FC2ブログ
コンテントヘッダー

再び二見がプロレス界のレジェンド キラー・カーンさんの「居酒屋カンちゃん」に参戦!佐伯代表と女子格闘技界の未来について議論 約6年ぶりに吉川晃司を体感でモニカ!

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

原は凄い 旧態依然の巨人ファン 結果を出していない長野、内海をなんでプロテクトされないといけないのか?将来性のある若手ならプロテクトを外れていいのか?構造破壊は阪神こそやるべきだった

現金不可 電子マネーは楽天Edy以外不可 レンタルは残額返金不可 東北楽天の完全キャッシュレス化は、顧客増やすためなら手段を選ばず自分たちの利益しか考えてない ファンの意向を無視

居酒屋カンちゃんと二見2(C)T-1

昨年の12月に再び新大久保にある「居酒屋カンちゃん」に参戦した!
前回と同様、「DEEP」&女子格闘技「DEEP JEWELS」広報の輝美さんがプロレス界のレジェンドレスラー・キラー・カーンさんと親しいということで、連れてってもらった。

前回の記事。
二見がプロレス界のレジェンド キラー・カーンさんの「居酒屋カンちゃん」に初参戦!? 12・1(土)「DEEP JEWELS22」新宿大会、指定席は完売、立見のみ 10月に続き11月も売上好調

居酒屋カンちゃん 単独

キラー・カーンさんの店はJR新大久保駅のすぐ近く(大久保通り沿い)。
こちらが店の看板。

居酒屋カンちゃん看板1

今回は自分と輝美さん、「DEEP」の佐伯繁代表と忘年会を兼ねて乱入した。
厳密には1次会は別の場所で行い、2次会でキラー・カーンさんの店に行った次第。
佐伯代表と輝美さんと、今後の女子格闘技界について情報交換。
女子格闘技界の未来について議論。
非常に有意義な時間を過ごすことができた。

居酒屋カンちゃん貼り紙

これが店のルールで、「ドリンクとおつまみは各一品ずつ注文すること。1ドリンクの方は滞在を30分とする」という内容の貼り紙。
このルールには納得。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

有難いことにキラー・カーンさんには、前回の来店のことを覚えてもらい、色々と話が弾んだ。
プロレスラーのC、元プロレスラーのS、元新日本プロレスのフロントS、3人への批判は勿論のこと、今度は引退しては現役復帰を繰り返しているプロレスラーのOを断罪。
面白い話、イッパイサンキューでモニカ!

居酒屋カンちゃん店内

こちらの写真は、キラー・カーン対アンドレ・ザ・ジャイアント。
また機会があればキラー・カーンさんの店に行きたいと思う。

最後に雑談コーナー。

先週、2/1(金)吉川晃司 デビュー35周年アニバーサリーライブ(日本武道館)のチケットの買取りがあった。
チケットが入ってくるまで観に行くつもりはなかった。
実際、吉川晃司のライブに行ったのは、記憶が正しければ2012年の日本武道館が最後だったはず。
もう6年以上行っていない。
因みに2011年のCOMPLEX 東京ドームは2日間とも行った。
1990年代はツアーがあると必ず3、4回行っていた時代が懐かしい。

そんなことをツイッターで呟くと、吉川ファンのお客さんから(何度もT-1に来店している女性のお客さん)「35周年で昔の曲も沢山歌うし、ライブに行くべし」と後押ししてもらった。
そんなやり取りをしていたら、吉川のライブ映像を久々見たくなって、店では連日連夜吉川の映像を流しっぱなし状態(因みに、大相撲中継の間は、映像を流すのは一時中断)。
これは行くしかないと決断。
そうしたら、昨日店頭に出していた吉川のチケットが売れた。
チケット完売。
お客さん優先なので、それはそれで良いこと。
チケットを売ってナンボの商売なので。

チケットは何とかなるだろう。
ほかに入手方法はいくらでもある。
まだ日もあるので、また持ち込みがあるかもしれない。
はっきり言って最近の曲は知らない。
知らないので聞いてみたが、良かったと思った曲はなかった。

自分が好きなのはデビューから2007年まで。
通常のシングルは、デビュー曲のモニカから33枚目のサバンナの夜(06年7月12日発売)まで。
34枚目から39枚目までは好きではない。

コラボレーション・シングルだとJuicy Jungle(06年9月25日発売)はお気に入り。
アルバムだと、ファーストアルバムのパラシュートが落ちた夏から15枚目のJellyfish & Chips(03年8月21日発売)まで。
16枚目TARZAN以降(19枚目まで)は好きな曲なし。
で、独断と偏見で、35周年で歌ってほしいセットリストを作ってみた。

1 フライデーナイトレビュー
2 太陽もひとりぼっち
3 MODERN TIME 
4 ロストチャイルド
5 恋をしようぜ!!
6 プリティ・デイト
7 そんな君はほしくない
8 1990
9 JUST ANOTHER DAY
10 不埒な天国
11 虚ろな悪夢
12 Weekend Shuffle
13 Dance with Memories
14 DANDY
15 Purple Pain
16 Love Way
17 Baby Baby
18 SWEET GIRL
19 HEROIC RENDEZVOUS
20 LEVEL WELL
21 星の降る夜に
22 CRY MARIA
23 FRASHBACK
24 ナイフ
25 もしも僕が君ならば
26 スティングレイ

好きな曲にプラス中々ライブで歌わない曲を中心にした。
デビューからCOMPLEX前まで6曲(1~6)。
COMPLEXは3曲(7~9)。
アルバムLUNATIC LIONからJellyfish & Chipsまで17曲(10~26)。
TARZAN以降はゼロ、全26曲。
全部歌う訳がないので、この中で5曲歌ってくれれば満足。

そんなことで、2月1日は約6年ぶりに吉川晃司を体感するでモニカ!

居酒屋カンちゃん看板2

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

MIOとKINGレイナは正義面して女を武器に使い同情を求めた これこそ馴れ合い 影響力のある選手、関係者が同調圧力を作り上げ、浅倉カンナ批判を封じようした ムラ社会の縮図

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

秋山幸二、辻発彦、石毛宏典、栗山巧、外崎修汰、松井稼頭央 背番号継承タオル 浅村栄斗、外崎、高橋朋己、岡田雅利、大石達也、平井克典、永江恭平 ピンバッチ ビジター応援ピンバッチ東京・横浜 L-SMILE6・10・11

読売巨人(東京ドーム)エキサイトシート、スターシート、オーロラシート、スーパーウイングはスペシャルデザインチケット ビーム・オレンジ・スカイシートはデザインチケット スター・スーパーウイングは先行入場 落合氏CS反対論

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

画像はゴング格闘技No.294 表紙 RENA
ゴング格闘技No.294  2016年12月発行  ジュエルスパンフ付  1150円→500円

ゴング格闘技294 RENA特集

ゴング格闘技294をお買い上げの方に、DEEP JEWELSのパンフレットをプレゼント(詳細は店頭で)。

主な内容
創刊30周年記念
ダナ・ホワイトが語る「UFCのすべて」
まるごとRENA 永久保存版 30ページ
所戦を終えたクロン・グレイシー
浜崎朱加×澤田龍人×阿部裕幸
内藤のび太×飛鳥拳

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

12月31日(月)「RIZIN.14」さいたまスーパーアリーナ大会で、第1試合でサマンサ・ジャン=フランソワと対戦する予定だった、シュートボクシング世界女子フライ級王者のRENAが、最終体重調整中に過度の貧血、脱水症状を起こし、本来の計量時間に間に合わず失格となり、最終的にこの試合は中止となった。

RENAが減量に失敗して試合が中止になったことよりも問題視するのは、RENAと同じシュートボクシング日本女子ミニマム級王者のMIOが、RENAが減量を失敗した件について同じ格闘家として謝罪するかと思いきや、女性ホルモンがどうだとか、女子アスリートにしか分からない、と言い訳ばかり書いた内容をツイッターに投稿したことだ(怒)。

確かに女性ならではの難しさは理解できる。
だから、RENAのことを批判していない(勿論、プロ失格だとは思うが)。
ただMIOの言い訳は話にならない。
そんなことを言ったら対戦相手も同じ条件だろうが。
女子選手全員に共通する話で、他の女子格闘家に対しても失礼だ。
見苦しい。

さらにMIOは、RENAが救急車に運ばれる写真までアップする始末(呆)。
救いようがない。

百歩譲って、「RIZIN.14」が終わった後に書けばいい話。
大会直前の大事な時に水を差し、「周囲から試合を望まれて、いま悩んでるみたいだけど、こんな状態で試合なんて本当に心配だからやめてほしいのが本音」と訴え、悪いのはまるで「RIZIN」主催者と責任転嫁。
何なのMIOって人は(怒)。

そもそもRENAが救急車に運ばれる写真を撮ること自体、異常だ。
悲壮感を漂わせファンの同情を誘うなら、女子格闘家は「大舞台では使えない」ということになるのではないか。

問題はこれだけではなかった。

浜崎朱加対浅倉カンナ戦で、浜崎の応援団の中で浅倉カンナへブーイングや野次があった。
これについて浜崎自身が、「応援に来てくれた友達に誰がやってたか聞いてますが、特定できてません。格闘技、真剣勝負の2人だけのリングに野次やブーイングはいりません」と苦言を呈するツイートを見た(のち、このツイートは削除されたとのこと)。

これを言ったらお終いじゃないのか。
興行には野次やブーイングが付き物だ。
それが嫌なら無観客試合か、学芸会をやればいい。
甘ったれるな。
浜崎のことを評価していたが、この発言で評価はガタ落ち(なお、この浜崎のツイートについても批判が集中した)。

さらに問題は続く。

今度は浅倉カンナが試合後に対戦相手の浜崎朱加と一緒に写った画像をアップしたことに対して、一部の格闘技ファンから「馴れ合い」「仲良しこよし」と批判が集中した。
それよりも問題なのは、塩ファイターのKINGレイナ、パクリライターのジャン斉藤、そして格闘技サイトのバウトレビューまで一斉に浅倉を擁護した点だ。

影響力のある選手、関係者が同調圧力を作り上げ、浅倉への批判を封じようとしている。
これこそ馴れ合いで、まるでムラ社会の縮図を見たようで気持ち悪い。
批判があるってことは、それだけ注目されている証拠。
声援も批判も全てファンの声。
それを否定してどうする?

KINGレイナの浅倉擁護に対して、異論を唱えたのが青木真也選手だ。
青木選手がオレの主張を代弁していた。
前にも当ブログで取り上げたが、今の女子格闘技は批評、批判を抑制しているようにみえる。
でもそれはおかしいこと。

青木真也選手の真っ当な「DEEP JEWELS」批判 馴れ合い、傷の舐め合いが横行したプロレス界を断罪してきた二見が、仲良しこよしの女子格闘技を評価できるわけねーだろ

何度も書くが、青木選手以外の格闘家が何故批判しないのか不思議でならない。
一点だけ青木選手の主張と違うのは、KINGレイナはプロでも何でもない。
アマチュア以下だ。

MIOとKINGレイナに共通するのは、正義面して女を武器に使い同情を求めた点だ。
RIZINが女子格闘技を起用したことで、地上波で取り上げられてようやく日の目を見始めた女子格闘技界。
異論を封じて、ムラ社会ならではの傷の舐め合いが横行するなら、これ以上人気が出ることはないだろう。

ゴング格闘技294 RENA特集2

最後に雑談コーナー。

1/4に久々第5回大会「T-1興行」のDVDが売れた。
これで第5回大会のDVDは残り4本となった。
第4回大会の次は第5回大会が完売か?

正月1/2・3・4の3日間の売上がこの5年間で1番良かった。
良かった要因は、1・2(水)大日本プロレス 後楽園ホール、1/3(木)第72回ライスボウル 東京ドーム、1・4(金)新日本プロレス 東京ドームのチケットが沢山売れたから。
良かったと言っても詰めが甘い。
1・2(水)大日本プロレス 後楽園大会は、最前列スーパーシート、パイプイス席、特別RS、指定A席は完売も、指定B席は売れ残り。
1/3(木)ライスボウルは、自由席は完売したが、ビュッフェ付バルコニー席は1枚残り。
1・4(金)新日本プロレス 東京ドーム大会は、完売したのは2階スタンドBのみ、1階スタンドと2階スタンドAは売れ残り。

勿論大日本、ライスボウル、新日本と3大会ともチケットが残ってもプラス。
特に新日本はそれなりの利益は出たが、もし全て完売したのであればもっと儲かった。
そういう意味では全然駄目だ。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「DEEP JEWELS」は「RIZIN」の予選じゃない 試合内容がショッパイくせにマイクアピール KINGレイナが格闘技ファンから共感を得られない理由

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

阿部慎之助、長野久義、小林誠司、陽岱鋼18年プレイヤーズデー、坂本勇人&石川慎吾、吉川尚輝&内海哲也 勝ち取れ、ジャイアンツ隈取りクリアファイル 原監督が岡本に「禁煙令」

ビジターの神宮球場ではヤクルトファンを圧倒できたロッテファン ホームZOZOマリンでは、広島カープファンにジャックされ、数、応援の熱&凄さ、全てにおいて圧倒されていた

画像は12・9(日)「パンクラス302」スタジオコースト大会のポスター。

パンクラス18年12月9日

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

12・1(土)新宿FACEで、女子総合格闘技「DEEP JEWELS 22」が行われたが、いつものようにマイクアピールがあった。
試合終了後、12月31日に行われる「RIZIN.14」さいたまスーパーアリーナ大会への参戦アピールした選手は、川村虹花、奈部ゆかり、KINGレイナ、前澤智。
この4選手の中で、試合内容が良かったと言えるのは前澤智だけ。
前澤選手のように試合内容が良ければ、マイクアピールをしても問題ない。
だが、試合内容がショッパイくせにマイクアピール(怒)。
厚かましいにも程がある。

特にKINGレイナは、一体何回目の「RIZIN」参戦マイクアピールになるのか(呆)。
「DEEP JEWELS」に出る度に、毎回マイクアピール。
試合内容はショッパイ、マイクもショッパイ、話にならない。
しかも、榊原信行代表とのやり取りが長い、長い。
川村虹花のマイクも長かった。
「DEEP JEWELS」は「RIZIN」の予選じゃない。

確かに「RIZIN」に出たいと言う気持ちは分からないでもない。
新宿FACEよりも大きい舞台で試合をしたいと思うのは当然だし、メディアへの露出も増え、テレビに出る可能性も出てくる。
あと何と言っても、ギャラは「DEEP JEWELS」より高い。
だから「出たい」、「出たい」とアピールがあるわけだが。

以前に青木真也選手が茶番のマイクアピールについて苦言を呈してから、大分減ってきた(酷い時は全試合あった)。

青木真也選手の真っ当な「DEEP JEWELS」批判 馴れ合い、傷の舐め合いが横行したプロレス界を断罪してきた二見が、仲良しこよしの女子格闘技を評価できるわけねーだろ

勿論、「RIZIN」参戦を決めるのは、榊原氏を始めとする主催者がやることなので、オレがとやかく言う話でもないが、これだけ毎回毎回茶番のマイクアピールがあると「DEEP JEWELS」への敬意がないと感じる。

特にKINGレイナは、「DEEP JEWELSに出てやっている」という態度だから、格闘技ファンから共感を得られない。
試合内容が良ければそれも許されるのだが、やる度に落ちている。
毎回3Rになるとスタミナが切れているし、練習不足なのは明白。
家来に寝技を掛けて喜んでいるんだから、進化するわけがない。

仕事にも言える話になるが、仕事ができない人ほど自分のことを過大評価する傾向がある。
実力がないのに、自分はできると過信する。
KINGレイナはこれに当てはまる。
因みに、「DEEP JEWELS 22」で個人的に良かったと思う選手は赤林檎。

最後に雑談コーナー。

昨日、「RIZIN」榊原代表が暴行問題で引退した貴ノ岩の参戦はないと明言。
さらに「ちゃんとした(競技)団体と言えるのか。上の人は全部首にして組織を一新するべき」とまくしたて相撲協会を一刀両断した。
オレが格闘技関係者に会う度に、「相撲協会は腐っている」と言い続けていたので、その影響で相撲協会を断罪したのか?

12/6に第3回「T-1興行」のDVDが売れた。
再三書いてきたが、今年の「T-1興行」DVDの売上は過去最低の数字で、第2回2本、第3回3本、5本しか売れていない。
2本、3本「フタ・ミ」で縁起が良いかという話ではない。
昨年(2017年)は21本、一昨年(2016年)は36本売っているので、これは大失速と言っていいだろう。
大失速の原因は、23周年と節目の年にも関わらず、1度もイベントをやっていないからだ。

と言っても、11月の売上が前年比89・5%(正確には189・5%)と大幅アップした。
これで2ヶ月連続大幅アップ(10月は189・8%UP)。
さらに11月末の時点で、6年前の2012年の売上を超えた。
こうなってくると7年前の2011年超えを達成したいところだが、ちょっと難しいか。
いずれにしても、プロ野球シーズンでないこの時期に、2ヶ月連続で大幅増は嬉しい誤算。

画像は映画 来る 全国共通鑑賞券 ムビチケカード(前売券は売切れ)。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

映画来る
二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

二見がプロレス界のレジェンド キラー・カーンさんの「居酒屋カンちゃん」に初参戦!? 12・1(土)「DEEP JEWELS22」新宿大会、指定席は完売、立見のみ 10月に続き11月も売上好調

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

読売ジャイアンツ 平成元年モデルホームユニホーム、高校野球チームバージョンユニホーム、18年ビジターユニホーム、ショルダーバッグ、新ロゴステッカー、高橋由伸キーホルダー、09年優勝記念エチケットワイプ

北海道日本ハムファイターズ 2018年スカイブルーユニフォーム 今年もイースタン・日本ハム(鎌ヶ谷スタジアム)内野・外野自由席券はあまり入ってこなかった CSで気になったこと

ツイッターでは報告済みだったが、10/29(月)に新大久保にある「居酒屋カンちゃん」に初参戦した!
厳密には、「DEEP」&女子格闘技「DEEP JEWELS」広報の輝美さんがプロレス界のレジェンド・キラー・カーンさんと親しいということで、連れてってもらった。

二見×キラーカーン(C)T-1

店には自分と輝美さん、「DEEP」で活躍中の高橋誠選手の父親、「DEEP」に出入りしている業者の方、4人で乱入!?
輝美さん曰く、「キラー・カーンさんと二見さんは性格が似ているので、話が合うと思う」と言っていたが、店内には「必ず食べ物と飲み物を1品ずつ注文ください」とか、「飲み物1品だけのお客様は30分制とさせていただきます」という内容の貼り紙があったので、確かに店独特の拘りやポリシーがある点では似ている。

勿論、キラー・カーンさんとは初対面。
プロレス界のあんな話、こんな話、ここでしか聞けない秘話のオンパレードだった。
特にプロレスラーのC、元プロレスラーのS、元新日本プロレスのフロントS、3人への批判は面白かった。
イッパイサンキューでモニカ!
ただ、こんな裏話をして大丈夫なのか?と思ったが。

今週の土曜日には、新宿FACEで「DEEP JEWELS22」開催。
VIP席、指定B席は完売、立見も残り1枚となった。

12・1(土)19時  DEEP JEWELS22  新宿FACE
VIP席  西1列  1万円※売切れ
指定B席  南5列  6000円※売切れ
立見  5000円※残1枚

店頭特典 ポスター&パンフレットプレゼント

DEEPジュエルス18年12月1日
チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

黒部対前澤ジュエルス22(C)DEEP JEWELS  黒部三奈、前澤智

今大会の注目は、何と言っても黒部選手と前澤選手のタイトルマッチ。

DEEP JEWELS アトム級タイトルマッチ 5分3R 肘あり
王者:黒部三奈(マスタージャパン) VS 前澤智(リバーサルジム 立川 ALPHA):挑戦者

「T-1興行」に参戦したことのある長野選手も出場。

DEEP JEWELS ストロー級 5分2R
長野美香(CORE王子豊島)  VS ターニャ・ホフマン(A-Team/German Top Team)

川村S(C)DEEP JEWELS  川村虹花

DEEP JEWELS アトム級 5分2R
川村虹花(仮面女子)  VS 宗田智美 (HIDE’S KICK)

赤林選手と対戦予定だったダンプリョーコ選手が、練習中の怪我のため欠場で対戦カードが変更。
女子格闘技界のレジェンドファイターであるジェット・イズミ選手とストライカー対決に!

【変更対戦カード】
DEEP JEWELS 53.5kg以下 5分2R
ジェット・イズミ(M16ムエタイスタイル) VS 赤林檎(フリー)

赤林檎S(C)DEEP JEWELS  赤林檎

最後に雑談コーナー。

本日、久しぶりに第3回「T-1興行」のDVDが売れた。
今年になってから第2回2本、第3回2本、4本しか売れていないので、過去最低の売上だ。
原因ははっきりしている。
23周年と節目の年にも関わらず、1度もイベントをやっていないからだ。

とは言え、10月に続き11月も売上好調で、前年比80%以上のUPが確実となった(正確には180%以上のUP)。
プロ野球シーズンでないこの時期に、2ヶ月連続で大幅増は手前味噌になるが凄いことだ。
好調の要因は色々とあるが、一つ言えるのはチケットの種類が沢山あれば、店に来店する人数が増えるということ。
とにかくこれに浮かれることなく、更なる売上アップのために動いていきたい。
いずれにしても、店全体の売上が好調であれば、「T-1興行」のDVDが大失速しても問題ない。

そして大相撲九州場所は、小結の貴景勝が初優勝!
貴乃花部屋が消滅により千賀ノ浦部屋に移籍し、移籍した最初の場所に見事に優勝!
これは快挙と言って良い。
高安は稀勢の里と同じ、ここ一番で勝負弱い。
これが田子ノ浦部屋の伝統。

画像は川村虹花。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介
川村虹花jpgS(C)DEEP JEWELS
二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

青木真也選手の真っ当な「DEEP JEWELS」批判 馴れ合い、傷の舐め合いが横行したプロレス界を断罪してきた二見が、仲良しこよしの女子格闘技を評価できるわけねーだろ

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

広島東洋カープ 2018年宮崎春季キャンプ 関係者限定キャップ、ロゴ入り練習球 実使用 セ・リーグの日程問題 NPBの怠慢に怒りが

東京ヤクルト対阪神戦(神宮球場)スターシート 選手との距離が近い 臨場感がある バックネット裏 傾斜がなだらか

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

最近格闘技ファンのお客さんから「女子格闘技のイベントはやらないんですか?」、「ブログでDEEP JEWELSのことを取り上げないんですか?」と言われることが多い。
イベントについては再三ブログ等で書いてきたように、節目の開業23周年にも関わらず一部の常連メンバーの態度に頭に来たのでイベントをやらないだけの話。
本当はやらないといけなかった。

「DEEP JEWELS」については会場で観ていないが、後日映像などチェックしている。
映像を見ても取り上げなかった理由を箇条書きで挙げると。

ツイッターなどで女子格闘家とファン、または女子格闘家同士の馴れ合いが酷くなったこと。
ツイッターで愚痴ばかり呟く女子格闘家がいること。
競技人口が増えた割には試合のレベルが上がらない。
試合はショッパイのに空気の読めないマイクアピールが増えた。
秋葉系のオタクばかりのファンが増えた。
しゃしゃり出てくる親がいること(これはごく一部の話)
試合よりもグッズ販売やイベントに精を出す女子格闘家がいること(これは一人しかいない)。

そして一番の理由は、そんな女子格闘家を批判する格闘家、関係者、ファンがいないことだ(呆)。
でも一人だけ自分と同じ考えの格闘家がいた。
その格闘家とは、総合格闘技界の異端児・青木真也選手だ。

3月下旬に放送されたAbemaTVの青木選手の冠番組「AOKI AWARD」で、3・10(土)に行われた「DEEP JEWELS 19」新宿FACE大会について、大批判を展開。
自分の意見を代弁していた。
その時の内容を一部抜粋する。

ジュエルスは全然面白くなかった、可能性はあるけど商品が弱い。
耐えられない、人の目に。
第1試合から全試合、勝利者がマイクアピールで、主催者もマイクを渡す。
マイクを渡しちゃいけない。
第1試合から休憩前までは前菜だし漬物でしょ。
漬物がステーキになろうとしてはいけない。
自分たちの仕事は何なのか?
当たり前のことを当たり前にやるってことが大切という発想がない。



以上。
画像は、10・27(土)「DEEP86」大田区体育館大会のポスター。

DEEP86ポスター

流石は「自身が商品であることを常に意識している」、青木選手ならではの切り口だ。
極めて真っ当な批判であり、青木選手以外の格闘家が何故批判しないのか不思議でならない。
因みに、乱発するマイクアピールのくだらなさについては、昨年当ブログで取り上げている。

学芸会の延長 勝っても負けてもマイク プロレスラー、格闘家のダラダラと長いマイクアピールを聞いてしまうと、試合内容が良くても一気に興ざめ

今の女子格闘技は批評、批判を抑制しているようにみえる。
これっておかしくないか?
何故なら、本来プロスポーツはあらゆる人から批評されて、成長、改善していくものだからだ。
関係者、ファンと馴れ合いが横行すると、試合が良くても悪くても、お客さんが満足しさえすれば格闘家自身がそれでよしとなってしまう。
つまりこの温い環境だと成長を阻害していることになる。
だから、試合のレベルは上がらないし、空気の読めないマイクが増える。
批判できない空気を作っているとしたら、この人気は長く続かない。

そもそも、馴れ合い、傷の舐め合いが横行したプロレス界を断罪してきた二見が、仲良しこよしの女子格闘技を評価できるわけねーだろ。
やっぱり、青木選手だけは違う。
青木選手とは過去に色々とあったが、自分の中での評価は変わらない。
勿論、青木選手のことを高く評価している。

最後に雑談コーナー。

ちょっと前の話になるが、高山善廣の募金活動について違和感を覚えたので問題提起したことがあるが、元々高山の件に限らず、芸能人、著名人、プロスポーツ選手などが行う募金活動は信用していない。
「募金はこちらに振り込んで下さい」と宣伝したり、募金箱を持って募金を呼びかける前に、「ところで、あなたはいくら募金したのか?」という話じゃないか。

まず他人に募金を呼びかけるなら、自身の募金金額を明示するべきだ。
それを行った上で、「賛同して下さる方は募金をお願いします」と訴えるなら話は分かる。
自分は募金しない、でも募金はお願いします、では筋が通らない。
一般人と比べてそれなりの収入がありながら、人のお金を集めて慈善活動を行うヤツなんか信用できるわけがない。

画像はイグ・ノーベル賞の世界展(ギャラリー アーモ)の広告(入館券は売切れ)。
追記 追加入荷
オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

イグノーベル世界展
二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR