ていない。
意識の問題だ。

それでも修正して、試合を作った。
大体、自分は全然切れていないのに、石島とGAMIが怯えていた。
お二人さんの自滅劇場で、その結果“二見ワールド”一色になった形だ。

で、色んな裏切りがあった中、一番の問題は石島のマイクに尽きる。
自分は、ちゃんと石島がじゃべりやすいように振った。
にもかかわらず、あれはないだろう。
約束を反故にするようでは、プロ失格。
一刻も早く、この業界から消えてほしい。

あの石島のマイクに、GAMIの余計なマイク、それがすべて。
石島の吐いた言葉は、きっちり落とし前を付ける。

絶縁宣言をする。
そして、プロレスを愛していない、プロレスの小ばかにして見下す石島は、この業界から追放しなければならない。

あの石島の暴言によって、6月27日の「T-1グランプリ」のカードが白紙になった。
細かく書くと、ガッツに関わっている2選手の参戦がなくなった。
一体石島は、それに対してどう責任をとるつもりか?
この2選手は、石島の反社会的な行為によって、仕事が減ったのは紛れもない事実なんで。

カミングアウトをするが、自分は6月2日の新木場大会にも呼ばれている。
自分が2度出て、「T-1グランプリ」で貸してもらうと説明すればつじつまが合うだろう。
そこまで長期的な展望まで一緒に考えたんじゃないのか?
それを裏切るってことじゃ、関わりたくない。

こんな下衆連中と関わっていると、自分の評価も下がる。
しかも、6月2日は、高原さんを来場させることまで段取りを取ったのに、この不義理な対応。

バックステージで、自分は真っ先に石島に対して恫喝した!
それに対して直ぐに止めに入ったのは、一宮章一選手であった。
しかも、一宮氏は自分に対して土下座までしてきた。
それを見て、慌てて石島も土下座をしたが、GAMIは知らんぷり。
この女の神経は理解できない。
事情を聞いたが完全に確信犯で、あれはベビー、ヒールの構図ではない。
二見を悪者に仕立てるために、あのような裏切り、そして確信犯的なマイクであった。

それとスポンサーの怒りはごもっともであり、石島が自分の都合のいいようにコメントをしてたがあれは違う。

要するにスポンサーの見解は
「二見はゲストとして呼ばれたお客さんであり、チケット販売でもサポートしている、準スポンサート的な立場の人。それを寄ってたかって、あのような行為をするなら、自分達も何時悪者にされるか分からないのでサポートするのは辞めたい」と申した形だ。

ホントおっしゃる通りだ。
スポンサーからしたら、二見と主催者側の決め事は知らないはず。
しかし、決めている、決めていないの次元を超えた石島の反社会的な行動に対して異論を唱えた。
でも、5流の観客はその事すら分からないし、空気すら読めない。

さらには石島とGAMIの暴言も許せないが、残りの所属選手達の他人事な対応。
一宮氏は何度も謝罪してきた。
所属ではない人が、石島のケツ吹きまでしている。
皆一宮氏のことを誤解している。

普通大の大人があそこまで出来ない。
でも一宮氏はやった。
自分は、一宮氏に関しては信頼できる人だと思った。
一流の人は、事の重大さが分かるってことだ。
あと、佐藤レフェリーもきちんと謝罪に来た。
こうも言った。
「石島は最低だ」と。

普通なら、自分の所属のましてボスの人間の批判は言えない。
でも、言わなければいけない気持ちが佐藤氏の中にあったんだろう。
会場で謝罪があったのは、たった二名だけ。
もう終わってる。

大会の翌日に浦井百合選手から電話があったが、如何にもご機嫌取りで上から電話して来いでかけて来たのがミエミエ。
今度は4月9日にはダイスケが来たが、態度からして話にならない!

石島!
オマエから、一切関わらないって吐いておいて、雑魚を寄越すな!
だったら、あんな事言うな!
このボケ!
自分から仕掛けておいて、泣きついているんじゃねーよ!

前から思っていたんだが、石島如きに高木三四郎の悪口を言われたくねーよ!
あれは、オレとか一宮氏だから言えるんだ!
たかだか、キャリア1年そこらが、10年以上の選手の事を言うな、コラ!
「DDT」以下、ここで「DDT」に例えると「DDT」に失礼なので、女子プロ以下の同好会は、自分達の巣に帰って、チマチマやってろ!

それからちょっと話が逸れるが、色んなファンサイトも同様。
選手に対して、呼び付けするな!
一体何様のつもりか?

オマエら、直接呼び捨てできるのか?
ブログだから許されるのか?
ふざけるな!
選手をリスペクトしないで、何がプロレスを論評だ!

ソウゴンの何とかという人。
もう二見のことを書かないでくれ!
マジで迷惑!
選手を呼び捨てして、JWPがどうだとか、勘違いしている!

何度も書くが、批判とかは二見だから許されるわけ。
自分達の立場をわきまえろ!

これと同じように、レベルの低いファン上がりと全く変わらなかったのが、石島を始めとする、他の下衆共。
こんな連中断罪する価値もない!
断罪って、ある程度実績があるからこそ、断罪するんだだろう!

浦井よ、あるファンがこう言ってた。
「どうして二見さんを裏切ったんですか?」と質問したら、「私も断罪されるんですね」と答えたんだって。
そんな回答する自体、うぬぼれている!
まだそこまでのレベルに達していないだろう。
それをよくそんなセリフが言えるな!

だから、ここの団体名を書く価値もないし、書きたくない!
何度も書くように、こことは一切関わる気はない。
一宮氏には、もし今後付き合うなら条件は提示した。
簡単だ。

石島とGAMIを、ここの団体から追放しろ!と。
それか、一宮選手個人と付き合うなら、この下衆団体から手を引け、と。
浦井選手も同じ。
あとは、一宮選手と浦井選手が決める事。

去るもの追わずで、来たければ、その時はその時で決めるさ。
これでこの事件は終わり。

こんな事より6月27日の「T-1グランプリ」大会をどうするかだ!
いよいよ、来週会見を行なう。
そこで、前代未聞の消滅したカードを発表する。
これは神様が、自分にもっと凄いカードをやれと提言しているとしか思えない。

やっぱり、「天が呼ぶ、地が呼ぶ…」このカード消滅をプラスに考えて、高原さんをバックアップしていきたい。

最後に、4・7新木場事件は、二見による、二見のため、そして二見の新たな一面を引き出した大会であり、ひとり激情を繰り広げた大会であった。
メインに出場した5名で、プロは二見だけだった。
この大会を観ていない人に、二見論を語ってほしくない!

自分自身は、凄くプロレスの魔力や魅力に取り付かれて、それはそれでよかったと思う。

あと「T-1グランプリ」前に、どこでもいいのでアウェーに行かないといけないな。
それは、今回の件のケジメを付けなければいけない。

それはこれからじっくり考える!
さあ、次はどこか?

PS.佐野直と竹迫望美へ

今回の大会を観戦しているんだから、ブログで感想くらい書いてもいいだろう。
只で観戦しているわけだし、プロレスラーから観て、今回の事件をどう感じたか?―
伝える義務があるはず。
もしそれが出来ないなら、自分との関係はなくなる。

今からでもいいので、書くように。
誰でもいいので、至急佐野と竹迫に、二見が忠告していたと伝えて下さい。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

伝統の一戦より、伝説の生き証人へ!本日、二見vsGAMI戦ゴング!!

泣いても笑っても、今日二見vsGAMIの禁断の対決が実現する。
正直な話、GAMIと絡めるとは思わなかったので、その部分に関しては率直に嬉しい。
でも、勝負は勝負なので、きっちり勝ちに行く!

振り返れば過去に3回アウェーの会場に乱入した。

06年3月19日「ONLY ONE」後楽園ホール大会
06年5月3日「AtoZ」後楽園ホール大会
06年9月23日「武頼漢」新木場1st RING大会

「武頼漢」に関しては、篠原選手のセコンドに付いただけなので、厳密に言うと乱入ではない。
だが、「ONLY ONE」と「AtoZ」への乱入劇に関しては、完全に“二見ワールド”に染めたし大会そのものをT-1色へと持っていった。
今日の「ガッツワールド」にしても、ガッツのファンを二見ワールドへと持っていけるかが最大のポイント。
その上で、社長の座が入ればいう事なし!

今日は、東京ドームで伝統の一戦「阪神vs巨人」戦が行なわれるが、伝統より“伝説”を体感したければ新木場に来た方がいい。

本当は、先日の会見再録をアップしようかと思ったが、当日場内映像で流れるし、やっぱり会場に来るお客さんを優先したい。
しかも、モバゴンが閉鎖したことによって当然取材には来ない。さらにKamiproのチョロ記者も、“只今サスケを絶賛密着中”で、岩手界隈に在住の噂が流れて今回の「ガッツワールド」はパス。
武田記者がいない週プロは、おそらく来ないだろう。

となると、リアルタイム速報もなし。
これは、完全に現場に来ない限り、“歴史の証人”にはなれないわけだ。

とにかくこの闘いが終わったら、6.27「T-1グランプリ」へ集中したいので、GAMIとは今回で決着つける!

今日の「ガッツワールド」をT-1で買ったお客さんは、半券を取っておいて。
オレなりのサービスをしたいので。
それじゃ、絶対に観に来いよ!!

            【概要】
「ガッツワールド Vol.18」
4月7日(土)新木場1st RING 18:30開始
料金表&T-1在庫状況 (当日券は500円UP)
スーパーシート い列   4000円→残1枚
指定席      E列   3000円
ステージ席   ほ列   2500円→売切れたが、電話下さい。用意できるかもしれない。
13:00までT-1で絶賛発売中!
13:00頃に返券に来るので、あとは当日券になります。
問い合わせ:03-5275-2778

チケット&トラベルT-1公式ホームページ

           【対戦カード】
<第5試合 Spring ATTACK2007~侵略~ タッグマッチ 60分1本勝負>
ダイスケ、木村 剛 vs ミスター雁之助、YUJI KITO
<第4試合 社長権争奪マッチ タッグマッチ 23分1本勝負>
ガッツ石島、GAMI vs SUZKI、MIN∀MIwith二見 理(T-1)
<第3試合 スギ花粉デスマッチ 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
マスクドミステリー、根本太樹、有山いいとも! vs 梁和平、浦井百合、高橋啓人
<第2試合 THE殴り合い タッグマッチ 30分1本勝負>
色増幸作、鬼木貴典 vs 栗原 強、タノムサク鳥羽
<第1試合 オープニングガッツ シングルマッチ 20分1本勝負>
レオナルド高津 vs 小林雄祐

        参考記事
この時が来た!禁断の遭遇が実現!GAMI抹殺宣言!!(極上の“T-1二見激情”見参)

ガッツワールド会見にて、二見社長vsGAMIの抗争が勃発!!(極上の“T-1二見激情”見参)

4.7(土)は、“二見&浦井ワールド”へ変更!?(極上の“T-1二見激情”見参)

明後日の「ガッツワールド」新木場大会で大事件勃発!!(極上の“T-1二見激情”見参)

       【ざっくとニュースコーナー】
一宮氏と浦井さんのブログを紹介。
引用しないので、リンク先へ”モニカ“

腕の見せどころ(24時間波乱万丈第2章~俺の道~)

ということで、本当に一宮氏は欠場のよう。
なんだかよく分からんな。
気持ちを切り替えて浦井選手★

いよいよ明日(リリーズ★ブログ)

ホント楽しみ。
色んな意味で。
それより、浦井さんのブログの更新時間が23時23分(笑)。
ブログまで二見ワールド?
浦井さん、イッパイ・サンキュー!!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

明後日の「ガッツワールド」新木場大会で大事件勃発!!

いよいよ、4月7日の「ガッツワールド」新木場大会で、二見vsGAMIの禁断の遭遇が実現する。
オレの中では、GAMIというレスラーは女子プロ界にとって“いらない”選手だと思っている。
ぶっちゃけGAMIだけじゃない。
大御所と言われている、ふんぞり返った女子レスラーとヘタレ連合軍の女子プロもどきのレスラーは、“全員いらねぇだろ!”

これを証明するために、さらには落とし前を付けるために、GAMIを叩き潰す!

では、何故ここまでGAMIに対して憤慨しているのか?――
もしくは、憤慨しなければならないのか?――
この辺の具体的な事は、二見ブログではまだ書きとめていない。

それについては、第4回「T-1興行」のトークショーで、GAMIを断罪した。
ここでGAMIの実態を書くより、リング上で決着付ければいい。
なのでいつになるか分からないが、第4回のDVDを発売した時にでも確認をしてくれ!

それよりGAMIのブログを初めてみたが、あきれ返った。
引用はしないので、読みたい方はリンク先へ“モニカ”

むかついたo( ><)o (女子プロレスラーGAMIのブログ)

で、結局これだと、匿名のブログと同じレベルの内容になっている。
しょうがないか。
そもそもレスラーに知性とか求める自体ナンセンスなんで。
率直に感じたのは、プロレスラーがファンと同じラインまで下げてまでブログ上で垂れ流しをしている限り、一見のファンから尊敬されるわけがないって事。

「レスラーを尊敬しろ」と書く前に、もっとリスペクトされることをやってから言え!と。
実際問題「たかがチケット屋」と書く所に、レスラー特有の人を見下す部分が露見した形で醜かった。
一体、レスラーは何で飯を食っているんだ?――
チケットの売上は重要なんじゃないの?――

チケットが売れなければ、そして沢山お客さんが入らなければ生活ができない!
ところが、生活ができるという事は、副業ばかり力を入れてプロレスがバイト感覚だからだろ!
再三に渡って、“スナック系で働く女子レスラーなんかいれねぇだろ!”と断罪したけど、ここでもつじつまが合うじゃん。
この「たかが」という言葉は、今の女子プロの駄目になった要因として集約した形だ。

少なくともオレは選手をリスペクトしていた。
例えば、堀田に関しては認めている部分は多いし。
それが分からないようじゃ終わりだな。

駄目レスラーな程、素人に対して見下すことしかできないし、それでしか存在をアピールすることしかできないのが現状だ。
それなら、素人で尾崎のマネージャーであるポリスがレスラーを呼び捨てするのは許されるわけ?――
実際に許されるわけだが、それってただ単に馴れ合っているからだろう。
馴れ合いの喧嘩はOKで、ガチの感情はNoって、なんちゃってプロレスじゃん!
だから何度も書いているように、今の女子プロレスは学芸会なわけで、これを支持している女子プロオタクの神経は一生分かる気はない。

あと、GAMIブログに色々を書き込んでいるアホ共。
そこまで書くなら、必ず会場に来いやぁ!
ヘタな野次を飛ばしたら、しばくからな!
それなりの覚悟を決めて来い!
ただ、ネット野郎は実際に会場にも来れないヘタレだから。
実際にプロレスストーカーは、ファンでもなんでもないから全く影響はない。

それより、明後日の「ガッツワールド」に来て良かったと思われる大会にしないといけない。
GAMIも女子プロレスラーとしての“プライド”があるはずだし、自分とのイデオロギーの違いがリング上で爆発すれば、凄まじい闘いが繰り広げられるのではないかと期待している。

それと、仮に6月27日の「T-1グランプリ」大会を観戦しようかと思っている方は、絶対にこの闘いを見逃さないでくれ!
これを「観る」「観ない」で凄い差が付くのは間違いない!

二見の真骨頂は、アウェーでこそ発揮する!
オレはオレのやり方でGAMIを制裁するので、しかと見届けよ!

でも本音は、早いとこGAMIと決着付けて、浦井さんと祝福の乾杯で楽しみたい(笑)。

           【概要】
「ガッツワールド Vol.18」
4月7日(土)新木場1st RING 18:30開始
料金表&T-1在庫状況 (当日券は500円UP)
スーパーシート い列   4000円→残1枚
指定席     E列   3000円
ステージ席   ほ列   2500円→残2枚
T-1で絶賛発売中!
問い合わせ:03-5275-2778

チケット&トラベルT-1公式ホームページ

           【対戦カード】
<第5試合 Spring ATTACK2007~侵略~ タッグマッチ 60分1本勝負>
ダイスケ、木村 剛 vs ミスター雁之助、YUJI KITO
<第4試合 社長権争奪マッチ タッグマッチ 23分1本勝負>
ガッツ石島、GAMI vs SUZKI、MIN∀MIwith二見 理(T-1)
休憩
<第3試合 スギ花粉デスマッチ 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
マスクドミステリー、根本太樹、有山いいとも! vs 梁和平、浦井百合、高橋啓人
<第2試合 THE殴り合い タッグマッチ 30分1本勝負>
色増幸作、鬼木貴典 vs 栗原 強、タノムサク鳥羽
<第1試合 オープニングガッツ シングルマッチ 20分1本勝負>
レオナルド高津 vs 小林雄祐

参考記事
この時が来た!禁断の遭遇が実現!GAMI抹殺宣言!!(極上の“T-1二見激情”見参)

ガッツワールド会見にて、二見社長vsGAMIの抗争が勃発!!(極上の“T-1二見激情”見参)

4.7(土)は、“二見&浦井ワールド”へ変更!?(極上の“T-1二見激情”見参)

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

「ヤミ裏事件簿」発売!二見独占手記で衝撃の告白!なんと二見の彼女が女子プロデビュー!!

ムック誌の宣伝!
「ヤミ裏事件簿」でT-1に関する記事を大々的に掲載。

まずは、二見独占手記が4ページ掲載。
次に、二見×ターザン山本!氏とのガチトーク再録は13ページ掲載。
オマケに、“四五郎殿”が断った空いたスペースに、一宮章一氏のインタビューが入り、それが4ページ掲載。
T-1関連記事で、なんと21ページに渡って掲載。
惜しい、あと2ページで23ページだった(笑)。

見所満載で濃い内容なので、必ず勿論T-1で買って下さい!
再三記していますが、自分のギャラ代わりなんで二見的には、T-1で買っていただかないと意味がない(笑)。
これを買わない方は、今後自分には気楽に声を掛けないでくれ☆

では、本のタイトル、各記事タイトル、リードを紹介。

題名:プロレス K-1 PRIDE ヤミ裏事件簿 2007春/オークラ出版(定価:1000円)

二見独占手記記事タイトル:
“伝説のT-1興行”第7弾 新宿FACEにて復活! 
“女子プロレス破壊”最終闘争へ!
二見社長の恋人、高原智美が女子プロレスデビュー!!

リード
女子プロレス界に留まらず、マット界の構造破壊を目指しさまざまな波紋を呼ぶ男がいる。東京・水道橋でチケットショップを経営している、“名物社長”二見理氏。開店当初から“T-1ルール”を導入。チケット業界の異端児として名を馳せた。しかも、チケット界を飛び越えて、プロレス業界内でも“混沌の落とし子”と呼ばれる。パワフルな行動や破天荒な活躍ぶりには、比較的冷めた目でプロレスを見てしまうマスコミですら、度胆を抜かれる。昨年の11月の浅草大会をもって、T-1興行の終結を発表をした二見社長だが、今回のインタビューで、6月下旬に新宿FACEにて、伝説のT-1興行第7弾『T-1グランプリ』大会の復活を宣言した!しかも同大会で、なんと二見社長の彼女である、高原智美がプロレスデビューを果たす!ストリップやグラビア界で活躍中の高原であるが、大会直後の7月に、AV女優としてもデビューすることが決定した。過去の東城えみAV事件からみても、地殻変動が起こるのは間違いない。謎が謎を呼ぶ今回の真相は何か?
――ここで、二見社長の独占手記をお届けしよう。

 【独占手記の一部】
20070404-00.jpg

二見×ターザンガチトーク再録記事タイトル:
ギリギリ再録 ターザン山本vs二見 理 掟破りのトークショー

リード
2月23日、水道橋『闘道館』で開催されたトークショー「フタ・ミ塾」。同じく水道橋の『チケット&トラベルT-1』社長の二見理氏が主催する記念すべき第1回のゲストはターザン山本氏。キレ者二人の夢(悪夢?)のコラボを独占掲載だ~(許可なし)。

 【ガチトークの一部と東スポの高原さん記事。何故かタイガースのカンフーバットと選手名鑑も写っている(笑)。】
20070404-01.jpg

一宮章一氏インタビューの記事タイトル:
“偽造王”一宮章一が語る インディーの矜持

リード
偽造王の異名をとる一宮章一。前ページで手記掲載の二見氏となんだか揉めているところにオジャマして、その華麗なる経歴(?)と昨今のインディー事情を聞いてみた。

下記のサイトからの通信販売も可能。
チケット情報:チケット&トラベルT-1ホームページ

T-1興行情報:T-1グランプリオフィシャルサイト

リードなどはこんな感じで解説。

二見手記の内容は、6月27日に開催する「T-1グランプリ」の全貌。
一連のT-1興行としては事実上最終回となった浅草大会の話に、高原智美さんの参戦に関しての秘話を公開。

もっとも3月23日の「フタ・ミ塾」の際に言ったけど、これを読んでいただければ、高原さんの参戦に関しては納得していただけるはず。
どうして彼女である高原さんを参戦させる意味も含めて。
強調したいのは、ただの話題作りではないということ。
仮に納得しないのであれば、観戦しなければいい話なんで。

今度の大会が、真の意味で“女子プロ破壊”になるのではないかと。
そうそう、4ページの中に画像を5枚使っているけど、注目していい画像がある(笑)。
これで意味分かるかな。

個人なんとか持ち出したアホがいたよな~(笑)。
これは序の口だから。

ターザンさんとのトークバトル再録は、13ページも掲載するとは思わなかった(笑)。
これを聞き起こしするだけで、凄い労力だったと思う。
編集の方はご苦労さん。
これで7割くらい出たかな。

あとは質疑応答は全く出ていないし、超やばい話はカットしている(笑)。
特に、ファーストコンタクトのターザンさんの暴言が凄いけど、当然それもカット。
基本的に、危ない話はカットしている。

まぁ、トークに来た方なら物足りない面もあるかもしれないけど、来ていない方なら驚愕の内容と感じるでしょう。
ひとつ編集の方に突っこむするとすれば、ターザンさんは言葉の強弱は激しいので、語尾を「ですよォォォ!!」とかにすれば、リアルに伝わったかと思いますけど、アレだけの文量なんで仕方がない(笑)。
完全版の再録は「ミルホンネット」から出版する予定。

一宮氏のインタビューは、経歴の紹介。
記者から、“四五郎殿”が断ったため誰かいないかと言われて、自分が一宮氏を推薦した。
それで、ダイスケ選手に話しを振って、あとはそっちでやって下さいとなり、何故か3月10日のサイン会の時に取材に来て、そのままインタビューをしたとの事。
これでお互いにメリットがあって良かったんじゃない?――
今の時代、プロレス自体を取り上げる媒体が少ないんだから、「アレは嫌だ」「この雑誌は嫌だ」なんか言っている場合じゃないでしょう。
実際に、この手のムック誌は侮れない。

部数もそこそこ出るし、ヘタすると専門誌より影響力あるから。
自分も、いままでこの辺の雑誌には沢山出たが、これを読んでT-1興行に観戦に来た方も結構いる。
自分から売り込んで出たい位!
つくづく思ったのは、”四五郎論“なんか語らなくて良かった。

お陰で、”独占手記“にスライドして今後の展望を語る形になったわけだし。
ありがとうなぁ~“四五郎殿”!
殿様商売、いや、裸の王様で突っ走って下さい!
陰ながら応援している。
一連の流れをみると、一宮氏と“四五郎殿”の器の差が出たんじゃないかと

こうして雑誌ひとつにしても日々情勢は変わるし、再三申しているようにプロレスは生き物だ。
だからこそ、4月7日の「ガッツワールド」は、絶対に体感した方がいいと書いているわけ。
「ヤミ裏事件簿」を熟読してから「ガッツワールド」を観戦するように!
皆、頼むよ!!

        【ざっくとニュースコーナー】
ミルホンネットを紹介。
グラビアでTバック姿を晒した“喧嘩女王”篠原光がT-1を襲撃(ミルホンネット)
一部引用。
2005年12月31日、新宿FACEで血の惨劇が勃発した。女子プロ史上かってないタブーとなった“大向美智子木刀殴打事件”とは何であったのか。恐怖の報復劇の主役“六本木の喧嘩女王”こと篠原光は、この日をもって業界追放となった、伝説の「T-1グランプリ」を除いては・・・。
 ついに二見社長が第3回“フタ・ミ”塾で禁断のゲストを迎える。大向に因縁があるのは篠原だけではない。「大向よ、プロレス愛はあるのか?」-反逆のエスペランサー二見が吼える! 断罪する!
 大向美智子に明日はあるのか? 予定調和なし、ガチンコのトークバトル第3弾は、女子プロ破壊計画の試金石。酒乱の篠原は飲酒しながらの爆弾トークを宣言、参観者からの持込すら歓迎というから、現場は修羅場と化すのだろうか。ライブに参加する以外、歴史の目撃者となることは許されていない。

以上。
いつも「ミルホンネット」の文才には感心する。
よくここまで“作る”か。
これぞ“活字プロレス”の真骨頂。

「反逆のエスペランサー二見が吼える!」

このネーミングは最高だし、自分にはかっこ良すぎますけど、気に入った!
イッパイ・サンキュー!!で終わり!

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

4.7(土)は、“二見&浦井ワールド”へ変更!?

昨日速報したように、GAMIに対して“ちょっとした挨拶”をした!
あんまりやりすぎると、ビビって逃げる可能性があるので、今回は受けに回っただけ。
開催当日は、必ず“ぶちのめす!”事を改めて宣言する!
とにかくGAMIは若い選手に悪影響を及ぼすし、既に終わった選手の話題より浦井百合さんの事を書きたい!

浦井さんは昨日会見で、二見vsGAMIの禁断の対決に直接的には関係ないけど、何故か自分と一緒に同席した。
“T-1イズム”を間近で体感したいらしい(笑)。

「ガッツワールド」の見所というか、「T-1興行」と違う点として、各試合前に場内用のVTRが流れる。
それ用の撮りも別にあったで、浦井さんとふたりでビッシと決めてきた!
これが絶妙というか、浦井さんのボケ役が最高!
お客さんは映像を楽しみにしてほしい。

まぁ浦井さんは、シャイで照れ屋さんなのでからかうと面白い。
昨日のベストショット!
我ながら自画自賛するほどのお気に入り。
浦井さんの笑顔を引き出したと自慢する(笑)。
20070403-00.jpg(C)T-1

でも会見後、お互いのプロレス感や今後の事を語り合って、しっかりとしたビジョンを持っている子だと思った。
中島の時にも感じたが、とてもキャリア一年の選手には思えない。
それだけ回りが思っているより実際には将来のことを考えているし、自分も含めて回りの人達が受け止めなければいけない。
この辺の“ツケ”も含めて、女子プロ衰退の要因は、やっぱり大御所連中と無能なフロント陣だ。

あと高原さんとの交際の件で突っこまれて、ずっと冷や汗もんで参った。
だけど、浦井さんとはこれからも“良好な関係”を続けられれば。

そういえば、浦井さん、篠原さん、竹迫さん、山縣さんとは今でも仲がいいんだけど。
あとぶっちゃけ、中島とも全く問題はないんだが、“ある先輩選手”のジェラシーによって、引き裂かれたようなもんで、実際にはウマが合うし、Hikaruなんかも中島と同じで、話は合うけど“これまたあるアホな先輩”のせいで話ができないだけ。

で、今挙げた選手って、ひとつ共通するものがあるんだけど分かる?
これは二見と喧嘩しない重要なデータだ(笑)。
この辺の話を、篠原さんがゲストの第3回“フタ・ミ塾”で回答したい。

そんな所で、4・7「ガッツワールド」は、「二見&浦井ワールド」一色に染める!
まずは第3試合で、浦井選手に活躍してもらおう。
その後に自分にバトンを渡してもらえれば、いい興行になるんじゃないか?

4・7「ガッツワールド」のチケットを買って、二見&浦井コンビにも注目してくれ!

          【概要】
「ガッツワールド Vol.18」
4月7日(土)新木場1st RING 18:30開始
料金表&T-1在庫状況 (当日券は500円UP)
スーパーシート い列   4000円→残り1枚ですが、連番希望の方はご連絡下さい。用意します。
指定席      E列   3000円
ステージ席   ほ列   2500円
T-1で絶賛発売中!
問い合わせ:03-5275-2778

ガッツのチケット情報は、チケット&トラベルT-1公式ホームページ

T-1興行の情報は、T-1グランプリオフィシャルサイト

          【対戦カード】
<第5試合 Spring ATTACK2007~侵略~ タッグマッチ 60分1本勝負>
ダイスケ、木村 剛 vs ミスター雁之助、YUJI KITO
<第4試合 社長権争奪マッチ タッグマッチ 23分1本勝負>
ガッツ石島、GAMI vs SUZKI、MIN∀MIwith二見 理(T-1)
休憩
<第3試合 スギ花粉デスマッチ 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
マスクドミステリー、根本太樹、有山いいとも! vs 梁和平、浦井百合、高橋啓人
<第2試合 THE殴り合い タッグマッチ 30分1本勝負>
色増幸作、鬼木貴典 vs 栗原 強、タノムサク鳥羽
<第1試合 オープニングガッツ シングルマッチ 20分1本勝負>
レオナルド高津 vs 小林雄祐

       【ざっくとニュースコーナー】
今回は、格闘ジャンキーの姉妹サイトの「歌舞伎町ペンクラブ」を紹介します。

歌舞伎町―格闘技NEWS-by金本憂司

コチラでも、昨日の会見の模様がアップしてます。
記事タイトル別にリンクができないので、過去にさかのぼってご覧になって下さい。

最新が昨日の会見で、3月30日付けを見ると、6.27「新宿」 AV女優レスラーが誕生!(T-1グランプリ/プロレス)を掲載。
格闘ジャンキーと違うのは、高原さんの裸身がアップしている点だ。
サーバーの関係上裸身がNGとかあるようで、歌舞伎町ペンクラブへスライドしたそう。
二見ブログもこれから高原さんの画像を中心にアップするので、スポナビさんに一度確認しないといけない。

ここでお知らせ。
4月5日に発売する「プロレス K-1 PRIDE ヤミ事件簿2007」が、本日入荷!
【定価/1000円】

なんと言っても注目は、二見独占手記!
タイトルは、
“伝説のT-1興行”第7弾 新宿FACEにて復活!“女子プロレス破壊”最終闘争へ!
二見社長の恋人、高原智美が女子プロレスデビュー!!
これが4ページ掲載。

もうひとつの目玉は、二見×ターザン山本!ガチトーク再録記事。
これが、なんと13ページに渡って掲載!

さらに、“四五郎殿”が断ったため、その代役に起用されたのは一宮章一氏。
一宮のインタビューが4ページ掲載と、T-1関連は21ページも露出。
只今絶賛発売中なんで、絶対に買うべし!
明日にでも、このムック誌の件で書く予定。

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ガッツワールド会見にて、二見社長vsGAMIの抗争が勃発!!

本日14時から、新宿・歌舞伎町の「クラブ愛」本店で「ガッツワールド」の記者会見が行われたので出席した。

この日は、『ガッツワールド』の4.7(土)「新木場」大会並びに、5.5(祝)「ガッツル祭り IN 横浜」(横浜赤レンガ倉庫)の記者会見も合わせて行なわれた。

先に横浜大会の概要を発表。

「ガッツワールド」からガッツ石島、ダイスケ選手。「国際プロレス」からは佐野 直選手(しずおかプロレス)。キャットファイト団体「CPE」からはTOHGO代表並びに出場キャット選手らが参加した。
 
【待機してたので、写真を撮った】
20070402-00.jpg

詳細は、格闘ジャンキーへ“モニカ!”

5.5「ガッツル祭りIN 横浜」の概要(ガッツワールド/プロレス)(プロレス★格闘ジャンキー)

その後に、4.7「新木場」大会の会見が行なわれ、GAMI、石島、地村統括本部長に、“乱闘王”二見と“二見フリークの間で人気急上昇中”の浦井百合選手が出席した。

会見の詳細は、これまた格闘ジャンキーさんへ“サバンナの夜!”

【改定】4.7「新木場」二見、GAMIと遺恨深まる(ガッツワールド/プロレス)(プロレス★格闘ジャンキー)

 【提供/格闘ジャンキー】
20070402-01.jpg

格闘ジャンキー以外では、サムライTVと何処かのスポーツ新聞社が来てたので、そちらでも確認を。

今日は時間がないので、細かい詳細は明日以降書く。
これから4月7日までは、「ガッツワールド」特集で行きたいと思う。
その前に、必ずチケットを買えよ!

それから、GAMIの野郎…、野郎ではないな、一応女か。
女であろうが、マジでやるしかない。

水をぶっ掛けられて気分は最悪だったけど、会見後に浦井さんと食事をして今はご機嫌(笑)。
そんなわけで、これ以上は“言葉はいらないだろう!”という事で終わり。

           【概要】
「ガッツワールド Vol.18」
4月7日(土)新木場1st RING 18:30開始
料金表&T-1在庫状況 (当日券は500円UP)
スーパーシート い列   4000円→残り1枚ですが、連番希望の方はご連絡下さい。用意します。
指定席      E列   3000円
ステージ席   ほ列   2500円

T-1で絶賛発売中!
問い合わせ:03-5275-2778

チケット情報は、チケット&トラベルT-1公式ホームページ

T-1興行の情報は、T-1グランプリオフィシャルサイト

          【対戦カード】
<第5試合 Spring ATTACK2007~侵略~ タッグマッチ 60分1本勝負>
ダイスケ、木村 剛 vs ミスター雁之助、YUJI KITO
<第4試合 社長権争奪マッチ タッグマッチ 23分1本勝負>
ガッツ石島、GAMI vs SUZKI、MIN∀MIwith二見 理(T-1)

休憩

<第3試合 スギ花粉デスマッチ 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
マスクドミステリー、根本太樹、有山いいとも! vs 梁和平、浦井百合、高橋啓人
<第2試合 THE殴り合い タッグマッチ 30分1本勝負>
色増幸作、鬼木貴典 vs 栗原 強、タノムサク鳥羽
<第1試合 オープニングガッツ シングルマッチ 20分1本勝負>
レオナルド高津 vs 小林雄祐
このページのトップへ
コンテントヘッダー

“女子8冠王者”早千予が後楽園に見参!

女子キックボクシング世界8冠王・4階級制覇・女子ボクシングインターナショナル・フライ級王者の早千予選手が、4月6日の「MAキック」に、山田純琴選手とUKFのタイトルを賭けて戦う。

その早千予選手が、先日T-1に遊びに来てくれた。
といっても、大分前で遅くなってすみません。
20070401-00.jpg

所属ジムの白龍ジム会長である羽田氏と早千予選手を、昨年の武頼漢興行で紹介してもらった。
ちなみに、早千予選手と篠原選手は大の仲良しだ!

その早千予選手は、ジャンボ鶴田さんと長与千種の大のファンだそうで、毎回長与グッズを買っていただき、なんというか、よりによって自分と因縁ある長与のファンで大変複雑な心境(笑)。

それで今や女子キック界では無敵の強さを誇る早千予選手ですが、プロレスラーに対してもリスペクトしている。

話をしているうちに、今の女子プロレスラーには欠けているものを持っていて早千予選手には感心することが多い。
やはり、心技体を極めている方は違うと。

ホント、こういった選手にはもっと脚光を浴びるようになってほしい。
自分に力があれば、バックアップをしてあげたいが…。

MAキックを観戦して、早千予選手を応援しましょう!

         【概要】
マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟 “BREAKDOWN(打破)3”
2007年4月6日(金) 東京・後楽園ホール 開場・17:00 開始・17:30
料金表 (全席指定/消費税込)※当日券は全席1000円アップ
S席  7,000円 
A席  6,000円 
B席 5,000円

※SRS席 10,000円とRS席 9,000円は完売
チケットは取り寄せでご用意できます。ご希望の方はご連絡下さい。
問い合わせ:03-5275-2778

チケット情報は、チケット&トラベルT-1公式ホームページ

T-1興行の情報は、T-1グランプリオフィシャルサイト

        【決定対戦カード】
第13試合 メインイベント(2) MA日本スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
山崎通明(新東金ジム/王者 vs 壮泰(橋本道場/1位)
第12試合 メインイベント(1) UKF世界女子フライ級タイトルマッチ 3分5R
早千予(白龍ジム/王者) vs 山田純琴(y-park/挑戦者・J-GIRLS 2位)

第11試合 交流戦(6) 58kg契約 ショーダウンマッチ1(3分3R+延長1R)
駿太(谷山ジム/MA日本フェザー級王者) vs 大川眞人(大和ジム/NJKFフェザー級4位)
第10試合 交流戦(5) ウェルター級 ショーダウンマッチ1
水町 浩(村上塾/1位) vs KEN(OGUNIジム/NJKF 3位)※加藤健より改名
第9試合 交流戦(4) 62kg契約 ショーダウンマッチ1
山本佑機(橋本道場/MA日本ライト級2位・LIGHTNING TOURNAMENT ‘07準優勝) vsガンバ黒田(OGUNIジム/NJKFライト級5位)
第8試合 交流戦(3) スーパーフェザー級 ショーダウンマッチ1
中西一覚(谷山ジム/2位) vs 江口光治(チームドラゴン/J-NETフェザー級4位)
第7試合 交流戦(2) ミドル級 3分3R
一貴(マスターズピット/10位) vs 克(TARGET/J-NET 9位)
第6試合 交流戦(1) ヘビー級 3分3R
イ・ソンチョン[李 成天](韓国/ワイルドシーサー群馬) vs 高森啓吾(SAMURAI SWORD)
第5試合 スーパーフェザー級 3分3R
竹内裕二(菅原道場/7位) vs 拳竜(村上塾/フェザー級8位)
第4試合 54kg契約(バンタム級ランキング戦) 3分3R
平本 悠(橋本道場/7位) vs 高野ヨシ(直心会/10位)
第3試合 フライ級 3分3R
野口清文(マイウェイジム/7位) vs しゅん(HIMI-GYM/8位)
第2試合 ライト級 3分3R
近藤一輝(真樹ジムアイチ/9位) vs 信田智史(習志野ジム/10位)
第1試合 スーパーフェザー級 2分3R
進藤“SPANKY”靖弘(菅原道場) vs 大江和也(HIMI-GYM)

       【ざっくとニュースコーナー】
今回は、格闘ジャンキーです。

4.23「フタ・ミ塾」、ゲストは篠原光(T-1/イベント)(プロレス★格闘ジャンキー)
一部引用。

(前略)
今回のゲストは“六本木の喧嘩女王”と異名をとる篠原光選手。篠原選手と女子プロレスといえば“アノ話題”は避けて通れない訳ですが…、一体、どんな話が飛び出すのか?

 なお、篠原選手はお酒が入ると冗舌になっちゃいます(なっちゃうんです)から酒類の差し入れをヨロシクとのことです(笑)。

以上。
今度のトークはホント面白そう。
今日もチケットが売れて、過去の1回、2回に来ていない方が買ってくれている。
“アノ話題”も含めて、どうなるのか?

それから、今週の土曜日に「ガッツワルード」があるので、皆チケットを買えよ。
GAMIとの、ファーストコンタクト。
プロレスはドラマであり生き物なんで、これを見逃すと絶対に後で後悔する!
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR