FC2ブログ
コンテントヘッダー

二度あることは三度ある 「太っている、自覚が足りない」言われても仕方ない内容に喧嘩を売り、3度目の計量ミスのKINGレイナ 総合格闘技界が学芸会のような感じになった、責任は大きい

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

巨人復刻ユニホーム、クマノミキャップ、ブランケット、トートバッグ、2016・15・14・12橙魂ユニ、03年20人寄書サイン色紙 岡本、増田大、石川、メルセデス、高木京、北村、森福、高田ボンフィン

山田哲人1000本安打記念下敷き、19年CREWユニフォーム・キャップ、つば九郎燕征ピンバッジ、燕日法被折り手ぬぐい、つば九郎3Dフィギュア、廣岡達郎監督着用ユニフォームポストカード

DEEP97 2020年9月20日後楽園ホール5階付近

二度あることは三度ある。
KINGレイナが三度やらかした。

9月20日の「DEEP97」後楽園ホール大会の前日計量で契約体重1.9kgオーバー、再計量でも1.5kgオーバーのため、熊谷麻理奈が勝った場合は公式記録に残り、KINGが勝った場合はノーコンテストとして、試合が行われた(結果、熊谷の判定勝ち)。

繰り返しになるが、KINGレイナの計量失敗は、2度目ではなく3度目。
1回目が2015年11月23日「DEEP JEWELS10」、前日計量で契約体重オーバー。
オーバーの数字は不明だが、キロ単位だった模様で、熊谷と同じケースで直DATEが勝った場合は公式結果となり、KING(正確には、当時のリングネームは三浦レイナ)が勝ったらノーコンテスト。
結果三浦が勝ったため、無効試合となった。

2回目が2019年10月22日「DEEP JEWELS26」、前日計量で契約体重2.9kgオーバー、再計量で2.3kgオーバー、失格となった。

ところが大沢文也が2度目の失敗と書き、DEEPの佐伯繁代表も2度目の失敗と発言したため、格闘技マスコミは一斉に2度目の計量ミスと報じた。
大沢辺りの3流格闘家が間違えるのはいいとして、佐伯代表まで動揺したのか分からないが間違えるのは不味いだろう。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

後楽園ホール2020年9月15日

度々取り上げているが、KINGレイナはかれこれ1年以上、ツイッター上で自身の批判を書かれるとエゴサーチして喧嘩を売りに行っている(呆)。
批判を書かれた内容にしても、「太っている、腹が出ている、腹がブヨブヨ、練習していない、自覚が足りない、試合がつまらない」と、言われても仕方ない内容だ。
なのに、ヒステリックに騒ぎ、イチイチ絡んでくる。
でも仮想通貨や無〇●動画関連については書かれても、絶対に絡んでこない。

「腹が出ている、練習していない、自覚が足りない」というのは、まさに指摘された通りで、言われたくないなら、引き締まった身体にすればいい話だ。
何で逆ギレするのか理解できない。

確かに、人間は誰でも失敗やミスはある。
でもキングの場合、反省せず同じ過ちを繰り返し、しかも3回の失敗とも数百グラムじゃなくてキロ単位のオーバー。
こいつほど、格闘技を舐めているヤツはいない。

ただ計量失敗については本人が一番悪いのは当然だが、周りも悪いのでキングだけ責めても仕方がない。
試合会場の売店でバカ騒ぎをする両親。
飲みに連れ回すタニマチ、家来。
試合に使い続けるDEEP。
増長を許したRIZIN。
結果的に体重管理をできなかったジムの責任者。
一時、KINGレイナのスポンサードをしていた青木真也の悪口ばかり書くどっかのバカ社長。
キャラ優先で持ち上げてきた、東京スポーツ、イーファイト、ゴング格闘技、フジテレビ。

全部悪いが、個人的に酷いと思うのは、この期に及んでまだ持ち上げるタニマチ、家来の存在だ。
次に、東京スポーツ、イーファイト、ゴング格闘技、フジテレビ、とマスコミ、メディア。

この人達が、キングを利用してきたのは事実だろ。
総合格闘技界が学芸会のような感じになった、責任は大きい。
なので、キングだけが悪いわけじゃない。

またキングを1ミリも擁護する気はないが、ここぞとばかりに叩きまくったり、茶化したりする格闘家や関係者を見ると虫唾が走る。
こいつらは、権力のあるヤツには何も言えない。
弱った人間を叩いているだけ。
かと言って、キングを信じると、いい人ぶっている女子格闘家もムカつく。

浅倉カンナは3回も計量失敗したKINGレイナを信じるって、これほど無責任な発言もない。
そんなに信じると言うのであれば、カンナ自身が責任を持ってキングを引き取り、再生させろって話。
でもはなから、いち選手がこんなことをやるのは無理だ。
だったら、いい人ぶって余計なことは言うな。

それから「KINGレイナはプロレスに転向するべき」という意見が多くあるが、何かプロレスがバカにされたような気分になる。
プロレス界に関わってきた人間として言わせてもらうと、KINGレイナはプロレスには向かない。
これはキングに限らず、全ての格闘家に言える。

プロレスは受けが重要だ。
格闘家がプロレスのリングに上がった試合を何度も見たことがあるが、正面切って受けきれない。
どうしても反射的に逃げたり、かばったりしてしまう。
だから、そんなにプロレスは甘い世界ではない。
実際自分が、リングに上がって試合をしたので分かる。

キングの場合、何をやっても中途半端。
中途半端なヤツは、どこの世界でも通用しない。
ブヨブヨを活かして、女相撲に転向したところで、本人の意識が変わらない限り、成功しない。

画像はDEEP97のパンフレット。
見開きページに何とKINGレイナ。

DEEP97パンフ KINGレイナ

イベントの広告なんだが、この写真はないだろう(笑)。
キングはネタ要員というか、ネタを提供するのに欠かせない芸人になった(呆)。

最後に雑談コーナー。

1979年10月~1980年10月まで放送されたスカイライダーは、現在YouTube東映チャンネルで無料配信中。
31話から歴代の先輩ライダーが続々登場し、31、32話に仮面ライダーXの神敬介(速水亮)、33話にライダーマン 結城丈二(山口豪久)、34話に仮面ライダーV3 風見志郎(宮内洋)まで紹介した。

35話は引き続き、先輩ライダー客演シリーズ第3弾、仮面ライダーV3 風見志郎後編。
先輩ライダー客演シリーズ第4弾は、仮面ライダー2号 一文字隼人(佐々木剛)。

仮面ライダー(新)(スカイライダー) 第35話「風見先輩!タコギャングはオレがやる!!」

仮面ライダー(新)(スカイライダー) 第36話「急げ一文字隼人!樹にされる人々を救え!!」


宮内洋氏のバイク手放し運転変身に、逆エビ固め、空中4の字固めとまさかのプロレス技。
今回も主役の筑波洋(村上弘明)を食ってしまう、宮内ワールド全開!

因みにスカイライダー35話が、仮面ライダーV3=風見志郎としての最後の変身シーンとなる。
宮内洋氏は、1984年の「10号誕生!仮面ライダー全員集合!!(仮面ライダーZX)」に登場するが、変身シーンはなかった。

一文字隼人こと佐々木剛氏は36話を含め、スカイライダーに6回ゲスト出演。
準レギュラーとして活躍。
それにしても、佐々木剛氏が定食で、ボッタクリの10万円を請求されたのには笑える。

画像は、2019年10月17日「新日本プロレス」後楽園ホール大会。

新日本プロレス19年10月17日2

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

T-1よりお知らせ
当面の間 平日:13時30分~19時まで 土日祝:13時~18時30分まで 月曜日:休み
10/25(日)31(土)12時から
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

人を貶めても評価なんか上がらない 今までの言動を棚に上げ、信者達を使い言葉狩りのように攻撃 佐伯代表のアカウントは消滅 「DEEP92」での青木真也の迷惑行為を断罪 ロリコンキャラはDDTで活用しろ

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

サッカーはスピーディーな展開に余計な演出がないのが魅力 試合はダラダラと長い&過剰な演出に客席をばかり映すプロ野球 18年10月20日FC東京対セレッソ大阪(味スタ)

読売巨人(東京ドーム) 2019年スペシャルデザインチケット1 エキサイトシート、レジェンズシート、スターシート、オーロラシート、ロイヤル・グランド・スーパーウイング 応援グッズ、ドリンク、タオル引換券、先行入場可能

DEEP92 19年10月22日

2019年最後の極上の二見激情ブログ更新。
今年の総括を更新すると予告していたが、予定を変更。
何故なら、ツイッターを見ている方ならご存知のように、青木真也を告発した件が波紋を呼んだので、青木を断罪して2019年を締めくくる。

画像を「DEEP」、「DEEP JEWELS」、「RIZIN」、「ONE CHAMPIONSHIP」、「プロフェッショナル修斗公式戦」、「CPEキャットファイト」などのポスターや大会をランダムに14枚アップ。
画像は本題のテーマとは関係ないので、気にしないように。

ONE 19年10月13日 青木真也

クリスマスイブに「DEEP」佐伯繁代表の何気ないツイートに対して(正確にはDEEP JEWELSのアカウントになるが、中身は佐伯代表なので)、青木真也が怒り心頭となった。
現在、佐伯代表のツイートは削除され、さらにアカウントそのものが消滅したため、問題になったツイートを紹介しないが、簡単に書くと、
「DEEP」主催の「M-1」大会にヒョードルを呼んだ際、ヒョードルと握手できる条件に売れ残っていた青木の本の購入者を対象にしたら、飛ぶように売れ、参加者は欲しくもないグッズ(青木の本のこと)を嬉しそうに買った 、とツイート。

DEEP92ポスター画像S

これに激怒した青木は「モラルがない、品格がない」と一刀両断。
さらに、信者達を使ってまるで言葉狩りのように攻撃し、佐伯代表のアカウントには批判が殺到。
攻撃の手を緩めない青木は、佐伯代表とのLINEのやり取りを晒すと予告。
佐伯代表は問題になったツイートを削除し、責任取ってツイッターを止めると公言。

ちょっと隙を見せたら総攻撃。
青木と青木信者と一部の格闘技ファンは、寄ってたかって佐伯代表を鬼の首を取ったようにして責めていたが、佐伯代表に何かあったら責任とれるのか(怒)。
まるでいじめだ。
そもそも、色んな人達を傷つけ平然としている青木が、佐伯代表のことをとやかく言えるのか。
今までの言動を棚に上げて笑わせるな(怒)!
大体青木を始め、全ての格闘家、格闘技関係者に品格など求めていない。
勿論、オレにしたって品格なんかあるわけがない。

DEEP92 19年10月22日2

オレが怒っているのは、青木がやれモラルや品格どうこうと言って、さらに客を舐めていると信者達を煽り、佐伯代表を貶めたことが許せなかったからだ。
実際、佐伯代表のアカウントが消滅した。
潰したと言っても過言ではない。
客がどうとか関係ない。
青木に人気がないから、苦肉の策で販売しただけの話だろ。
だから黙っていられなかった。
青木の迷惑行為について、ツイッターで告発をしまくった。

DEEP91ポスター画像S

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

DEEP JEWELS26イメージ画像S

10月22日「DEEP92」後楽園ホール大会で、こんなことが起こった。
その前に登場人物の説明。
輝美さんは佐伯代表の奥さん、さくら選手は12月15日にデビューを果たした女子格闘家。
また、粘着という意味は、女子プロレスの大会において売店で女子プロレスラーが立つと、離れないオタクどもと感覚が似ていたので粘着という表現をした。

何が起こったのか具体的に書く。
まず受付のロビーで青木と遭遇。
これが意外にも初対面だったので、ちゃんと挨拶をした。
青木も挨拶をしてくれた。
その後に青木が輝美さんに「帰ります」と言ったら、おにぎりを差し入れ。
帰ると思いきや、受付にまだ16歳のさくら選手を見つけると、さくら選手が困惑しているにも関わらず青木は10分以上、いや20分近く離れなかった。

DEEP JEWELS 25ポスター画像S

その間、松本晃市郎の彼女か知り合いの女性か分からないが、一般の女性2人組が青木に「女を連れてきたので、一緒に写真を撮ってもいいですか?」と凄い失礼な言い方をしたにも関わらず、青木は快諾して撮影に応じた。
撮影が終わると、再びさくら選手に粘着。

5分後くらいに撮影した女性が着て「先ほどは失礼な言い方をしてすみませんでした」と謝罪。
謝罪が終わると青木は三度さくら選手に粘着。
賜らず輝美さんが「あおしん(輝美さんは青木のことをこう呼ぶ)、口説くのいい加減にしてくれない」と注意。
この輝美さんの言い方にカチンをきた青木は「うるせーくそばばあ」と、スタッフ、係員が見ている前で暴言。

ポイントはここで、輝美さんも「さくら選手は仕事で来ているので程々にしてほしい」と言えば、青木も違う態度をしたかもしれない。
オレが言いたいのは、青木だってこうやって迷惑をかけているんだから、佐伯代表のツイートにしても笑って受け流すくらいの余裕を見せれば良かった。
要するに、お互い様だろって話だ。

RIZIN17ポスター1

もう一つポイントとして、さくら選手は「DEEP」の手伝いで受付にいた。
これが観戦にきたのであれば粘着しようが勝手だ。
だが、仕事中にあの空気の読めない接し方こそ、品格がない。
嫌なら断れば良いという意見もあるかもしれないが、デビュー前の選手がレジェンドの青木に嫌と言えるわけがない。

輝美さんから頼まれたこともあり、最終的に自分が間に入って、「さくらさん、輝美さんがパンフレット売りの手伝いをしてほしいと言っていたよ」と言って無理矢理引き離した。
その時青木はオレに対して余計なことをするな、という表情をして、バツの悪そうな顔をして帰っていった。
こんな迷惑行為をやったヤツの品格って何だ?

問題になった佐伯代表のツイートにしたって、表現の仕方こそ上手くないが、そこまでヒステリックに批判されるようなレベルじゃない。
この程度で怒る青木はホント器が小さい。
冗談も通じないくらいアホだったのか。
だから仕事が増えない。
人を貶めて、自身を正当化しても評価なんか上がらない。

あと一部に、オレが書いた「青木の迷惑行為」をデマと言ったアホ共いた。
T-1に来てその台詞言ってみろ(怒)。
大体、スタッフ、シミズスポーツの係員と多数目撃者がいて、適当なことを書くわけがない。
青木は一般人であろうが反論をしてくるタイプだ。
過去に何度か青木とはやり合ったことがある。
ところが、その青木が反論してこない。
これが全て。

今までこの情報が洩れなかったのは、皆大人だからだ。
オレだって書く気なかった。
だから2ヶ月間、この話題については触れなかった。
でも青木が佐伯代表を貶めたのが許せなかったので、だったら青木が言う品格とは何なのか告発したに過ぎない。

プロ修斗19年11月24日ポスター

オレが「ただのロリコン好きのおっさんが品格?」とツイートしたことに対して、「ロリコン好きのおっさんだとホモになってしまうよ(笑)」と指摘があったが、これなんかわざと青木に突っ込まれてもいいように書いたが、それでも青木は反応しなかった。
つまり、余程都合の悪い話なんだろう。

そんなことを言ったら青木のセクハラ話は、他にもあるわけで。
ただそれを公開したところで、何もならないので書かない。
佐伯代表だって問題があるかもしれないし、輝美さんも同様。
なにせ、二見が一番の問題児で、格闘技関係者は皆オレの性格を分かった上で付き合っている。
T-1に来るお客さんだって分かっているが、それでも買いにくる。
青木にしたって問題は多々あるが、格闘技の世界ではそれが魅力になる。
そんな人間が、品格がとか言うな。

言っておくが、オレは青木のアンチではない。
寧ろ、ファンだし、他の格闘家にはないモノを持っている青木を高く評価していた。
だからこそ、佐伯代表を貶めたのが許せなかったというか。

RIZIN20、ベラトールポスター

12月29日に北野なんちゃらのアホツイートに対して、青木は「輝美さんは今日も綺麗だった。 旦那さんが羨ましい。」と引用ツイート。
ここまで来ると嫌味だ。
それとも、すっかりロリコンキャラが定着してしまったので、それを払拭するための熟女好きアピール作戦か?

別にロリコンが悪いと言っていない。
青木が本当にロリコンだろうが、好みは人それぞれだ。

この際、ロリコンキャラを売りだした方がいいんじゃないか。
青木は現在、「DDTプロレス」にレギュラー参戦をしている。
高木三四郎とマッスル坂井は、プロレス脳が優れているので、ロリコンキャラを上手く活用できる。
何ならオレから、三四郎に話をしてやろうか?

CPEキャットファイト19年9月27日ポスター

2019年最後の雑談コーナー。

9月17日にモッツ出版の高須基仁氏が亡くなった。
高須氏とは2006年~10年までの付き合い。
画像は07年10月・高須氏のイベントにゲストで呼ばれた時のもの。
後段の左に二見、前段には前田日明氏。

07・10・20高須基仁トーク 005

10年1月に開催した「T-1興行」で、高須氏の許せない行動と言動があり、大会後電話で大喧嘩。
同年5月に父親が亡くなり(ヘアヌード写真集仕掛人は二見暁氏が元祖)、その件で高須氏と話すことになったが、再び大喧嘩。

10年7月に鹿砦社主催の激励会(当時、紙の爆弾連載中)に参加した際に、高須氏と禁断の遭遇。
そうなれば当然喧嘩となり、警察沙汰となった。
そのことは下記のリンク先へ。

「T-1二見のマット界断罪日記」最終回は、「紙の爆弾」中川編集長をブッタ斬る!

その後、またもや電話で喧嘩して絶縁。
それも今となっては良い思い出か。

CPEキャットファイト19年5月11日ポスター

少し前の話になるが、入江秀忠がやらかしてツイッターで話題になっていた。
オレは、7年前から「入江は格闘技界にいてはいけない人間」と忠告している。
入江は7年前から変わっていない。
皆気づくのが遅すぎるってこと。
誰かが言っていたけど、関わらないのが一番。
この数年、入江のことを一切触れなかったのは、二度と関わりたくないからだ。

やらかしと言えば、ONEが度々やらかし格闘技ファンからの批判が殺到している。
問題なのは、長南亮と北野なんちゃらは都合が悪くなるとスルーする点だ。
こいつら、「RIZIN」や「DEEP」は批判する一方、自分が贔屓している団体が批判されるとダンマリ。
豊田真奈美やGAMIと同類。
プロレス界、格闘技界、無責任なヤツばっか。

ロードオブONE 19年9月1日ポスター

その豊田とGAMIは、今までロッシー小川と「スターダム」をボロクソ書いていたくせに、「ブシロード」がバックについた途端、一切批判しなくなった。
つまり、相手を選んで批判をしている。
これほどショッパイ話もない。
自分が正しいと思うなら、「ブシロード」がバックにつこうが関係ないはずだ。

という訳で、2019年最後の更新は終了。
新年は1/2(木)13時から営業。
それではまた!

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

3・9(土)DEEP88 後楽園ホールで元谷友貴対ビクター・ヘンリー 3・16(土)DEEP TOKYO IMPACT 新宿FACEでDEEP JEWELSの試合が3試合 COMPLEXよりもゾクゾクしたユニットは今後現れない

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

梅野ユニホーム型ニックネーム巾着、3代目ピンバッジバッグ、つば九郎Tシャツ2 つば九郎燕征、山崎、カラシティー、宮出、廣岡、中澤、河田、谷内、井野ピンバッジ 川端、秋吉CREWピンバッジ 山田、小川クリアファイル

東京ヤクルト2019年オープン戦(神宮球場)内野・外野自由席券 ヤクルト、ロッテ、巨人のオープン戦は席割、価格が適切な設定 一番不適切なのは埼玉西武

DEEP88 19年3月9日ポスター(C)DEEP

3月9日(土)DEEP88 IMPACT 後楽園ホール大会と、3月16日(土)DEEP TOKYO IMPACT 2019 新宿FACE大会について更新。
2大会とも水道橋のチケット&トラベルT-1でチケット発売中。

3・9(土)18時 DEEP88 IMPACT  後楽園ホール 当日券 500円UP
指定A席  南A列、西E列  8000円※A列残1枚・E列残2連

3・16(土)18時30分 DEEP TOKYO IMPACT  新宿FACE
指定席  南5列  5000円
自由席  4000円

店頭特典:ポスター&ジュエルスのポスタープレゼント。

DEEP  TOKYO IMPACT 19ポスター(C)DEEP

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

DEEP 88  IMPACT
19年3月9日(土) OPEN/17:30 START/18:00 後楽園ホール
オープニングファイトを開場中に開催

注目は元谷友貴対ビクター・ヘンリー。
このカードはRIZINでやってもおかしくない。
それくらいの好カード。

主な対戦カード
DEEPバンタム級タイトル戦 5分3R 王者:元谷友貴(フリー) VS ビクター・ヘンリー(UWF USA/HF) :挑戦者
DEEPストロー級タイトル戦 5分3R 王者:越智晴雄(パラエストラ愛媛) VS 川原波輝(総合格闘技スタジオSTYLE):挑戦者
DEEPメガトン級タイトルマッチ 5分3R 王者:ロッキー・マルティネス(スパイク22) VS 酒井リョウ(パラエストラ松戸):挑戦者
DEEPバンタム級 5分3R 昇侍(トイカツ道場) VS 石司晃一(フリー)
DEEPウェルター級 5分2R 悠太(ALLIANCE) VS 渡辺良知(JUNGLE GYM) 
DEEPウェルター級 5分2R 佐藤洋一郎(KATANA GYM) VS 米田奈央(GENスポーツアガデミー)
DEEPフライ級 5分2R 神龍誠(フリー) VS 島袋チカラ(CORE王子豊島) 
※高橋誠から改名

DEEP 中西良行ベルトS(C)DEEP

DEEPライトヘビー級現チャンピオンで第7代DEEPミドル級チャンピオンの中西良行が引退する事となった。
DEEPで現役王者が2階級制覇を成し遂げたのは19年の歴史で中西のみの快挙。
そこで3月9日(土)に後楽園ホールで開催する『DEEP 88 IMPACT』で引退の10カウントゴングを行う。

DEEP TOKYO IMPACT 2019 ~DEEPフューチャーキングトーナメント2018~
19年3月16日(土)16:30開場 18:30開始 新宿FACE
フューチャーキングトーナメントは16:45スタート

DEEP JEWELSの試合が3試合決定。

DEEP 武井藍 S(C)DEEP

DEEP JEWELS ミクロ級 5分2R 武井藍(本宮塾) VS こにしえみ(FREEDOM@OZ)

ベンチプレス日本記録保持者のエイベック所属の女ランボー武井の2戦目は、タレント活動もする宗田智美 (HIDE’S KICK)の予定だったが、怪我で欠場となり対戦カードがこにしえみに変更となった。

DEEP ジェトイズミ S(C)DEEP

DEEP JEWELS ストロー級 5分2R ジェトイズミ(フリー) VS MAO(フリー)

女子格闘技のレジェンドファイターのジェトイズミが3戦目のMAOを迎え撃つ

DEEP MAO S(C)DEEP

DEEP JEWELS 49kg以下 3分2R アマチュアSPルール 吉川桃加(禅道会) VS 永尾音波(AACC)

美女JKファイターの吉川は名門AACC期待の新人と対戦

DEEP 吉川桃加S(C)DEEP

ほか主な対戦カード
DEEPメガトン級 5分2R 誠吾(AACC) VS 侍マーク・ハント(Martial Artrs Fighter team侍)
DEEPライト級 5分2R LUIZ(禅道会) VS 高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ)

DEEP 永尾音波S(C)DEEP

最後に雑談コーナー。

伝説のロック・ユニットCOMPLEX、デビュー30周年に全曲サブスク開放&ベスト盤リイシュー決定したとのことだが、これってただの既発映像じゃないか。
そんなのいいから、1stツアーの完全版とROMANTIC1990ツアーのライブ映像を出してくれ。
このタイミングで出さないで何時出すんだ!

また、最強の二人組アーティストランキングが発表され、COMPLEXが10位。
1位がB'z?
B'zなんて興味ない。
世間では10位であろうが、オレの中では吉川晃司と布袋寅泰のコンプレックスが最強。
これほどカッコイイコンビをみたことがない。
最近芝浦の映像を見る機会が増えているが、最後に吉川と布袋が客席にダイブしたりして、狂った感じが最高だ。
コンプレックスよりもカッコ良くてゾクゾクしたユニットは、今後現れないと思っている。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

必死のパッチ!阪神ファンの上田真央 KINGレイナを倒すために大阪府警を退職 3・9(土)「DEEP JEWELS23」初の後楽園ホールはチケット完売 最悪のタイミングだったRENAの交際報道

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

坂本勇人 18年シークレットボンフィン、阿部、上治、菅野、坂本、小林、内海、田口、山口鉄、岡本、中井、マシソン、野上、吉川尚、畠 ボンフィン、ランドリーバスケット、02年優勝記念パブミラー、高橋由伸サイン色紙

巨人軍の英断 東京ドームでのオープン戦は内野自由席のブロック大幅増、オーロラシート、指定席Aのエリアや1階は1塁側も可能に 外野ビジター応援席2ブロック増、レフト巨人応援席2ブロック減 ダイヤモンドボックス

DEEP JEWELS23ポスターS(C)DEEP JEWELS

3月9日(土)「DEEP JEWELS」としては初めて後楽園ホールで開催。
何とチケットは全席完売。
勿論、T-1でも完売。

DEEP JEWELS 23
19年3月9日(土)12時開場 12時30分開始 後楽園ホール
開場中にオープニングファイトを予定

VIP席 西1列  15000円※売切れ
指定A席 南A列  8000円※売切れ
店頭特典:ポスター&パンフプレゼント

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

対戦カード
DEEP JEWELS 49kg以下 5分3R 前澤智(リバーサルジム 立川 ALPHA) VS 浅倉カンナ(パラエストラ松戸)
DEEP JEWELS 68kg以下 5分3R KINGレイナ(FIGHT CLUB 428) VS 上田真央(フリー)
DEEP JEWELS フライ級 5分3R 渡辺華奈(FIGHTER’S FLOW) VS ガン・スミン(ROAD FCアップグジョンジム)
DEEP JEWELS アトム級 5分3R 富松恵美(パラエストラ松戸) VS 青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)
DEEP JEWELS 55kg以下5分2R 藤森祥子(Brightness) VS 奈部ゆかり(HMC JAPAN)
DEEP JEWELS 55kg以下5分2R アミバ(AACC) VS 赤林檎(フリー)
DEEP JEWELS ミクロ級 5分2R 玉田育子(AACC) VS マドレーヌ(メルヘン王国#FIGHTTEAMミチバ)

DEEP JEWELS アトム級 5分2R 佐藤絵実(毛利道場) VS アム(ターントンジム)
ジュエルス 佐藤絵実対アム(C)DEEP JEWELS

DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R あい(KRAZY BEE) VS 國保小枝(和術慧舟會船橋道場)
ジュエルス 愛対こえだ(C)DEEP JEWELS

注目のカードは上田真央対KINGレイナ。
上田選手はKINGレイナを倒すために大阪府警を退職。
何よりも上田選手のコメントが素晴らしい。
一部抜粋すると
「とにかく大阪人の底力を見せつけて必死のパッチで熱い試合をお見せします。」
ジュエルス 上田真央(C)DEEP JEWELS

このコメントをみて、阪神タイガースファンのオレ的には好感度アップ。
阪神ファンならご存知のように、「必死のパッチ」というのは監督に就任した矢野が現役時代にヒーローインタビューで使い出した。
矢野が監督になったので、今年のヒーローインタビューでは必死パッチが流行りそうだが、まさか女子格闘技界でも必死のパッチが流行るのか?
そんなことをツイッターに書いたら、上田選手本人から「熱狂的な阪神ファンです」と連絡があった。

アンチKINGレイナのオレとしては、上田選手に是非勝ってもらいたところだが、いくらKINGレイナのことが嫌いでも上田選手が勝つのは難しいと思う。
でも「必死のパッチ」でオレの予想を覆してほしい。

因みに「DEEP JEWELS」の女性広報の輝美さんが、「二見さん、そんなにKINGレイナのことが嫌いなら、上田選手のセコンドに付いてください。二見さんがセコンドに付けば盛り上がるから。上田選手は六甲おろしで入場すると言っていたよ」という要望があったが、セコンドに付くのは丁重に断った(笑)。

最後に雑談コーナー。

2月上旬に「美人格闘家「RENA」下町同棲のお相手は19歳年上男」という記事が、FLASHに掲載された。
RENAが誰と付き合おうが個人の自由だし、オレには関係ない話になるが、掲載された時期に問題がある。
大晦日での「RIZIN」で試合をやっていれば、もしくは挽回でもしていれば何も言われないが、軽量オーバーで失格になった後を考えればこの報道は最悪のタイミング。
冷ややかな視線を向けられるどころか、言いたくないが(と言いながら書くが)「これだから女子は」と言われても仕方ない。

また交際の相手が、シュートボクシングの森谷統括本部長というのも問題だ。
自分の団体に所属している女子選手に手を出すというのは、誰が見ても良い印象を与えない。
オレの考え方が古いのかしれないが、森谷氏はフロントの人間だ。
シュートボクシングからすればRENAは看板選手であり、大事な商品。
同じ格闘家として、コンディションの維持、体重管理など支えるべき立場のある人間が、商品価値を落とすようなことをフロントがやるようでは話にならない。
オレなら自分のところの商品には絶対に手を出さない。
なお、RENAと森谷氏の交際は、格闘技界では公然の事実で前々から耳には入っていたが。

昨日は2月23日。
2・23と言えば、2006年2月23日 女子プロリベンジ T-1グランプリ~魂~大志~帝王~ 新宿FACE大会。
“狂乱”の二見激情が繰り広げられた伝説の大会、第2回「T-1グランプリ」から13年経った。

第2回T-1グランプリDVD(C)T1

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

再び二見がプロレス界のレジェンド キラー・カーンさんの「居酒屋カンちゃん」に参戦!佐伯代表と女子格闘技界の未来について議論 約7年ぶりに吉川晃司を体感でモニカ!

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

原は凄い 旧態依然の巨人ファン 結果を出していない長野、内海をなんでプロテクトされないといけないのか?将来性のある若手ならプロテクトを外れていいのか?構造破壊は阪神こそやるべきだった

現金不可 電子マネーは楽天Edy以外不可 レンタルは残額返金不可 東北楽天の完全キャッシュレス化は、顧客増やすためなら手段を選ばず自分たちの利益しか考えてない ファンの意向を無視

居酒屋カンちゃんと二見2(C)T-1

昨年の12月に再び新大久保にある「居酒屋カンちゃん」に参戦した!
前回と同様、「DEEP」&女子格闘技「DEEP JEWELS」広報の輝美さんがプロレス界のレジェンドレスラー・キラー・カーンさんと親しいということで、連れてってもらった。

前回の記事。
二見がプロレス界のレジェンド キラー・カーンさんの「居酒屋カンちゃん」に初参戦!? 12・1(土)「DEEP JEWELS22」新宿大会、指定席は完売、立見のみ 10月に続き11月も売上好調

居酒屋カンちゃん 単独

キラー・カーンさんの店はJR新大久保駅のすぐ近く(大久保通り沿い)。
こちらが店の看板。

居酒屋カンちゃん看板1

今回は自分と輝美さん、「DEEP」の佐伯繁代表と忘年会を兼ねて乱入した。
厳密には1次会は別の場所で行い、2次会でキラー・カーンさんの店に行った次第。
佐伯代表と輝美さんと、今後の女子格闘技界について情報交換。
女子格闘技界の未来について議論。
非常に有意義な時間を過ごすことができた。

居酒屋カンちゃん貼り紙

これが店のルールで、「ドリンクとおつまみは各一品ずつ注文すること。1ドリンクの方は滞在を30分とする」という内容の貼り紙。
このルールには納得。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

有難いことにキラー・カーンさんには、前回の来店のことを覚えてもらい、色々と話が弾んだ。
プロレスラーのC、元プロレスラーのS、元新日本プロレスのフロントS、3人への批判は勿論のこと、今度は引退しては現役復帰を繰り返しているプロレスラーのOを断罪。
面白い話、イッパイサンキューでモニカ!

居酒屋カンちゃん店内

こちらの写真は、キラー・カーン対アンドレ・ザ・ジャイアント。
また機会があればキラー・カーンさんの店に行きたいと思う。

最後に雑談コーナー。

先週、2/1(金)吉川晃司 デビュー35周年アニバーサリーライブ(日本武道館)のチケットの買取りがあった。
チケットが入ってくるまで観に行くつもりはなかった。
実際、吉川晃司のライブに行ったのは、記憶が正しければ2012年の日本武道館が最後だったはず。
もう約7年間行っていない。
因みに2011年のCOMPLEX 東京ドームは2日間とも行った。
1990年代はツアーがあると必ず3、4回行っていた時代が懐かしい。

そんなことをツイッターで呟くと、吉川ファンのお客さんから(何度もT-1に来店している女性のお客さん)「35周年で昔の曲も沢山歌うし、ライブに行くべし」と後押ししてもらった。
そんなやり取りをしていたら、吉川のライブ映像を久々見たくなって、店では連日連夜吉川の映像を流しっぱなし状態(因みに、大相撲中継の間は、映像を流すのは一時中断)。
これは行くしかないと決断。
そうしたら、昨日店頭に出していた吉川のチケットが売れた。
チケット完売。
お客さん優先なので、それはそれで良いこと。
チケットを売ってナンボの商売なので。

チケットは何とかなるだろう。
ほかに入手方法はいくらでもある。
まだ日もあるので、また持ち込みがあるかもしれない。
はっきり言って最近の曲は知らない。
知らないので聞いてみたが、良かったと思った曲はなかった。

自分が好きなのはデビューから2007年まで。
通常のシングルは、デビュー曲のモニカから33枚目のサバンナの夜(06年7月12日発売)まで。
34枚目から39枚目までは好きではない。

コラボレーション・シングルだとJuicy Jungle(06年9月25日発売)はお気に入り。
アルバムだと、ファーストアルバムのパラシュートが落ちた夏から15枚目のJellyfish & Chips(03年8月21日発売)まで。
16枚目TARZAN以降(19枚目まで)は好きな曲なし。
で、独断と偏見で、35周年で歌ってほしいセットリストを作ってみた。

1 フライデーナイトレビュー
2 太陽もひとりぼっち
3 MODERN TIME 
4 ロストチャイルド
5 恋をしようぜ!!
6 プリティ・デイト
7 そんな君はほしくない
8 1990
9 JUST ANOTHER DAY
10 不埒な天国
11 虚ろな悪夢
12 Weekend Shuffle
13 Dance with Memories
14 DANDY
15 Purple Pain
16 Love Way
17 Baby Baby
18 SWEET GIRL
19 HEROIC RENDEZVOUS
20 LEVEL WELL
21 星の降る夜に
22 CRY MARIA
23 FRASHBACK
24 ナイフ
25 もしも僕が君ならば
26 スティングレイ

好きな曲にプラス中々ライブで歌わない曲を中心にした。
デビューからCOMPLEX前まで6曲(1~6)。
COMPLEXは3曲(7~9)。
アルバムLUNATIC LIONからJellyfish & Chipsまで17曲(10~26)。
TARZAN以降はゼロ、全26曲。
全部歌う訳がないので、この中で5曲歌ってくれれば満足。

そんなことで、2月1日は約7年ぶりに吉川晃司を体感するでモニカ!

居酒屋カンちゃん看板2

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR