FC2ブログ
コンテントヘッダー

再発防止に向けた取り組みをしていなかった?RIZIN24で指定された席を用意していなかった問題 笹原氏は被害者に謝罪をせず、格闘家とラウンドガールと馴れ合い 10・8と言えば

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

三嶋一輝直筆サイン入りヘルメット、スターナイト2015ユニフォーム、メガホンBART&CHAPY、山崎康晃・大和・ロペスカード 18年ビジター応援、クリアファイル、ボールパークポンチョマリンくん、デコレーショントートバッグ

広島東洋カープ19年宮崎春季キャンプ関係者限定キャップ、ロゴ入り練習球 福岡ソフトバンク、広島の消しゴム 北海道日本ハムの選手の妻同士によるいじめはよくある話か?

まず最初に13年前の2007年10月8日と言えば、「T-1グランプリ~レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決~」新宿FACE大会を開催した日。
画像は堀田祐美子のミドルキックを受ける二見。

2007年10月8日T-1グランプリ 堀田のミドルキックを受ける二見(C)T-1

T-1ベスト興行 二見社長対堀田祐美子初対決の非売品DVD付きの課外授業について

前から言っているが、実際に大会をやったから、プロモーター、団体サイドがどれだけ大変なのか分かった。
分かったので今までは、どちらかというと背広組(団体、フロント)寄り、選手に対しては厳しい意見を発信してきた。
そのフロント寄りの自分でさえ、RIZINのフロントには呆れ返っている。

9月27日にさいたまスーパーアリーナで、RIZIN.24が開催されたが、いつものようにズンドコ劇場が繰り広げられた。
ざっとまとめると。

大会前日にクラウドファンディング(以下、クラファン)の迷惑メールが大量に届く。
前回のクラファンのリターンが、未だに届かない人が多数いた。
法人クラファンのリターンに関する質問を無視していた。
自由席の入場待機ゾーンが密になっていた。
指定席を買ったのに、指定された席がない人が続出。
場内の係員の対応が最悪であった。
明らかに上限の5000人以上入れていた(さいたま市の要請により、上限5000人までと決めていた)。
一部にマスクをせず応援している人がいたにも関わらず、運営、係員は注意をしなかった。



この中で一番やってはいけないミスは、指定席を買った人の席がなかった点だ。
これは返金しないといけないくらい酷い話になるので、さらに指定席購入者に対して指定された席がなかった問題についてまとめる。
なお、あくまでも被害者側の言い分をまとめたもの。

席がなかった席種は、SRS指定席 ラムダ 3万円。
ダブルブッキングではなく、席そのものがなかった(一部ではダブルブッキングという話も出ていた)。
係員の対応がたらい回し状態で最悪。
係員に関しては、RIZINスタッフではなく外部委託の可能性がある。
座席が決まらない間は、立ち見または空いている席に座っているという状況が長く続いた。
振替された席が、元々指定された列より後ろの列に回された。
榊原信行代表の謝罪は、試合後の取材のインタビューのみ。
腰巾着Show大谷は、「最近の榊原さんは頭下げてばかり」と意味不明な擁護。
RIZIN広報部長(実質ナンバー2)の笹原圭一氏は、被害にあっていないファンからの指摘にはツイッター上で謝罪をするも、実際に被害にあったファンからのリプライや質問には無視していた。
さらに笹原氏は、格闘家の川名雄生やラウンドガールへの馴れ合いのツイートを続けており、反省している様子はなかった。



チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

画像は、2007年10月8日「T-1グランプリ~レスラー二見社長が堀田祐美子と初対決~」新宿FACEのDVD。

07・10・8 T-1グランプリ(C)T-1

ここからは席がなかった問題について検証。
まとめの中で、情状酌量の余地があると思う点は、外部委託の可能性が高い係員の態度が悪かったくらいだろう。
通常通り外部委託がシミズオクトだとすれば、シミズオクトにも責任は問われるが、これにしたってRIZINがきちんと指示していなかったからであって、管理能力がないからこのような問題が起こる。

何で席がなかったというあり得ないことが起こったのか?
さいたまスーパーアリーナはスタジアムモード、アリーナモードと、収容人数を変えられるので、その辺が関係あるのではないか?
例えば、座席数の少ないBパターンで開催するのに、座席数の多いAパターンでチケットを売ってしまったため、席を用意できないという事態を生んでしまった。
これは確認を取っていないので、憶測の話になる。

確かに人間がやる以上、ミスはある。
問題なのは、RIZINは30回近く大会を開催しておいて、以前からこの手のミスが多かった点だ。
再発防止に向けた取り組みをしていたとは、到底思えない。
取り組みをしていなかったから、同じようなミスを繰り返していたのではないか?
今年2月に行われた浜松大会でも、同じような座席の問題があったと指摘されていたし、会社の体質が問われる。

体質が問われる中、RIZINの笹原氏は、席のトラブルの被害にあった方々へのフォローもせず、川名雄生やラウンドガールのどうでもいいようなツイートには返信したり、リツイートしているのに、席がなかった件について被害にあった人達の質問には無視し続けていた。


ここ最近ずっと言い続けているが、クラファンを始めてから今まで以上に対応がおかしくなってきた。
過去に不手際があってもスタッフの人手が少ないし、大変なのを分かっていたので大目にみていた。
だが、最近は話にならないくらいの酷さだ(呆)。

RIZIN.24でのSRS指定席の席がなかった件の一番の問題は、この期に及んで被害者に謝罪の一つもしないことだ。
形だけの囲み取材で謝罪しても、誠意がない。
実際に、被害者の方々はそれでは納得できないから、榊原代表や笹原氏にツイッター上で質問しているわけで、ずっと無視しているってことは、ファンを舐めている証拠。
本性を現したってことか。


大体、ファンの方々がどれだけ楽しみにしてチケットを買ったと思っているんだ(怒)。
人の気持ちを踏みにじっておいて、謝罪しないわ、無視して川名やラウンドガールと馴れ合い。
ふざけるのもいい加減にしろ!

何が格闘技を通じで夢を与えたいだ(怒)。
一人のファンの悲痛な訴えに対して無視して、まともな対応ができないなら大会なんか辞めてしまえ。

一連の笹原氏の態度を見ても団体としての在り方がよく分かった。
100%主催者サイドに非があるのに、繰り返しになるが被害者に謝らないというのが信じられない。
他のスポーツ、いやあらゆる大会で、RIZINみたいな態度を取るところなんかどこもない。

言ってみれば笹原氏の職務怠慢だ。
被害者からのリプライと引用ツイートに対して無視しないで、ちゃんと対応すればここまで大事にならなかった。
自分が直接謝罪と言っているのは、ツイッター上でリプライを送るという意味だ。
直接会えと言っているわけではない。
百歩譲ってツイッター上でやり取りできないというのであれば、「今事務所にいますので、事務局にご連絡ください」、と返信すればいい話だろ。
それを無視して、あの馴れ合いはあり得ない(怒)。

それと自由席の待機ゾーンで、密を作った点も話にならない。
そもそも、この時期に自由席の設定があること自体がおかしいだろ。
プロ野球の広島や千葉ロッテなどは昨シーズンまでは自由席の設定があった球団は、開場前に並ぶ際、列を作ることで密を作りやすいため、今シーズンは全ての球団が自由席を無くし全席指定化に変更。
RIZINのスタッフは、クラファン以降ただカネくれ、くれ、と頭の中はそればかりで、他の興行のリサーチをやっていない。

違法動画に断固とした姿勢を取るとか言っておきながら、自分達のミスには甘い。
もう大会をやる資格がないと言っていいだろう。

そんなことをツイッターに書き続けていたら、フォロワーの方から、「RIZINは何らかの見解を示すべきだし、返金するべきだ。でも被害者は直接電話すればいい」という指摘があった。
確かに一理あるが、電話に関しては違う考えだ。
何故なら電話したところで、まず榊原氏や笹原氏は電話に出ることはない。
また、電話に出た社員が彼らに繋ぐことはないし、下の社員が上面だけで謝罪して終わりになる。
メールしても同様だ。
それなら形として残る、SNSを使うのは有効と言える。

RIZINという会社はそんな簡単なところではない。
実際、自分は何度もチケット関係の問い合わせで事務局に連絡をしたことがある。
かけても、事務的で融通は利かないし、上にも報告していない。
だから、笹原氏に直接連絡することになり、そこでやっと解決。
最初に笹原氏に連絡しないのは、笹原氏はチケットの担当ではないからだ。

自分は笹原氏とは「PRIDE」からの長い付き合いなので、こうやって直接連絡できたりできるが、一般の人だとそこまで辿りつかないので、電話はお勧めできない。

結局、RIZINという組織はこういうところなので、これからはそう思って接するしかない。
このような仕打ちを受けたくないのであれば、現地で観戦しないという選択もありだし、決めるのはお客さんなので。

それから店頭でお客さんから、「二見さん以外の関係者は、誰もRIZINを批判しないですね」という質問があった。
関係者が批判しないのは当然だ。
何故なら格闘技界は村社会なのと、RIZINを批判することで仕事が無くなった場合困る連中ばかりなので、指定された席がなかった問題について、関係者一同誰一人として批判できない。
自分は仮にRIZINと付き合いが終わっても、困らないので批判できる。

それにしても、格闘家や格闘技関係者は偉そうに言っていても、大きい組織には何も言わない。
つまりいじめを見て見ぬふりをするのと一緒で、同罪だし、偽善者。
困っている人がいても、助けない。
どんだけ腐っているのか。

画像は、2019年10月17日「新日本プロレス」後楽園ホール。

新日本プロレス19年10月17日1

最後に雑談コーナー。

YouTube無料配信中のスカイライダーだが、31話から歴代ライダーが続々登場。
先陣は仮面ライダーXこと神敬介。
31話、32話はXライダーの神敬介客演の前編、後編。

仮面ライダー(新)(スカイライダー) 第31話 「走れXライダー!筑波洋よ死ぬな!!」
仮面ライダー(新)(スカイライダー) 第32話 「ありがとう神敬介!とどめは俺にまかせろ!!」



やはり素顔の先輩ライダーが出ると高揚感が高まる。
因みに速水亮と村上弘明の共演って、スカイライダーが最初で最後か?

画像は、10・31(土)「DEEP JEWELS30」ニューピアホール。
チケットは全て売切れ。

DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ前澤青野

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

T-1よりお知らせ
当面の間 平日:13時30分~19時まで 土日祝:13時~18時30分まで 月曜日:休み
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

RIZIN、榊原代表、長南亮、北野、KINGレイナをブッタ斬る 文句ばかり言う関係者、スポンサー、親に問題が PRIDEGPチャンピオンベルトストラップ、Kamipro 09年12月号、蔵之介クリアファイル

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

田中賢介 FINAL オリジナルTシャツ、オリジナルタオル 2019年現役引退関連プロジェクト 北海道日本ハムが札幌ドームに移転後、東京ドームで試合がないのは初

株主優待券は専用席1試合50席用意も焼け石に水か FC内野指定席引換券は無効→代替用意 埼玉西武ライオンズ19年宮崎春季キャンプ関係者限定キャップ、卓上カレンダー&DVD&コースター

先に、PRIDEGP チャンピオンベルトストラップ、Kamipro Special 2009年12月号、佐々木蔵之介 クリアファイルを紹介し、その後にRIZIN、榊原信行代表、長南亮、北野雄司、KINGレイナ、文句ばかり言う関係者、スポンサー、親をブッタ斬る。

PRIDEGP チャンピオンベルトストラップ  1000円

チャンピオンベルトストラップは、何年に販売された商品か不明。
PRIDEはナンバーシリーズ以外で、2000年1月に「PRIDE GRANDPRIX」を開催。
2006年までグランプリシリーズが続いていたので、2000年~06年の間に販売されていた商品と思われる。
なお、販売元はドリームステージエンターテイメント。

PRIDEベルトストラップ

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

Kamipro Special 2009年12月号  880円→100円※追記 売切れ

Kamipro Special 主な内容
表紙 桜庭和志
2009・10・24 UFC104、10・25 DREAM.12、10・26 K-1 MAX 徹底詳報。
主なインタビュー 青木真也、エディ・アルバレス、柴田勝頼、横田一則、笹原圭一 DREAMイベントプロデューサー。
10・24 女子格闘技ヴァルキリー03 カラー2ページ掲載。

Kamipro桜庭表紙

格闘技、プロレスグッズの売切れ情報。
K-1ミニフィギュア ピーター・アーツ、マイク・ベルナルド、レイ・セフォーは完売したので、この記事で紹介したグッズは全て売切れ。

リアルジャパン パンフ、逆説のプロレス 新日本黄金時代徹底検証、K-1ミニフィギュア ピーター・アーツ、マイク・ベルナルド

週プロ増刊 93年3月23日 藤波&長州対天龍&石川は完売したので、この記事で紹介したグッズは全て売切れ。

週プロ、ゴング増刊 95年10月11日 新日本プロレス対UWFインター全面対抗戦 安生&垣原対長州&永田、93年3月23日 藤波&長州対天龍&石川、95年4月2日 夢の懸け橋

佐々木蔵之介 日本電産 クリアファイル  売切れ

クリアファイルは、2017年5月10日巨人対阪神戦(東京ドーム)で、日本電産DAYを開催。
試合当日は佐々木蔵之介が始球式を務め、来場者先着2万名にプレゼントしたもの。

佐々木蔵之介クリアファイル

以上、グッズの紹介は終わり。
ここからは総合格闘技界をブッタ斬る。

まず9月10日に渋谷O-EASTで「ROAD to ONE 3rd」が行われたが、大会の1週間前の時点でチケットがまだ売っていないどころか、どこで買えるかも分からなかった。
大会の責任者は、毎度おなじみAbema TVの北野雄司。

この件に関しては批判が集中すると、北野と長南亮の取り巻きが、スタッフが少人数制だからと見苦しい言い訳をツイートしていた。
そんなものはチケット販売が遅れる理由にならないし、全く関係ない。
少人数制というのは、どこの団体も一緒だ。
「T-1興行」をやった時は、本業の金券ショップの仕事をやりながら全部一人でやった。

大会6日前にやっとチケットを売り出したが、あのメンバーでVVIP席3万円、VIP席2万円と高額な設定であった。
もうこれはファンを舐めているとしか思えない。
もっとも安くても、高くしても、取り巻き、ジム関係者しか観に来ないので、少ない人数からカネを取れるだけ取ろうという魂胆か。

その後長南が偉そうに、「ROAD to ONE 3rd」のチケットが一般発売してから10分足らずで完売したと煽っておいて、追加販売してから売れているようには見えず、映像で見る限り、お客さんが入っている様子がなかった。
本当に売れているのであれば、追加分も完売しないとおかしい。
大会の6日前に発売開始、高額な料金設定、ホント南北カメレオンコンビは無能だ。

そもそも北野なんてK-1の中村と一緒。
要するに、身銭を切って興行を打っているわけではない。
だから凄いと思ったことは一度もない。
「ROAD to ONE 3rd」にしても、明らかに赤字だと思うが、赤字を補填した人が凄いのであって、北野はただの雇われ店長。
身銭を切らないから必死さが感じられない。

そんなことをツイッターで北野を批判したら、「オマエに興行打てるのか、できないくせに文句言うな」と喧嘩を売ってきたアホがいた。
19回プロレスの主催興行をやっているって、何百回と書いているだろうが(怒)。
プロレスと格闘技、ジャンルこそ違うが、興行には変わりない。
イチイチ絡んでくるな(怒)。

話を戻して、北野は未だに「テルミ、テルミ」とツイートしているが、彼此2年以上書き続けていないか?
ホント進歩のないヤツだ(呆)。
というか、これは面白いと思って書いているのか?
それともバカにしているつもりで書いているのか?
どっちにしろテレビ局の人間が書くことではない。

そもそも青木真也が飼い殺し状態になったのは、年末にアレがやらかして正月早々に某CEOに呼び出しをくらったことが原因だ(正確には日本支部の事務所)。
そのことは1月にツイートした。
言ってみればアレが無能過ぎるので、早いところ決別したほうが青木自身のため。
契約がどうだとか言っている場合ではない。

次にこちらもおなじみの長南亮。
長南は昨年から入退院を繰り返しており、手術の失敗とか言って医者に責任転嫁しているが、この人頭大丈夫なのか?
病院側もこんなことをツイッターに書かれたら、いい気しないだろう。
しかも不摂生な生活を棚に挙げて、ミット持ちが良くないと見苦しい言い訳。
この人、何でもかんでも人のせい。

南北カメレオンコンビは、RIZINに対して物凄いコンプレックスがある。
なので、度々ヒステリックに騒ぐわけだが、今度は雑誌にまで文句を言い始めた。
北はコング格闘技の表紙にケチをつけ、南は偏向報道と言いがかり。
だったらMMA PLANETの高島氏なんか、偏向報道しまくりじゃないか。
こいつらホント身内に甘い。

叩けば埃が出まくる総合格闘技界。
RIZINだって、調べれば問題は沢山あるだろう。
でも、南北カメレオンコンビだって同じ。
というか、オマエらの方がヤバい話、山ほどあるんじゃねーのか?
そんな状態で、足の引っ張りをしてもしょうがない。

こちらも常連メンバーのKINGレイナ。
キングはエゴサーチしてはアンチのツイートに絡んでいるが、相変わらず学習能力ゼロ。
何やっても叩かれていると本気で言っているのであれば、救いようがない。
キング自身が体重を落とさないから相手がいないだけで、フライ級まで落とせばいくらでも相手はいる。
男優の相手でもやっていればいい。

これは何度も書いてきたが、キングは「腹がブヨブヨ、太っている、練習していない」とツイートされると、喧嘩腰で絡んできて、最終的にはブロックする。
しかし、「仮想通貨、怪しいスポンサー、無●正動画、A〇出演」に関するツイートには、絶対に絡んでこない。
よって、どんどんその手のツイートをよろしく(笑)。

結局、長南亮、アベマの北野、KINGレイナは、余計なことをばかり書いたりして敵を増やしていった。
自滅したというか、言ってみれば自業自得。
今後も失言を繰り返して、どんどんアンチを増やしてくれ。

次はRIZINと榊原信行代表だ。

RIZINのクラウドファンディング(以下・クラファン)は最初の目標額が5千万円であったが、PPV効果もあり7千万円と達成したにも関わらず、その後も支援のお願いを続けていた。
一体いつまで続けるつもりなんだろうか?
しかもしれっと、目標額を1億円に変更。
厚顔無恥にもほどがある。

売上が、損害だと言っても、RIZINに限らず、大会、興行を開催している全ての団体、プロモーターだって同じだろ。
RIZINだけがという話じゃない。
確かにスタートした時は、観客動員に関しては大苦戦し、招待券をばら撒いて何とか埋めていた。
でも堀口対天心のRIZIN13以降、招待券を撒かなくても実券で売れるようになった。
昨年の大晦日は過去最大の入りを記録。
なので、蓄えくらいなかったのかって話だ。
甘えるな。

RIZINに怒りや呆れた声が日に日に増えてきたのは、運営と榊原代表に問題があるからだ。
例のチャリティー問題にしても一部の選手は謝罪したのに、現時点で榊原代表は謝罪のひとつもない。
クラファンに関しても、ただカネくれ、くれと言うばかりで、金額に見合ったカード提供をしていない。
呆れ返って当然じゃないのか。

ただ全部が全部、RIZINや榊原代表が悪いわけではない。
格闘技の場合、選手、関係者、ジム関係、スポンサー、しゃしゃり出てくる親が、好き勝手に団体、運営、プロモーターを批判したり、裏側(暴露)の話をしたりする。
でもプロモーターは、例え格闘家が悪くても公表することはほとんどない。
こういう点から見ても、貧乏くじを引くのはプロモーター、運営。

RIZINを始め、総合格闘技界の代表、スタッフは、選手、関係者、ジム、スポンサー、親に文句ばかり言われて、よく表に出さずに仕事を続けている。
しかも給与は良いと思えないし、ほとんど休みなしで働き、毎日残業だらけ。
これほど割の合わない仕事はない。
ホント感心するが、同情はしない。

8月のRIZIN22、23の前に会見かインタビューか忘れたが、榊原代表は「国内の選手だけで、女子の試合を組むのは難しい」と発言。
あの時に、はっきりとゴネた女子格闘家の名前を出せば良かった。
確か浜崎朱加も「言いたいことは山ほどある」とツイートしていた記憶があるが、ホント善人面したあの女子格闘家がムカつく。

そういえば、朝倉未来がファイトマネー云々を主張したことで、叩かれていた。
しかし、ファイトマネー次第というのは、プロとして当然の主張と言える。
当然ではあるが、ツイートを削除したり、減量がどうだとか、1ヶ月を切って試合が決まらないと言い出したのは、見苦しいの一言。
それよりも一番の問題なのは、そんな未来に舐められているRIZIN事務局と榊原代表だってことだ。

榊原代表は格闘技界では数少ないカリスマ性のあるプロモーターであったが、求心力が低下した。
やはり、クラファンでカネがないと泣き言を言ったのは不味かった。
「朝倉未来は勘違いしている」という意見が多いようだが、未来に限らず勘違いした格闘家は多いので、特に驚く話ではない。
特に女子は。

画像は2019年10月17日 新日本プロレス 後楽園ホール大会。

新日本プロレス19年10月17日4

最後に雑談コーナー。

少し前の話になるが、北岡悟が今頃になって、「興行をやり続ける人達は凄いことが分かったので、これからは安易に文句を言わないようにする」とツイートしていた。
これは北岡自身が無観客興行を主催したから、その苦しみが分かったわけだが、まだ理解できただけでもマシか。
何しろ南北カメレオンコンビなんか、興行に携わっておきながら、未だに文句ばっか。
しかも関わっていない団体を攻撃するからな。

3年以上前から「富松恵美を出してほしい」とRIZINのカード編成に関わっている人達に主張し続けてきたので、「RIZIN.24」の初参戦に関しては個人的には嬉しい出来事であった。
富松さんは苦労人なので、尚更。
ただ個人的には好きな選手あっても、RENAに勝てるかと言えば厳しいと事前に予想したが、善戦はしたものの、RENAの判定勝ち。

格闘家は、男女問わずアホばっかだ。
MMAに限らずキック、柔術関係もヤバいヤツばかりだし、ホント関わりたくない。
ある女子キックボクサーがアンチに絡まれ、引用ツイートで晒し、手下に攻撃させている時点で、絡んでくるアンチと同じ穴の狢。
朱に交われば赤くなるってこと。

青木真也が、KINGレイナに嫌われているようだ。
青木の場合は、キングに限らず8割以上の女子格闘家に嫌われている印象がある。
でもそれって才能なので、これからも青木らしく、嫌みも込めてRIZIN、格闘技界、女子格闘技界、女子格闘家、KINGレイナをブッタ斬ってもらいたい。

一部のRIZINファンが、ONEとの契約が終了したらRIZINに移籍する格闘家が増える、とツイッターで話題になっていたが、そういう簡単な話ではないと思うが。
だって、契約が終わるのは1年とか2年後の話だろ?
2021年、2022年の時点で、RIZINは存続しているのかってなるので、移籍するとかの以前の話。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

T-1よりお知らせ
当面の間 平日:13時30分~19時まで 土日祝:13時~18時30分まで 月曜日:休み
10月は予定通り全て月曜日が休み
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「RIZIN」の迷走、ズンドコ劇場 クラファン、電子チケットのみと公言→紙チケットの招待券をばら撒き、責任逃れのチャリティー問題 青木真也を叩いた関係者、ファンこそ偽善者

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

読売ジャイアンツタオル特集 2019年アランチョ・ネロ・ビアンコ シーズンシート特典19年・18年・17年 18年9月・16年7月特製応援

9月以降も5000人上限 事前にZOZOマリンまで行って引換えないと難しい 千葉ロッテ一部指定席引換券(平日・一部休日試合可能)は全試合、平日限定は平日全試合に変更 特定日除く

3月下旬に世話になっている団体の中で、プロレスは4つ、格闘技は2つがヤバい(世話になっていない団体は多数)と書いたが、色々と動きがあった。
まずプロレス団体から。
1つ目は5月2日に「大日本プロレス」が、クラウドファンディング(以下、クラファン)を開始。
2つ目は、例の休業補償の要望を出した7団体の中の一つ(ここは敢えて団体名を伏せるが、7団体の中で、T-1が世話になっている団体は限られる)。
3つ目は、6月29日東京スポーツに「ゼロワンが存続の危機」と報道され、結果新体制に移行となった。
残り1つの団体だけは、依然として動きなし。

一方格闘技界では、1つは動きがない、もう一つはアクションがあった。
7月7日に「RIZIN」が活動継続のクラファンを開始した。
というわけで、迷走しまくっている「RIZIN」について取り上げる。

画像は「RIZIN」のTシャツを2枚、「大日本プロレス」のポスターを1枚、木下大サーカスを1枚、東京ドームシティの黄色いビルのちらしを1枚、計5枚アップ。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

RIZINTシャツ1

「RIZIN」のクラファンに関しては批判が多かった。
それも当然だ。
流石にあのとんでもないリターンでは、批判されても仕方がない。
もっと金額の低いのを充実すれば良いものを、目先のカネ欲しさに、100万円、300万円、500万円、1000万円、2000万円と意味不明な設定。
あまりにもくだらな過ぎてリターンの詳細は書かないが、高額に設定した内容をみると、もう感覚がズレまくっている。
特にズレまくったリターンには、一人も支援した人がいなかった。

余談だが、「2000万円でRIZINのレプリカベルトか、一軒家を購入するか」というツイートが流れてきたが、これはツボにハマった。
今の時代、2000万円あれば、都内で家が購入できるのか?
それなら買いたい。
億単位じゃないと買えないと思っていた(笑)。

話を戻して、ファンから怒りの声が殺到すると、評判の悪いリターンを削除するわ、リターンの内容を変えまくるわ、ファンから言われなかったら何も決められないのか(呆)。
はっきり言って、最初に決めたあのお粗末なリターンは誰が考えたのか、榊原信之代表と、ナンバー2の笹原圭一さんに聞きたいくらい。
この二人にはがっかりした。

それと、腰巾着のShow大谷が擁護記事を書いたことで、更なる批判を寄せられる結果となった。
この記事には、寄付だの無償だの、勝手に押し付けていたが、記事の時点で目標の金額に達していないのを(結果達成)、ファンに責任転嫁するなって話だ。
最近の榊原代表のブレーンは、大谷みたいな腰巾着でイエスマンばかり固めている印象。

批判するのはファンで、「RIZIN」に参戦している格闘家からは批判はなかった。
他の格闘家たちは媚を売ることしかできない中、あの男だけは違った。

「バカサバイバー青木真也がRIZIN活動継続クラファンに怒り爆発!!」と、記事の聞き手が腰巾着大谷なのはアレだが、青木と同じ考え。
青木はこういう時にでも、自分の主張を発信できる点は流石だ。

私見になるが、「RIZIN」のファンや格闘技ファンが、リターンについて批判するのは問題ない。
しかし、どんなに「ONE」がやらかしても「ONE」を批判しないくせに、「RIZIN」が少しでもやらかしたら揚げ足を取るように批判する、南北カメレオンコンビの陰に隠れている自称関係者は批判する資格などない。

個人的にはリターンに、「北岡悟永久追放&青木真也参戦」があったら面白かった(勿論、こんなのは無理に決まっているが)。
10万円で500人集まれば、5000万円と目標額に達することができた。
リターンは青木出場の大会で、青木応援シートのチケット(グッズ付き)。
不愉快な北岡を見ずに、青木を「RIZIN」で見れるなら10万円は安いと感じる。

RIZINTシャツ2

「RIZIN」のズンドコ劇場はクラファンだけじゃなかった。
開催1週間前の8月3日、某金券ショップで、8・9「RIZIN.22」、8・10「RIZIN.23」横浜大会の2階S自由席25000円が、何と約85%割引の3800円で束になって売られていた。
しかも、束にあった店は少なくとも2店舗で確認できた。

興行には招待券は付き物だし、招待券を出す、出さないは主催者である「RIZIN」が決めること。
また、スポンサーとの兼ね合いもあるので仕方ない面もある。
だが、今大会は新型コロナウイルス感染対策の一環で、電子チケットのみとなると公言しておいて、想定していたよりチケットが売れず、紙チケットの招待券をばら撒いた。
観戦したファンからは、相当な枚数をばら撒いていた、と報告があった。
これは、ファンをバカにしていると言っていいだろう。

補足の意味で説明すると、「RIZIN.22」、「RIZIN.23」に関しては、前売チケット発売前に「RIZIN事務局」から、「今大会は電子チケットのみになるので、T-1にはチケットを卸すことができません。紙チケットを発売する際には、販売してもらいたいので、その時はよろしくお願いします。」と連絡があった。
だから、今回紙のチケットの招待券をばら撒いた件に関しては、怒る理由がある。

今後の「RIZIN」との付き合いもあるので、T-1に招待券の持ち込みがあった際、買い取りを断ったが、T-1が断ったところで他で出回る。
実際、他の金券ショップに持ち込まれた。
気を使ったのがアホらしくなってきた。

招待のチケットはイープラスが印刷したもので、券面には赤印で転売禁止と大きく明記されていたが、転売どうこう言う前に招待券をばら撒かなければいいだけの話だろ。
一連のクラファンといい、「RIZIN」には不信感しかない。

そういえばツイッターで、「RIZIN」の招待券はどこで売っているかと質問があったが、店に来て何か買ったお客さんになら教えるが、誰か分からない人に教えるほどお人好しではない。
もっとも自分が行く金券ショップは、ある程度決まった場所。
横浜には行かないので、当然都内の店舗となる。

大日本プロレス2020年8月10日

「RIZIN」のズンドコ劇場はまだ続く。
例のチャリティーの問題だ。
ここでも主張したのは青木真也だった。

青木の「RIZIN大好きに騙され、乗っかっていた選手達は恥ずかしい」という発言は、究極の正論だ。
実に青木らしい発言と言える。
ところが青木の発言に対して、批判した関係者、ファンが多かった。
青木のこの発言に対して、恥ずかしいと批判する格闘技関係者、ファンこそ偽善者ではないのか?
はっきり言って、他人に良い人と思われたいだけ。

大体、「格闘家として恥ずかしい」と言ったアホな関係者がいたが、意味が分からない。
青木は真っ当なことを指摘しただけだ。

青木を批判している人達の特徴として、ただ単に青木が嫌いだから、「RIZIN」が好きだから、叩いているヤツが多い。
仮に青木が正しいことを発信しても、「性格が悪い、ダサい漢になるな、口を挟むな」と、一連の問題点とかけ離れた話しばかりで全否定する。
叩くべき相手は、騙し続けたRDと、身辺調査を怠った「RIZIN事務局」だろ(怒)。

私見になるが、「RIZIN事務局」の責任は重大だ。
ロクに調べもせず、一般人を特別扱いしたからこんなことが起こる。
しかもツイッターではチャリティーの問題を触れたが、オフィシャルサイトには載せていないし、榊原代表と笹原さんはこの問題について謝罪のひとつもない。
責任逃れをしているとしか思えない。
一企業としてあり得ないが、「RIZIN」は企業ではない。

この際、企業だ、企業ではないというのは関係ない話で、実績のある「RIZIN」だからこそ多くの方々が協力した。
だから、半分詐欺行為に加担させた責任は大きい。
青木が言っていることは、内心ほとんどの人が思っていること。
でもそのことを書けないのは、支持されない可能性が高いから。
そんなヤツらが青木を批判する資格などない。

それとファンの方もこれ以上追及すると、「RIZIN」は潰れるんじゃないか、という不安があるように見える。
「RIZIN」はもう解散しても良いレベル。
仮にプロ野球やJリーグで同じ問題が起こったら、社会的に大問題に発展していた。
皮肉にもマイナーな格闘技だから、メディア、マスコミに取り上げれなかった。

そして、改めてターザン山本!氏と、青木真也は凄い。
二人とも良くも悪くも、自分にないものを持っている。
ただ青木に関しては、女運がない。
女性を見る目がないと言ってもいいかもしれない。

黄色いビルちらし

最後に雑談コーナー。

プロレス界のバカ社長(666のクレイジーSKB)は、リング上では狂っているが、実は切れ者で頭が良い。
対して格闘技界のバカ社長は(頻繁に青木真也の悪口を書く人)、キャラではなくリアルで頭が悪かったようだ。
これだから金持ちのボンボンは困る。

「RIZIN」の榊原信行代表が会見で、ある格闘家に「積み上げろ」という何もおかしくない発言に、部外者にも関わらずツイッターで批判していたあるジムの関係者がいた。
でもこの関係者は、嫁で40になる叔母さんの「抱きたい男、出てこいや!」という品のかけらも感じられない発言にはダンマリ。
ホント格闘技界って凄いなー。
勿論、嫌味だ。

中井りんは自分達(達というのがポイント)のことを棚に挙げておいて、被害者面するからタチが悪い。
でも格闘技界は、南北カメレオンコンビを始め、こんなヤツばっか。
KINGレイナや平田樹ばかり叩かれているが、中井りん、いや中井りんの後ろに隠れている何ちゃら館長こそ、実は一番叩かれないといけない。

木下サーカスチケット

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット

T-1よりお知らせ
当面の間 平日:13時30分~19時まで 土日祝:13時~18時30分まで 月曜日:休み
9月の営業日・休み変則⇒9/18(金)24(木)28(月)休み 9/14(月)21(月)営業
このページのトップへ
コンテントヘッダー

大晦日9時 平成最後のやれんのか! 15時 RIZIN14 メイウェザー対那須川天心 水道橋のT-1チケット情報 開いた口が塞がらない、長南亮の言動

本題の前に、悪球打ち野球ブログ(はてなブログ)の記事を2つ紹介。

オリックスビジターチケット メットライフドームでの西武戦は完売した場合でも立見に引換え可能 問題は西武球団にあるのに「浅村は裏切った」「楽天が悪い」と責任転嫁する限り、この先どんどん流失する

読売巨人(東京ドーム)ネット裏のスターシート、オーロラシートはスペシャルデザインチケット ビームシート、オレンジシート、スカイシートはデザインチケット タオル引換券付 スターシートは先行入場可能

RIZIN14ちらし

12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで行われる「RIZIN 平成最後のやれんのか!」と「RIZIN.14」について更新。

水道橋のチケット&トラベルT-1で発売中。
やれんのか!は、アリーナ席売切れ、200レベル追加入荷。
RIZIN14は、SRS席、S席、A席売切れ、アウトレット席追加入荷。

なお、RIZIN事務局からの委託販売分は終了、買取り分が入荷したので定価より安く販売。

12・31(月)9時 RIZIN平成最後のやれんのか!  さいたまスーパーアリーナ
全席指定 アリーナ 北東2列  5000円※売切れ
全席指定 アリーナ 西7列  5000円※売切れ
全席指定 200レベル 1列  5000円→4000円

RIZIN平成最後のやれんのか ポスター

12・31(月)15時 RIZIN.14  さいたまスーパーアリーナ
SRS席 アリーナ 12列、ラムダ B・C列  25000円※売切れ
S席 200レベル 18・19列  15000円※売切れ
A席 400レベル 9・10列  7000円※売切れ
アウトレット席 400レベル 3列  6000円→5000円
アウトレット席 400レベル 5列  6000円→5000円

アウトレット席について。
ステージの後ろ側に位置する席、選手入場やステージ、ビジョン等は見えず、音は聞こえにくいが、リングは概ね見える、とのこと。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

チケット&トラベルT-1ツイッター

二見社長ツイッター

RIZIN14 ポスター

RIZIN 平成最後のやれんのか! 主な対戦カード
12・31(月)開場8時 開始9時(12時終了予定)
RIZIN MMAルール 5分3R(70.0kg)※肘あり 川尻達也 vs 北岡悟
RIZIN MMAルール 5分3R(68.0kg)※肘あり リオン武 vs 朝倉未来
RIZIN MMAルール 5分3R(61.0kg)※肘あり ムン・ジェフン vs 朝倉海
RIZIN 女子MMAルール 5分3R(57.5kg)※肘あり 渡辺華奈 vs 杉山しずか

RIZIN.14 主な対戦カード
12・31(月)開場13時 開始15時(24時30分ごろ終了予定)
スペシャルチャレンジバウト  フロイド・メイウェザー・ジュニア(プロボクシング元WBC世界スーパーウェルター・ウェルター・スーパーライト・ライト・スーパーフェザー級者、元IBF世界ウェルター級王者、元WBA世界スーパーウェルター・ウェルター級王者) vs 那須川天心(RIZIN KICKワンナイトトーナメント(57kg)2017優勝、RISE世界フェザー級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者)
RIZINバンタム級タイトルマッチ  堀口恭司 vs ダリオン・コールドウェル
RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ  浅倉カンナ vs 浜崎朱加
宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ  宮田和幸vs山本アーセン

先着2万名に大会記念Tシャツをプレゼント。
配布期間
「RIZIN 平成最後のやれんのか!」開場8時~大会終了まで
「RIZIN.14」開場13時~配布終了まで
なお、「平成最後のやれんのか!」で予定枚数に達し次第、配布は終了となる。

画像はRIZIN.13のポスター。
RIZIN13 さいたま

最後に雑談コーナー。

少し前の話になるが、12月上旬に自分が元格闘家の長南亮を断罪したことが格闘家、格闘技関係者、格闘技ファンの間で話題になった。
以下、その時のツイート。

長南亮が毎度毎度ギャーギャー騒いでいるが、そんなに文句があるなら直接言えばいいじゃないか?
直接言えないのであれば、相手のどこが悪いのか建設的に述べればいいものを、デブだ、ドラえもんだ、ホラ吹きだ、と感情的に騒いでいるだけで、ただのバカとしか思えない。
自分の立場を分かっていない。

そんなに嫌なら、駄目な点を書いて関係を断てばいいだけの話。
長南亮はTRIBE TOKYOのプロモーターだしジムの代表という立場だ。
その立場のある人が、1年以上ツイッターでネチネチとやれデブだ、何だのと悪口を書いて一体何の意味があるんだ。
恥ずかしい話。
長南はKINGレイナ以上に自分勝手な人間だ。

長南亮がオレのツイートを無断でスクリーンショットで晒した上に、「こいつ面白い。デブなんて言ってねぇし」と意味不明なツイートをしていたが、反論できないから茶化すことしかできないんだろう。
自信のない証拠。
ジム経営をしているからもう少し頭が良い人かと思っていたが、本当にバカだったようだ。


以上。

開いた口が塞がらないとはこのこと。
ツイッターにも書いたが、長南はジムを経営しているし、プロモーターでもある。
その立場のある人間が、1年以上「ある格闘技団体の代表」の誹謗中傷を書き続けている。
異常としか言いようがない。

長南が反論してきたら受けて立つつもりだったが、スクリーンショットで晒されて茶化されたので関わるつもりはない。
それにしても、一体何時までもこんなくだらないことを続けるつもりなのか(怒)。
ホント情けない話だ。

画像は12・27(木)CPEキャットファイト 新木場1st RING大会のポスター(チケットは売切れ)。

オフィシャルブログ「言葉はいらねえだろ」最後の更新!プロ野球シーズン終了後、FC2ブログの極上のT-1二見激情見参と統合 T-1が正しかったことを証明したあの記事を紹介

CPE18年12月27日ポスター

二見社長フェイスブック

T-1激情&チケット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

12・29(木)31(土)「RIZIN」さいたまスーパーアリーナ チケットT-1情報 ミルコ対モー、バルト対高阪、中井対村田、川尻対クロン、所対アーセン、マッハ対坂田

12・23(祝)水道橋「UGP・4階会議室」で、「ガチトークフタミ塾59 二見社長×ターザン山本!~技の品評会&予定調和のプロレス、ギャンブル依存撲滅~」を開催。

二見社長「参加者はターザン山本!氏の駄目っぷりを反面教師にして学べ」12・23(祝)ガチトークフタミ塾59 技の品評会&予定調和のプロレス、ギャンブル依存撲滅

技の品評会&予定調和のプロレス、ギャンブル依存撲滅 12・23(祝)二見社長×ターザン山本!「最近のプロレスはレスリングの要素がほとんど無くなった」

12月29日(木)31(土)にさいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016」について更新。

RIZINのチケットを水道橋の「チケット&トラベルT-1」で発売中。
以下、現在の在庫状況。

RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016  さいたまスーパーアリーナ
12・29(木)15:00  無差別級トーナメント 2nd ROUND
SRS席  ラムダ 236扉G列   20000円
S席  200レベル 214扉16列、17列  10000円
A席  200レベル 212扉2列、3列  5000円※売切れ
A席  200レベル 212扉11列、12列、13列  5000円
A席  200レベル 212扉14列、16列、17列  5000円

12・31(土)15:00  無差別級トーナメント FINAL ROUND
SRS席  ラムダ 236扉G列、238扉H列   20000円※G列残1枚
S席  200レベル 214扉16列、17列  10000円※16列残4連
A席  200レベル 212扉2列、3列  5000円※売切れ
A席  200レベル 212扉11列、12列、13列  5000円
A席  200レベル 212扉14列、16列、17列  5000円

追加、売り切れなどの情報はホームページ、ツイッターで確認を。

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778 

チケット&トラベルT-1ツイッター

店頭販売特典 修斗、VTJ、DEEP、DEEP JEWELS、ジュエルス、いずれかのポスタープレゼント(ポスターの詳細は店頭で)。

通信販売の場合、ポスターの代わりに今大会のちらしを同封。
勿論、店頭販売でも「RIZIN」のちらしを差し上げます。

通信販売の締め切りは、12月26日(月)午前中の入金分まで。
「RIZIN」事務局からの委託分の販売は12月26日(月)までの予定。
買取りがあった場合は、買取り分が完売するまで販売。

RIZIN2016年大晦日第一弾ポスター

「PRIDE」時代からそうだが、「RIZIN」のポスター、ちらしのデザインが格好良い。
あと今回は、昨年のようなチケット問題もない。

新総合格闘技イベント「RIZIN」 12・29(火)31(木)さいたまスーパーアリーナ大会 話題のチケット問題について考察

前にも書いたように、「RIZIN」に期待しているファン、関係者は多いと思う。

新日本プロレスが良くてもただの独り勝ち、でもRIZINが良くなれば総合格闘技全体が繁栄する可能性があるので期待大

次に対戦カード。
12・29(木)無差別級トーナメント 2nd ROUND

第13試合 無差別級トーナメント二回戦④ RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
ミルコ・クロコップ(クロアチア/PRIDE無差別級グランプリ2006優勝/K-1 WORLD GP 2012優勝) vs キング・モー(アメリカ/第4代Strikeforceライトヘビー級王者、2013年Bellatorライトヘビー級トーナメント優勝、2015 RIZINヘビー級世界トーナメント優勝)

第12試合 無差別級トーナメント二回戦③ RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
バルト(エストニア) vs 高阪剛(チームアライアンス)

第11試合 無差別級トーナメント二回戦② RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
アミール・アリアックバリ(イラン) vs ヒース・ヒーリング(アメリカ)

第10試合 無差別級トーナメント二回戦① RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
ワレンティン・モルダフスキー(ロシア) vs シモン・バヨル(ポーランド)

第9試合 RIZIN女子MMA特別ルール(ヒジあり) 5分3R 57.15kg契約
中井りん(パンクラス ヴィーナス/パンクラス・バンタム級クイーン) vs 村田夏南子(フリー)

第8試合 RIZIN MMA特別ルール 3分3R 56.7kg契約
那須川天心(チーム天心/ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者) vs ニキータ・サプン(ウクライナ)

第7試合 RIZIN MMAルール 1R10分/2R5分 70.3kg契約
宮田和幸(BRAVE) vs アンディ・サワー(オランダ)

第6試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり) 1R10分/2R5分 60.0kg契約
元谷友貴(CB IMPACT/初代&第3代DEEPフライ級王者) vs アラン・ナシメント(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)

第5試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり) 1R10分/2R5分 56.7kg契約
和田竜光(吉田道場/第2代&第4代DEEPフライ級王者) vs カイ・カラフランス(タイガームエタイ/Bragging Rightsフライ級王者)

第4試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり) 1R10分/2R5分 68.0kg契約
矢地祐介(KRAZY BEE/元PXCフェザー級王者、元修斗環太平洋ライト級王者) vs マリオ・シスムンド(フィリピン)

第3試合 RIZIN女子MMA特別ルール 5分3R 48.0kg契約
浅倉カンナ(パラエストラ松戸) vs アリーシャ・ガルシア(アメリカ)

第2試合 無差別級トーナメント・リザーブマッチ RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
ワジム・ネムコフ(ロシア) vs アリソン・ヴィセンテ(ブラジル)

第1試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり) 1R10分/2R5分 70.3kg契約
北岡悟(パンクラスイズム横浜/ロータス世田谷/DEEPライト級王者) vs ダロン・クルックシャンク(アメリカ)

RIZIN2016年大晦日第二弾ポスター

12・31(土)無差別級トーナメント FINAL ROUND
第11試合 無差別級トーナメント決勝戦 RIZINトーナメントルール 5分3R/延長5分1R
準決勝戦②の勝者 vs 準決勝戦①の勝者

第10試合 RIZIN MMA特別ルール 1R10分/2・3R5分 65.8kg契約
川尻達也(T-BLOOD) vs クロン・グレイシー(ブラジル)

第9試合 RIZIN MMAルール 1R10分/2R5分 62.0kg契約
所英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス) vs 山本アーセン(KRAZY BEE)

第8試合 RRIZIN女子MMAルール 5分3R 49.0kg契約
RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者) vs ハンナ・タイソン(ポーランド)

第7試合 RIZIN女子MMA特別ルール 5分3R 49.0kg契約
アンディ・ウィン(アメリカ/KOTC女子アトム級王者) vs 山本美憂(KRAZY BEE)

第6試合 RIZIN MMAルール 1R10分/2R5分 58.0kg契約
才賀紀左衛門(才賀紀左衛門道場/Me,We) vs ディラン・ウエスト(南アフリカ)

第5試合 RIZIN女子MMAルール 5分3R 無差別級
ギャビ・ガルシア(ブラジル) vs 神取忍(LLPW-X)

第4試合 RIZIN MMAルール 1R10分/2R5分 82.0kg契約
桜井“マッハ”速人(マッハ道場) vs 坂田 亘(フリー)

第3試合 無差別級トーナメント準決勝戦② RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
二回④の勝者 vs 二回戦③の勝者

第2試合 無差別級トーナメント準決勝戦① RIZINトーナメントルール 5分2R/延長5分1R
二回戦②の勝者 vs 二回戦①の勝者

第1試合 RIZIN MMA特別ルール 3分3R 67.0kg契約
チャールズ・“クレイジー・ホース”・ベネット(アメリカ) vs 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)

RIZIN2016年大晦日ポスター

9月大会の「RIZIN」のポスター、ちらしも格好良い。

「RIZIN」は小出しでカード発表し続けた。
カード発表の度に記者会見を行うので、15回くらいは記者会見を行ったんじゃないか?
この小出しの発表は、戦略的には上手いやり方。
例えば神取と坂田&小池栄子を一緒に会見したら、話題が分散してしまう。

一般向け、マニア向けと分けているし、分かりやすい。
小出しすることで、メディアに露出する機会も増えるので一石二鳥と言える。

RIZIN2016年大晦日

オフィシャルブログでT-1の隠れヒット企画、悪球打ち野球ブログでは、巨人戦のチャンピオンシートについて更新した。

ターザン山本!氏と一緒にプロレス観戦の企画は、T-1にとって隠れヒット企画となった きっかけを作ることの大切さ

読売巨人は最高グレードのシーズンシートと高級感を謳っているが、ファンの反応はイマイチ?ダイヤモンドボックス、チャンピオンシート

巨人チャンピオンシート座席

最後に雑談コーナー。

小出しのカード発表の件だが、2005年に初めて「T-1グランプリ」の開催を発表した後、女子プロレスのフロントの方々から「カードが決まっていたとしても小出しに発表した方がいい。1度にまとめて発表するより、3回くらいに分けた方が週プロレス、週刊ゴングなどの露出が増え、ファンも印象が残る」とアドバイスを受けたことを思い出した。

もっともT-1はガチでカードが決まらないケースが多かったので、本当に小出し、小出しの発表となったが。
概ね1大会につき、3回は記者会見を行うことが多かった(第1回大会は5回記者会見を行った)。

流れとすれば、最初に開催&第一弾カード発表、次に追加カード発表、最後が全対戦カード発表という感じ。

普段から店に来たり、イベントに参加している方が、12/23の「フタミ塾」に来れないというのは分かる。
だが、店には来ない、イベントにも来ない、でもブログ、ツイッターは見るという人はもうあり得ない。

カネがない、忙しいというのも理由にならないし、見苦しい言い訳は要らない。
画像はT-2マスク

T-2マスク
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

二見社長

Author:二見社長
水道橋の金券ショップ チケット&トラベルTー1代表取締役
05年8月23日 業界初の第3者主催の女子プロオールスター「T-1グランプリ」を開催
07年6月27日 プロレスデビュー
07年10月8日 因縁の堀田祐美子と初対決
無傷の13連勝中
ライフワークは女子プロレス断罪
阪神タイガースと吉川晃司のファン
アンチ巨人

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR