コンテントヘッダー

第5回「T-1」ダイジェスト!

昨日予告したように8.26の画像を紹介といくところだが、その前にM’sの解散だ!

昨日のブログで大事件が勃発するであろうと予告したけど、悪いがその大事件はM’sの解散なんかじゃない!

あの程度のユニットが解散しようが、そんなの事件でもなんでもない。
但しその件でひとつ言うなら、これで分かっただろう?

大向の無責任さが。
将来有望な栗原とか、他の選手含めて一体どうするつもりか?

この辺の話をすれば堀田がAtoZを解散したとき、水沼や中島をどうするんだ!と同じで、上の人間の無責任さが下の若い選手にシワ寄せが来る!

これからオレが突っつく材料を大向が勝手に増やしてくれたという事だ。

オレに不義理した連中がその後どうなっているか?
今度一覧表でも作ってやるか!

とにかくM’sの解散なんかより、もっとオレが突っ込んでもいいようなことを、8.26が終わってからマスコミや関係者から聞いたんで、昨日のブログはあのような形で締め括っただけ。

そのことが少しでも頭に入っていたら、「後先考えるプロレスなんて」と言えない!

まあそんなことは、あの時T-1に来てくれたファンは分かると思う。

人の揚げ足しか取れないヤツの特徴は、会場にも来ない、日常で自己主張を全く言えない、こういうタイプが、リスクもない匿名で書いているに過ぎない。

今言えるのは、今後の動向を見逃すなよ!ということと、いずれ大向の真実は書く。

大向だけじゃない。
長与、GAMI、こいつらは”いらないだろ!ということで。

8.26 T-1SP タイジェスト
画像は全て(C)T-1

二見社長vs中島選手のトークショー
20060831-00.jpg
この日の堀田は土屋、篠原には目もくれず、標的は二見だけ!
20060831-01.jpg
堀田と名物記者とのやりとり
20060831-03.jpg

二見が号泣!
大向の件で責任を取りたいと、終結を宣言!
篠原は辞めないでくれと訴える!
20060831-04.jpg
最後は、中島も呼び寄せファンの声援に応えた!これで終わったかと思ったが…。
20060831-02.jpg
もう一度、アンコールに応え、「サヨナラは八月のララバイ」と締め括り、中島と一緒に売店で“絶賛活躍中”を展開してファンの皆さんを見送った!
T-1GPHP  http://www.t-1.jp/gp/index2.html
20060831-05.jpg
昨日発売した週刊ゴングNo.1141にT-1関連掲載

P.96 T-1の第5弾興行は意外な結末 堀田暴走と二見社長が終結宣言!?

P.55 スポットライト 中島安里紗 二見さん、ぬいぐるみありがとう☆

一部抜粋
途中、おみやげ屋さんで、可愛いトラのぬいぐるみを発見!!
『ほしぃ~!!』って言ったら、二見さんが買ってくれました☆
コレ、なんと!二見さん価格の2300円で、超笑っちゃいましたぁ~!!

以上。

それにしても原記者の記事、あれではダメだ!
あの内容では伝わらない。
よって、来週も続編が出ると思う。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

伝説が終焉へ…!?“サヨナラは八月のララバ~イ”と二見社長が終結を宣言!!

伝説のT-1興行第5弾  T-1スペシャル ~トラブルシューター二見×篠原~
06年8月26日(土)東京・西調布アリーナ 観衆156人(超満員)
       
8月26日のT-1興行に多数のご来場ありがとうございました。

またしても、誰も予想しないエンディングとなり、よくこのモチベーションで“T-1伝説”続行できたかと。
ただ毎回で不思議だが、チケットを買いながら来ない方がいる!

ひとりやふたりじゃなくて、他の団体に聞いても、必ずそういう方はいるようだが、せっかく買いながらもったいない。

毎度主張しているが、T-1でしか見れないものを提供し、来れなかった人を、後悔するような大会を目指している。
なので、観戦した方は誇りに思ってください。

一部やっかみや妬みで悔しいのか知らんけど、気になって仕方がない人がいるけど。
事実じゃない事を書く人に対しては、そろそろ然るべき処置を取らないといけない。
これに関しては改めて。

それにしても8/27のアクセス数は、ブログを始めてから最高の数字を出し、昨日も今日も凄い数字。

元々、“二見激情”のアクセス数はセレクトブログ全体の中でもトップクラスと聞いていて、T-1GP公式の5~6倍、多いと10倍くらいの数字を常にヒットしている。

このブログが徐々に認知されている手ごたえはある。
現実に昨日、一昨日とDDT、アパッチと後楽園で開催した関係もあって、沢山のお客さんからブログと週プロ、ゴング、Kamiproのモバイルを見ているいると声をかけられた。

しかも、第2回のDVDも沢山売れた(DDTやアパッチのファンが買ってくれた)。

こういった成果も、実はマスコミのお陰だ。
今大会にも沢山マスコミが来て、嬉しい限りだ。

前のバトルスフィアもそうだが、普通調布レベルであんなにマスコミは来ない。
会場の規模を考えれば全く来ない大会の方が多いんじゃないか。

しかも8.26は、武士道、ノア、MARS、MAX、他...とビックマッチや興行が乱立した日だった。

特に、モバイルゴングの斎野記者、Kamipro Handの松澤記者、週プロモバイルの武田記者は、T-1番の三羽烏と言われる位(そう言っているのは二見だけ)よくやってくれた。

今回も3社とも甲乙付けがたいくらいの、ボリュームある量。

雑誌でしたら、7、8ページくらいの文量でメジャー団体並みの扱いだ。
とにかく、それぞれ味があって面白い。

お金の都合とかあると思うが、できたら3つとも加入して見比べるといいかと。

自分的に面白いと思ったところを抜粋すると、

モバイルゴング: 二見社長が「原記者はいねえのか?」と挑発すると、中島も「上がってこい!」と便乗。
アントニオ猪木のIWGPリーグ戦を全戦観戦したという、原記者の輝かしい経歴に、中島は「ヒマなんですかね?」と鋭いツッコミを炸裂させた。

Kamipro Hand: 中島は、まだ17歳と若いが、女子プロレスラーには珍しくT-1名物の“二見激情”も「凄く楽しい」と目を輝かせる変わり者(?)。しかし、T-1興行で、これでもかと使用される吉川晃司や、唯一の女子プロ専門誌の『レディゴン』の泉井編集長を知らないという驚愕の事実が発覚する一幕も。

週プロモバイル: 今回は念願の18時39分(イッパイサンキュー)のスタートは達成できず、それどころか開場時間が18時40分。イッパイイッパイといったところか。

こんな感じで面白い?

あと今日サムライTV「Sアリーナ」で放送したみたいで、どんな感じなのかどなたか教えてくれ。

いずれ、サムライで三田さんとは直接対決したい!
他にもムック誌系、アングラ系と来まして、10月頃色々と露出すると思う!

以前にも書きましたが、大会に関しては会見のように再録はしません。
少しでも知りたいのであれば、上記で書いたモバイルサイトへ。
それでも少しだけ紹介。

☆19:03 場内暗転。

『サヨナラは八月のララバイ』という、意味深な歌と共に二見入場!
二見フリークから花束をもらい、タイガースばりのジェット風船が飛び交い“二見激情”ゴング!

さっそくマイクで「イッパイ遅れたけど、イッパイ・サンキュー!大向はイッパイ・サイテー!全選手、出てこいやぁ~!」

☆全選手入場式 
堀田はやっぱり入場拒否。
土屋はリングインして直ぐ帰る。

チケット&トラベルT-1代表取締役・二見の挨拶が終わり、“T-1のならわし”二見社長からの逆指名、選手代表挨拶
「逆指名って2人しかいないじゃん(場内・笑)。篠原光を指名!」

篠原は「大向なんかどうでもいい。とりあえず堀田を潰そうと思っています」と宣言。

二見激情第1部終了!

☆“T-1流”中島安里紗試練の23番勝負 第1戦 23分1本勝負
二見社長vs中島安里紗のトークショー&第3回「T-1SP」上映会

ほぼ全女子レスラーには厳しい二見社長が「女子プロ界の宝」と認める中島選手とのトークバトルという、ある意味試合よりキツイ試練に挑む中島。
過去の大会の乱闘劇を間近で見てきた中島選手。

上映会で振り返りながら中島選手は、名物の“二見激情”を「凄く楽しい」と目を輝かせる半面、二見社長が敬愛す吉川晃司や、女子プロ唯一の専門誌『レディゴン』泉井編集長を知らないという天然ぶりも発揮!

最後に中島選手は23番勝負の最後の相手として、二見社長を逆指名。
二見社長は「T-1が残っていたらいいけど、このペースだとあと4年かかるぞ(場内・笑)」と快諾。
トークバトルということで、拍手の多さで勝敗を決めることに。
結果大き拍手を集めた中島選手の完勝で“二見&中島激情”終了!

☆メインイベント
WWE方式でコール
1.篠原 2.土屋 3.堀田(T-1でしか聞けない、全女時代のテーマ) 

女子プロレスを追放になった喧嘩女王復活!大向よ、プロレス愛はあるのか? 変則タッグマッチ 23分1本勝負 

シャーク土屋、○篠原 光(チーム南部)vs ×堀田祐美子 
(7分18秒 反則※堀田が二見社長への暴行)

波乱の試合内容に堀田が二見を血祭り!?
まさかの堀田劇場
“二見&篠原激情”
二見社長涙の終結宣言で場内騒然!!

『CALLING』が流れ、大仁田興行状態に!

篠原、中島と手を取って歓声に応えた。
名物記者の原氏に女子プロの未来を託すメッセージを残し、マイクを置いたが、アンコール。

想定外の締めに戸惑った二見だが、「もう一度締めるから、今度はあの曲を流してくれ!」と要求。

突然の申し出になかなか音楽が流れず、しかも曲も間違え場内爆笑の渦!

「ウチは予定調和じゃないからな(苦笑)。後先を考えるプロレスなんかいらない。決まったことしかできないプロレスなんてク〇くら〇〇」

ようやく“あの曲”が流れ、「8月も終わりなんだよ!サヨナラは8月のララバ~イ!!」と絶叫し、ファイナルT-1興行の幕を閉じた。

試合後、二見社長大放談With篠原光
二見社長の大会の総括に、終結宣言の真実。

篠原選手は大向や初の二見激情について語った。

何度も言うように細かい詳細は、週プロモバイル、モバイルゴング、Kamipro Handに真実が書いているので、それを見てください。
第4回の時にも書きましたが、観戦に来てくれる方を優先したい。

あとは、いずれ発売するDVDを買って下さい!

最後に大会の終結宣言に関しても、モバイルサイトを書いている通り。

話が少しそれますが、第2回のDVDでT-1番記者にコメントをもらい、既に掲載しているのでご覧になった方も多いと思うが、その中で、今大会では欠かせなかったモバイルゴングの斎野記者は「二見社長はいつだって四面楚歌!そこにシビれる!憧れ…ない?」とコメントを寄せていただいた。

でも実はもっと文字数があっていま改めて読んでみたら、この中に今後おそらく大事件が勃発するであろうヒントが隠されているので、今回はこれで締め括りたい。

これを読んで驚いた!本当に!(のち、分かります)

    【第2回T-1GPへの斎野さんのコメント】

南斗乱れるとき北斗現れ、女子プロ界乱れるとき二見現る!!
そいつに触れることは引退を意味する!
それが二見社長だ!

断罪〇〇また断罪 二見社長がブチ切れ三昧!!
二見劇場で女子プロEDが治りました。
お礼の言葉もありません。

ブチ切れることもなき世にブチ切れる!
混世魔王・二見氏降臨!!

二見社長はいつだって四面楚歌!そこにシビれる!憧れ…ない?
燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや…!
孤高の士・二見社長の生き様に刮目せよ!

明日は画像を何枚かアップ!

        参考記事

モバイルゴング: 伝説が終焉へ…!
■二見劇場その1&全選手入場
■『“T-1流”中島安里紗試練の23番勝負』第1戦23分1本勝負
▼『女子プロレスを追放になった喧嘩女王復活!大向よ、プロレス愛はあるのか?』
■堀田大暴走&堀田劇場!
■T-1終結か?涙の二見劇場!
■二見社長の大総括
6項目に分けて、3社の中で一番ページ数が多いです。

Kamipro Hand: 怒り!号泣!そしてイッパイ・サンキュー!二見社長がT-1興行終結を宣言!!8/26T-1SP結果&詳報アップ!!

週プロモバイル: 大波乱必至!T-1スペシャルリアルタイム速報 オープニング…スタートは19時3分

サムライTV「Sアリーナ」で放送
このページのトップへ
コンテントヘッダー

本日・イッパイ・サンキュー宣言!?

今日のブログは“言葉はいらねぇだろ!” 

女子プロレス追放になった喧嘩女王復活!大向よ、プロレス愛はあるのか?変則タッグマッチ  23分1本勝負

 シャーク土屋、篠原光 vs堀田祐美子

“T-1流”中島安里紗試練の23番勝負 第1戦 23分1本勝負

 二見社長vs中島安里紗のトークショー&第3回「T-1SP」上映会

当日券は17:30から
20060826-00.gif
このページのトップへ
コンテントヘッダー

いよいよ明日“狂乱”の第2回DVD発売&何かが起こるT-1SP

いよいよ明日(8.26)第5回「T-1スペシャル」大会開催。

女子プロレス界追放状態となった、篠原光が復活!

“ビックファイヤー”シャーク土屋とタッグを組み、“空回りの暴走女王”堀田祐美子と2対1の変則で対決。

なお、今大会へ参戦を呼びかけた大向美智子は、残念ながらいまだに何の回答はありません。
この件に関して、二見社長と篠原選手からなんらかの発表がある。

また別の意味で画期的な出来事、8月6日をもってJWPに所属した中島安里紗がT-1流の試練の23番勝負に挑みます。
注目の第1戦は、なんと二見社長。
どういったバトルが繰り広げられるか?見逃せない一戦になりそう。

そして、明日は大会だけでなくもうひとつ目玉があります!
あの“狂乱”の第2回「T-1グランプリ」が遂にDVD化します!

今後ここまでのハチャメチャな興行は、見ることはできないでしょう。
それくらい凄絶でなおかつ哀愁も漂う、超絶賛興行!
今日は8/20付で書いたように、何点かお気に入りの画像を紹介。
20060825-00.jpg
【提供/内外タイムス】
それにしても、パッケージ&盤を見てなにか気付いた方はいる?

今回、合計で30枚の画像を使用。
うち、23枚(フタ・ミ)が二見絡み!

これだけでも今まで見た事ない。
しかも、表紙はオール二見!

ちなみに2位は堀田の11枚で、3位は米山と尾崎が5枚。
20060825-01.jpg
【提供/Kamipro】
別に開き直るつもりはないが、
“二見を観てくれ”でいいじゃない?

はっきり言って、二見より輝いていた選手はいなかった!
それが答え。
そういったことで必然と写真も自分中心になるのは、仕方がないと思う。

それでは写真を見てどんな大会だっかたのか!!
その答えは明日出る!?
20060825-02.jpg
【提供/週刊プロレス】

T-1GPホームページ  http://www.t-1.jp/gp/index.html
20060825-03.jpg
【提供/島村健】

8.26T-1参考記事

モバイルゴング:8.26T-1興行、篠原&二見氏からの最終メッセージ/当日券、第2回のDVD先行発売情報

スポーツナビ:8.26興行直前に篠原、二見氏がコメント=T-1
このページのトップへ
コンテントヘッダー

8.26(土)T-1当日券情報&篠原選手と二見社長のお言葉

    最終概要&当日券情報+篠原選手と二見社長の大会前、最後のお言葉!
        伝説のT-1興行第5弾 
         T-1スペシャル 
       ~トラブルシューター二見×篠原~
日時:2006年8月26日(土)開場:18:00 開始:18:39 ※イッパイ・サンキュー 
          当日券情報
当日券は17:30から、地下1階入り口付近
トップワンシート 3500円で販売→イス席、南桟敷席完売、東のみで残り僅か
T-1スペシャルシートとスタンディングシート 3000円で販売

会場:東京・西調布アリーナ(調布市上石原2-40-6 地下1階)
TEL:0424-80-3731 URL:http://www.u-filecamp.com/
交通:京王線「西調布」駅徒歩2分※改札はひとつだけです。
 新宿駅からのご案内。
特急・準急・急行のいずれかに乗り調布駅まで行き、乗り換え。
同じホームの各駅停車・京王八王子行きか高尾山口行きに乗り、隣の西調布駅下車。
特急・準急は新宿から調布まで14分。急行は19分です。
          先行発売情報
“狂乱の”第2回「T-1グランプリ」新宿大会のDVDが、8/26西調布大会から先行発売します。
※一般発売は8/27から
当日は定価5500円のところ先行特別価格4500円で販売します。
是非この機会にお買い求めを!
          篠原光選手の決意表明
「追放されている身で堀田選手と対戦することができ、大変嬉しく思っています。でも何か『格が違う』とか『二見さんが出ないと試合をしない』とか言っているみたいで…。二見さんが出るまでもないです。正直な話土屋選手の事もよく知らないですし、自分ひとりの力で勝ちます。それから大向の件ですが、あの人は自分で自分の首を絞めてる。人のことを『チンピラ』とか『プロレス愛がない』とか言っているけど、それはテメエだろ?回りに私の悪口を吹き込んで、それで愛ってよく言うよ。今回二見さんには色々とやっていただき感謝しています。だけど、これ以上大向のことで関わると、二見さんに迷惑がかかります。自分のケツは自分で拭きますよ!まぁ大向がT-1に来たら、二見さんさえOKを出したら喜んでやります。相手じゃないから笑いながら試合をしてやる。来なかったら来なかったで、言いたいことがあるので当日楽しみにして下さい!」
           二見社長のお言葉
「現在、大向からの返答はありません。変に期待させてもお客さんに申し訳ないです。よって、正式にシャーク土屋、篠原光vs堀田祐美子戦を発表します。ある意味、AtoZのリングに篠原選手と一緒にリングジャックをして、念願の対決を実現できたことはそれはそれで良かったと思っています。しかも、篠原選手、土屋選手、堀田が同じリングに立つ!これだけでも誰も予想できなかった対決ではありませんか?大向のことは抜きにしてこの対決に集中します。但し、篠原選手のコメントの通り、大向が来場したら篠原選手は1日2試合やる準備はできています。ところで大向の『プロレス愛』ってなんですか?自分から篠原選手に対して発信して、反論したら黙殺では最初から言わない方がいいんじゃないかと思いますけど。私のどこが間違っているか答えてほしい。そうは言ってもここまで行動して何もなければ、自分にも色々と責任を感じていますし、今後のことも含めてファンの皆さんに発表したいことがあります。とにかく今大会は、篠原選手の生きざまがどれだけファンにアピールできるかがポイント。色々と言われていますが、それを覆すファイトを期待しています。」
           大会プログラム
☆18:39 二見入場 
※果たして今回は吉川晃司の何が流れるのか?
☆全選手入場式 ※これはお約束の吉川晃司・○○○
チケット&トラベルT-1代表取締役・二見の挨拶
“T-1のならわし”二見社長からの逆指名、選手代表挨拶
☆“T-1流”中島安里紗試練の23番勝負 第1戦 23分1本勝負
二見社長vs中島安里紗のトークショー&第3回「T-1SP」上映会
 休憩
☆メインイベント 
女子プロレスを追放になった喧嘩女王復活!大向よ、プロレス愛はあるのか?
変則タッグマッチ 23分1本勝負 
シャーク土屋、篠原 光(チーム南部)vs堀田祐美子 
リングアナ:安藤頼孝
レフェリー:松井幸則(DDTプロレス)
主催: チケット&トラベルT-1   
TEL:03-5275-2778  
URL:http://www.t-1.jp

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

第3回 T-1会見再録シリーズ☆エピソード10(06.4.24)

06年4月24日の会見を再録!※第3回大会で5回目ではありません。

その前に、本日8月23日はT-1創業11年&T-1興行1周年の記念日。
あの第1回T-1グランプリから1年か…。

さて、第3回「T-1SP」に関する会見実況再録を始めます!
週プロモバイル、モバイルゴング、Kamipro Handを参考に、T-1GPHPの新着情報にUPしていた内容を、こちらのブログで再録という形でアップ。
T-1グランプリホームページ  http://www.t-1.jp/gp/index2.html

06・5・3 リアルプロフェッショナルレスリング 「T-1スペシャル」~19年ぶりのワンマッチ興行~

ニューT-1マスク誕生、その名もV3!
エピソード10 二見激情は“過激の激に情熱の情”で1人舞台!
堀田、阿部の刺客はV3!
そのV3に託しその先を見据えて、プロレスラーもどきの女子レスラーへ爆弾投下!
V3、Xvs堀田、阿部で決定!

4月24日19時より、カード発表の会見が行なわれT-1二見社長が冒頭から「前回予告した通り、堀田、阿部も対戦したことがない未知の選手を連れてきた」
とスタートからハイスパートで飛ばし、なんとボリショイが着用していたT-1マスクを手にし
「ボリショイ、米山なんていらねぇだろッ!」
と地面に叩きつけて大炎上の開幕!

続けて「もう追放だ!T-1、T-2のTは、“追放のT”だったよ。人の心をもてあそんで、金を搾り取る人間のクズ!ボリショイ、米山だけじゃない。尾崎、永島、大向も最低。堀田と阿部はバカだが、バカと最低は違う。
下手に出てに交渉し、あとは文句は言うなか。コッチに金は払わせるだけ払わせて、注意すれば開き直り。ファンも同じで売店や飲み屋でカネを吸い尽くされ、それが嫌で卒業したファンが沢山いる。はっきり言って試合のギャラより、売店収入が多ければ試合がそっちのけになるだろう。まぁバカと言えば、米山はリアルバカ!」
と改めて前回決裂した選手を断罪した。

腹に溜まっているのを吐き出し落ち着いたのか、
「今日はニューヒロインになれる可能性を秘めたT-1マスクを、堀田、阿部の刺客として用意しました」
と冷静に語り、堀田&阿部のAtoZコンビを迎え撃つ。
「この子を抜擢した理由ですが、オファーして断れなかったからです。それ以上もそれ以下もないです。」
と、さすが女子レスラーの9割以上嫌われている二見らしい説明。
「裏でネチネチとT-1に出るな、と圧力をかけている現状の中、参戦してくれる勇気を称えたい。
20060823-01.jpg
コソコソしている連中とは器が違うよ、T-1マスクは。
T-1マスクと言うとボリショイと思われるのが嫌なんで、命名しよう!仮面ライダーシリーズでは技の1号、力の2号でしたが、T-1マスク1号、2号は力の1号、技の2号と逆ではあるが、それをミックスしたV3!その名も“T-1マスクV3”とさせていただきます。このV3に託したい。“T-1のTは託しのT”でもあるから。」
V3に最高の言葉を贈り
「今まで、たくさんの女子レスラーに裏切られてきたが、V3を信じたいし、賭けたい。」
というV3に、T-1の命運を全てV3に委ねる決意を固めた。

現時点ではT-1軍が1対2という状況で、気になるV3のパートナーに関しては、
「他は当日発表。1vs2になるかもしれないし、1vs3、1vs4。もしくは2vs2、3vs2、4vs2になる可能性やX、アマゾン…」
とT-1マスクの増殖計画の可能性を示唆し、同日昼におこなわれるONLY ONE後楽園大会ではT-1の刺客が、AtoZのど新人、水沼&中島と対戦するが
「堀田には夜のT-1に中島と水沼は連れてくるな。悪いが昼で病院送りにするので。ナメたら、オマエら潰されるぞ!」
と新人2人をこきおろし、
「逆に堀田と阿部は昼の大会で怪我をしないように。夜の大会に穴を空けられると困るんで。しかし堀田も賢いよな。T-1選抜が怖いんだろ?阿部も1日4試合で大丈夫なのか?」
と小馬鹿にすると
「申し訳ないが、T-1マスクV3が出て来たので、堀田とはこれで決着をつけます!」
自信満々に抗争に終止符を打つことを宣言。
「ハッキリ言ってプロレスラーもどきの選手は相手にしてないんで。このV3を学芸会レベルのその辺の選手と一緒にしてもらいたくない。」
と全幅の信頼を寄せる一方、
「ガチならアメコンと藪下以外の女子レスラーには負けないと常々言っているが、誰も噛み付かないし、電話すらない。もうアスリートではない。だからといって、エンターテイナーでもない。ダメ出しを許さない発表会を、いつも決まった人を対象に、ちまちまやって下さい。
それでこのV3が今回援軍に入ったが、味方になったからと言って、V3には勝てないとは言わない。だが、今回妨害がありながら参戦していただけるという事で、相当ハートが強いと思っている。断罪しているヤツらはこれを聞いて悔しければ俺をギャフンと言わせるような試合してみろ!」
とV3へ独特のエールを送った。

さらに「いつも言うように俺は本気でキレてないですから。それに“二見劇場”とかよく書かれるけど、他の大会の会見とはジャンルもカテゴリーも違う。俺の発言はアングルじゃなくて全部ガチなんで。爆弾でもなんでもない普通の興行に爆弾投下と書いて、T-1も爆弾では一緒と思われる。同列扱いは困るので、これからは、過激の“激”に情熱の“情”で“二見激情”にしてください。」
と報道陣に逆要求。

「ゴングのボリショイのインタビューで『ある女子格闘家がJWPで練習している』と書いているのを読んで、もしかして藤原道場の練習生かと思い聞いてみたら、案の定そうで。ちょっと筋が通らないんじゃないの?自分で金を払ってやっているなら構わないが、会費もこっちが払ってな。しかも藤原先生も佐山先生も気持ちで動いてくれる方なんです。双方の技術を交換して交流することは、いいことだよ。それなら何故、事前に提案なり相談しないのか。結局自分のことしか考えないで、おいしい所取りする魂胆なんですよ。裏でこんな事をやっていると分かったら、お前張り倒されるぞ!これ本当に!
しかもボリショイは、ネット依存症なのか?直ぐ人の意見に左右されるのか?よく分からないけど俺にこう言ったんですよ。『男子レスラー相手に喧嘩を仕掛けられるのか。女子しか相手に出来ないんじゃないですか。』ときたよ。もう自ら女子は男子より下と公言した。それから俺は男子選手に対しても、変わらないスタンスで行動しているけどね。こんなの何人も知っているよ。アホだね。今だから言えるが、佐山先生は、ボリショイ、米山の練習態度に呆れていたのを自覚していたか?この件に関して、自分は佐山さんと激論もしました。お前らのためにな!佐山さんのスポンサーやブレーンも同席しているので、何なら聞いてもらっても構わない。それをよく女には強気に出ると言えるな。一体ボリショイが俺のために何をししてくれた!自分達の利益しか考えない。彼女はこうも言った。『自分が金を出すなら他の道場に行く』と。こんな事をイチイチ藤原先生や佐山先生に言わないが、だったら直接言えよ!だから偽善者なんじゃないの?撤回はしないし、ピッタリじゃん。今まで全女子レスラーに告ぐと警告していたが、過去のT-1に参戦していない選手までホコ先を向けるのも酷なんで、
参戦したことある選手に告ぐ!我田引水を贈ってやるよ!お金は自分のために使うんじゃない。人のために使うんだよ!レスラーなら何やっても許されるのか!?」
と10分間に渡って糾弾!

「俺も守るべきものが出来た。清原選手ではないが、これ以上陰で妨害するなら叩き潰す!」
もう誰も止められない“二見節”独壇場!
ここで二見社長から質疑応答の時間を設けていただき、肝心のV3のコメントが一切ないので早速記者から質問が及ぶと、日本語が通じないのかV3は二見社長になにやら耳打ち。
「堀田、阿部の23倍練習しています。」
と二見社長の口を通して伝えられた。
引き続きV3へ必殺技を聞かれると、
「あらかじめ言うと研究されるので、得意技は試合で」
と先ほどと同様二見社長が代弁し、依然謎のベールに包まれたままだ。

それなら角度を変え、二見社長の印象を尋ねると、またもや二見に耳打ちし
「デビュー前に1階の看板前まで来た事があったが、怖い噂があったので7階まで上がる勇気がなかった。でも実際お会いして優しい方でしたので、今日は7階まで上がって来れました。」
と二見が代弁すると、すかさず報道陣から笑いが起こった。「本当に優しいですか」と報道陣から突っ込まれると、V3は笑顔で大きくうなずき、緊張感漂う会見場が和やかな雰囲気に変わった。その後、残りの選抜選手はアメコンと藪下か、に対しては
「当日アメコンはゼロワン、藪下はスマックがあるんでどうなんでしょうか?フフフ…。」
とヨロイ元帥ばりに不敵な笑みを洩らし、再びいつもの空気に戻り
「昼にV3は出しません。」
とV3をT-1SPの切り札と考えているようだ。
20060823-02.jpg
この日二見が着用していた、“俺が最強”Tシャツに関して、
「これは伝説の興行『LEGEND』の小川直也vsマット・ガファリ戦の際出した非売品のTシャツです。店の方針で客がすべて正しいとは言わないし、金を出す方が偉いとも言わない。実際、金を出すから言う事を聞け、と命令をしていないだろう!下手(したて)に出て裏切ってな。

それで今回感じたのは、やっぱりお金を払う側の人間が偉いですし、最強ですよ!」
とおもむろに“俺が最強”というTシャツを誇示。
「批判があれば受け入れるが、リスクを背負わない奴にガタガタ言われたくない。俺は店の看板を背負っているし、ここで逃げも隠れもしない。
今の時代、文句だけは一丁前の奴が多いから」
と一瞬謙虚さも見せたが、いつもの毒舌は変わらなかった。
配布資料に記載されている、女子プロ破壊へ協力してくれる助っ人募集の件を質問すると
上機嫌に
「1人来ました。東城並みの爆弾投下になる。昼になるか、夜になるか、それとも4回目になるか、秘密です」
と爆弾予告をした。
最後の質問で、例えば尾崎選手をオファーすることはあるのか、と声が上がると不機嫌そうに
「ありません。新宿FACEのドリンク代を徴収する利権に絡んでいると分かった以上、関わりたくない。多少今の女子プロ界に同情する点があるとすれば、みんな生活がキツイわけじゃないですか。
それを試合をしなくても、ドリンク代が入ってくる。FACEは、女子プロのための常設会場じゃない!これも弱いファンから金を搾り取っているだけじゃないのか!?後楽園のように、いち売店の会社ということなら、個々の営業力で売り上げを伸ばすか?伸ばさないか?の話しになるので批判しないが、これって半強制徴収じゃん?俺の生き方に反する。」
と再びアドレナリンを放出させ
「民主党の小沢一郎先生も負けると言われていた選挙で勝った。だから俺も今回は勝ちに行く!」
とV3と共に怪気炎を上げて
「7月に参議院選挙並みのSP大会を開いて、忘れもしない昨年1月の全女で言ったムーブメントを起こすために、いずれ行われるだろう解散総選挙級のT-1グランプリを必ず復活する。」
とブチ上げた。
一通り、炎上しまくった二見だったが
「そうだ、言い忘れてた!」と言うや
「前川!5・3来てもいいぞ!堀田のパートナーでもいいし。まあ、ヘタレだから来ないとは思うけど・・・」
と、ライフワークと化しつつある、因縁の前川久美子への挑発も忘れずにして、独演会は終了した。

いよいよ来週に迫ったT-1SP。“T-1マスクV3”投入をして、遺恨深まる堀田祐美子抹殺を宣言した、二見社長。
堀田危うし!を印象付けた会見であったが、ともあれ5月3日は、昼のONLY ONE、そして夜の「T-1SP」と両大会とも見逃せないのは間違いなし!
そして、“二見激情”から目を離すな!!

   参考記事

Kamipro Hand: 「ウチの会見は“劇場”じゃなくて“激情”だ!」“俺が最強”T-1二見社長に強力な援軍が!T-1マスクV3見参!!
何かが起こること間違いなし!5/3「T-1スペシャル~ワンマッチ興行~」バトルスフィア大会概要決定! 

モバイルゴング: 堀田危うし!二見氏が5・3『T-1ワンマッチ興行』に“T-1マスクV3”投入を宣言!

週プロモバイル: 堀田&阿部の相手はT-1マスクV3/T-1会見

スポーツナビ: 堀田の刺客にT-1マスクV3=T-1SP会見

内外タイムス:女子プロ破壊の新戦力

東京スポーツ:藤波vs木村戦以来、19年ぶりにワンマッチ興行復活!

サムライTV「ニュース侍」放送

イープラス:二見社長は“混沌の現世紀の鬼っ子か?”

Kamipro98号:「リアル・プロレスラーは俺ですよ!」“歩く狂気”二見社長がワンマッチ興行を開催!!
コラムのサムライ三昧に、気になる存在として二見vs堀田の言い争いがピックアップ。
また、97号・面白かった記事ランキングで「T-1グランプリの真実」が3位にランクイン。
なお、ONLY ONE大会で「二見が壊したトロフィーの破片」が
なぜか読者プレゼントで提供。

この日に発表した概要
5・3(祝)T-1SP(開始18:39)越谷・バトルスフィア
対戦カード:T-1マスクV3、(他の選手は当日発表の予定)vs堀田祐美子、阿部幸江
参戦要請選手:T-1マスク1号、T-1マスク2号
リングアナ:パンチ田原(リングスタッフ)
レフェリー:松井幸則(DDTプロレス 
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第3回T-1 T-1会見再録シリーズ☆番外編其の壱

前回に引き続き、第3回「T-1SP」大会に関する会見再録を更新!
※5回目ではありません
4月8日のT-1GPHP・新着情報にアップした内容と4月17日のAtoZの会見を再録。

その前に、8/22・サムライTV 「Sアリーナ」“二見独占”インタビューはどういう感想だった?
感想等はお店かコメントまで。

8/22発売 レディースゴングVol.87 二見×中島選手の対談が2ページに渡って掲載。
タイトル:この男が帰ってきた!“二見劇場”見参!With中島安里紗(T-1GPの生き証人)
小見出し:珍獣!今度はリングに挙げるぞ!(二見)
二見さんを攻撃したい☆(中島)

8/23発売 週刊ゴングNo.1140 T-1関連掲載
P.81 二見社長が悲痛なる咆哮 大向に対してこんな事を
P.84 T-18.26西調布大会の詳細を発表 堀田は土屋&篠原と1対2変則マッチ
P.97 白昼堂々、二見社長が堀田の店を襲撃!!土屋、篠原vs堀田決定
レディースゴングとオークラ出版発行の『闘論』はT-1で絶賛発売中!

それでは、第3回「T-1SP」に関する実況は、今回は4.17のAtoZの会見を再録。
これは恒例のエピソードシリーズではありません。
T-1の近くで会見を行なっていた堀田と阿部が、T-1へ殴りこみをした“T-1&AtoZ劇場”まさにT-1会見・番外編です!
週刊プロモバイル、モバイルゴング、Kamipro Handを参考に、T-1GPHPの新着情報にUPしていた内容を、こちらのブログで再録という形でアップ。
T-1グランプリホームページ  http://www.t-1.jp/gp/index2.html

まず先に、06/04/08の新着情報再録
リアルプロフェッショナル宣言  
エピソード9で、断罪した米山の件について補足。

JWPに対しては、3/6付で指摘している通り「問題提起編」で、この時点では期待を込めて叱咤激励で書いた。
しかし、ある事実を知っていればその時点で「最低編」で告発している。(最高編・問題提起編・最低編と第2回終了後、3回に分けて総括した。これに関してはまた改めて)
そのある事実とは...。

3月中旬にサムライTVから第2回大会のマスターを提供していただき、それを観て呆れた…。
勝利者インタビューの収録を行い、サムライさんに指示をしていて私はそこの現場には立ち会っていません。
そういった事情で映像を見るまでは、どういったコメントをしているか分からなかった。
記者と米山のやりとりを一部紹介。

記者「第2回目の大会となりましたが」
米山「『小ばかにして笑いながら』2回目開催できたんですか。『しばらく沈黙して、笑いながら』特に何もありません」
対永島戦が終わった直後のコメント。

身体を酷使しながら、永島vs米山戦に奔走したのは何だったのか、と呆然とした。
他の選手にも同様な質問をして、竹迫選手もT-1マスク選手もそれぞれプロレスで切り替えをしている。
もしこれをプロレスと言うなら、見下して笑いながらやるのが、米山のスタイルなのかと問いたい。
例えば、女帝興行で同じ質問して同様の返答をするのか?
少なくても笑う場面ではないはず!

それと、第1回大会も含めて俺がいつ、大会前に侮辱したコメントをしたか?
前川を始め、日向、西尾、そして第2回の永島と米山は出来るだけの賞賛はしたつもり。
かといって、あんまりほめちぎてはかえって嫌味になるし、迎合してはいけないので、多少ハッパはかける。
だか、バカにはしていない。
前川も第1回大会の試合終了後のインタビューで言いたい放題だったが、前川vs堀田戦に関しては自分が決めたカードではないし、思い入れもないからショックではなかった。
でも米山vs永島は違う。

ショックから怒りへ変化して、4/3の会見で一刀両断した形となった次第。
また、会見の時に前置きしたが、米山の熱狂的なファンに申し訳ない気持ちと同時に、こういったファンの気持ちを踏みにじったことには憤慨している。
もうJWPに対して、言い訳は聞きたくない。
ではどうしてほしいか?
まずは、きちんと謝罪しろ!
そこからがスタートだ。
前川、尾崎、大向、永島もまったく同じで、公式の場で謝罪をしていただければ、こちらとしてもこのような事をファンへ発信する事もなかった。
しかし、それすら出来ないのがいまの女子プロレスラーであり、それが一円にもならないプライド。
またファンの方にも分かってほしいが、お金を多く出すからこのカードをやれと言って、提供してくれる団体、選手はひとりもいません。
よく“T-1イズム”と言いますが、交渉でそんな事をやったら参戦する選手はいません。
スイッチをオフとオンの切り替えはしている。
第3者のリングでそれなりのカードをしたいなら、誠心誠意伝えないと。
もちろん、尾崎やボリショイの協力なしではこのカードは実現出来なかった。
そういった根回しを米山は知っているにも関わらず、このカードの意義を理解してなかった。
とにかく、謝罪があってどう対応するかは、自分が判断する事。
やっぱり、心がこもっているかどうか?上辺だけかどうか?はその人の目を見ないと判断できません。
張り倒すとかやる訳ないし、やったところで何にもならない。
もし女子プロを本当に崩壊してほしいなら、永島と米山の舞台裏の真実を書いて加速してもいいが、当日何があったのかも含めて、いまは語る気はない。
例えば軽く触れるとすれば、どうして会場にポリスがいたのかとか?
自分からすれば急にホコ先をJWPに向けたのではない。
そこまで至るには、そこまで行くそれなりの理由があって、当然のアクションをしたと自分は判断しています。
自分が断罪している選手は、俺を甘くみていたんでしょう。
いままでは、甘い汁を吸っていてそれで通用してかもしれませんが、相手を間違いたな。
オレはそう甘くない!
最後に、その断罪している腐った選手!
これからオレを潰そうとするなら、予定調和ではなくリアルで返します。
T-1は、プロレスごっこの女子プロレスとは違う、リアルプロフェッショナルで、貴方達とは違うものをお客さんに発信して、一石を投じます。

以上、4/8の再録。

今度は阿部を引き連れて堀田が“T-1通り”を占拠!またしても二見社長と壮絶な舌戦を展開!
5.3「T-1スペシャル」に
堀田と阿部の参戦が決定!
同日昼開催「ONLY ONE」大会にT-1選抜チームが出陣!
T-1&AtoZ劇場 T-1会見番外編 

4月17日午後3時より、水道橋でAtoZの会見を開き、5・3後楽園大会のカードが発表された。
 第1試合では新人の中島安里紗と水沼美加が名物男・二見社長率いるT-1選抜選手との対戦する。会見に出席した堀田は、このマッチメークについて
「二見の方からカードを組めと要望がありまして。アイツの大会に出た選手は、もう次の大会には出ないし(笑)。A・コング出ないでしょう。どうせ出て来るのは、その辺を歩いてるしょぼいお姉ちゃんを連れてくるだろうから、中島と水沼で十分」
と完全に二見をナメ切っている様子。

さらに堀田は同日夜にバトルスフィアで開催されるT-1興行に二見社長から参戦を要請されているが、その件に関して
「二見興行には阿部と2人で出てほしいと要望がありましたが、出ようと思ってます。そろそろあのバカとピリオド打たなきゃいけない。アイツを引っ張り出して、追い詰めて終止符を打ちます」と二見氏抹殺を宣言。

また、阿部はデビュー10周年を記念して、同期3人との3番勝負に臨むが
「10周年の区切りをつけたかった。この時代では珍しいことではないんですが、同期同士でしかできない熱い闘いを見せたいと思います」と意気込みを語った。
堀田自身の対戦相手に関しては、今回発表されなかったが
「AtoZを立ち上げてからこういう状態で、今は選手4人。最初は10何名いたが、こういう形になって…。AtoZの名前の由来を改めて自分の中で再確認したい。そのためにやらなきゃいけない人間がいるんじゃないかと。カードは後日発表しますが、それに相応しい相手と闘いたい」とコメント。

その後、堀田はあらためて二見興行への参戦を明言すると、もういてもたってもいられなくなったのか、報道陣に向かって
「誰かアイツ(二見社長)の連絡先知りません?」と報道陣に逆質問。
ほとんどの記者が知ってると思われるが、誰もが巻き込まれるのをおそれ、沈黙していると勇気あるサムライTVのカメラマンが
「わかりますけど」と二見社長の経営する『チケット&トラベルT-1』に電話。

記者「堀田さんに代わります」
とカメラマンから携帯電話を受け取った堀田は、
堀田「夜の部出てやるから覚悟しとけよ!しょぼいやつ用意すんじゃねえぞ!オメー、なんでお願いしに来ねえんだよ!」
二見「何で行かなければいけないんだよ!」
堀田「今、会見やってんだよ!オマエ、出て欲しいんだろ。相手いねぇんだろ!なんだと?うるせえ!また、店ブッ壊しに行ってやるぞ!」
「相手にしてられない」と二見は電話を切る。
堀田「勝手に電話切ってんじゃねーよ!」
と怒りのテレホンショッキングと化として、電話口の向こうの二見社長と大ゲンカ。
怒りにまかせて、T-1へ討ち入りへと向かう堀田。
報道陣に「みんなで移動しましょう!」
と前回の会見(3/10)に続き、直ぐ近くの『T-1』へ移動することに。
またしても、店内で二見vs堀田の壮絶バトルの再現となるのか……!?

マスコミをぞろぞろ引き連れ、『チケット&トラベルT-1』へ向かう堀田祐美子とその仲間たち。
アタマに血が昇って、思わずT-1店舗を通り越してしまう堀田だったが、マスコミに誘導されT-1ビルのエレベーター前に到着すると、エレベーターの扉が開いてドンピシャなタイミングで二見社長登場!
     
       以下、二見vs堀田、阿部の主なやりとり
二見「てめえ、ここをどこだと思ってんだ!? T-1通りだぞ!人の縄張りで勝手なことをするな!」
と独自の論理で堀田に噛みつき、堀田も阿部も苦笑いしながら
堀田「エッ、なんだそれ!?」と絶句。
かまわず二見は「今日は休みでこれからデートで忙しいんだよ。女子レスラーにはモテねえけど、女性にはモテるんだよ!」
と男前っぷりをさりげなく告白。
これには笑い転げる堀田と阿部。
全く動じず、二見「 お前らは女じゃねえもんな! 」
と二人を小馬鹿にする。
今回、二見と初の絡みとなる阿部へ毒舌が始まった。
二見「ところで阿部!お前いつも怪我ばかりしてて出れるのか?
(手に巻かれた包帯を見て)あれ、またケガかよ!」と先制攻撃。
阿部「うるせー!余計なお世話なんだよ!」と反撃。
二見「堀田!ちゃんとしつけをしろよ!昼怪我して夜に出れないとシャレにならないぜ!これからデートなんでサングラス触るなよ!」
20060823-00.jpg
【提供/モバイルゴング】
堀田「また壊してやるよ!お前が出してくれって言ってたウチの後楽園。お前が用意する選手って、そこら辺に歩いてる姉ちゃんか、キャバクラの姉ちゃんだろ!?ウチの中島と水沼が相手だから! 十分だろ!」
と後楽園のカードを伝え
二見「ド新人じゃねえか?こっちはまとめて4人でもいいぞ」と応戦。

堀田「夜はお前が出るんだぞ!それで私と一騎討ちだよ! 早く終わらせたいんだよ、こんなくだらねえこと。次はサングラスじゃ済まねえぞ!!」と一喝。

これに対し二見は「俺が絡むことでチケットが売れるんだろ?」
とまったく引かず
堀田「お前なんかブーイングじゃねーか!」
二見「T-1のリングじゃお前がヒールだろうが!」
二見にリング上での対決を迫る堀田は
「出て下さいとお願いくらいしろ!もうお前の味方なんかしょぼいのしかいないから!阿部と一緒にぶっ潰してやるよ!」
二見「前回だって俺は泣きついていないぜ!俺が切れたら困るのはお前だよ!最終的にお願いするのは、そっちだろ!」と罵声を浴びせた。
結局、話し合いはこのまま平行線をたどり物別れに終わり
堀田「とにかく逃げるなよ!」
阿部「怪我するのはお前だよ!」
堀田と阿部は姿を消し、
二見社長の“T-1通り”路上で独演会を開催!

「相手はド新人だから、なんならこっちは1対4でも構わない。もしキャバクラの姉ちゃんが勝ったらどうするんだよ!」 
(堀田はA・コングの出場はないと言っていたが)
「アメコンが怖いんじゃないですか?女子プロでガチで強いのは藪下とアメコンの2人。そこに俺が加わればガチ最強トリオの誕生。誰もかなわないでしょう。」と堂々と宣言。
さらに
「この前のONLY ONEは実数は700人なんですが、実券枚数は300くらい。そのうち72枚、ウチが売ったという事は、有料分の約4分の1を売っているんですよ!大事なお客様じゃないのかと。沢山さばいているチケットショップにケンカを売って困るのは堀田だし、向こうから頭を下げるべき。今度チケットの営業からやれよ!」
金券ショップの経営者ならではのガチトークを披露。
 (堀田が二見社長をリングに上げると言ってるが)
「再三言っているがやるなら第三者のリング。仮にT-1でやっても女子プロ特有の言い訳とかしそうだから、言い訳できない中立なリングで。もちろん必ず勝ちます。学芸会レベルの選手に負けるわけがない。それに俺らがやってることを他の女子プロと一緒にされては困る。」
と毒舌のオンパレード。

「下手したら学芸会より下かもな。何故なら学芸会でもダメだしされて成長しているから。有名な俳優さんもダメだしされて演技がうまくなっているのに、女子レスラーは何か指摘しれば素人が口出しするな、だから。しかも親や兄弟が観戦している感じで、いいよ、良かったよ、ですから。それで満足して、衰退しているのがいまの女子プロ界。マスコミも駄目なものは駄目と書かないからこうなるんだ!阿部は過去2回のT-1グランプリに呼んでない、その程度の選手。藪下・アメコン以外のごっこ女子レスラーには勝てる。しかし、これだけ毎回俺に言いたい放題言われて、闘うのを職業としている選手が黙殺するようじゃ終わっているよ。」
と女子プロ選手へコキ下ろした二見であったが
「こうやって噛みついてくるのは堀田だけじゃん。その勇気は認めるし、女子の看板を背負っているのは堀田だけじゃないの。逆に言えば堀田が負けたら女子プロレス終わりだ。」
血を洗う因縁の中にわずかながらにも相手を認める姿勢を示した二見。

 (T-1興行の選抜選手は)
「夢と希望のある選手を出すので楽しみにしてください。堀田、阿部も対戦したことのない未知の選手。会見で発表する予定です。」と含みを持たせた。

果たして二見社長vs堀田の最終決戦となるのか!?
また、未知の選手とは誰なのか?それとも救世主が現れるのか!?
いずれにせよ、5月3日昼・後楽園『ONLYONE』~夜・バトルスフィア『T-1ワンマッチ興行』は大事件が勃発するのは間違いなさそうだ!

         参考記事
KamiproHand: 所属選手わずか4名での後楽園大会!5/3堀田率いるAtoZ興行に二見社長が助け船!?
二見社長と堀田が電話越し壮絶バトル!そして、またもや・・・・・・!?
水道橋が再び血の海に!?堀田と二見社長が路上で大口論!!【前編・後編】

モバイルゴング: 「今日はこれからデートなんだよ!」/堀田と二見氏が“T-1通り”路上で壮絶バトル

週プロモバイル: 堀田が二見社長と激論/AtoZ&T-1劇場1
二見社長「向こうから頭を下げろ」/AtoZ&T-1劇場2

サンケイスポーツ: 【AtoZ】堀田がT-1事務所を急襲、5・3対抗戦実現へ

内外タイムス: 堀田、GW決戦でT-1潰し

スポーツナビ: 戦いは続く!T-1SPに堀田祐美子、阿部幸江が参戦

サムライTV「ニュース侍」放送

4/19(水)26(水)21:00から22:00 埼玉県入間市発信 コミュニティFMエフエム茶笛「Sound Garage」に二見社長が出演。
MCはケンジュークボックスさん。

◎シン上田さんのランキング大好き!!掲載分
ジゲンVol.23 1・17発売号 3位:T-1GP再び開催 主催者のカリスマ社長
ジゲンVol.25 3.17発売号 4位:T-1二見祭り 二見社長のカリスマは矢沢以上 
ジゲンVol・26 4.17発売号 3位:二見社長はスタン・ハンセンを超えた?

      この日に発表した概要
5・3(祝)T-1SP(開始18:39)越谷・バトルスフィア
出場決定選手:堀田祐美子、阿部幸江
参戦要請選手:T-1マスク1号、T-1マスク2号、X、X
5・3(祝)ONLY ONE(開始12:00)後楽園ホール 
対戦カード
▼ 中島安里紗、水沼美加vsT-1選抜チーム
▼ 阿部幸江デビュー10周年3番勝負 各10分1本勝負
阿部幸江vs 1・サソリ、2・亜利弥’、3・高橋奈苗
▼ 堀田祐美子vs X
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第3回T-1 T-1会見再録シリーズ☆エピソード9(06.4.3)

06年4月3日の会見を再録!
※第3回大会です!第5回ではありませんのでご注意を!

その前に、明日(8/22)のサムライTV 21時からの「Sアリーナ」に二見参上!
ホントは乱入するつもりだったが、生放送だと危険すぎると上層部が判断したよう。

万が一今後出演できなくなってしまうと勿体無いということで、わざわざサムライさんがT-1に来てくれた。
で、本日収録!
43分間の独演会が繰り広げられたが…。
編集して明日流れます!チェックよろしく!

 さて、第3回「T-1SP」に関する会見実況再録を始めます!
モバイルゴング、Kamipro Handを参考に、T-1GPHPの新着情報にUPしていた内容を、こちらのブログで再録という形でアップ。

T-1グランプリホームページ  http://www.t-1.jp/gp/index2.html

06・5・3 リアルプロフェッショナルレスリング 「T-1スペシャル」~ワンマッチ興行~
エピソード9 女子プロ界の枠を超えた伝説のT-1興行第3弾決定!
前代未聞のワンマッチ興行を開催!
堀田、阿部、出て来いやぁ!
JWPを始めとした、女子プロ界に無差別爆弾を投下!!

 業界内外を問わず旋風を巻き起こした、2・23「T-1GP」。
同大会で女子プロ界へ決別宣言した、T-1二見社長が再び動き出した!

4月3日T-1で行われ、記者会見には乱闘王二見が初の単独で出席。
「今日は急に呼んで申し訳ない。事前に知られると堀田が乱入する可能性があるから(苦笑)。そのため助っ人も用意した。」
と二見社長の知人をエレベーター前に見張りをつける中、マスコミ陣に第2回「T-1GP」大会の「二見vs米山のマイクのやりとりと試合後の米山インタビュー」映像を公開。
20060821-01.jpg
映像が終わった瞬間、アドレナリン全開で独演会を開始!
「女子プロが破壊ではなく崩壊した時に、トドメを刺したターニングポイントとなる大会」
と明言し、
「さすがに最後のマイクで常連のお客さんから嫌われたと思ったが、『よく言ってくれた、ファンの気持ちを代弁してくれた、そして切実に3回目を開催して下さい』と来店する来る多数のお客さんから言われた」と告白。

さらに「俺の独演会の最中、大向、栗原、ボリショイ、倉垣、米山、豊田…アイツらは売店にいて耳を傾けない。しかも一部笑っていた選手もいたらしいな!ファンから、『何故聞かないのか?人としての心がない』と断罪していたぞ!それでも、優菜さんと竹迫さんは真剣に聞いていた。堀田も控え室で聞いていたらしい。貴方達の行動は見透かされている」と大向らを断罪。

また「早く金をよこせと暴言を吐いた尾崎、永島、大向は論外。品格・知識のカケラもない!」と罵倒した。
もはや誰も止められないエンジン全開の二見は、JWPファンや米山の熱狂的な2名のファン方へ
「断腸の思いです。仮に絶縁となって、店に来なくなるかもしれない。でも言わなければいけない。いつか分かってくれる日が来ると思う」と前置きして
「(バックステージでの永島戦後の米山のコメント)これを見てどう思う?『笑いながら小ばかにして、2回目開催できたんですか』怒りより悲しい。これでつじつまが合う。(米山とのマイクで)ボリショイがアドバイスする時点で終わっているが、見下すのが本心。IQが低い人からすると、レスラーは偉く主催者は黙ってろですか!対永島戦の価値を理解していない。これは日向も同じ!西尾戦の価値を分かっていないから、自分の宣伝マイク!悪いが1回目、2回目も藤原ジムの会費は俺が払い、何とかと思い尽力して、これが答えか。ピュアハートなんてよく言えるよ。偽善者だ!だから悪の根源は選手と言ったまで。裏切ったのは選手。本当のピュアハートはファン。もう女子プロレスは興味ないんで、勝手に潰れてくれ!」
とJWP勢を一刀両断。

「ウチの大会に限らず、これまでの女子レスラーは、すべて主催者やフロントが悪く見えるように仕向けている。確かにプロ野球でも、選手が不祥事を起こした場合背広組みが変わりに謝罪することはよくあるので、団体内の人間なら仕方がない面もある」
と得意のプロ野球論を披露し、
「しかし、俺は第三者の人間だからドロを被る必要はない。ファンの代弁者だから。正嗣君(元全女広報)や甲田さん(NEO社長)も大変だったと思う」
とフロント陣には一定の理解を示した。
「俺をナメているということは、同時にファンをバカにしているということ」
依然第3回大会の概要に入らず、
「そうだ5.3の説明か。忘れてた(笑)」
と二見節で笑いを誘い、

「俺と堀田との抗争は女子プロレスの枠を超えた闘い。ごっこや予定調和じゃない!すべてガチですから。もう女子プロを卒業したんでタイトルに女子プロレスと入れない」
リアルプロフェッショナルレスリングとつけた経緯を説明した。
また、名称をグランプリからスペシャルへ変更し、バトルスフィアにした理由について
「最低でも500人以上の会場で複数の試合をしてこそグランプリ。いずれまた後楽園クラスの会場に戻ってきます。その時はグランプリを使う。今回はスペシャルワンマッチなので、スペシャルとした。
新宿FACEは中に入っているドリンクバーの経営に尾崎とポリスが関わっているので使いません。FACEの契約書の明記しているが、お客さんから必ずドリンク代を徴収しなければならない。借りるイコールドリンクバーに貢献するので借りません。
新木場1st RINGは、担当の方からOKが出たんですけど一丸(オーナー)さんがNO。フロントの人の気持ちが分かったがこの人は分からない。単純に後楽園より小さいFACE、さらに小さい新木場、キネマ(倶楽部)、板橋(グリーンホール)にしてもマニアが小さい箱へ移動するだけであって、発展性がない。バトルスフィアは住宅地にあるんですが、自分が知らない場所で人を集めて新規のファンを開拓したい。これまでの映像を駆使してお客さんの反応を確かめたい」
とようやく冷静に語ったが、
「ONLY ONEで華名引退式の映像を長く流したが、それなら俺と堀田の抗争を5分でも流していたら反応は違ってた!金をかけるところを間違えてるから、金が増えない!」
とホコ先をAtoZへ向け、要請選手に因縁の堀田祐美子、阿部幸江の名前を挙げた。

「毎回店に乱入じゃたまらないから、舞台を用意してやった。堀田はバカなんだけど、正面切って来るところは認めてやる。ある意味堀田だけが女子プロレスの看板を背負っている。でも『ぶち壊したとか、土足で上がっただとか』と吠えていたが、
堀田が前川をダシにして来いと言ったから行ったまで。マイクアピールで退治とよく言うが、一体何年前のセリフだよ。時計の針が全女時代で止まっている。俺と舌戦するならもう少し勉強した方がいい。 これまでは俺の完勝!」
と言い切り、
「阿部は、前回T-1マスク1号、2号に散々やられて文句を言っているみたいで。悔しかったら俺の前で言ってみろ!それより怪我多いので大丈夫なのか?」
とおちょくり、
同じく参戦要請選手として名前があげられたT-1マスク1号、2号に関しては
「中身は前回と違うかもしれない」
とニヤリと不敵な笑みを浮かべ、
「アメージング・コングと藪下めぐみ選手は認めている。再三言っているが今の女子レスラーには余裕で勝てる。簡単だよ練習してないから。酒飲んで、タバコを吸って、飲み屋でバイトして、学芸会以下。10年前の選手には勝てないし、こんなこと言わない。ただし、その中でもキアと藪下選手には勝てません。総合で練習もして、この2人はプロフェッショナルレスラーだと思っている」
と、アメコンと藪下に関しては最大級の評価をした。

これまでも、散々キレまっくていると勘違いしているマスコミにクギをさす意味で、
「いままで女子プロにキレたことはない」と長州ばりに宣言。

「キレてたら乱闘の時だって止められてもなぎ倒してでも向かっていくし、本当に切れたら、口論した尾崎や大向を張り倒しているよ。そういう意味では俺が一番プロレスをしている。俺こそがリアルプロレスラーだ!」
と、今度は美濃輪ばりのリアルプロレスラー宣言まで飛び出した。
「選手も『二見が目立ちすぎ』と言っているようじゃ終わっているよ!あんた達。選手が頑張って試合で見せられたら、俺が出て来た時点でブーイングなんですよ。女子プロがバカにされているのは、貴方達のファイトを見てバカにしているのをいい加減に自覚しろ。
日本国民1億何千万人の人は同じ思いだ」とエキサイトした。

そして、堀田以上に因縁深い前川についても爆弾を投下。
第1回の『T-1グランプリ』開催の際、松永会長との間でかわしたWWWA戦開催の“覚書”を公開し、「これがあるにも関わらず、前川は『T-1』でのWWWA開催を拒否して自分の引退興行の商売に利用した。俺はちゃんとルールを守っているんだよ。事前に今井(キャッシュボックス広報)が松永会長をうまく取り込んで覚書の承諾を受けた情報は入っていた。
20060821-02.jpg
でもマスコミにリークしていないだろう。
あのベルトは一族と債権者の間で色々あるんで触れられない。
前川は分かっているにも関わらず、強行した確信犯だ!

全女魂って金ですか。
金で魂を売った最低な奴らだよ。
この件で俺と松永会長との信頼関係もなくなった。今井も出入り禁止だ。一連の前川に対しての挑発も、その部分だけピックアップされているが、向こうが発言した事に対して回答をしているじゃん。
それが闘うのを職業としている選手が黙殺しているようじゃどうしようもない。
結局痛いところつかれているから、反論できる能力がない。3.19で俺が乱入して震えているんだよ!そんな終わっている前川に勝てない選手は余程弱いんですね。とにかく二見vs前川は続行!
目の前に現れたら何をするかわからないから、水道橋近辺は来ない方がいい。前川と米山は許せない」
と危険な忠告。

今回のワンマッチ興行には、水道橋駅前の通称“T-1通り”
での大乱闘も記憶に新しい、堀田祐美子との一騎打ちも期待されているが、
「堀田は闘う場もあまりないんで、必ず出て来るはず。前川は二流以下のヘタレだが、堀田は一流。この差は大きい。」
と冷静に語った。
万が一、誰も来なかった場合でも
「最悪、自分が試合に出て1人だけ呼べばいい。男子レスラーでもいい。男子ならそこそこのメンバーを揃える自信はある」
と、全く動じていない。
「俺が何をやろうが女子プロは勝手に崩壊する。女子レスラーの95%に嫌われたが、残りのプロフェッショナル選手で伝説を創り上げる。だから妨害は辞めろよ!豊田も急に出れないと言って来て、陰で言っている奴がいるが、全部暴露するぞ。まぁ暴露じゃないな。事実を主張しているだけだ!」
と宣戦布告。

最後に「1回も取材にこないで、選手が目立たない、二見が目立ちすぎだ、と発言したフリー記者O氏とM氏。大会を見て俺の前で言ってみろ!時代錯誤なんだよ!選手と一緒だ。」
とマスコミにもけん制して、二見独演会を締めようとした時、今回助っ人に来た二見社長の知人が
「これでも二見社長は堪えていますよ。先日ミスターポーゴ選手のサイン会を手伝って感じたのは、あの伝説のレスラーポーゴさんが、『本日は有り難う御座いました』と礼をして帰ったんです。正直な話し女子の選手は勘違いしてます。」
と二見社長をバックアップした。
それに応えて「よっぽどキャットファイターの方が考えて試合をしている。
お客さんがどうやったら喜ぶかを。焦点がお客さんに向けている。プロレスごっこの女子レスラーは焦点が自分だから。バカは一生直らない」
と最後までアクセル全開で、今度こそ締め括った!

女子プロ界に一石を投じ、色んな意味で伝説を作り上げたT-1グランプリ。
果たして堀田や阿部は、T-1からの参戦要請に応えるのか?
さらに堀田に壊されたオークションや第1回&第2回T-1GPの上映会も行なわれる、第3回ワンマッチ興行。
今後の二見社長の行方も含めて見逃せない。

      参考記事

モバイルゴング: T-1がワンマッチ興行開催!二見社長がJWPを挑発!【T-1会見】

Kamipro Hand::もう誰も止められない!?T-1二見社長がワンマッチ興行を開催!女子プロ界に無差別爆弾を投下!! 【前編・中編・後編】

スポーツナビ:T-1が埼玉でワンマッチ興行

イープラスブログ:堀田祐美子とT-1・二見社長が遂に激突か?

東京スポーツは来たが、飛びました(記事が)。
サムライTV「ニュース侍」放送。

kamipro Hand: 新展開!T-1二見代表vs前川の因縁にミスターポーゴがファイアー!?」掲載

モバイルゴング: 華名が、引退~T-1二見氏~憧れの武藤敬司~第二の人生などを大いに語る!

この日に発表した概要

   リアルプロフェッショナルレスリング 
       T-1スペシャル   
    ~ワンマッチ興行~
06年5月3日(祝) 埼玉・バトルスフィア 18:39
参戦要請選手:T-1マスク1号、T-1マスク2号、堀田祐美子、阿部幸江
二見社長の毒舌トークショー&第1回&第2回「T-1GP」上映会
堀田に壊されたサングラスのオークション(堀田のサインを強行で入れさせます)

続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

驚愕のパッケージ!公開!!

第2回 T-1グランプリ DVDが8月26日(土)第5回T-1興行 西調布大会で先行発売!

定価5500円のところ 先行特別価格 4500円で販売!!

パッケージで一番大きい画像は、スポーツナビが撮ったもの。
スポーツナビ、一番のナイスショット!!

他社もいいのがあるが、堀田が二見のサングラスを奪うシーンは接近しすぎて、堀田が背中になったり、あるいは二見が背中だったりして、表紙に持っていくのにはイマイチ。
このスポーツナビの写真は、何度見ても最高だ。

これにはちょっとした裏話があって、このベストショットを撮った記者は女性で、堀田との乱闘があまりにも迫力あったため、びびったのか? たじろいたのか? 分かりませんが、少し後方へ移動して撮ったとのこと。

それが幸いにして、このアングルになった!
何か賞で挙げたいくらいですが、それはそれでありがとう。

まぁ最近というか、何故かブログを始めてからスポナビとはご無沙汰している!
今度のT-1、取材に来てまたいい写真を撮ってくれ!
20060812-04.jpg
【提供/スポーツナビ、Kamipro、内外タイムス、週刊プロレス】

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index.html

次回のDVD編は、他のお気に入り画像の紹介。

ところで盤、パッケージと紹介して、何か気付いた点はないか?
分かったら、“二見ウォッチャー”!?
このページのトップへ
コンテントヘッダー

全・女子レスラーに問う!再び“二見式”で大放談【後編】

8.26 T-1スペシャルニュース

本日のモバイルゴングに、二見社長のインタビュー後編がアップされた。

 タイトル T-1二見社長が再び咆吼! 「全・女子プロレスラーに問う!」

/原正英『女子プロ☆パラダイス』号外版【後編】 

 リード
T-1二見社長が発信した大向美智子へのメッセージ『大向よ、そこに愛はあるのか?』に続き、またまた大放言! 今回のターゲットは全・女子プロレスラー。「女子プロレスはいらない」と断言した二見社長がなぜ大会を継続しているのか?ここにT-1グランプリの真実が明かされる。テーマは再び『そこに愛はあるのか?』…。

(聞き手・原正英/構成・二見T-1社長) 

 一問一答(一部抜粋)

――心境の変化でもありましたか。
二見 そういうわけではないが、その中でも第3回、4回に参戦した、T-1マスク1号選手、T-1マスク2号選手、V3こと浦井百合選手、阿部幸江選手、中島安里紗選手、シャーク土屋選手、そして敵でありながらプライドを持って戦った堀田祐美子選手。この7人の戦士が参戦してくれなかったら、自分は一生女子プロレスラーを憎んでいただろう。だが、この勇気ある選手たちのお陰でそうならずに済んだ。誰がなんと言おうが、この7名は真のプロフェッショナルレスラーだよ。

――いい話しですね。
二見 女子プロ界とは色々あったが、変わらず接してくれる吉田万里子選手、竹迫望美選手、優菜選手、山縣優選手、おばっち飯塚選手、引退したブラディーさん、ファング鈴木さん、華名さん、東城えみさんにも敬意を表します。 特に吉田選手は、オレの『息吹』への提言にも耳を傾けてくれる。そういう吉田選手の真摯な姿勢は見習いたい。その他、前AtoZ社長の小宮氏や小山氏、IWAの浅野社長、ガッツワールドの吉田社長、NEOの甲田氏、松永正嗣氏を始めとした関係各位の皆さんには、貴重な意見をいただき感謝している。また、筋を通してくれた神取忍選手や、オレの永遠のテーマである田村欣子選手とは、いつか一緒のリングに立ちたい夢もある。 いま振り返っても、通常の生活では経験できない色んなドラマを体感できたが、ここでノスタルジック的に感じてもしょうがない。 オレにはやらなければいけない使命がある。それはT-1GPを始めたコンセプト…、女子プロ復興への構造改革と真の意味で地殻変動を起こさなければいけない。それがすなわち女子プロレス破壊なんだ!

――もう少し詳しくお願いします。
二見 オレが「女子プロレスはいらないだろ?」と言ったことを撤回はしない。 「じゃあ、なんで大会をやっているんだ?」っていう外野の声も耳に入るけど、もっと言葉の本質を読めよと言いたい。 現状の女子プロは、さも業界に夢や希望が溢れているように見せたり、それを信じ希望に満ちて入団してきた新人選手を潰している。 決して「成長してほしい」っていう願いを込めた“潰し”じゃないからオレは憤慨してるんだ!新人たちは20歳前の貴重な青春を女子プロレスに捧げたんだよ。 それをどうだ?今の女子レスラーは、練習もしなけりゃアップもしない、試合前に無意味な雑用を課し、タニマチへの接待を強制し、挙句の果てはスナック系で働かせる。そして一番肝心の試合を、手抜きとまでは言わないが、命懸けでやっていない! 

 詳細はモバゴンで!
今回は断罪にはあえてしないで、女子プロレスラーのプライドに賭けてみた。

はっきり言っていつも通り、自分の主張は変わらないし、黙殺し続ける女子プロレスラーの状況も変わらない。
それでも、まだ主張を貫き通すのは、女子プロレスラーに正しい姿勢やプライドを持ってほしい、という願いから。

果たして、この悲痛なる叫びは、全・女子プロレスラーに届き愛のある回答があるのか?
それとも青春の咆哮となってしまうのか?

ここまでやって何も回答がなければ、発表することがある。

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index2.html

6月に宝島社から発売した、プロレス「リングとカネ」暗黙の掟を破った男たち情報。
一度完売しましたが、本日追加入荷。

二見のインタビューが、4ページに渡って掲載、只今、絶賛発売中!

8月18日発売、オークラ出版 プロレス、K-1、PRIDE引き抜き戦争最前線!闘論に二見のインタビューが2ページに渡って掲載。

目次の見出し:T-1グランプリ社長二見氏が女子プロをぶった斬〇

テーマ:『特集 プロレス界徹底討論!衰退を招いた一番の害〇は何だ!?』

タイトル・予定調和のプロレスなんてク〇〇らえ!
小見出し:いまの女子プロは学芸会以下
小見出し:ファンの支持広がる二見劇場

近日入荷予定。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

第2回「T-1GP」DVD発売記念“番記者の完敗?”コメント

“歴史の生き証人”コメントなり!?

それぞれ味のあるコメントをいただいた。
ご協力の記者さん、イッパイ・サンキュー!
      
  ≪さすがのT-1番記者の“完敗!?”コメント≫

狂気の沙汰も極上の「二見劇場」なり! (ターザン山本さん)

アントンは1,2,3、ダーッ!T-1は2(フタ)、3(ミ)、ダーッ!! (Kamipro Hand・松澤チョロさん)

これぞT-1の真骨頂!二見ワールド全開!! (スポーツナビ・増渕由気子さん)

理解、予測・・・全て不可能!でも、これが二見だッ!! (内外タイムス・秋田麻由子さん)

突き抜ければ、そこに新世界。。。ですよね、二見社長!? (サンケイスポーツ・川田尚市さん)

『“二見劇場”という「絶縁マニュアル」がここに存在する』 (週刊プロレスモバイル・武田和人さん)

二見社長はいつだって四面楚歌!そこにシビれる!憧れ…ない? (モバイルゴング・斎野政智さん)

“マジで”プロレスの忘れかけていた熱がここにある (早川満さん)

小見出し※パッケージ表面

遂に解禁!! 衝撃の“T-1伝説”第2弾!
一触即発の視殺戦!
凄絶大乱闘!!
二見vs米山ガチマイク!!!
哀愁の“二見独演会”
20060812-02.jpg
【提供/Kamipro、島村健】
次回はいよいよ、パッケージ公開!

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index.html

チケットT-1HP:http://www.t-1.jp/tk/index.html

昨日発売した週刊ゴングNo.1139  P.92 堀田祐美子がT-1の二見社長を抹殺宣言! 大波乱必至の8.26T-1スペシャル
このページのトップへ
コンテントヘッダー

8.26(土)T-1SP大会ポスター

大会ポスター完成!
20060816-00.jpg
モバイルゴング二見インタビュー【後編】はしばらくお待ちを!

第2回大会のDVDの盤・パッケージの画像も、もう少しお持ちを!

現在、T-1GP検証シリーズVol.5で止まっている。

この検証シリーズは、テキストが完全に残っているわけではないので、再度確認作業したりして作るのに結構時間が掛かる。
大会前にそれをやるのは難しいので、8.26以降にVol.6から再開する。
 
その代わりといってはなんだが、今度の第5回大会で「第3回大会」上映会&二見vs中島選手のトークショーを行う。

この第3回大会は、第2回と4回のインパクトが強烈過ぎて陰に隠れているが、第3回大会も忘れる事は出来ないターニングポイント的な大会として語り継がれる大会だ。

第3回は初尽くしの興行!

T-1興行、初のワンマッチ・初の埼玉・初の上映会・初の超満員・初の黒字・初のハッピーエンド・初のお客さんを出口で握手して出迎えた・初のファンとの一体感、など...。

他にも同日昼のAtoZに篠原選手と一緒にリングジャック!
AtoZまさかの解散。

という事で、06.5.3 第3回T-1興行 T-1SPの会見再録を近日にアップ!
T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index.html
このページのトップへ
コンテントヘッダー

8.26T-1SP T-1会見再録シリーズ☆エピソード15(06.8.14)

さてさて、8.14 堀田(祐美子)の店に殴りこんだ記者会見の実況再録を、週プロモバイル・Kamipro Hand・モバイルゴングを参考にUP!

前回リリースの見落としにより参集出来なかった、週プロ、サムライに“二見激情”の常連メンバーKamipro Handとモバイルゴングを引き連れて、堀田の店を襲撃!

このブログでHandとモバゴンの情報はよく紹介するが、週プロモバイルも良い。
一番の魅力は、何といっても更新の早さ!
今回の会見も15:56にアップして、ブッチぎりの一番。
一番タイムリーで、しかもユーザー数もHand&モバゴンと差を付けている模様。
中身は多少ざっくとはするが、早さの週プロか?
更新は若干遅いが中身の濃いHand&モバゴンという感じか?
プラス格闘技系が強いHand。ムービーがあるモバゴン。さあ君ならどれを選ぶ?

T-1グランプリホームページ  http://www.t-1.jp/gp/index2.html

「いままでやられた事をやり返しただけじゃねーか!」
二見社長が白昼堂々、堀田の店を襲撃!!
強制的にメインカードが決定!?
しかし再び大向に問う!「愛はあるのか?」
返答次第でカードの変更あり!
また、“スターになる原石”中島の試練マッチも決定!対戦相手はあの“ブチギレ男?”

『ゴング』名物記者・原氏を介して堀田の“二見抹殺宣戦”を伝え聞いた二見社長。
幾度か堀田にT-1店内を荒らされた過去もあり、早速襲撃の計画を実行する。
8月14日13時23分“別の意味で女子プロ界の聖地”
と言われる武蔵小山駅にマスコミを集結させ、堀田の足つぼの店へ向かう二見社長とゆかいな仲間たち。
13時30に到着。
いきなり襲撃し、“T-1武蔵小山劇場”ゴング!!

【画像提供/モバイルゴング】
20060815-01.jpg
「オープン祝いに来てやったぞ!誰もいねーのか!?」
と閑静な住宅街の一角にあるのもお構いなしに、怒声を張り上げドアを開け土足で店の中に入り込む二見社長。

接客をしていた堀田が慌てて玄関にやってくると「土足で入るんじゃねーよ!」
と開口一番叫ぶが、すかさず
「土足だろうが関係ねー!今まで散々、堀田に店を壊されたんだ。ぶっ壊してやろうか?」
と二見社長が一喝して不穏な空気を漂わせたが、堀田が
「オマエ来たってことは私に出てほしいんだろ?」
と8・26調布大会について言及する。

スイッチが入りっぱなしの二見社長は
「ガタガタ言ってんじゃねーよ!オイ、堀田!“篠原(光)とは格が違う”とか言ってやりたくないだと?テメェ、シャーク(土屋)に負けてなに言ってんだよ!」
とまくし立てた。しかし堀田は
「あんなの相手と1vs1でできるかよ!お前が連れてくるのはロクなもんじゃねーな!」
と不毛な言い争いが続き、
「なんだ、篠原が怖いのか?だいたい土屋にも負けて口だけは一丁前かよ!」
と二見社長もさりげなくオファーを出しているのか、よく分からない展開に発展。
「あんなヤツが怖いわけねーよ!アタシがなぁ~なんでT-1に出ているか分かるか?オマエをぶブッ倒したいだけなんだ!」
と堀田は反論したが、
「なんで負け続けているオマエとやらなければいけないんだ!堀田ファンも少ないし、土屋も笑ってたぞ。23(フタ・ミ)年早い!」
となおも食ってかかる二見社長。そこで
「まあいいや。ここまで来た勇気は認めてやるよ!出てほしいんでしょ?ガタガタ言うんだったら、お前と篠原と土屋の3人まとめてやってやるよ!」
と大見得を切り、篠原、二見社長、前回苦渋を舐めさせられたシャーク土屋を含めた1対3のハンディキャップマッチを堀田がブチ上げた。

「1対3って篠原と土屋以外で誰だよ?なに俺か?話になんねーなオマエも。1対3なんか了承しねーぞ!」
と二見社長はこれを突っぱねた。
この激しい睨みあいの最中に
「一体なんの騒ぎですか?」
とタイミング悪く奥の部屋から姿を現した1人のお客さん。
…よく見たらその人物は“T-1激情”の準レギュラーでもある原記者だった。その姿を見て激昂した二見社長は
「原ァ、何やってんた!やっぱり堀田と癒着してんな!?」
と声を荒げると、
「いやあ~、昨日徹夜明けで来てまして」
と怯えながら原記者は返答。
【画像提供/モバイルゴング】
20060815-00.jpg
どうやら徹夜明けの疲れた身体をリフレッシュさせようと訪れていたらしいが、そんな事は二見社長には関係なく、
「ふざけるな!」と一喝し、カウンターのチラシを原記者に投げつける。

「お客さんになにすんだ!! フザけんじゃねえ! 店で忙しいんだよ!とっとと帰りやがれ!!」
と怒りの形相で堀田は二見社長を強引に追い出そうとするが、
「てめら!チマチマとつるんでいるじゃねーよ!アホ!」と二見社長はなおも食い下がる。
堀田は原記者を保護しつつ
「お前もたまには客として来てみろ!このチラシで宣伝しておけ!」
とおちょくると、またもや二見社長はチラシをばら撒いて店を荒らしまくり
「店の大事なチラシをなにするんだ!原クン塩を巻け!塩を!」
と今度こそ強引に二見社長を店から追い出し、
最後に「いつでも来てやるぞ!覚悟してろよ!」
と捨てゼリフを吐き、近くの駐車場で緊急会見を開いた二見社長は
「今日はほんのちょっとしたご挨拶だから」と冷静さを取り戻し、いざ独演会がゴング!

「なんか1vs3とか言ってたけど、俺と堀田の闘いはもう終わったと思っている。俺はやる気はないから」とキッパリ言い切り、
「それより、篠原選手がAtoZのリングに上がって、堀田とやると言ったんだから、まず篠原とやれよ!しかも1対3がOKなら1対2でもいいだろ?」
と堀田vs篠原&土屋のハンディキャップマッチを発表した。

だが、二見社長は念願の因縁精算マッチ・篠原vs大向美智子の実現を諦めていなかった。
「なんとか篠原対大向戦を実現させたい。大向の返答次第では対戦カードの変更もあり得る」
と語りカード変更の可能性に言及。
「それは木刀で殴るのは反則だし、それに関しては篠原選手の方が悪いと思う。
でもプロレスは、イスや机を使った凶器攻撃は当たり前のようにあるけど、それで追放になっていますか?机やイスはOKで木刀はノーなんですかね。そういったのを含めてプロレスであり、プロレスしか出来ないものだと思っている。
あと俺と前川(久美子)との違いは選手同士のやりとりなところ。大向は一度、篠原事件についてインタビューでメッセージを発信している。それに対して篠原が反論を言ったんだから、キャッチボールを返す義務がある。なのに一言もしゃべらないのはおかしい。なんらかの見解を発表してほしい。イエスでもノーでもなんでもいいから」
として大向の返答を待つ構えを見せ、
「俺は彼女に対しては前川や尾崎(魔弓)と違って感謝しているところもある。それが、ちょっとしたことで感情的になってやりあってしまって…。大向が今年のテーマで“プロレス愛”と言ったけど、今回の件に関して愛のメッセージを出してくれ、と。そこに愛はあるのか?ギリギリまで大向の返事を待ちたい」
と神妙な面持ちでアピールした二見社長。

ここで質疑応答となり
(抗争が終わったはずの堀田選手を出す部分で何かありますか)
「オレ個人としての対堀田との戦いは前回で終わったと思ってる。ただ、名乗り出るのが現状、堀田のみ。抗争とは別の部分で出たい奴は出す」
と憮然とした表情ながらも、ある意味認めた部分があり堀田の参戦を受諾した二見社長。
続けて
「はっきり言って、T-1マスク1号も2号も堀田が余りにも弱くて海外にバカンスに行っちゃたよ(苦笑)。日本は二見に任せた、と(笑)。
そういう事でT-1興行初のT-1マスクが参戦しない大会になります。それでも今大会は篠原なんで。二見×篠原のサブタイトルに入れたのも、足し算ではなく掛け算でどう化学反応が起こるか?だから」
と第5回大会の命運は篠原に託した。

(今大会の売れ行きとかどうですか)
「初動はいままでになく良かったが、いまは止まってますね。最近のファンは直前にならないと買わないから。それにしてもファンのツカミ所は難しい。何を考えているのかとかね。それでも店に来て建設的な意見を言う方も多く、手応えはある。それと大会をやるのは、今までの実績とかも含めてやろうと思えばいつでも出来る。テーマに沿ってやっているので、あえて出していない選手はいるし。しかし、
T-1とは女子プロ界に一石を投じて他とは違う差別化を図るのが目的。いま流行りのただ単に興行を乱発してもしょうがない。また一緒と思われても困る。今後も大向がヘタレ軍団同様、黙殺するようであればフェードアウトするしかない…」
と初めて引き際についても示唆した。

(それは二見さんからすると本意ではないですね)
「俺が目指しているのは、どうせやるんなら、いまの女子プロ界で忘れられている、殺(や)るか殺られるかのしばき合いを見せて蘇らすところまで持って行き、引き継ぎたい。そうしないと本当にこの業界は淘汰されて崩壊する」
とモバゴンインタビュー同様、悲痛なる咆哮で訴えた二見社長。

(唯一黙殺しない堀田選手は執拗に一騎打ちを要求してますが)
「前川に勝ってから考えてやるよ!」
とあらためて却下の意向を示した二見社長だったが、
「そうだ!中島選手の話を忘れてた」
と中島安里紗の話題になると物腰が柔らかになり
「土屋vs中島で考えていたが、今回土屋選手がメインに出るのでそれはなしになります。この子はスターになる原石。
中島選手とも話しをして、T-1でしか出来ない相手とやりたいと。まぁ対2号もここでしか出来ないカードだが、アメリカに行っているので、それも含めて次の機会でと思っています。そこで考えた時プロレスというのは、いかに自己表現できるかがポイント。ただ試合だけやればいいもんじゃない。という事である意味一番の試練の相手、T-1試練の二十三番勝負 第1戦(一同笑)として、二見VS中島のトークショーをやります。“二見節”を体感してほしい」
と中島選手の試練の第1戦は二見社長となった。

(23番勝負ということはあと23回やるんですか)
「今回で1回目だから、あと22回ね(一同笑)」
(中島選手と言えばJWPに入団して、因縁のボリショイ選手がいますが)
「中島選手に関しては団体とか垣根を超えて育てていきたい。
今回出るのもトミーさん通じて知っているし、その部分はボリショイも一緒だと思う。1回筋を通して話したい」
と意外な一面も見せていた。
さらに
「色々分かって来たのは、1回でもT-1に参戦経験がある選手はそれほど妨害工作はしていない。とういう事は一度も参戦したことがないくせに、やっているんだなぁ~これが。長与、GAMIを始めとして、まだまだいることが分かった。こんな事やって恥ずかしくないか?俺は昔のような、女子プロレスに戻したいだけ。それを戻すためには大向の愛のある返答を待っている。しかしそれがなければ…」
最後まで、女子プロ復興のきっかけとして立ち上がってほしいと大向に訴えた二見社長。
「まぁ、いつでも堀田の店に突っ込んでやるよ!こうやってヘタな事を言ったら、荒らすぞ!今度はサムライに行くからな!三田ちゃ~ん!」
と突然猫声に変身し
「近々行くから(一同笑)」と最後は二見節全開で締め括った。

T-1からのメッセージを黙殺し続ける大向は果たして動くのか?
しかし二見社長は、大向からのアクションがないようだと、女子プロ界からの撤退も示唆した。
果たして、大向は二見社長の悲痛なるアピールに“愛のメッセージ”を発信するのか?
それとも今回も無視を決め込むのか?
そして、因縁深い篠原光vs大向美智子戦は、愛のある対戦に発展して実現するのか?

       参考記事
週プロモバイル: 堀田の店で二見社長が激昂/T-1武蔵小山劇場  T-1スペシャル8.26調布全カード

モバイルゴング: 二見社長が堀田の店『HOTTY』を襲撃!/T-1会見

Kamipro Hand: 白昼堂々、T-1二見社長が堀田経営の足つぼマッサージ店『HOTTY』を襲撃!! 
 白昼の惨劇!堀田が経営する足つぼマッサージ『HOTTY』をブチギレ男が襲撃!!
 女子プロ界の問題児が参戦!8.26T-1スペシャル全カード発表!!

スポーツナビ: 堀田のハンディキャップマッチが決定=8.26T-1

サムライTV: Sアリーナで放送
T-1会見・二見社長が堀田の店で思いの丈をぶちまける
このページのトップへ
コンテントヘッダー

土屋、篠原vs堀田、中島試練マッチ決定も大向次第で変更の可能性あり

        伝説のT-1興行第5弾 
         T-1スペシャル 
      ~トラブルシューター二見×篠原~

日時:2006年8月26日(土) 
開場:18:00 開始:18:39 ※イッパイ・サンキュー 
会場:東京・西調布アリーナ(調布市上石原2-40-6 地下1階)
交通:京王線「西調布」駅徒歩2分

対戦カード(変更の可能性あり)

☆変則タッグマッチ 23分1本勝負 
※サブタイトル等は後日発表
シャーク土屋、篠原 光vs堀田祐美子 

☆(仮タイトル)“T-1流”中島安里紗 試練の23番?勝負第1戦 23分1本勝負
二見社長vs中島安里紗のトークショー&第3回「T-1SP」の上映会

チケット料金表    前売り料金   当日料金
トップワンシート     ¥3000   ¥3500→最前列(イス席は完売。桟敷席残り僅か)
T-1スペシャルシート ¥2500   ¥3000→2列目以降(イス席残り僅か。桟敷席)
スタンディングシート  ¥2300   ¥3000→立ち見

チケット絶賛発売中!
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778 (非通知、公衆電話は不可) http://www.t-1.jp

主催: チケット&トラベルT-1
20060814-00.jpg
T-1劇場!武蔵小山編

堀田の店殴りこみ会見の実況再録は後ほど
           
          (お知らせ)
8/6、8/7付 モバイルゴングにシャーク土屋、二見社長のインタビュー掲載

8/11、8/13&8/15付 モバイルゴングに堀田祐美子、二見社長のインタビュー掲載 

8/18発売 『闘論』オークラ出版 二見社長のインタビュー掲載

8/22発売 レディースゴングVol.87 二見社長×中島選手の対談掲載

第2回「T-1GP」DVDが8/26から先行発売(後日リリース)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

“大向よ、そこに愛はあるのか?”悲痛なる二見劇場【前編】

 お待たせ!
8.26T-1スペシャルニュース

本日のモバイルゴングに二見社長のインタビューが掲載。
今回は前編。

タイトル T-1二見社長が悲痛なる咆吼!
「大向よ、そこに愛はあるのか?」

/『女子プロ☆パラダイス』号外版【前編】

 リード
先日のインタビューで、26日に迫った『T-1スペシャル』へ参戦を表明し、二見T-1社長の対戦相手として名乗りを挙げた堀田祐美子。そして二見社長の抹殺を予告した。

これを受けた珍獣・原正英記者はすぐさま東京・水道橋のT-1へ取材を敢行。
さっそく“堀田声明”を伝言した。

ここでいつもの二見社長なら、一方的な堀田の参戦表明に反論し、そして堀田の手先のように働く原記者に憤慨するハズだが、「いつもいつも原記者を恫喝しても仕方がない」と冷静にして意外な答えが…。

続けて「そんなことより、常々“女子プロレスはいらない”と言っている俺がなぜ大会を継続しているかを発信した方いい」と主旨を変更し、大向美智子、女子プロ界、そして全・女子レスラーへ向けた二見社長の大放談がスタートした。
テーマは『そこに愛はあるのか?』…。

(聞き手・原正英/構成・二見T-1社長) 

 堀田に対して一部抜粋(一問一答)
――当然、対戦は拒否ですか?
二見 オレの宿願の打倒・前川(久美子)を果たしたら考えてもいいが、いま堀田と戦う気はない。あと気になったのは堀田が“私と篠原(光)とは格が違う”って言ってたようだが、いつまでもそんなこと言っているからダメなんだ! どうしてそこで格とかの話になるんだ。戦うことを職業としているんだから、格は関係ないだろう。 そこまでこだわるならランキング制を導入してやればいい。これは堀田に限らず、ふんぞり返った大御所たち全員に言えることだ。

――そうは言っても堀田選手が諦めるでしょうか? それに堀田選手は「店(堀田経営のマッサージ店)に来い」と言っています。
二見 アイツに指図されて行くつもりはない。ただウチの店をぶっ壊されてるから、一度はブッ壊しに行ってやろう思っていたとこだしな(ニヤリ)。 まあ、堀田の話はこの辺でいいだろ?今回どうしても伝えたいことがある。

 大向に対して一部抜粋(一問一答)
――なるほど。
二見 じゃあ最終的にはどうすればいいのか?答えは簡単だよ。リング上で決着を付ければいいんだ。それができるからプロレスが他のスポーツより優れてる言えると思うんだよ。

――そうは言っても大向さんが「愛のない人とは試合をする気はない」と言っている以上は難しいと思いますが…。
二見 どんな選手だって女子プロが嫌いだったり、憎くて試合をしているわけじゃない。じゃあ、仮にプロレスに愛がない選手がいるとしよう。その愛のない選手にプロレス愛を持たせるようにするのが大向の役目だろう。一体何年選手なんだ?

――もうすぐ15年目を迎えます。
二見 最初からこの件を沈黙をしてたら、それは人それぞれだから俺もここまでは言わない。しかし、大向は先に自分の言い分を発信した。それに篠原選手が自分の意志や反論なりを言ってるんだから、それなりの見解を示すのが筋ってもんだろ?それともうひとつ言いたいのは、大向vs篠原はファンも見たいカードでもあるということ。ファンの要望に全部が全部すべてに応えることはできないが、それでもそれに向かって最大限に努力するのがプロモーターの使命。俺はあのときの明るく、そしてプロレスを愛していた大向に戻って欲しいだけ。もっと言えばLLPWにいた頃のひたむきさがあった時代を思い出して欲しい。今までのが偽りの愛ではなければ、必ずメッセージがあると信じている。

 詳細はモバゴンで!

この大向の件は、改めてこのブログでメーセージを発信する。

俺は、昔の大向に戻ってほしい。

今年のテーマで大向はこう言っていた。
「プロレスで愛を叫びたい」と!

さて後編では、全・女子プロレスに問う!
そして再び、二見が吠える!
『そこに愛はあるのか?』…。

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index2.html

このページのトップへ
コンテントヘッダー

伝説の第2回のDVDは8.26先行発売!

昨日告知した、モバゴン二見インタビュー件。
これが余りにも内容が過激過ぎて、各所へのチェックが予想以上難航している模様。
明日アップする予定。

第2回T-1グランプリ大会DVDの告知!

           【解説】
女子プロ業界に地殻変動を起こしてから184日!
ついに伝説のオールスター戦が蘇る!

第1回大会で、泥水をぶっ掛けた前川久美子と落とし前をつけるために開催した、第2回「T-1GP」。
二見社長の前川への舌戦も、すべては女子プロ界の未来を案じてのもの。
しかし、その思いは届かず、完全にそでにされた形となった。

そこに前川の盟友であった堀田祐美子が殴りこみをかけ、前代未聞の主催者対女子レスラーのしばき合いに発展!
そこで観たものは驚愕の…!?

そして、今度は“リアル〇カ”米山香織が試合の意義を理解していないコメントを出し、当然それも本邦初公開!!
今大会は、女子プロレスに止めを指した大会だったのか?
それとも復興のきっかけとなる大会だったのか?

答えはまもなく出るか?
いずれにせよ、この日起こった出来事は女子プロ界の歴史に刻まれるのは間違いない!!!
20060812-08.jpg
【二見vs堀田の視殺戦!提供/週刊プロレス】

企画・販売:チケット&トラベルT-1 
お問い合わせ:チケット&トラベルT-1 
TEL:03-5275-2778
URL:http://www.t-1.jp

制作:サムライTV、Y企画 、PRO WRESTLING.JP       
協力:サムライTV 、スポーツナビ、Kamipro、内外タイムス、週刊プロレス、島村健

<ご注意>このディスクは一般家庭に於ける私的再生のみを目的としたものです。
無断で複製・放送・及び公の上映に使用する事は法律で禁止されています。
ノーカット収録のため、素材の関係で一部画面・音声の乱れがございますがご了承下さい。

8月26日の第5回「T-1SP」西調布大会で先行発売。
8月27日から一般発売!
販売価格は5500円。

なお、先行発売は先行特別価格で販売しますので、決まり次第お知らせします。
次回はT-1番記者のコメントを紹介します。
予定していた盤(プレス)の画像はしばらくお待ち下さい。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

“絶対に二見は逃がさない”堀田の真剣な主張!!

またまた、8.26T-1スペシャルニュース
本日のモバイルゴングに堀田祐美子のインタビューが掲載。

堀田がT-1二見氏抹殺宣言!
「必ず二見を潰す」

/珍獣・『女子プロ☆パラダイス』号外版
 リード

8月6日・7日に珍獣記者がスクープした土屋&T-1二見氏のインタビューはご覧いただけただろうか。毎度というかT-1関連をアップすると必ず業界内外問わず、様々なところで物議を醸す。しかしそれはそれで、それだけ注目されている大会である証拠。そうした中アップした翌日、突然モバイル班に堀田祐美子から電話がかかってきた。

なんでも土屋&二見氏のインタビューを読んで言いたい事があるという。しかしあれは伝言マシーンこと原記者のスクープなので、原記者に話してほしいと振ると、原記者に何度も連絡とってもコンタクトが取れないらしい。モバイル班も早速連絡したが、いくらかけても繋がらない。どうやら“歩く怠慢”記者は現在、携帯電話をなくして持ち歩いていなかったのが判明した。

そこで堀田選手の意思を聞き、今度はモバイル班が伝言しようとひたすら原記者を待つこと2日。コッチの事情も知らないで、悠々と会社に出社して来た。事情を説明し、再度堀田選手とコンタクトを取り話しを聞いてみた。

(電話取材・原正英/構成・モバイルゴング)

 一部抜粋(一問一答)

堀田 悪いけど、篠原と土屋じゃ格が違うから相手にならない。
――それでは何故T-1に。
堀田 そんなの二見と決着付けたいからだ!絶対に二見は逃がさないよ。

――しかし、二見社長は堀田さんとの抗争は終わりだと言っています。
堀田 アイツがなんと言おうが関係ない。二見は真剣にやっていないとか言っていたが、私だって真剣に女子プロの事を考えているよ!真剣だからこそ二見とは決着付けたいんだ!
――そうは言っても相手にしない可能性が…
堀田 相手にされないから出るとか、そういう事ではないんだ!

――どういう事でしょうか。
堀田 確かに二見は女子プロの事を考えているよ!それはみんな考えているし、そんな甘いもんじゃない。まあ色んな人から何で二見と関わっているんだとは言われる。しかし関わった以上は、必ず二見とは決着つけないと前に進まないんだ。いままでも私はどんな相手だろうがそうやって歩んできた。ここで引いたら今までT-1に出て続けた事に意味がなくなってしまう。
――仮にも二見社長は素人です。しかもやるなら前川さんしかないと言ってます。
堀田 いつまで辞めたヤツの名前を出しているんじゃないよ!私はロッシー(小川氏)だろうが、素人とも試合はしている。相手が誰であろうと舐めた真似をした奴には制裁する。それが私の暴走だ。

 詳細はモバゴンでだが、次の総括を見て欲しい。

 総括

一貫して二見社長へ対して挑発を繰り返した堀田祐美子。物事全てにおいて、臆することなくズバズバと語るところが多い二見社長には、どちらかと言うと女子レスラーから敬遠されてしまう傾向がある。
しかし堀田選手も、己を信じてひたすら突き進むのが最大の魅力である。いま現状の女子プロレスは良くないといわれている。T-1に対して黙殺する女子レスラーが多い中、こうして名乗り出る堀田選手の勇気は、もしかしたら女子プロ界復権へのヒントかもしれない。そう思った今回のインタビューであった。

以上。

素晴らしいに尽きる。

あまりにもパーフェクトなので、大絶賛しようと思ったら、今回のインタビューは原記者が聞き、テープの聞き起こしから原稿はすべてモバイル班にやらしたらしい。

せっかく誉めようと思ったのに。
ホント“歩く怠慢記者”のネーミングに相応しい方だな…

それで堀田に対してだが、先ほど原記者が取材に来て明日モバゴンに掲載されるので、それを読んでほしい。
原記者も毎回こうやって取材に来てくれるし、直接足を運ぶ熱心な記者だと思う。

嬉しいことは嬉しいが、どうせ来るなら美女が来てほしいもんだ。
これは冗談として、次もまた堀田と舌戦しても切りがないので、全女子レスラーへ対してのメッセージを中心とした内容にしてもらう事を条件に今回の取材を受けたので、まだモバゴンに入っていない方はこの機会に入るべし。

まぁヘ〇レ連合軍とは違って、堀田の女子プロレスラーとしてのプライドを持って挑む点は認めている。
しかし、前回でとりあえず抗争は終わった。

今日言えるのはそれだけ!
あとは、空想の世界で色んなことを考えて下さい。
くれぐれも、後ろ向きで揚げ足を取るコメントを書かないでいただきたい。

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index.html

チケットT-1HP:http://www.t-1.jp/tk/index.html

このページのトップへ
コンテントヘッダー

遂に“あの第2回T-1GP”解禁!!

 狂乱の“二見激情”はここから始まった!

「こんな腐った女子プロ界から金を巻き上げられて……アホらしい!」

いまだかつて“こんなセリフ”を口にした主催者がいただろうか?
しかし、これが女子プロレスの真実だ!! 
 8/4付けで出したこの文面の見出しの答えは?
     ↓      ↓
あの狂乱の06年2月23日新宿FACEで開催した、
第2回「T-1グランプリ」DVDの見出し!!

本日は収録内容を紹介。

            〔収録内容〕
◆二見劇場第1部:イッパイサンキューから遅れること20分、二見入場!全14選手入場式。
大会挨拶で二見社長が“T-1の歌”を熱唱!
恒例の逆指名は優菜、T-1マスク。

◆第一試合 23分1本勝負 ☆美女か野人か ビュティーアスリートvsヒューマンビースト 
大向美智子(M’ s Style)vs木村響子(フリー)
◆第二試合 23分1本勝負 ☆男の中の女 フューチャートライ
竹迫望美(I.W.A.JAPAN)vs優菜(ガッツワールド)

◆第三試合 23分1本勝負 ☆衝撃デビューから184日 再びT-1グランプリに見参
T-1マスク(Team T-1 )※コマンド・ボリショイvs 栗原あゆみ(M’ s Style)
◆二見劇場第2部:AKINO・欠場の挨拶。
こんな二見は見た事ない“ニヤケ顔”のT-1GP&CPE合同インフォメーション!
2005年度「Kamiproチョロ記者」選考プロレス大賞授賞式に二見社長が!?

◆セミファイナル 時間無制限1本勝負 ☆実力派宣言 トップ・オブ・ザ・スキル
永島千佳世(Ozアカデミー)vs米山香織(JWP女子プロレス)

◆メインイベント 時間無制限1本勝負 ☆これぞ!リアルT-1プロレス スペシャル6人タッグマッチ
豊田真奈美(フリー代表)、堀田祐美子(AtoZ代表)、倉垣翼(JWP女子プロレス代表)vs尾崎魔弓(Ozアカデミー代表)、藪下めぐみ(SOD代表)、アメージング・コング(アメリカ代表)

◆二見劇場第3部:二見vs堀田大乱闘からまさかの結末!二見vs米山のマイク合戦!
第4部:控え室襲撃で二見大暴走!狂乱の二見独演会!!

第5部:絶賛ブチキレ中!二見囲み取材!!禁断の映像を堪能せよ!?

※試合終了後のインタビュー収録(大向、竹迫、T-1マスク、米山)。

◆ボーナス映像 二見劇場(別角度版)        〔カラー162分〕

☆次回は発売日や盤(プレス)の画像など紹介!
20060810-00.jpg
メニュー画像【提供/Kamipro】

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index2.html
このページのトップへ
コンテントヘッダー

二見劇場“ムック誌編”

   掲載情報!!

本日発売の週刊ゴングNo.1138 P.101 S土屋がT-1SPでの篠原光の対戦相手に!?

以前にレディースゴングの二見社長×中島選手の対談の発売日を8/11とお知らせしましたが、8/22発売に変更となった。
もう少しお待ちを。

ちなみにモノクロの2ページ、原稿を見ましたが、結構いい感じの出来だった。
レディースゴングVol.87は8/22発売で。

8/18発売、オークラ出版『闘論』に二見社長のインタビューが2ページ掲載。

テーマは、いまの女子プロは正しいか?正しくないか?
一問一答形式ではなく、ひとり激白を繰り広げている!

この本はいま流行りの“ムック誌”。

オークラ出版は、ここ最近2冊ほどプロレス&格闘技のムック誌を出版していた。
ところが取材を受けていないのにも関わらず、何故か2冊ともT-1記事(若干だが)が掲載された。

そうしたなか、7月中旬に高須基仁氏と知り合い、先日モッツ出版に伺った。

そこで息子さんの元格闘伝説編集長・高須基一朗氏を紹介していただき、「何か融合できる点があれば」と提案した所、このムック誌の企画を教えていただいた。

そうして今回取材を受ける形となったが、女子プロなら専門のライターさんの方がいると言う。
なんでも“二見独特の特徴を引き出せる”ならその方がいいという事で、宝島さんの取材時でもお世話になった、格闘伝説(旧vir)初代編集長・現在はフリーでご活躍の早川氏が聞き手となり、とてもオークラさんは初登場とは思えない形で捗った!

しかし、この手のムック誌は宝島社さんが先駆けて、いまやプロレスのジャンルを超えて、プロ野球や芸能でもよく見かけるようになった。

過去2回宝島社から自分のインタビューが掲載している。

1回目は05年9月発行 プロレス「リングとカネ」裏事件史で4ページ掲載

見出し:史上初「団体外」主催者興行の成否は?
タイトル:リングに光を!チケットショップ「T-1」社長の「二見式・女子プロレス改革論」
小見出し:誰もやらないことをやらなくて、どうして今さらこの業界が変わる?

2回目は06年6月発行 プロレスリングとカネ 暗黙の掟を破った男たちで4ページ掲載

見出し:どこまで続くか「T-1」グランプリ
タイトル:チケット「T-1」社長が見た女子プロレスラーの心とカラダ

ただ単に暴露的なイメージがあるが、上記の2冊はいままで何処も書いていない企画を取り上げているのがポイント。

例えば「長者番付」30年史や新日本プロレス「メイン」20年史などの表(ひょう)はよくぞここまでと感服してしまったほどだ。
まず、表にすると見やすい。

あとは他人のお金に関する話しは興味あるし、興行の歴史をひとつにまとめてくれると非常に有り難い。
色んなデータを取り揃え、大変な作業だったと察しする。

この成果もあってかなりの部数の売り上げたと聞く。
実際最初の「リングとカネ」は第1、2刷と売り切れ、プロレスムック誌としては異例の●万部ほど完売したそうだ。

自分もプロレスをあまり見ない野球ファンの方に「宝島の本に出ていましたね」と何人も声を掛けられ、“急上昇のムック誌は侮れない”と思わずにはいられなかった。
それは単純に声をかけてもらう人数が多かったら、そう感じたわけではない。

やっぱりムック誌のメインはネガティブな情報。
いくら“表”がいいといっても最終的には、そこを売りにしている。

しかし、それでも読者はどうしたら現状より良くなるのか、と自分の日常と照らし合わせながら考える人が、自分の想像で考えているより多かった。
それによりお客さんとの会話も幅が広がり、コミュニケーションがうまくなるきっかけを作ってもらい自分自身の勉強にもなった。
そういった事も含めて今後も“誤解は生みやすい”が“真実の発信の場”であるムック誌には継続して出させていただければと思う。

なお、「レディゴンVol.87」と「闘論」はT-1でも販売しますので、是非お買い求めを!
また、既に売り切れている、「リングと金」が文庫本形式で再販するそうだ。

弊社でも販売するので、決まり次第告知する。

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index.html

チケットT-1HP:http://www.t-1.jp/tk/index.html

このページのトップへ
コンテントヘッダー

“二見劇場”号外版!シャークvs篠原は実現するのか!?

 昨日に引き続き、8.26 T-1スペシャルニュース 

 本日のモバイルゴングに二見社長のインタビューが掲載。

珍獣・原記者がT-1二見社長を直撃!シャーク
vs篠原は実現するのか?/『女子プロ☆パラダイス』号外版 

 見出し

もう一丁!おまけの珍獣が命懸けのスクープ!
“女子プロレスラーより目立つ男”T-1二見氏への伝言マシーンインタビュー
 
 リード
昨日6日にアップしたシャーク土屋インタビューはご覧いただけただろうか。土屋が自ら編集部に電話してきたことにも驚いたのだが、突如8月26日『T-1スペシャル』の篠原光の対戦相手として、土屋が名乗りを挙げたのだ。

そしてその対戦表明を主催者の二見T-1社長に伝言しろという。
それならば“この男”にも直撃しなければならない。

そこで、土屋参戦表明や次回大会の見所などを含め、二見社長にいろいろ聞いてみた。

(電話取材・原正英/構成・二見社長)

 一部抜粋(一問一答)
――いやあ、土屋選手から聞きまして。ところで土屋vs篠原は決定でいいですか?
二見 おい、勝手に決めるな。それは主催者のオレが決めるんだ。それよりオマエ、ちゃんとエゴイスト(大向美智子)んとこ行ったんだろうな?
――いえ、行ってないです。
二見 行ってない?こっちの意志、伝えとけって言っただろ!

――さすがにそれはまずいですよ。
二見 いい加減にしろよ。オマエをリングに上げるぞ!
――いやいや、それは困ります。
二見 だったらあの勘違い女んとこに行けよ!話しはそっからだ!

 詳細はモバゴンで!

        【解説】

あくまで自分の優先順位は、篠原vs大向、土屋vs中島のふたつ。
土屋選手の名乗り出た事に関しては、理解した。

しかしカードを決めるのは自分なので、篠原vs土屋は決定ではありません。
もしこのカードで行くなら、きちんと会見で発表する。

ファンの方はモバイルゴングのインタビューを読んで、色々と考えて下さい。

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index2.html

参考記事  スポーツナビ:8.26T-1興行にシャーク土屋の参戦決定、篠原戦に名乗り

このページのトップへ
コンテントヘッダー

“女子プロを舐めるな”シャーク土屋が篠原光の対戦相手に名乗り出た!!

8.26 T-1スペシャルニュース

 本日のモバイルゴングにシャーク土屋のインタビューが掲載。

珍獣がスクープ!シャーク土屋が篠原光の対戦相手に名乗り出た!
/『女子プロ☆パラダイス』号外版

 リード

05年8月23日、後楽園大会で狂ったような産声をあげ、回を重ねるごとに過激さを増すT-1興行も、8月26日『伝説のT-1興行第5弾 T-1スペシャル」で早くも一周年を迎えることとなった。
女子プロ業界に爆弾投下し続ける主催者の二見理T-1社長は、7月21日の記者会見で、女子プロ界追放中の篠原光の参戦、及び篠原の対戦相手を公募することを同時に発表。

二見社長、篠原ともに因縁深い大向美智子を挑発するなど、またまた波紋を呼んでいる。
それから2週間経った8月5日、突然シャーク土屋から電話が入った。

なんでも会見での篠原の態度が気に入らないと言う。
そこで第5回『T-1スペシャル』大会に向けいろいろ聞いてみた。
(聞き手・原正英/構成・二見社長) 

 一部抜粋(一問一答)

――ところで今大会のオファーはありましたか?
土屋 あった。中島(安里紗)と戦ってくれって言われたがモノ足りない。篠原の相手ってまだ決まってねえだろ?オレとやらせろよ。
――どうしてですか?
土屋 女子プロを甘く見てるとこが気に喰わない。自分も女子レスラーに嫌われて“邪道”とか言われているけど、こっちはポリシーや誇りがあるから。

――篠原選手の対戦相手募集に名乗り出たということでよろしいですか?
土屋 あとは二見さんが決めること。自分はプロだから中島とやるのも構わない。でもいまは篠原とやるのが先だと判断した。
――仮に篠原選手と対戦したらどういう試合になりそうですか。
土屋 そんなの、いつも通りただ暴れまくって、自分のスタイルを貫くだけだよ。前回のT-1は規制がなくて楽しかったから、篠原にはプロレスの怖さと楽しさの両方教えてやるよ(ニヤリ)。

 詳細はモバゴン!

このほかに、前回のT-1SPの総括や二見、堀田、阿部についても独自の切り口で語っている!
これで、篠原選手の対戦相手に土屋選手が名乗り出たが、カードは決定ではありません。

それについては、明日モバイルゴングに二見のインタビューが掲載するので、その時に合わせて見解を発表!
ひとまず、シャーク土屋の参戦決定!!

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index2.html

このページのトップへ
コンテントヘッダー

T-1的“見出し”を考える!パート2

予告した通り、8/2発売した週刊ゴングNo.1137にT-1関連が2点掲載。

P.58 カラーページ進出計画に篠原光選手のインタビュー

見出し:女子プロのリングで久々に暴れるから観に来いよ!

 一部抜粋(一問一答)
―― 篠原さんはガールズドア(H17・12・31)で事件を起こし、女子プロ業界から追放状態です。当事者の大向選手は「愛のない人とは試合出来ない」と言ってます。
篠原 それは〇〇〇だろ!!

―― (話しを変えて)T-1は知ってましたか?
篠原 知ってたよ!二見さん色んな媒体によく登場するし。
いつもキレまくって、この人楽しそうにやってるな~と思ってた(笑)。
―― いやいや。モバゴンでも二見社長は出てます。

P.59 スポットライト シャーク土屋選手のコメント
見出し:T-1は自由で楽しかった!

 一部抜粋
(6.24『T-1SP』を振り返って)イスも机もぶっ壊したし、ファイヤーも吹いて、自由にやれて楽しかったわ。二見(T-1社長)さんも、弁償しろとは言ってこなかった(笑)。

詳細はゴングで!

それで一番笑ったのが、篠原さんが「今の女子レスラーみたくケ〇の〇が小さくない」と答えている点だ!

仮にも女の子が「〇ツの穴」か…

自分も黙殺する女子レスラーに「ケ〇の〇が小さい」と挑発したところだが、さすがに相手が女だから遠慮して「度量や器量がない」と言っていた。

さすが、山縣以上のトラブルメーカーだ!

個人的に篠原さんの見出しは「今の女子レスラーみたく〇ツの〇が小さくないから、観に来いよ!」

今大会のキーワードは「ケ〇の〇」で?

土屋は「T-1は自由でやりがいがあるぜ!」とかキャラを生かす方がいいと思うが、たまにはこんな感じの見出しでも逆にいいかも!?

それと、篠原選手、土屋が「何故二見は女子プロレスラーに嫌われているか」論についてしっかり答えている。

変にゴマをするわけでもなく、ふたりの性格が出た回答になっており、これこそ黙殺選手との器の違いを見せ付けたふたりのインタビューだった。

あと篠原&大向事件の真相を知らない方が多く、どの雑誌を読めばいいか分からないと質問があった。

下記の雑誌をご参考に!

芸文社『格闘家アウトロー伝説』篠原光のインタビュー 「力道山を〇した男の娘」が知られざる半生を激白!!

見出し:女子プロ興行でルール無用の場外乱闘!暴走とまらず!

コアマガジン『実話マッドマックス4月号』で女子プロレスでガチンコ乱入の特集記事
タイトル:大向美智子木刀殴打事件の真相

『レディースゴングVol.85』大向美智子のインタビュー  「死の淵から目覚めて愛に気づく」

見出し:リング上で木刀で殴られ、控室で意識を失った 目さ覚めたら病院にいて、あゆみが泣いてたの

もう見出しだけで興味がそそられる~
バックナンバーは各自で問い合わせを。

この3誌を読めば双方の言い分が出ており、大体のことが分かるはず。

自分はどちらの味方とかはありません。
篠原さんも理由があってやった事で、理由もなしにやるわけもない。

但し、木刀でやったことは最低。
それは、篠原さんにも指摘した。

やるなら素手でやればいいし、武器を持ってやるのは(実際やったのは篠原さんの弟子である横瀬さんだが…)自ら格闘家という事も否定することにも成りかねない。

でも、篠原さんの言い分や気持ちは理解できる。
それと自分も大向には、第2回T-1GP終了後、この事件と同じような感じで侮辱されたことがあったので、なおさら分かる。

選手はリング上がすべてだと思うし、それで生活しなければならない。
篠原さんの人生は篠原さん自身が切り開いて、これから進化しないと現役を続ける意味がないと思う。

そうやってこれから歩んで行く将来ある選手を閉ざすことは、自分には出来ない。
今回受け入れして、T-1ではどうか?を確認したい。

それを圧力する権利や義務は、女子プロに携わっている人達全員に当てはまるが、ないです!
とにかく8.26の結果で色々と見えてくるので、それを観に来てほしい。

さて話しは変わってクイズ。
下記の見出しは何の見出しか?

狂乱の“二見激情”はここから始まった!

「こんな腐った女子プロ界から金を巻き上げられて……〇〇らしい!」

いまだかつて“こんなセリフ”を口にした主催者がいただろうか? しかし、これが女子プロレスの真実だ!!

答えは次回で!

T-1GPHP:http://www.t-1.jp/gp/index.html

チケットT-1HP:http://www.t-1.jp/tk/index.html

このページのトップへ
コンテントヘッダー

8.26(土)T-1興行第5弾チケット情報

第5回T-1SP大会残席情報!
トップワンシートのイス席は完売。

桟敷席も残り僅か。
スペシャルシートのイスの2列目は残り1枚。

全体的にかなり売れ行きがよく、このままのペースですと指定席は売り切れが予想されるので、良い席はお早めに。
チケットの残席情報は、T-1GPHPの概要でもリアルタイムで更新。

近日中にT-1GPHPの新着情報を外す。
『レンタルサーバー(CGI)の関係で』

http://www.t-1.jp/gp/index2.html
これから、ブログ中心に新しい情報を更新する。

今まで新着にUPしていたのは、今後T-1検証シリーズで引用しながらUP。
ブログを更新しましたら、従来通りメルマガでいち早くお知らせする。

 以下・概要

伝説のT-1興行第5弾 T-1スペシャル ~トラブルシューター二見×篠原~
日時:2006年8月26日(土) 開場:18:00 開始:18:39 ※イッパイ・サンキュー 
会場:東京・西調布アリーナ(調布市上石原2-40-6 地下1階)
交通:京王線「西調布」駅徒歩2分

参戦決定選手:篠原 光
二見社長vsX のトークショー&第3回「T-1SP」の上映会

チケット料金表    前売り料金   当日料金
トップワンシート    ¥3000   ¥3500→最前列(イス席は完売。桟敷席残り僅か)
T-1スペシャルシート ¥2500   ¥3000→2列目以降(イス席残り僅か。桟敷席)
スタンディングシート  ¥2300   ¥3000→立ち見

チケット発売所 ※絶賛発売中
チケット&トラベルT-1(東京・水道橋)03-5275-2778
(非通知、公衆電話は不可) http://www.t-1.jp

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR